更新:2021.01.31 作成:2019.09.29

セフレと結婚ってアリ?本命彼女になる5つの方法とメリット・デメリット紹介

sefure-kekkon-honmei01
体の関係だけだと思っていたセフレを、本気で好きになってしまうことは少なくありません。いつしか、お互いの気持ちが強くなって本命として付き合い、結婚に至るケースもあります。

始まりがセフレだからといって結婚できないとは限りません。しかし、セフレとの結婚は一般的な結婚に比べると特殊なので、どういったメリットやデメリットがあるのかも知っておきたいところですよね。

この記事では、セフレと結婚するためのテクニックや、セフレと結婚するメリット・デメリットを紹介します!

今はセフレの関係だけど、結婚することもあるかもしれないと考えている方は、最後まで目を通してみてくださいね。

セフレと結婚する人っているの?

sefure-kekkon-honmei02

セフレと結婚する人は、少数ですが存在します。

セフレだと割り切っていても男と女。だんだん気持ちが入っていって、セフレから恋人になる可能性はありますし、そこから結婚に発展することもあります。

Twitterを見てみると、「セフレから本命の彼女になった」投稿がいくつもありました。


このように、セフレから本命彼女になったり結婚したりする方は実際に存在します。

ただし、すべての男女がセフレから恋人に発展するわけではありません。「セフレと結婚したい」「セフレから本命彼女になりたい」と考える場合、相手と自分はどういう関係性なのかを改めて見直す必要があるでしょう。

セフレから結婚に至る理由・きっかけ

sefure-kekkon-honmei03

基本的に、セフレとはお互いにとって都合の良い、割り切った関係です。そんな『都合の良い関係』から、本命彼女を経て結婚することになるのには、必ずきっかけや理由が存在するものです。

ここではセフレから結婚に至る理由・きっかけを紹介します。

具体的な理由・きっかけはこの3つです。

  1. 男性が本命の彼女と別れた
  2. セフレのことが本気で好きになった
  3. 本命彼女に結婚願望がなかった

それぞれ、詳しく説明していきます。

1.男性が本命の彼女と別れた

sefure-kekkon-honmei07

男性が本命の彼女と別れると、セフレだった女性と付き合う確率は高いです。理由は、男性側には新しい恋をイチからはじめる気力がなくなっているケースが多いからです。

新しい恋をはじめるためには、女性と出会い、何度かデートをし、告白するというプロセスが必要です。

10代、20代前半ならまだその過程を楽しめるかもしれませんが、結婚を意識し出す20代後半や30代になると、そもそも出会いの数は減りますし、出会っても必ずしも付き合えるかどうかはわかりません。

男性がそういった恋愛のプロセスにめんどくささを感じると、容易に付き合うことができるセフレを彼女にするケースが増えます。本命の彼女になれば、そこから結婚に至る可能性も十分に考えられるでしょう。

2.セフレのことが本気で好きになった

sefure-kekkon-honmei08

男性の気持ちは、ふとした心の変化で変わりやすいものです。

なにかのきっかけで、セフレのことが彼女よりも好きになった、もしくは、一人の男性として本気で付き合いたいと思うことがあるかもしれません。

よくあるきっかけとしては、長く付き合っている恋人の見たくない部分が見えてしまい、その部分に対して失望したことで急激に男性が冷めてしまうこと。

そんなときにセフレの女性に優しくされたり、本命彼女にない魅力を感じたりすると、一気に気になる存在として頭から離れなくなってしまいます。

些細なきっかけで気持ちが本命彼女からセフレに傾くことも、大いに考えられるでしょう。

3.本命彼女に結婚願望がなかった

sefure-kekkon-honmei09

男性側に結婚願望があるのに、本命の彼女に「結婚願望がない」とわかったときに、男性は少なからず結婚願望があるセフレの女性に乗り換えようとすることがあります。

男性側に結婚願望があるのに、結婚というゴールが見えない女性といくら付き合っていても無駄ですよね。その場合は本命彼女への気持ちが薄れるのは当然です。

そんなときにセフレに結婚願望があることがわかったら、乗り換える可能性は非常に高いでしょう。結婚願望がある男性と付き合っている場合、少なからずチャンスはあります。

セフレを脱却して本命彼女になる方法

sefure-kekkon-honmei04

些細なきっかけで、セフレから彼女へ、そして結婚相手になることは不可能ではありません。

しかし、セフレと結婚するには具体的にどんなことをすればいいのでしょうか。そこで、ここからはセフレから本命彼女になるための方法を紹介します。

具体的な方法は5つです。

  1. 「都合の良い相手」をやめる
  2. こちらから真剣交際を伝える
  3. 相手が本命彼女と別れるのを待つ
  4. 距離を置いてみる
  5. 本命の彼女にはない部分を見せる

それぞれ、詳しく説明していきます。

1.「都合の良い相手」をやめる

sefure-kekkon-honmei010

本命の彼女になりたいのであれば、まずは「都合の良い相手」をやめましょう。

男性はセフレのことを、いつでも好きなときに呼び出してセックスできる都合の良い相手としか思っていません。

そのため、まずは都合の良い相手をやめることで、男性に『一人の女性』として再認識させなければいけません。

都合よく自分の思い通りになると思っていたセフレの女性が、いつもの誘いに乗らなかったりセックスできなかったりすると、男性は「なんで自分のものにならないんだろう」と考えます。

そんなことを続けていうちに、男性は日常的にあなたのことを考える割合が高くなります。結果的に、「自分のものにするためには彼女にするしかない」という答えにたどり着いたら、主導権はこちらのものです。

ただこの方法で駆け引きをしていることが相手にバレると、他のセフレ探しが始まる可能性があります。モテる男性であれば、1人のセフレに固執せず、新しい都合の良い相手を見つけるのは難しくないからです。

そうならないよう、セフレとしての魅力と人間としての魅力の2つを持ち合わせる必要があります。

2.こちらから真剣交際を伝える

sefure-kekkon-honmei011
男性は女性に比べると、あまり告白されることが多くありません。

そのため、余程遊んでいる男性でなければ、女性からの告白に対しては真摯に向き合う方が多いでしょう。真剣交際を伝えることで、本命彼女になることもあります。

伝え方はどのようなアプローチでも構いません。しかし、『自分の好意』と『相手とどんな関係になりたいか』ははっきりさせてください。ここが曖昧だと、男性に伝わらないことがあります。

「◯◯さんのこと、本気で好きになってしまいました。これからは一人の女性として、真剣に付き合ってほしいです。」

このような言い方をすると、相手に気持ちが伝わりやすいです。

重要なのは、セフレではない関係としての時間を増やすことです。一緒に食事を取ったり、会話を楽しむ時間で盛り上がれれば、交際するイメージが沸いて男性もその気になりやすくなります。

3.相手が本命彼女と別れるのを待つ

sefure-kekkon-honmei012

相手が本命彼女と別れるのを待ってからアプローチする、というのも一つの方法です。

上述したように、彼女と別れた場合、男性は自分と関係が近い女性に好意を抱く傾向があるからです。

男性が本命彼女と別れるタイミングとしては、「付き合ってから3年」を目安にしましょう。脳科学的には、人間の恋愛感情は3年で消えてしまうとされています。

男性に「彼女と付き合ってどれくらい?」と聞いて、「3年くらいかな」と答えが返ってきた場合、そろそろマンネリになって別れる可能性があります。自分が次の彼女になれるよう準備しておきましょう。

4.距離を置いてみる

sefure-kekkon-honmei013

あえて距離を置いてみるのも一つの作戦でしょう。距離を置くことで、男性の気持ちを高ぶらせることができます。

男性は、女性よりも「追いかけたい」という願望が強いもの。歴史を紐解いても、狩りに出るのは男性のほうです。つまり、距離を置くことによって、男性に「自分のものにしたい」と思わせることができます。

ただし、距離を置きすぎると自然消滅してしまいかねないので注意してください。距離を置く期間は1ヶ月程度がおすすめです。特に相手がモテる男性の場合は、そのままフェードアウトとなってしまうこともあるため注意が必要です。

5.本命の彼女にはない部分を見せる

sefure-kekkon-honmei014

より理想に近い人を恋人にしたいと考えるのは、男性に限らず当然のこと。なので、本命の彼女にはない強みを作ることができれば、セフレ脱却の可能性が高まります。

本命の彼女が「料理が下手」と分かれば、料理上手になることで男性を振り向かせることができるかもしれません。また、男性が「彼女が貧乳」と嘆いているのであれば、あなたの胸が彼女より大きいことが強みになります。

ただ、ここで強みにするべきポイントは外見ではなく内面に関わるものであることが重要です。なぜなら本命の彼女に対して外見に不満があっても、セフレでその不満を解消できるのであれば関係は変わらないままだからです。

自分だけの強みを作ることで自分が本命の彼女になる可能性を高められます。男性が本命彼女とうまくいっていないのであればさらに効果的です。

セフレと結婚するメリット

sefure-kekkon-honmei05

「セフレの本命彼女になって結婚したい。」そう考える前に、セフレと結婚するメリットとデメリットを確認しておきましょう。

まず、セフレと結婚するメリットについて説明します。

セフレと結婚するメリットは4つです。

  1. 体の相性が良い
  2. お互いの距離感がちょうどいい
  3. 固い絆で結ばれる
  4. 支え合っていける

それぞれ、詳しく説明していきます。

体の相性が良い

sefure-kekkon-honmei015

体の相性が良いことは、セフレと結婚する何よりのメリットです。

結婚するということは、生涯ひとりの異性とセックスをするということ。そのため、結婚生活において、体の相性は非常に重要です。

良いセックスをすると、オキシトシンというホルモンが分泌され、それが多幸感を高め精神を安定させます。

もし、体の相性が悪ければセックスもイヤになり、幸せを感じることも精神が安定することもないでしょう。

つまり、セフレと結婚することで、夫婦のセックスが幸せなものとなり、毎日を幸せに感じられるということです。

お互いの距離感がちょうどいい

sefure-kekkon-honmei016

セフレとは、もともと『都合の良い関係』です。そのため、お互いの距離感をわかっていることが多く、どちらかがベタベタしすぎたり、プライベートを邪魔したりすることがないので、一緒にいて苦痛にならないでしょう。

恋人には言えないのにセフレになら話せるなんて内容もあるでしょう。それは関係がセフレだからではなく、セフレとの関係性が良好で、親友に近い存在だからとも考えられます。

結婚生活は何十年も続くもの。干渉しすぎると窮屈になりますし、放置しすぎても心が離れてしまいます。

そこで大事になってくるのが距離感です。お互いの距離感をわかっているセフレスタートの夫婦は、適度な関係を保ちやすいといえます。

固い絆で結ばれる

sefure-kekkon-honmei017

セフレ関係から結婚に至るまでは簡単ではありません。二人の関係を知っている周囲からよく思われないかもしれませんし、相手に恋人や家族がいた場合、それらの人を傷つけてしまうこともあるかもしれません。

しかし、そういった困難を乗り越えた二人だからこそ、絆は固いはずです。もしかすると、一般的な過程を経た夫婦よりもトラブルに対処する能力が高いかもしれません。

セフレが始まりだったとはいえ、乗り越えてきた困難が大きければ大きいほど、絆もより強固になりますので、強い関係性を作れていれば些細なことでは別れたり離婚を決意したりしないでしょう。

支え合っていける

sefure-kekkon-honmei018

もしセフレが不倫関係だった場合、結婚するとなると男性は金銭的に苦しくなる可能性があります。

妻や子どもがいたのであれば慰謝料や養育費を支払っているでしょうし、仕事に差し支えて同年代の男性よりも給料が低くなっている可能性もあるでしょう。

また、田舎に住んでいるのであれば、近所で噂になっていたり煙たがられたりする場合もあります。どんな経緯があろうとも、「離婚して別な人と結婚した」というのは良いイメージを持たれないからです。

そういったネガティブな出来事はデメリットにも思えますが、お互いがお互いの事情を把握しているため、夫婦で支え合うことができ、二人の関係性でいえばメリットともいえます。

セフレと結婚するデメリット

sefure-kekkon-honmei06

セフレと結婚することはデメリットも多いです。セフレと本命彼女になって「結婚したい」と考える場合は、デメリットがあるということも把握しておきましょう。

セフレと結婚するデメリットは4つです。

  1. 浮気される可能性がある
  2. 関係性が変化してしまう
  3. 「セフレと結婚した」と噂になる
  4. 相手が慰謝料や養育費などを払っている場合がある

それぞれ、詳しく説明していきます。

浮気される可能性がある

sefure-kekkon-honmei019

セフレから夫になった男性は、一般的な男性よりも浮気しやすいです。なぜかというと、そもそもセフレを作っている時点で、自分に『女性をセフレにできるほどの男性的な魅力がある』と分かっているからです。

自分に魅力があると分かっている男性は、結婚したあともセフレを作る可能性はあります。そして、あなたが本命彼女になったのと同じように、別のセフレを本命彼女にする危険性もあるでしょう。

そうなってしまうと、不幸は目に見えています。セフレと結婚すると、浮気されて不幸になる可能性もあるでしょう。

元々セフレとして出会った相手です。ちょっとしたことでまたセフレを作っていないかと女性側が不安になることは多くなります。そのため、今回ばかりはセフレではなく、絶対に失いたくない存在だと認識してもらわないといけません。

結婚したなら、相手の心と身体をしっかりとつなぎとめておく努力が必要になります。

関係性が変化してしまう

sefure-kekkon-honmei020

セフレとは都合の良い関係です。しかし、結婚すると都合が良いだけの関係ではなくなってしまいます。

結婚生活は、お互いが「面倒だな」と思うことにも踏み入れなければなりません。恋愛やセフレと違って法的に縛られた関係だからです。

セフレからの結婚に限りませんが、夫婦になることで関係性が壊れ、相手のことを「やっぱり違うかも」と思ってしまうことはよくあるものです。

特に、セフレの関係はお互いのことを突っ込んで知ろうとしないため、結婚後に「イメージと違った」となならないように、しっかりと相手との関係性を作るよう努力してください。

「セフレと結婚した」と噂になる

sefure-kekkon-honmei021

「セフレと結婚した」ということが知られれば、家族や友人によく思われない可能性が高いです。

精神的にストレスを感じたり窮屈な思いをしたりするでしょう。田舎に住んでいるのであれば嫌がらせをされたり出世の妨げになる可能性もあります。

たとえ純粋にお互いのことを愛し合って結婚したとしても、不倫や略奪愛と同じような扱いにされて尻軽のレッテルを貼られ、お互いの家族から結婚を反対されることもあるでしょう。

そうならないように、お酒が回っていたとしても「元々セフレの関係だった」などと口を滑らせることは絶対にしてはいけません。特に周囲からの目を気にする人なら尚更です。

セフレとの結婚だと知られると、周囲からの目が厳しく、精神的に負担がかかるものだと考えてください。

相手が慰謝料や養育費などを払っている場合がある

sefure-kekkon-honmei022

不倫関係から結婚し、相手に奥さんや子どもがいた場合、慰謝料や養育費などを払っている場合があります。そうすると、自由に使えるお金は非常に少ないものになるでしょう。

「専業主婦になりたい」と考えている女性でも、仕事を続けたりパートをはじめたりしなければなりません。慰謝料や養育費を払い続けている場合、男性の収入だけでは夫婦生活を維持するのは難しいからです。

男性を離婚させてしまったのは、あなたにも非があるでしょう。セフレと結婚することは、経済的にも困る場合が多い<です。

まとめ

セフレと結婚すると、体の相性が良かったりいい距離感で過ごせることから、楽しい結婚生活が期待できるでしょう。

しかし、セフレとの結婚は、周囲から反対されたり近所に噂になったりする可能性があるため、バレないように注意しなければいけませんし、相手の性格によっては他にセフレを作る危険もあるので、それなりの覚悟が必要です。

それでも「結婚したい」と思える男性だったら、今回紹介したテクニックを使って本命彼女になることとからはじめましょう。本命彼女になることができれば、結婚への道が開けます。