更新:2019.09.30 作成:2019.09.29

セフレと結婚ってアリ?本命彼女になる5つの方法とメリット・デメリット紹介

sefure-kekkon
セフレだからといって結婚できないとは限りません。セフレでも、男性のことを本気で好きになることがあるでしょう。

ただし、セフレとの結婚は一般的な結婚に比べると特殊です。そのため、さまざまなメリットやデメリットがあります。

この記事では、セフレと結婚するためのテクニックやメリット・デメリットを紹介します!
 

セフレと結婚する人っているの?

  
sefure-kekkon2
セフレと結婚する人は、少数ですが存在します。セフレだとしても男と女。セフレから恋人になる可能性はありますし、そこから結婚に発展する場合もあります。Twitterを見てみると、「セフレから本命の彼女になった」という投稿がいくつもありました。
 

 

 
このように、セフレから本命彼女になったり結婚したりする方は実際に存在します。ただし、すべての男女がセフレから恋人に発展するわけではありません。「セフレと結婚したい」「セフレから本命彼女になりたい」と考える場合、相手と自分はどういう関係性なのかを改めて見直す必要があるでしょう。

セフレから結婚に至る理由

  
sefure-kekkon3
ここではセフレから結婚に至る理由を紹介します。基本的に、セフレとはお互いにとって都合の良い関係。そんな『都合の良い関係』が本命彼女を経て結婚することになるのには、理由があります。
 

男性が本命の彼女と別れた

  
本命の彼女と別れた男性は、セフレと付き合いやすいです。新しい恋をイチからはじめる気力がなくなっているからです。

新しい恋をはじめるためには、女性と出会い、何度かデートをし、告白しなければなりません。しかし、30代になるとそもそも出会いの数は減りますし、告白してもOKしてもらえるかどうかわからないでしょう。

そういった部分にめんどくささを感じ、セフレを彼女にしやすいのです。そこから結婚に至るという可能性も十分に考えられるでしょう。
 

セフレのことが本気で好きになった

セフレのことが彼女よりも好きになった、もしくは、一人の異性として彼女にしたいと思った場合も付き合うことができるでしょう。男性の気持ちは、ふとした心の変化で変わりやすいものなのです。

長く付き合えば付き合うほど、恋人の見たくない部分が見えてしまうのは当然でしょう。その部分に対して失望してしまうと、男性は冷めてしまいます。

そんなときにセフレにやさしくされたり本命彼女にない部分を感じたりすると、一気に好きになってしまいます。そこから気持ちが本命彼女からセフレに傾くことも、大いに考えられるでしょう。
 

本命彼女に結婚願望がなかった

結婚願望のある男性が、本命の彼女に「結婚願望がない」とわかったら気持ちが薄れるのは当然です。結婚願望がない女性といくら付き合っていても、その男性は結婚することができません

そんなときにセフレに「結婚願望がある」ということがわかったら、乗り換える可能性は非常に高いでしょう。結婚願望がある男性と付き合っている場合、少なからずチャンスはあります。

セフレを脱却して本命彼女になる方法

  
yareru-apps
セフレから結婚相手に昇格するのは、十分にありえる話。しかし、具体的にどんなことをすればいいのかわからないですよね。そこで、ここではセフレから本命彼女になるための5つの方法を紹介します。
 

「都合の良い相手」をやめる

本命の彼女になりたいのであれば、「都合の良い相手」をやめましょう。男性にとってセフレは都合の良い相手。いつでもセックスできる『道具』としか思われていないことが多いです。

そのため、都合の良い相手をやめることで、男性に『一人の女性』として再認識される可能性があるでしょう。いつもの誘いに乗らなかったりセックスできなかったりすると、男性は「なんで自分のものにならないんだろう」と考えます。

そういうことが続けば、男性は日常的にあなたのことを考える割合が高くなります。結果的に、「自分のものにするためには彼女にするしかない」という答えにたどり着くことも。
 

こちらから真剣交際を伝える

真剣交際を伝えることで、本命彼女になれます。男性は、女性に比べてあまり告白されることがありません。そのため、女性からの告白に対しては真摯に向き合う方が多いのです。

伝え方はどのようなアプローチでも構いません。しかし、『自分の好意』と『相手とどんな関係になりたいか』ははっきりさせてください。ここが曖昧だと、男性に伝わらないことがほとんどです。

「◯◯さんのこと、本気で好きになってしまいました。これからは一人の女性として、真剣に付き合ってほしいです」このような言い方をすると、相手に気持ちが伝わりやすいです。
 

相手が本命彼女と別れるのを待つ

相手が本命彼女と別れるのを待ってからアプローチする、というのも一つの方法です。上述したように、彼女と別れた場合、男性は自分と関係が近い女性に好意を抱く傾向があるからです。

男性が本命彼女と別れるタイミングとしては、「付き合ってから3年」を目安にしましょう。脳科学的には、人間の恋愛感情は3年で消えてしまうとされています。

男性に「彼女と付き合ってどれくらい?」と聞いて、「3年くらいかな」と答えが返ってきた場合、そろそろマンネリになって別れる可能性があります。自分が彼女になれるよう準備しておきましょう。
 

距離を置いてみる

あえて距離を置いてみるのも一つの作戦でしょう。距離を置くことで、男性に気持ちを高ぶらせることができます。

男性は、女性よりも「追いかけたい」と感じる方がほとんど。歴史を紐解いても、狩りに出るのは男性のほうです。つまり、距離を置くことによって、男性に「手に入れたい」と思わせることができるのです。

ただし、距離を置きすぎると自然消滅してしまいかねないので注意してください。距離を置く期間は1ヶ月程度がベストでしょう。
 

本命の彼女にはない部分を見せる

本命の彼女にはない強みを作ることができれば、セフレ脱却も近いです。恋人をより理想に近い人にしたいと考えるのは、男性に限らず当然のことでしょう。

本命の彼女が「料理が下手」とわかれば、料理上手になることで男性を振り向かせることができます。また、「胸が小さい」とわかれば、大きくすることで男性の心をつかめるでしょう。

このように、自分だけの強みを作ることで本命の彼女に近づくことができます。男性が本命彼女とうまくいっていないのであればさらに効果的です。

セフレと結婚するメリット

  
sefure-kekkon4
「セフレの本命彼女になりたい」そう考える前に、注意しなければならないことがあります。それは、セフレと結婚することによって生じるメリットとデメリット。これらを確認しておかなければ、後悔してしまう可能性もあるでしょう。

ここではセフレと結婚するメリットについて説明します。
 

体の相性が良い

体の相性が良いことは、何よりのメリットです。結婚生活において、体の相性は非常に大事だからです。

セックスすることによって、お互いの愛は深まります。セックスするとオキシトシンというホルモンが分泌され、それが多幸感を高め精神が安定させるのです。

体の相性が悪ければセックスもイヤになり、幸せを感じることも精神が安定することもないでしょう。しかし、セフレと結婚することで、毎日を幸せに感じ落ち着いた日々を手に入れることができます。
 

お互いの距離感がちょうどいい

セフレとは、もともと『都合の良い関係』。そのため、お互いの距離感をわかっていることが多く、一緒にいて苦痛にならないでしょう。

結婚生活は何十年も続くもの。干渉しすぎると窮屈になりますし、放置しすぎると心が離れてしまいます。

そこで大事になってくるのが距離感です。お互いの距離感をわかっているセフレスタートの夫婦は、適度な関係を保つことができるでしょう。
 

固い絆で結ばれる

セフレからの結婚は簡単ではありません。周囲からの反対もあるでしょうし、相手に恋人や家族がいた場合、それらを傷つけてしまうこともあるでしょう。

しかし、そういった困難を乗り越えた二人だからこそ、固い絆で結ばれます。そのため、一般的な夫婦と違ってトラブルが起きても簡単に対処することができるでしょう。

乗り越えてきた困難が大きければ大きいほど、絆もより強固になります。また、「もう二度とあんな辛い思いはしたくない」と考えていることが多いため、些細なことでは別れたり離婚を決意したりしないでしょう。
 

支え合っていける

セフレから結婚した場合、男性は金銭的なトラブルを抱えている可能性があります。妻や子どもがいたのであれば慰謝料や養育費を支払っているでしょうし、仕事に差し支えて同年代の男性よりも給料が低くなっている可能性もあるでしょう。

また、田舎に住んでいるのであれば、近所で噂になっていたり煙たがられたりする場合もあります。「セフレから結婚した」というのは良いイメージを持たれないからです。

しかし、一般的な夫婦と違ってお互いがお互いの事情を把握しているため、夫婦生活を支え合っていくことができます。支出が多かったり収入が少なかったりしても幸せな毎日を過ごせるでしょう。

セフレと結婚するデメリット

  
sefure-kekkon5
セフレと結婚することはデメリットも多いです。セフレと本命彼女になって「結婚したい」と考える場合は、これらのデメリットがあるということも把握しておきましょう。
 

浮気される可能性がある

セフレから夫に発展した男性は、一般的な男性よりも浮気しやすいです。なぜかというと、自分に『女性をセフレにできるほどの男性的な魅力がある』と分かっているからです。

自分に魅力があるとわかっている男性は、結婚したあともセフレを作りやすいです。そして、あなたが本命彼女になったのと同じように、別のセフレを本命彼女にしてしまう可能性もあるでしょう。

そうなってしまうと、不幸は目に見えています。セフレと結婚すると、浮気されて不幸になる可能性もあるでしょう。
 

関係性が変化してしまう

セフレとは都合の良い関係です。しかし、結婚すると都合が良いだけの関係ではなくなってしまいます

結婚生活は、お互いが「面倒だな」と思うことにも踏み入れなければなりません。恋愛やセフレと違って法的に縛られた関係だからです。

夫婦になることで関係性が壊れ、相手のことを「やっぱり違うかも」と思ってしまう可能性があるでしょう。特に、セフレの関係はお互いのことを突っ込んで知ろうとしないため、結婚後に「イメージと違った」となりやすいので注意してください。
 

「セフレと結婚した」と噂になる

「セフレと結婚した」と噂になれば、精神的にストレスを感じたり窮屈な思いをしたりするでしょう。特に、田舎に住んでいるのであれば嫌がらせをされたり出世の妨げになる可能性もあります。

たとえ純粋にお互いのことを愛し合って結婚したとしても、周りの目は厳しいでしょう。場合によっては、お互いの家族から結婚を反対されることも。

セフレとの結婚は一般的な男女の結婚よりも周囲からの目が厳しく、精神的に負担がかかるものだと考えてください。
 

相手が慰謝料や養育費などを払っている場合がある

相手に奥さんや子どもがいた場合、慰謝料や養育費などを払っている場合があります。そうすると、自由に使えるお金は非常に少ないものになるでしょう。

「専業主婦になりたい」と考えている女性でも、仕事を続けたりパートをはじめたりしなければなりません。慰謝料や養育費を払い続けている場合、男性の収入だけでは夫婦生活を維持するのは難しいからです。

男性を離婚させてしまったのは、あなたにも非があるでしょう。セフレと結婚することは、経済的にも困る場合が多いです。
 

まとめ

  
sefure-kekkon6
セフレと結婚すると、体の相性が良かったりお互いを支え合えたりすることから、結婚生活に待ち受ける困難を二人で乗り越えていくことができるでしょう。しかし、セフレとの結婚は、周囲から反対されたり近所に噂になったりすることがあるため注意してください。

それでも「結婚したい」と考える場合は、今回紹介したテクニックなどを使って男性の本命彼女になることとからはじめましょう。本命彼女になることができれば、あとは結婚するだけです!