出会い系サイトの攻略法

2017.08.09

出会い系に課金する料金の相場は?

女性と出会うには有料サイトに登録しなければなりません。
会うまでにどのくらいのお金を使うのか、どれくらいの期間利用するかはユーザーの目的によって様々だと思いますが、「出会い系はこれくらい費用がかかる」という目安を知っておいた方が何かと安心ですし、これ以上かかっても出会えないサイトは悪質サイトである可能性があるので、利用し続けても意味がないことにもなるので判断材料としてはいいかもしれません。
では出会い系にかかる料金の目安についてご紹介していきましょう。

ポイント制サイトの料金相場

優良な出会い系サイトに登録して入ればだいたい以下のような金額でサービスを利用することができます。

プロフィール閲覧料 無料~10円
メール送信料 50~70円
掲示板投稿料 50~60円

最低限のサービスだけを挙げるとざっとこんな感じの料金となります。
これを1ヵ月間利用した場合の相場はだいたい2000~3000円となります。
ただこの利用料はあくまでも最短ルートで女性と出会った場合の目安なので、例えばキャッシュバッカーや援デリ業者、勧誘などに運悪く引っ掛かってしまわれた場合はさらに料金が膨れ上がってくると思われます。
ちなみに月額課金制だったらもっと安く安心して利用できるんじゃないの?と思われている方もいらっしゃるかもしれませんが、結論から申し上げるとポイント課金制も月額課金制も料金はほぼ同じです。
例えばペアーズやomiaiを例に挙げますと、月額だいたい3000円前後、半年プラン1年プランにすると2000円台にまで値引きしてくれるようですが、半年以上利用するかどうか分からないのに値引き目当てで長期プランに入るのもちょっと気が引けますよね。
ですので、どちらの料金形態も1ヵ月で比較するとそれほど大きな違いはないかなと思います。
ただ、月額制の場合はどれだけ女の子とやりとりしても料金が加算されない仕組みなので、出会い系初心者の方には結構安心して利用できるシステムだとは思います。
逆にポイント課金制は止めたい時にいつでも止められる、はじめたい時にいつでもはじめられるのがメリットですね。

女性と出会えるまでに課金する金額

使い方やメールのやりとりにもよるのでここで書いていることがすべての人に当てはまるわけではありませんが、だいたい2000円使えば1人の女性に会えると思ってください。
期間に置き換えると約1ヵ月利用すれば1人で会えるって感じですね。
ただ、2000円使っても10人20人とやりとりしているようではやっぱり会える確率は低くなります。
2000円分のメールを1~2人に集中して使えばその分会える確率も高くなるってことです。
当然と言えば当然ですね。
あと、優良サイトは登録時に無料ポイントプレゼントという特別キャンペーンをやっていることが多いので、500円分とか1000円分のポイントを無料で使えます。
それを合わせると投資する金額は1000円程度なので、それほど大きな出費にもならないかと思います。
出会い系サイトはサクラに騙されそうというイメージが未だに根強く残っているので「登録したら何十万円もぼったくられるんじゃないの?」という印象を持っている人もいますが、優良サイトではどれだけ出会い系に不慣れな人でも何十万円も使ってしまうようなケースは非常にレアです。
もし何十万円も使ってまったく出会えないということであれば、プロフィールかメールの中身に問題があると思ってください。
どれだけ出会い系が女性優位の世界と言えども10万20万も使わなければ出会えない構造ではありませんし、もしそうなら出会い系を使う人なんていなくなってるはずです。
ですので、1ヵ月もやっていれば最低でも1人の女性とは出会えますし、もし1ヵ月以内に出会えなくても2~3ヵ月地道にやっていれば確実にチャンスは巡ってきます。
もしそれでも出会えないということであればあなた自身のやり方に問題があると思ってください。

悪質サイトに登録してしまった場合

悪質サイトではどれだけ課金しても会うことはできません。
ですので、会えるまでの目安というものはありません。
そもそも会えないので目安も何もないのです。
悪質サイトがどうかを見極めるポイントは1ヵ月分の課金をして誰ともサイト外に移行できない、出会えない、メールが続かないという場合は早々に見極めて別のサイトを探しましょう。
また、こうしたサイトはポイントが切れる直前になって女性からメールが送られてくることがありますが、そこで未練がましく課金してしまうとズルズル出会い系から抜け出せなくなります。
1ヵ月やって何の進展もない出会い系はその後どれだけ継続してもはっきり言って時間の無駄です。
まともなサイトなら女性と出会うところまで行けなくても、アドレスやLINE交換くらいはできます。

効率よく出会うために

初めて利用するサイトはそれが出会えるサイトなのか出会えないサイトなのか分からないですよね。
もし出会えないサイトだった場合、課金したお金もそこに費やした時間もすべてが無駄に終わってしまいます。
効率よく出会いを見つけるなら、ひとつの出会い系に留まらず、複数のサイトを経由するようにしてください。
例えばAのサイトを1ヵ月利用したら次はBのサイトを1ヵ月利用します。
これを繰り返していくのです。
サイトを変えるメリットは悪質サイトの被害を最小限に食い止めるというのもありますが、長期間同じサイトを利用していると同じメンツばかりになって新鮮味が無くなってしまいます。
まぁ1ヵ月も利用したらだいたいそのサイトに張り付いているユーザーの顔くらいは覚えられるようになります。
しかしそれは、あなたも相手にそう思われているってことなんですよね。
「うわーコイツいっつもいるわー」って思われたらもう次の展開を望むことはできません。
でも複数のサイトを利用すると前回いなかった顔ぶれが並んでいるので、また新鮮な気持ちで出会いを探すことができるんです。
ただし、複数のサイトを同時に利用するのは厳禁です。
これは複数の女の子を同時に狙い撃ちするのと同じ原理ですが、結局いくつものサイトを利用したってメールの中身が充実していなければ意味がないんですよ。
メールする数が増えればそれだけメールの内容が薄っぺらくなりますからね。
これでは意味がありません。

出会い系を利用中の男性100人にアンケート

1人と出会うまでの目安にしているポイント料金は?

Powered by TSBA.mobi GoogleGraph Wordpress plugin

1位 千円ぐらい 24%
2位 目安なし 21%
2位 無料出会い系しか利用したことがない/無料の範囲内でしか利用しない 21%
4位 2千円ぐらい 20%
5位 3千円以上 8%
6位 ポイントを気にしなくていいように月額制を利用している 6%

■編集部からのコメント
千円~2千円の範囲内でやり取りして直アドに移行できなければ諦めるという目安範囲を設けている人が半数近く。千円とコメントした人はなかなか出会いまで漕ぎつけられる女性がいないというコメントが結構ありましたので、2千円弱ぐらいの目安がおススメでしょう。
今回の取材にご協力いただいた男性陣は、「無料出会い系しか利用したことがない」人も少なくなかったのですが、口をそろえて「誰とも出会えてない」そうですよ。

出会い系料金をケチると女性にモテない!?

「プロフィールも全項目埋めてるしメールも頑張ってるのになぜが途中でやりとりが終わってしまう」
「デートに誘うといつも音信不通になって一向にリアルで会えない」

こんなお悩みを持っている男性も多いのではないでしょうか?
自分では最高の返信内容を考えて送っているつもりでも、相手からすると最悪な内容だった、女性ユーザーにとって魅力に欠けるものがあった、というのは出会い系サイトだけに限らず、不特定多数の人間が集まる場においては受け止め方がそれぞれに異なるため必ず発生する問題と言えるかもしれません。
ただ、毎度毎度やりとりが途中で途絶えてしまったりデートまでこぎ着けられないという場合は、男性側にも少ながらず何らかの問題点があると考えた方がいいかもしれません。
その問題点のひとつして、男性側に余裕がないことが挙げられます。
この余裕がないとは具体的にどういう意味なのか?以下に詳しく解説していきます。

ケチケチしている男はどこへ行ってもモテない

突然ですが、あなたは以下のような考え方で女性とメールのやりとりをしていませんか?

・さっさとメールを切り上げてLINEに移行したい
・無駄なやりとりをせずに最短ルートでセックスまで持ち込みたい
・とりあえず早く会いたい
・できるだけ課金したくない
・早くいい子を見つけてサイトを退会したい

これらのうち、どれかひとつでも当てはまっているとしたら絶対に理想的な状況に発展することはありません。
出会い系に限らず、どんな出会いの場においても言えることですが、基本的にケチケチしている男性はモテません。
ケチって言うのはお金に対する価値観だけじゃなく、精神的な意味も含めて余裕がない人を表しています。
「早く会いたい」「お金をできる限り使いたくない」などと思うことはそれぞれの自由ですが、料金節約のためにサイトで出会った女性に片っ端から即連絡先を聞いて回ったり、たった何通かのやりとりで「会えませんか?」と誘うのは積極性やガツガツ感を通り超えて気持ちが悪いです。
そして女性から完全に嫌われる行為です。
合コンや飲み会でもたまに居ますよね。お金を払うのは最後まで渋るけど女の子の連絡先はしっかり聞いてる人。
これは「お金は使いたくないけどセックスはしたいよ」と自ら言ってるようなものですし、出会い系でもすぐ見抜かれるので止めた方がいいです。
最近は女性向けのサクラや詐欺師も出会い系で活動しているので、出会ってすぐLINEIDを聞き出すと女性も警戒します。そして聞いても教えてくれないでしょう。
最初はこの警戒心を解きほぐすという意味も込めて地道にメールのやりとりを続けていくしかありません。
これは出会い系に慣れている人でも同じです。誰でも最初はサイト内でやりとりを続けて徐々に仲良くなっていくのです。
そして「この人は私の話を聞いてくれる」と女性が思った時にはじめて連絡先の交換やデートの約束が叶うわけです。
そこまで到達するには当然課金も必要となりますが、これは出会い系に限らずどんなサービスを利用したって同じです。
合コンでも自分の食べた分の食事代くらいは支払わなければいけませんし、街コンや婚活パーティーでも同じこと。
むしろ出会い系の料金形態は良心的と言っていいんじゃないでしょうか。
それすらも払いたくない、とにかくお金をケチりたいという男性はネットでもモテません。というかそれ以前に出会えません。
もしあなたがサイトに料金を支払うことを惜しんでいるようなら、その考え方は今すぐ改めるようにしてください。