更新:2019.07.09 作成:2019.06.09

マッチングアプリは写真で決まる!プロフィール写真の撮り方、選び方

shashin-matching-app
マッチングアプリの初期設定で悩むのがプロフィール写真選び。
 
プロフィール写真でマッチングアプリの成功が決まるといっても、過言ではありません。
 
そんなプロフィール写真選びですが、就職活動の面接、Instagramに投稿する際の写真選びとは違った写真選択が重要です。
 
今回は恋活、婚活で利用するマッチングアプリだからこその写真の選び方について徹底解説していきます。
 
マッチングアプリの写真選びで迷っている方は、ぜひチェックしてみてください。
 

マッチングアプリでプロフィール写真選びはどれくらい大事?

まず、これを読んでいる方はプロフィール写真がマッチングアプリにおいて重要であるという認識を持っていると思います。
 
読者の方が思っているように、マッチングアプリにおけるプロフィール写真は、マッチングするかどうか判断する最重要の要素です。
 
date-shippai6
引用:BizHint
 
メラビアンの法則によると、人が相手の印象を判断する上で、視覚情報が55%と半分以上を占めます。
 
マッチングアプリでマッチングするかどうか判断する情報はプロフィール写真、自己紹介文と視覚情報と言語情報しかありません。
 
聴覚情報がない中で、マッチングアプリはほとんど視覚で判断することになります。
 
つまり、プロフィール写真が全てを決めます

プロフィール写真にはどんな写真を設定すべき?

プロフィール写真の選び方を細かくみていきます。
 

1. 全身の写り具合 最低でも上半身は映った写真を設定

shashin-matching-app2

まず、メインプロフィール写真を選ぶ上で一番重要なのが、最低限上半身が写っていることです。
 
上半身まで写っていないと顔だけが強調されてしまい、証明写真のようになっています。
 

全身の写り具合NG例 顔のどアップ・顔の一部が隠れた写真

shashin-matching-app3

反対に避けなければいけないのが、顔どアップや顔の一部が隠れた写真です。
 
プロフィール一覧から主に写真を参考に探すにも関わらず、顔だけがどアップで写った写真や、サングラスやマスクで顔が隠れた異性のプロフィールをわざわざ見ようとは思いません。
 
顔どアップの写真を設定している方は意外にも多く、特に男性ユーザーの場合は、女性にかなりネガティブな印象を与えてしまいます。
 

2. 自然体の写真を設定 他撮の写真を設定

shashin-matching-app4

もう1つメインのプロフィール写真選びで重要なのが、自然体の写真であることです。
 
「写真を撮ろう、撮ろう」という意識で撮影した写真は、就職活動やパスポート、運転免許証の写真のように硬い印象を与えてしまいます。
 
何かをしているときや、不意に撮影された自然な写真を選ぶのが重要です。
 

自然体の写真NG例 自然体の度がすぎる写真

自然体の写真を選ぶ際も注意が必要で、自然体すぎる写真選択はあまりおすすめしません。
 
例えば、同性ノリでしか受けない場面の写真、変顔、寝起きの写真です。
 
あくまでも、良い印象を持ってもらうのが目的なので、ここでウケを狙ったり、変に個性を出す必要は返って逆効果になってしまいます。
 

3. 写真背景で印象アップ

shashin-matching-app5

さらに、メインとサブ写真で意識したいのが、自分以外の背景です。
 
なるべく昼間に撮った明るく、暖かい雰囲気のある写真を選択することで印象がグッと上がります。
 
また、旅行、イベント時などの写真を設定することで、明るい雰囲気や人柄を演出することが可能です。
 

写真背景のNG例 不潔・マイナスな印象を与える背景

一方で、写真背景として適切ではないのが、汚い部屋、タバコなどと一緒に写った写真です。
 
自宅で写真を撮ると、どうしても清潔感のある写真にするのが難しいので、なるべく室外で撮った写真を選ぶようにします。
 
他にも、出会いを探すマッチングアプリにも関わらず、異性と写った写真をわざわざ選択する必要もありません。
 
一緒に映る人も背景になるので、「こんな人と一緒にいるんだ」「普段、よく異性と遊ぶのかな」といった悪い印象は与えないのが良いです。
 

4. 趣味や嗜好品が分かる写真を設定

shashin-matching-app6

サブ写真に絶対に設定しておきたいのが、趣味が分かる写真です。
 
自己紹介文やアプリ内のコミュニティ機能に入ることで、趣味をアピールするのはいいですが、視覚情報で伝えるのが一番伝わりやすいといえます。
 
趣味が分かる写真を設定することで、相手も人物像のイメージが膨らみます
 

趣味や嗜好品のNG例 バレたくない趣味、マイナスな印象な嗜好品はNG

趣味の写真にあげるにしても、マイナスな印象を与えるタバコやギャンブルと一緒に映った写真はNGです。
 
付き合ってから発覚するというのならいいですが、まだ会う前にわざわざターゲットを狭める必要はありません。
 
他にも、コスプレなどバレたくないと思っている趣味も公開する必要がないです。

 

5. 服装で好感度アップ 服装は無難な服装が良い

shashin-matching-app7

写真の服装も重要です。ダサい、汚い服装は確実にマッチング率を下げる原因になります。
 
男性、女性ともに服装に関して心配な方は、シンプルさを意識するのがおすすめです。
 
アナウンサーやファッション雑誌などを参考に、シンプルで清潔感のある服を選んでみるのも良いかもしれません。
 

服装のNG例 似合わない服は清潔感を損なう

服装の清潔感に関しては、ダサい、汚いというのに加えて、似合っているか、似合っていないかも重要です。
 
似合っている服装であれば清潔感は自然と出ますし、一方で似合っていない服装は清潔な印象を与えません。
 
そこで、普段使いで、ウケの良い服装の写真を選ぶのがおすすめです。
 

6. 髪型も重要!美容院で切ってもらっているなら大丈夫

shashin-matching-app8

写真の髪型も良い印象を与える上で、役立ちます。
 
美容院に通い、独特な髪型でなければほとんどの場合は大丈夫です。
 
自己流カット、床屋でカットだけという方で、心配な方は、美容院にいくのをおすすめします。
 

7. 浪費家、業者だと思われるような写真設定はNG

shashin-matching-app9

次に高級車、高そうな食事、ホテル、ブランド物などお金持ち感のある写真もあまり設定しないようにしたいです。
 
マッチングアプリには業者という、怪しいビジネス勧誘をするユーザーがいます。
 
お金持ち感が漂う写真は、業者だと疑われてしまうことがあります。
 
また、女性ユーザーの場合は浪費家の印象を与え、男性に良い印象を与えない可能性が高いです。
 

8. 写真の加工 男性は基本NG 女性もほどほどに

多くの人に見られるプロフィール写真だからこそ、よく見せたいと思い、写真を加工したいと思うのは自然なことです。
 
しかし、写真加工については、原則男性はしないのがおすすめ。
 
また、女性であっても、ほどほどな加工に留めておくのが好印象です。
 
写真加工の際は、スタンプなどで顔が隠れないようにし、プリクラ風ではなく、ナチュラル風の加工にします。
 
ここまで、写真の選び方について見てきましたが、マッチングアプリの中には、写真重視のアプリとそうでないアプリがあります。
 
実際に出会えるアプリを厳選して、それぞれでおすすめのアプリも紹介します。

おすすめ!写真重視のマッチングアプリランキング

最初にプロフィール写真重視で感覚的に異性と繋がれるマッチングアプリを紹介します。
 
ここで紹介するアプリはランダムに表示される異性のプロフィールに対して、マッチングするかどうか判断するマッチングの仕組みです。
 
外見に自信のある方、気軽に出会いを探したい方はぜひ活用してみてください。
 

第2位 タップル誕生

tapple-deaenai8
タップル誕生はサイバーエージェントが運営するマッチングアプリで、会員数は400万人を超えます。
 
タップル誕生の特徴は興味がある趣味や考え方、嗜好性などから異性をランダムに表示されることです。
 
共通の興味を持った異性と気軽に繋がることができます
 
主な利用者は大学生や新社会人など20代前半なので、20代の同い年と繋がりたい方は、活用してみてください。
 

会員数 月額料金
400万人 男性:2317-3900円
女性:無料

 

第1位 Tinder(ティンダー)

tinder-taikai

気軽に繋がることができ、プロフィール写真重視のマッチングアプリで一番おすすめなのがTinderです。
 
タップル誕生はメッセージ交換から男性のみ有料会員になる必要がありますが、Tinderはメッセージまで無料で行うことができます。
 
利用者層は20、30代が中心で、イケメン、美女率が高いです。
 
Tinderの特徴は近くにいる異性を探すことができる点で、現在位置から何キロ圏内にいるのかを知った上でマッチングすることができます。
 

会員数 月額料金
数十万人 男性:無料
女性:無料
オプション追加のみ有料

おすすめ!写真よりも相性、メッセージ重視のマッチングアプリ

マッチングアプリは写真が重要なのはどのアプリも共通ですが、写真だけで、過度な顔重視はいやだという方におすすめのマッチングアプリを紹介します。
 

第2位 Pairs(ペアーズ)

pairs-top

Pairsは会員数1000万人を超える最大手の恋活アプリです。
 
利用料金のリーズナブルさも特徴で、会員数が多いだけあり、異なるタイプのユーザーが多く登録しています。
 
会員数が多く、多様性が影響しているのか、これまでに20万人以上が成婚、交際までいたっています。
 
ランダムにプロフィールが1人ずつ表示されるTinderやタップル誕生よりも、一覧で探せるPairsの方がマッチングできる可能性は高いです。
 

会員数 月額料金
100万人以上 男性:1280-3480円
女性:無料

 

with(ウィズ)

with-konkatsu2
数多くの恋活アプリの中でも、一番おすすめなのが、相性で繋がることができるwithです。
 
withはメンタリストのDaiGoが監修するマッチングアプリで、複数の相性診断から相性の良い異性と繋がることができます
 
顔に関係なく、しっかりと仕事をしている男性、女性であれば、高い確率でマッチングすることが可能。
 
会員数は100万人と決して多いわけではないため、人口の多い首都圏の方におすすめです。
 

会員数 月額料金
100万人以上 男性:1800-3400円
女性:無料

まとめ 視覚情報に偏りガチなマッチングアプリは写真選びが重要

マッチングアプリはメラビアンの法則でいう55%を占める視覚情報が、マッチングまでの鍵を握ります。
 
自己紹介文に「明るい性格、人と話すのが好きです」などと書いても、文章から相手に伝わることはありません。
 
自己紹介文で伝えたい内容は、プロフィール写真を活用してなるべくアピールできるようにするのが、マッチングアプリを使った恋活、婚活の鍵を握ります。