Tinderに関するコンテンツ

更新:2019.04.18 作成:2019.04.18

Tinderで『返事されやすいメッセージ』を作るために必要なポイント5つ!

tinder-henshin
Tinderにおいてメッセージは、異性と出会うためにもっとも大事な要素です。異性と連絡を取ることのできる唯一の手段であり、連絡先の交換もデートの約束も、メッセージを通して始まります。
 
しかし、Tinderは日本のマッチングアプリと雰囲気が違うため、同じように使っているとまったく返事が来ません。Tinderでメッセージを続かせるためには、メッセージの基本を知って、コツを実践することが大事です。
 
この記事では、読んだ人がTinderで相手と仲を深められるよう、メッセージの基本とコツ、注意点などを紹介していきます。
 

Tinderのメッセージについて

Tinderは、全世界で6,000万人のユーザーがいる人気マッチングアプリです。日本でも若者を中心に、人気が高まっています。
 
人気の理由は、GPSで自分の近くにいる人に出会える点と、すべてが無料で利用できる点でしょう。Tinderは、自分の現在地から最長で160km圏内に住んでいる人が表示されるため、近くの人と簡単に出会うことができます。
 
Tinderでは、マッチングした相手と無料でメッセージの交換をおこなうことができます。メッセージの確認は、アプリ内右上にあるフキダシマークをタップします。
 
tinder-henshin2
 
マッチングしたら、『新しいマッチ』に表示されます。相手をタップすると、個別のトークルームに移動します。
 
tinder-henshin3
 
Tinderには、国内のマッチングアプリのように画像を送ることはできませんし、会話をサポートしてくれる機能もありません。そのため、会話がすぐに続かなくなってしまいます。Tinderで素敵な人と出会うためには、メッセージの基本とコツを身につけることが必要不可欠です。

Tinderのメッセージの基本

Tinderはユーザー層も機能も、国内のマッチングアプリとは違います。国内のマッチングアプリに比べて真剣に恋活・婚活している人は少なく、特殊な機能も数多く存在します。ここではまず、3つの基本を身につけていきましょう。
 

無料で送ることができる

Tinderは、男女ともにメッセージを無料で送ることができます。有料会員になる必要はありません。男女ともに、無制限にメッセージを送ることができますし、一通目からLINEの交換をすることも可能です。
 
ただし、無料で送ることができるということは、ライバルが多いということでもあります。Tinderでは国内のマッチングアプリにある『みてね!』のように、自分のメッセージを目立たせることができません。そのため、内容を重視する必要があります。
 
また、Tinderはプロフィールの項目が少ないため、実際に話をしてみると「思っていた人と違う」となりやすく、メッセージが途切れてしまうことが多いです。そうならないためにも、内容は慎重に考えましょう。
 

音楽、GIFを送ることができる

Tinderは相手に音楽やGIFの動画を送ることができます。音楽は、Spotifyにある曲を自由に送れます。あいみょんやONE OK ROCKなど、日本のミュージシャンも数多く登録されているので、音楽の話で盛り上がったり、こちらのおすすめを教えたりすることができます。
 
Spotifyに契約していたり、有料会員になったりしなくても送れますので、相手とのメッセージを盛り上げたい場合は、積極的に利用しましょう。送られたほうも、音楽を自由に聴くことができます。
 
GIFは、LINEでいうスタンプのようなものだと考えてください。ちなみに、Tinderでは、Snapchatとリンクすることでスタンプも送ることができます。
 
どちらも、送り方は簡単です。トークルームの右下に、♫マークとGIFという文字のアイコンがあります。そこをタップし、音楽やGIFを検索して選択すれば、相手に送ることができます。
 
tinder-henshin3
 

画像、動画は送信不可能

Tinderでは、相手に画像や動画を送ることはできません。画像や動画を送るためには、どこかにアップロードしてそのリンクを貼るか、LINEなどでやりとりしましょう。
 
画像や動画は、相手との仲を深める上で非常に重要です。会話のネタが困ったときに役立ちますし、写真を送ることで相手に「私に気を許してくれてる」と感じさせることができるからです。
 
Tinderではそれができないので、早めにLINEなどに移行することをおすすめします。ただし、LINEに移行するには信頼関係が大事です。質問をしたり音楽をプレゼントしたりして、仲を深めておきましょう。

Tinderで返事されやすいメッセージの作り方

Tinderは、画像や動画を送ることができません。また、誰でも無料で送ることができるため、ライバルが非常に多いという特徴があります。Tinderで返信率を上げるためには、いくつかのコツを実践していくことが大事です。
 

メッセージの長さを調節する

Tinderのメッセージでもっとも大切なのは、文量です。Tinderユーザーは他のマッチングアプリに比べて、メッセージのテンポを大事にします。プロフィールをじっくり読むのではなく、感覚的にピンと来た相手と話をしたい、と考える方が多いからです。
 
文量が短すぎると、「つまらない人間だ」と思われてしまいかねません。文量が長すぎると、「ガツガツしすぎ」と引かれてしまいます。
 
Tinderで返事をもらえるメッセージを作るには、文量を調節しましょう。ファーストメッセージは7~8行、セカンドメッセージからは4~5行程度が理想的です。参考までに、例文を載せておきます。
 
tinder-henshin4
 

口調はすべて敬語にする

口調を敬語にすると、ていねいな印象を与えることができるため、返信率が上がります。Tinderはカジュアルな出会いを求めている方が多いですが、それでも誠実な相手と出会いたいと考えている方がほとんどだからです。
 
いきなりタメ口で話をしてしまうと、「馴れ馴れしいな」と思われてしまいます。かならず敬語で話をしましょう。
 
ただし、固くなりすぎるのも要注意です。です・ます調にこだわるのではなく、「ですね」「ですよね」など、柔らかい表現を心がけましょう。適度に顔文字や絵文字を入れるのも大事です。
 

改行や空白の行を入れて読みやすく

読みやすさを意識すると、返信するための心理的ハードルを下げることができます。改行や空白の行を入れることで余白が多くなり、内容をすぐに理解できるため、返事がしやすくなります。
 
できるだけ漢字を少なくするのも、読みやすい文章を作るコツの一つです。「初めまして」より「はじめまして」、「宜しく」より「よろしく」のほうが読みやすい上に、柔らかい印象を与えることができます。
 
人によっては、フキダシの中に話題を詰め込む方と、フキダシを複数に分ける方がいます。相手がどちらのタイプか見極めて、同じような形で会話していきましょう。
 

かならず質問を入れる

質問をすることで、相手からの返事を引き出しやすくなります。Tinderには、タップル誕生やwithのように、会話をサポートしてくれる機能がありません。また、カジュアルな出会いを求める人が多いため、プロフィールを十分に書いていない人も少なくないです。
 
そのため、会話をふくらませることが非常に難しいと言えるでしょう。そこで重要になってくるのが質問です。
 
質問をすることで、相手に「興味を持ってくれている」と思わせることができます。はじめは「YES」「NO」で答えられる簡単な質問をするのがいいでしょう。たとえば、「土日は休み?」「◯◯は好き?」といったものです。
 

相手のプロフィールや写真をチェック

相手のプロフィールや写真をチェックした上で話をすると、「ちゃんと私(僕)を見てくれているんだ」と安心させることができます。プロフィールを読まずにメッセージを送ってしまえば、「プロフィールに書いてあるのにな」と相手を呆れさせてしまいます。
 
Tinderは、相手との話題を探すのが難しいマッチングアプリです。また、プロフィールを記入していない方も多く存在します。そういった場合は、写真から話題を広げていきましょう。
 
写真も1枚や2枚しかない場合は、質問を中心に話を広げていくことが大事です。ただし、質問のし過ぎは相手にプレッシャーを感じさせてしまうため、おすすめできません。ほどほどにしておきましょう。

Tinderで返事されないNGメッセージの特徴

Tinderは、ライバルが多いマッチングアプリです。マッチングしても返事が来ないことは、よくあります。しかし、せっかくマッチングしたのだからメッセージで話をしたいのは当然ですよね。ここでは返事されないNGなメッセージの特徴を紹介します。
 

プロフィールの雰囲気と違う

Tinderでは、自分を伝える手段はプロフィールの文章しかありません。Pairsやイヴイヴのようにコミュニティ機能はなく、相手に『LIKE』を送る際も、メッセージは添えることができません。
 
そのため、実際に話してみると「思っていた人と違った」となりやすく、注意が必要です。マッチングした際は、プロフィールと同じ文体で会話しましょう。また、ミスマッチを防ぐために、プロフィールはていねいに書いておきましょう。
 

いきなりLINE交換を求める

Tinderは他のマッチングアプリに比べてフットワークの軽い方が多いですが、いきなりLINE交換を求めるのはNGです。なぜなら、いきなりLINE交換を求めるのは業者と同じ手口だからです。
 
Tinderは、業者が非常に多いマッチングアプリです。無料で使うことができ、年齢確認も不要だからです。すぐにLINEを聞いてしまうと、そういった業者と勘違いされてしまいかねません。LINE交換は、仲を深めてからにしましょう。
 

すぐに会いたがる

Tinderは、自分の近くに住んでいる人と出会うことができます。だからといってすぐに会いたがると、ヤリモクだと勘違いされてしまいます。
 
Tinderは、他のマッチングアプリよりもヤリモクや遊び目的が非常に多いです。LINE交換と同様、デートや食事はある程度やりとりしてからにしましょう。
 
このようなメッセージは、NGの典型的な例です。
 
tinder-henshin5
 

Tinderでメッセージからデートまでの流れ

コツと注意点を理解したなら、実際にデートまで誘ってみましょう。Tinderでは、メッセージで話を続けていても関係は発展しません。勇気を出して、デートに誘う必要があります。ここではその流れを解説していきます。
 

メッセージ5通前後

マッチングしてからメッセージ5通前後は、お互いのことを知る段階です。Tinderでは基本情報を入力することができないため、メッセージで知っていくしかありません。いろいろと質問して、相手の情報を手に入れましょう。
 
慣れてきたら、敬語からタメ口に切り替えてください。「よかったらタメ口で話さない?」と相手に断ると、印象アップが期待できます。
 

メッセージ10通前後

メッセージ10通前後では、LINEの交換をしましょう。LINEの交換をすることで、どちらかが急に退会しても連絡は続けていけますし、心理的な距離も近くなります。
 
このあたりから、デートに誘う筋道を作っていくと効果的です。たとえば住んでいる場所を聞いたり、好きな食べ物を聞いたりすることで、デートの誘いに繋げやすくなります。
 

メッセージ20通前後

メッセージ20通前後は、デートに誘うタイミングとして最適です。これより少なければ相手を警戒させてしまいますし、これより多ければ相手から関係を切られる確率が高くなります。
 
デートに誘う際は、ランチか仕事終わりのごはんがおすすめです。一日デートは、初対面のデートとしてはハードルが高いのでおすすめできません。

まとめ

Tinderは、国内のマッチングアプリと違う点が多々あります。Tinderのメッセージでできること、できないことを理解しておきましょう。
 
メッセージを送る際は、文量と口調に気をつけてください。LINEの交換やデートのお誘いは、しっかりと仲を深めてからがおすすめです。
 
Tinderは無料で使えるため、すぐに辞めてしまう方も非常に多いマッチングアプリです。しかし、大事なのは継続していくこと。素敵な人と関係を深めるためにも、毎日かならずメッセージを送りましょう!