Tinderに関するコンテンツ

更新:2019.06.29 作成:2019.06.29

tinderの使い方や料金、特徴は?割り切りはできる?

tinder-kiken
世界最大規模の会員数を誇り、あらゆる国で利用されているマッチングアプリtinderです。
 
イメージとしては、気軽な出会いがありそうなので、「割り切りができるかも・・・」と期待している男性も多いことでしょう。
 
しかし、使い方や料金、特徴が分かりにくいという指摘があり、登録をためらってしまう人もいるようです。
 
そこで今回は、tinderの基本的な仕組みと、それを活用して割り切りができるのか、という点をご紹介していきます。
 

tinderの使い方、料金、特徴

tinder-kiken6
tinderはその仕様が一般的なマッチングアプリとは異なります。
 
そこでまずは、tinderの使い方、料金、特徴についてご説明します。
 

tinderの使い方

tinderではスワイプ式というマッチングシステムが採用されています。
 
このシステムでは、女性が一人だけ画面に表示されます
 
この女性に対して、マッチングしたいと思えばLIKE(画像の緑ハート)か右スワイプ、マッチングしたくないと思えばNO(画像の赤いバツ)か左スワイプを行います。
 
この作業を繰り返していくことになるのですが、ペアーズOmiaiのように異性を一覧にしてみることはできません。
 
また、単にLIKEを送っただけでは、なかなかマッチングできません。
 
というのも、相手側の画面には、モザイクがかかった状態で表示されるからです。
 
そのモザイク写真を選択したところで、「LIKE返し」ができる訳でもなく、完全に一方通行な訳です。
 
仮に、お互いが偶然にLIKEしあった場合はマッチングできますが、冷静に考えれば確率はかなり低いといえます。
 
では、どうやってマッチングしたらよいのかというと・・・
 
LIKEの上位バージョンであるSUPER LIKEを使います。
 
SUPER LIKEは、無料会員なら1日に1個、有料会員なら1日に5個付与されますが、これがペアーズやOmiaiでいうところの「いいね!」の役割を果たします。
 
要するに、SUPER LIKEを送らない限りは、ほとんどマッチングできない訳です。
 

tinderの料金

tinder-kiken3

tinderは「無料で利用できるマッチングアプリ」と言われています。
 
たしかに、課金しなくても「LIKE」を送ることはできますし、前述の通り、 お互いが偶然にLIKEしあえばマッチングすることもできます。
 
しかし、本当にtinderの良さを体験するには、課金した方が良いでしょう。
 
そのtinderには「tinder plus」と「tinder gold」という二つの有料コースがあります。
 

<tinder plusの料金>
1ヶ月 2,200円
6ヶ月 8,800円 (1,467円/月)
12ヶ月 11,800円(983円/月)
<tinder plusでできること>
  • ●広告をオフにできる
  • ●一度スワイプした人に戻ってスワイプし直すことができる(無制限)
  • ●1日ごとに「SUPER LIKE」が5つ付与される
  • ●海外でもスワイプできるようになる
  • ●右スワイプした相手だけに自分を表示させられる(他の人には表示されない)
  • ●自分の年齢と距離の表示をON/OFFできる
  • ●月に1回、自分のプロフィールを先頭に表示されられる
  • ●右スワイプ(LIKE)が無制限になる
<tinder goldの料金>
1ヶ月 3,400円
6ヶ月 12,600円(2100円/月)
12ヶ月 16,800円(1400円/月)
<tinder goldでできること>
  • ●広告をオフにできる
  • ●一度スワイプした人に戻ってスワイプし直すことができる(無制限)
  • ●1日ごとに「SUPER LIKE」が5つ付与される(通常の右スワイプよりも効果的)
  • ●海外でもスワイプできるようになる
  • ●右スワイプした相手だけに自分を表示させられる(他の人には表示されない)
  • ●自分の年齢と距離の表示をON/OFFできる
  • ●月に1回、自分のプロフィールを先頭に表示されられる
  • ●右スワイプが無制限になる
  • 「LIKE」された相手をモザイクなしでみることができる

 
率直にいえば、tinder goldがスタンダードなコースであり、tinder plusはその廉価版といったところでしょう。
 
この二つにおけるもっとも大きな違いは、LIKEしてくれた女性をモザイクなしでみれるかどうかです。
 
ペアーズやOmiaiなどでいうところの「足あと」の機能になるのですが、tinderではtinder goldでなければ相手の顔を確認することができません。
 
よって、ペアーズやOmiaiなどと同等の機能でtinderを利用したければ、tinder goldを選択することになります。
 

tinderの特徴

tinder-kiken2

スワイプ式という珍しいマッチングシステムを採用しているtinderですが、さらに特徴的なのは、その検索方法です。
 
ペアーズやOmiaiでは異性の体型や家族構成、職業などで検索できるようになっていますが、tinderでは自分の現在地からの距離と年齢のみで検索するようになっています。
 
そのため、相手の詳しいプロフィールに関しては、マッチング後のやり取りの中で確認する必要があるのです。
 
また、登録している人の大多数が自己紹介文を書いていないか、あるいは、非常に短い文章になっているのも特徴の一つです。
 
そのため「何の目的で登録しているのかがまったく分からない」という不満の声があるようです。
 
tinderの公式サイトには、「恋愛」「結婚」などの文字は一切書かれていません。
 
実際、tinderを使って友達作りをしたり、海外でのホームステイ先を探したりする人もいます。
 
それに加えて自己紹介が希薄なので、相手からすれば「何がしたいの?」と感じるはずです。
 
このアバウトさが良くも悪くも”tinderらしさ”といえるのではないでしょうか。

tinderで割り切りをするには・・・

さて、tinderで割り切りをするには、ここまでご紹介した仕組みを上手に活用していくことになる訳ですが・・・
 
付与されるSUPER LIKEの数が少なかったり、相手の利用目的が分かりにくかったりと、なにかと不自由さを感じているところでしょう。
 
特に、相手の目的が分からないという点は深刻で、せっかくマッチングしても「メル友がほしいだけ」などと言われてしまうこともしばしばあります。
 
そこで、比較的割り切りができる確率が高い使い方を以下でご紹介します。
 

セクシーな写真を登録している女性を狙う

tinder-kiken4

tinderでスワイプを繰り返していると、ときどき妙にセクシーな写真を載せている女性がでてきます。
 
水着写真はもちろんのこと、ポーズがなまめかしかったり、ほぼ下着姿に近い写真を載せていたりする人がいるのです。
 
こうした写真を載せている女性は、
 

  1. 冷やかし
  2. 勧誘目的の業者
  3. 目立ちたがり
  4. 割り切り目的かデリヘル業者

 
のいずれかである可能性が非常に高いといえます。
 
これらのうち、1の冷やかしと2の勧誘目的の業者は論外ですが、3の目立ちたがりに関しては、相手の好みにハマれば実際に会うこともできますし、その場で口説けば比較的容易にセックスすることもできます
 
すくなくとも、キッチリ着込んだ写真を載せている女性よりは、口説きやすい傾向にあるといえます。
 
また、tinderは年齢確認の必要がないため、デリヘル業者が女性と偽って登録しているケースがあります。
 
この場合は、マッチング後のやり取りにおいて、「大人の関係でも大丈夫ですか?」と女性から提案されます。
 
まさに割り切りといえますから、それが目的の人にとっては楽な展開といえるでしょう。
 
このように、セクシーな写真を載せている女性にターゲットを絞ることで、比較的高い確率で割り切りOKな女性をみつけることができます。
 

歓楽街の近くで検索する

tinder-kiken9

tinderはGPSを使って自分の現在地を割り出し、そこからの距離を設定することで、範囲内にいる女性を検索するようになっています。
 
そして、この仕組みを有効活用したのが、「歓楽街の近くで検索する」という方法です。
 
夜の歓楽街には、割り切りに抵抗のない女性が集まりやすい傾向がありますから、距離設定を短くして検索すれば、すぐに割り切りできる女性に出会えるかもしれません。
 
また、歓楽街と同様に、ラブホテル街でもこの方法は有効です。
 
一方、オフィス街、住宅街などで検索しても、割り切りができる女性はほとんどいません。
 
このように街ごとに女性の層が変化しますから、なるべく夜遊びや風俗系の雰囲気がある街で検索するようにしましょう。
 

課金して届いたLIKEに返信する

tinder-kiken5

マッチングアプリにおいて、女性からアプローチしてくることは稀なケースといえます。
 
これは、女性の場合、いちいち自分からアプローチしなくても、届いた申込の中から自分の好みを探せば良いからです。
 
それはtinderにもいえることで、一部の超イケメンを除けば、女性から「LIKE」が届くことはほとんどないはずです。
 
にもかかわらず、ときおり女性の方から「LIKE」が届くことがあります
 
なかには、こちらがペットの写真しか載せていないのに「LIKE」をしてくる女性もいるのですが・・・
 
これらの女性の多くは、何らかの業者であると思われます。
 
それが、ネットワークビジネスや宗教等の勧誘だった場合は論外ですが、援助交際目的の女性である場合も多々あり、これに返信することで、簡単に割り切りをすることができます。
 
実際にはこれらの女性はデリヘル業者に在籍してるデリヘル嬢なのかもしれませんが、「お金を渡してセックスをする」という点においては何ら変わりはありません。
 
なので、ダラダラとやり取りをする必要はなく、「これから大人の関係で会いませんか?」とストレートに持ち掛けられることが多いようです。

割り切りができないパターン

tinderでは、いくらやり取りを重ねたりデートしたりしても、割り切りに発展しないパターンが多々あります。
 
割り切り目的で利用している男性にとってはお金と時間の無駄になってしまうので、以下でその例を紹介しておきます。
 

メル友

tinder-kiken7

写真が可愛くて、なおかつ距離も近い。
 
そんな女性とマッチングして「割り切りしてみたい」と思うこともあるでしょう。
 
しかし、その女性がメールのやり取りに時間をかける傾向があったら、少なくとも割り切り目的で会うのは難しいと考えるべきです。
 
そもそも割り切りができる女性とは、セックスに寛容であり、割とサバサバしている傾向があります。
 
そういう女性は「ダラダラとメールするより会った方が良い」と考えがちなので、メールのやり取りも意外と淡泊なものです。
 
恋人を作る目的でtinderを利用するなら別ですが、割り切り目的で利用するのであれば、「メール好きな女性」にはあまり期待しない方がよいでしょう。
 

食事をおごらされるだけ

pizza-water

tinderでスワイプをしていると、「飲みに行きたい」とか「気軽に食事に行きましょう」などと書いている女性が大勢います。
 
この文面だけみれば、簡単に会えるような気がしますから、「割り切りできるかも」と思ってしまうかもしれません。
 
しかし、こういう女性の場合、ひたすら飲み食いして、「明日朝早いから帰ります」とあっさり解散になることが多いようです。
 
もともと「飲みに行きたい」と書いていた訳ですから、だまされたということにはならず、
男性側としても文句はいえないところでしょう。
 
tinderをはじめとするマッチングアプリでは、「タダで飲み食いしたい」という女性が大勢いますから、過度な期待は禁物です。
 
ちなみに、割り切りができる時の典型的なパターンは、やり取りの早い段階から、「大人の関係で・・・」とか「サポ(援助交際)をお願いできませんか?」などと、女性側から提案があるものです。
 
逆にいえば、これらの提案がないままに会ってしまうと、よほど上手く口説かない限りは、割り切りをすることはできないでしょう。

まとめ

今回は、tinderの基本的な仕組みと割り切りについてご紹介しました。
 
tinderに登録している女性の目的は様々であり、それ故に、割り切りができる女性を探すのにはコツがいります
 
また、割り切りを期待して会ってはみたものの、食事だけおごらされて終わることも多いようです。
 
こうした状況を考えると、tinderは割り切りに向いているとは言い難く、それを目的としている人にとっては使いにくいマッチングアプリです。
 
もっと簡単に割り切りができるマッチングアプリは他にありますから、あえてtinderで割り切り相手を探す必要はないかもしれませんね。