更新:2019.10.09 作成:2019.10.09

男性がセフレだけにしか送らない7つの連絡内容紹介!その心理や注意点も解説

sefure-renraku
多くの男性は、「セフレにしたい女性」と「それ以外の女性」と区別します。そのため、セフレにしたい女性に対しては、連絡頻度や連絡内容に特徴が現れます。

「セフレ扱いされているのかも」と考える場合、男性の連絡頻度・連絡内容を振り返ってみましょう。この記事では連絡頻度や連絡内容、男性とセフレとして付き合っていく上での注意点や関係の終わらせ方を紹介します。
 

セフレとの連絡について

sefure-renraku2
ここではセフレとの連絡について、LINEとデートの頻度を紹介します。セフレとはどのような頻度で連絡し、どれくらいのペースで会っているのか気になりますよね。セフレを作りたいと考えている方も、現にセフレがいる方も参考にしてみてください。
 

LINEの連絡頻度は?

100人以上にアンケートを実施した結果、LINEの連絡頻度は『週に1回』がもっとも多かったです。特に、男性に本命彼女がいる場合、連絡頻度は週に1回~月に1回がほとんどでした。
 

セフレへの連絡頻度を男性100人にアンケート

調査日【2019年9月18日】クラウドソーシングのアンケート調査結果

男性

Powered by TSBA.mobi GoogleGraph Wordpress plugin

■編集部コメント
週5の人は平日のみが多く、休日やクリスマスなどの行事ごとは行事前に「実家に帰る」などと先に連絡を済ませておくそうです。

本命がいないときはセフレに逃げられないように1日おきやなるべく返信するというコメントもあり。

 
また、男性の半数以上がセフレに対して「毎日連絡が来るのは嫌」と考えていました。セフレは男性にとって体の関係にしか過ぎません。関係の発展を望んでいるわけではないので、毎日連絡するのは「面倒だ」と考える方が多いようです。
 

デートの頻度は?

デートやセックスの頻度は週に1回~月に1回が多かったです。つまり、多くの方は月に2、3回セフレとデートしてセックスしているようでした。

多くの男性は、セフレとのセックスを「ストレス解消」や「息抜き」のように考えています。そのため、「毎日は必要ない」と考える方が多いです。もっとも、セフレを抱えている男性は本命彼女を持っていることが多いため、毎日セックスしたくてもできないというのが正直なところでしょう。

セフレが連絡してくる理由

pairs-skip10
ここではセフレが連絡してくる5つの理由を説明します。男性にとってセフレは都合の良い相手にしか過ぎません。そのため、都合の良いタイミングでしか連絡してこないことがほとんどです。
 

スケジュール調整

男性の中には、「セフレとはスケジュール調整以外に連絡しない」という方もいます。必要以上に連絡が増えると、本命彼女にバレたり他の方に見られてしまったりするリスクが増えてしまいます。

そのため、「来週の土曜日どう?」や「来月休みいつ?」などとスケジュール調整のために連絡をするというのが理由の一つ。男性に本命彼女がいることを知っていたり忙しい環境にあると理解していたりする場合は、事務的に返事をするのがベストです。
 

ヤりたくなった

ヤりたくなったときも、男性はセフレに連絡します。男性は常に「女性とセックスしたい」と考えていることが多いです。そのため、スケジュールが空いたりほろ酔いになったりしたタイミングで、あなたに連絡してくることがあります。

セフレと良好な関係を築きたいのであれば、急な提案でもOKしましょう。急にヤりたくなった男性は性欲が高まっているため、いつもより情熱的で激しいセックスができるでしょう。
 

本命彼女に言えない話がある

本命彼女に言えない話を聞いてもらいたいときも、セフレに連絡することがあります。男性は恋愛において聞き手に回ることが多いため、「たまには自分の話を聞いてほしい」と考える方もいるでしょう。

たとえば、本命彼女に対する愚痴は本人に直接言うことができません。また、「会社の同僚や友達には打ち明けたくない」という男性も多いです。そんなときに連絡したくなるのがセフレです。男性の愚痴を聞いてあげるのも、セフレとして関係を継続させるコツ
 

かまってほしい

男性の中には「かまってほしいから」という理由で連絡してくる方もいます。男性の中でセフレは彼女以上に気兼ねなく話できる存在です。なぜなら、自分にとって都合のいい存在であり、一定の距離が保たれているから。

男性も女性同様、不意に寂しくなったり甘えたくなったりすることがあるでしょう。そういったときに「連絡したいな」と思う相手がセフレ。「今何してるの?」といった何気ない連絡が来た場合は、寂しさで連絡してきた可能性が高いです。
 

関係性の維持

関係性を維持するために連絡する場合もあります。セフレの扱いに慣れている男性は、女性が喜ぶちょうどいいタイミングで連絡してきます。内容も、「愛してる」「好き」といった直接的な愛情表現が多いでしょう。

男性と関係が進展せず、「愛してる」「好き」といった連絡がたびたび来る場合はセフレ扱いされている可能性が高いです。セフレ扱いされている場合、今までどおりのやり方では関係を進展させることができないので注意してください。

男性がセフレにしか送らない連絡の内容って?

matching-app-osusume
男性がセフレに送る連絡内容には特徴があります。本命彼女や他の女性に送れないような内容でも、セフレに対しては平気で送ってくることが多いです。ここではセフレに送ってくる7つの連絡内容を紹介します。
 

下ネタ

下ネタは、基本的にセフレにしか送りません。セフレじゃない女性に対して、「ヤりたい」「セックスしたい」なんてLINEを送るのは非常識ですよね。

しかし、男性の中には女性に対して「ヤりたい」「セックスしたい」ということを伝えたい方もいるのです。普通ならセクハラになってしまうところも、セフレに対してならストレートに伝えることができます。
 

プレイの提案

プレイの提案を連絡することもあります。男性の中には、さまざまな性癖やフェチを持っている方もいます。本命彼女には引かれてしまうようなものもあるでしょう。

そういったときに、気軽にプレイの提案をできるのがセフレです。セフレは男性にとって都合の良い相手であるため、「次はこういうことしたい」「こういうセックスがしたい」ということを言いやすいのです。
 

エロい写真の要求

男性は女性から自分だけにエロい写真を送ってほしい、と考えています。セックスできないときやオナニーしたいときなど、自分のためだけに送ってくれた写真をオカズにしたい、と考える男性は多いです。

こちらも本命彼女や普通の女性に対しては、絶対に言えないでしょう。引かれたりブロックされたりするのが当然です。しかし、セフレに対しては気軽にエロい写真を要求することができます。
 

自慢話

多くの男性は「自慢話をしたい」と考えています。自慢話をすることによって自分が大きい存在であるかのように思えて、自尊心が高くなるからです。ただし、自慢話を快く聞いてくれる女性はなかなかいないでしょう。

そんなときに思い浮かぶのがセフレです。男性から自慢話をされたときは、じっくり聞いてあげましょう。
 

突然「会いたい」「泊まれる?」と言ってくる

突然「会いたい」「泊まれる?」というのはセフレに対してしか言いません。男性にとってセフレは、好きなときにセックスできる都合の良い存在だからです。

あなたのことを彼女候補として考えているなら、急な誘いはしないでしょう。彼女にしたい相手には、慎重に関係を進展させるはずだからです。それにも関わらず急に誘われた場合、セフレ扱いされていると考えましょう。
 

将来性のない話

将来のことを聞いても反応が薄い場合、あなたはセフレとして扱われています。あなたのことを真剣に考えているなら、将来や未来についての話をしてもきちんと返事してくれるはず。

男性は、セフレに対して長い関係を望んでいないことがほとんど。そのため、「いつか◯◯したいね」「今度ここ行きたいね」と提案しても、スルーされてしまうか誤魔化されてしまうでしょう。
 

そもそもほとんど返事がない場合も

そもそもほとんど返事が来ない場合もあります。上述したように、男性はセフレと「頻繁に連絡したい」とは考えていません。セフレと頻繁に連絡するのはさまざまなリスクやデメリットがあるからです。

こちらが何を質問しても無視されたり「そうなんだ」といった相槌だけで終わったりする場合、セフレ扱いされています。しつこく連絡することで、逆に鬱陶しがられてしまう恐れもあるでしょう。

セフレが男性と連絡する場合の注意点

sefure-renraku3
「セフレでもいいから長い関係を築きたい」そう考える場合、さまざまな注意点があります。これらの注意点をきちんと意識しておけば、男性と長い関係を築くことができるでしょう。
 

一定の距離を保つ

男性とは一定の距離を保ってください。近づきすぎると鬱陶しがられますし、遠ざけすぎるとフェードアウトさせられてしまうでしょう。男性が連絡しやすい適度な距離感が大事。

基本的にはこちらから連絡せず、相手のペースに合わせてください。また、男性が嫌がるような話題や返事はしないようにしましょう。しかし、冷たくなるのではなく適度に労いの言葉をかけたりややさしい態度で接したりすることがおすすめです。
 

本気にならない

こちらをセフレとしか思っていない男性に本気になってはいけません。本気になった瞬間、今までの関係が壊れてしまう恐れがあるでしょう。

「男性の彼女になりたいわけじゃない」こう考える場合は、常に冷静な気持ちを保っておいてください。本気の彼女になりたい場合は、関係が壊れてしまうリスクを覚悟しておきましょう。
 

連絡時間などのルールを決めておく

連絡時間などのルールをあらかじめ決めておくことは非常に大事です。男性によっては彼女や妻がいて連絡できない時間帯があるからです。

二人の間でルールを決めておくと、無駄を省くことができるでしょう。時間帯やデートのスケジュール、待ち合わせなど、できるだけ共通認識を持つようにしてください。
 

干渉しすぎない

干渉しすぎるのは良くありません。男性のことを深く知ろうとしてはいけませんし、逆にこちらのことを教えすぎるのもダメです。

なぜなら、セフレとは都合の良い関係であるため、干渉しすぎると個人情報を伝えるリスクが高まってしまうから。トラブルになったり揉め事に巻き込まれたりしないためにも、お互いのことは干渉しないようにしましょう。

セフレの男性と完全に連絡を断つ方法

sefure-renraku4
ほとんどの場合、セフレとはいつか終わりが来ます。セフレと関係を断つ場合、できれば穏便に済ませたいですよね。ここでは4つの方法を紹介します。
 

連絡手段をすべてブロックする

連絡手段をすべてブロックすると、完全に連絡を断つことができます。この場合、相手に個人情報を伝えていないことが前提となります。

個人情報を伝えている場合、SNSなどで晒されたり逆上されてストーカー被害に遭ったりする可能性があるでしょう。深い関係にある相手に対しては、別の方法がおすすめ。
 

「彼氏ができた」などと嘘をつく

「彼氏ができた」「結婚する」などと嘘をつくことで、ある程度穏便に関係を断つことができます。男性もセフレとの関係が永遠でないことを理解している方が多いです。

しかし、嘘はバレないようにしてください。嘘だとバレてしまうと、「本当のことを言ってくれればよかったのに」と悲しませてしまったり、「なんで嘘をつくんだ」と逆上されてしまったりする可能性があります。
 

「もう終わりにしたい」と直接言う

直接伝えるのも方法の一つ。この場合、LINEなどではなく口頭で伝えることで、自分が本気であると理解してもらえるでしょう。

LINEで伝えると、「どうしたの? 何か悩んでるの?」と本気度が伝わりません。そうして話をしているうちにズルズルと関係が間延びしてしまう可能性もあるでしょう。
 

フェードアウトを狙う

フェードアウトを狙って徐々に関係を断つ方法もあります。連絡頻度を落としたり、返事をそっけなくしたりすることでフェードアウトしやすいです。

こちらの返事が遅くなったり淡白になったりしたら、男性は別の女性を探しはじめるでしょう。この場合、途中で「やっぱりかわいそうだからやさしくしよう」と思い直さないよう気をつけてくださいね。

まとめ

sefure-renraku5
男性にセフレとして扱われている場合、連絡は週に1回程度。そして、月に2~3回は体の行為を持たれます。そこから発展することはありませんし、男性もそれ以上の関係は望んでいないでしょう。

「セフレでもいい」と考える場合は、男性と適切な距離を取ってください。今回紹介した注意点を守って、お互いにとって都合の良い関係を目指してくださいね。