更新:2019.10.17 作成:2019.10.17

マッチングアプリあるある25選!30個使って250人と出会った僕が紹介!

matchingapp-aruaru
マッチングアプリを使っていると、「こういう人いるなぁ」「こういうこと多いなぁ」と感じることがありますよね。そういった『マッチングアプリあるある』から、「自分はこういう風にならないでおこう」と考えるのは非常に大事です!

この記事では、マッチングアプリを30個以上使って250人の女性と出会った僕が、『マッチングアプリあるある』をいくつか紹介します。
 

そもそもマッチングアプリってどういうもの?

matchingapp-aruaru2
マッチングアプリは、婚活・恋活を目的としたアプリです。出会い系サイト・出会い系アプリと違って、大人の出会いや友達探しはできません

しかし、その分、卑猥な写真で誘惑する業者が少なく、真面目な方が非常に多いという特徴があります。実際に、Twitterの口コミを見てみると、「マッチングアプリで出会った」「マッチングアプリで結婚した」という投稿がたくさんあります。

このように、マッチングアプリで出会って結婚するというのは一般的になりつつあります。

マッチングアプリあるある【写真編】

matchingapp-aruaru3
ここからはマッチングアプリあるあるを紹介します! まずは写真のあるあるから。マッチングアプリを使っていると、こういった写真に設定している方をよく見かけますよね。
 

サブ写真でがっかりする

メイン写真は「かわいい!」「かっこいい!」と思ったのに、サブ写真を見てみると「あれ? 思っていたのと違う…」となることがよくあります。

もしくは、マッチングしたはいいものの、相手が写真を追加したりLINEのアイコンになってる写真を見たりして、「やっぱりイマイチかも」と思うこともありますよね。もっとも、写真を実物に近づけすぎると『いいね!』数も減ってしまいますし、難しいところです。
 

あきらかに加工している

どう考えても目が大きすぎるだろ! という女性をたまに見かけます。アニメキャラみたいなかわいらしさはありますが、実際会ったら「全然違う!」となるのが目に見えています。

美肌にするとか傷を隠すとか、そういった修正は問題ないのですが…あからさまに加工されると、引いてしまいますよね。
 

背景が散らかっている

これは男性の自撮りにありがちな写真。実物はイケメンなのに、背景に洗濯物が散らかっていたり鏡が汚れていたり…。

撮っている本人は自分の姿しか見ていませんから、気づきにくいんですよね。しかし、女性はそういったところもきちんと見ています
 

明らかに会社のトイレで撮っている

これも男性にありがちな写真です。スーツ姿でビシッと決めた雰囲気! …なのはいいのですが、どう考えても会社のトイレなんですよね。

トイレの写真は見ている人を不快にさせてしまう恐れがあります。これも気づく女性が多いので、やめたほうがいいでしょう。
 

サブ写真が多すぎる

やたらとサブ写真が多い人もいますよね。グルメ、観光地、ペット、子ども…。そんなに追加されても、最後まで見ることはありません。

むしろ、厳選したものを数枚載せるだけで問題ないでしょう。あと、自分の写真ばっかりだと、いくらかわいくても「ナルシストすぎるだろ…」と引いてしまいます。
 

サブ写真がまったく魅力的じゃない

サブ写真のセンスがなさすぎる人もいるんですよね。まったくおいしくなさそうじゃないごはんとか、「近所の公園?」と思ってしまうほど冴えない風景の写真とか。

サブ写真はメイン写真とギャップを狙うためのものなので、センスが悪い写真にしていると逆効果です。むしろ、載せないほうがいいでしょう。
 

自撮りが下手すぎる

自撮りが下手すぎるのは、見ていられないですよね。ぎこちない笑顔、変な角度、とろんとした目…。

自撮りするんだったら、せめて奇跡の一枚を載せてほしいです。特に男性の自撮りは、ほとんどが見ていられないものばかり。
 

ポートレート風な写真

男性の中には、背景がぼやけたポートレート風の写真を設定している方もいます。変な自撮りよりマシですが、人によっては胡散臭さが増します。

やはり、友達に撮ってもらったようなナチュラルな写真が望ましいでしょう。ポートレート風な写真にすると業者感が出てしまいます。

マッチングアプリあるある【プロフィール編】

matchingapp-aruaru4
次に、プロフィールのあるあるを紹介します。良くも悪くも、マッチングアプリにはこのようなプロフィールの方が非常に多いです。
 

テンプレート

マッチングアプリにある『自己紹介文自動作成機能』を使って作られたプロフィールです。不自然な場合が多いんですよね、『私は今年から◯◯県で大学生をしています!』とか。『大学生』の部分には職業が入るのでしょうが、あきらかに不自然です。

また、他の人と同じ内容・構成になってしまうため、業者っぽくなってしまうんですよね。実際に、僕はテンプレートの方は避けていました。
 

ウケを狙いすぎて滑っている

男性に多いプロフィール。『彼女ができなさすぎて干からびてしまいました。誰か水をください。水をくれるじょうろのような女性が好きです。じょうろのような女性ってなんやねん』たとえば、このような文章ですね…。

マッチングアプリは真面目な方が多いので、ウケ狙いはイマイチです。特に、婚活アプリでは確実にスルーされるでしょう。
 

ヤリモクお断り

「ヤリモクお断り!」という女性をよく見かけますが、「私は何度もヤリモクに引っかかってる女でーす」と豪語しているようなもの。

実際に、「ヤリモクお断り」と書くと、逆にヤリモクのターゲットにされてしまいます。実際に、僕もナンパで使っていたときは、ヤリモクお断りの女性こそ狙っていました。
 

友達に勧められてはじめました

男性に多いのが「友達がはじめたので僕も…」という一文。女性からすると、『婚活したくてはじめたんじゃないのかよ!』と思ってしまいます。

あまり正直に書きすぎるのもよくありません。はじめた理由を書きたい場合は、「職場に出会いがなくて…」などにしておきましょう。
 

やたらコンサルタントが多い

男性はやたらコンサルタントが多いですよね。『いいね!』を多くもらっているのは、ほとんどがコンサルタント。コンサルタントって、日本にそんなたくさんいたの? って疑問に思うほど。

これはプロフィールを偽っている可能性が高いです。コンサルタントは高収入な職業として有名ですからね。高収入を偽って女性を釣ろうとするヤリモクです。
 

やたら年収600万以上が多い

20代・30代の平均年収は420万程度。それなのに、マッチングアプリにはやたら600万以上の方が多いです。

こちらも偽っている可能性が高いでしょう。マッチングアプリは結婚相談所と違って収入証明が必要ありませんからね。
 

「仮想通貨で生活してます」は100%勧誘

「仮想通貨で生活しています!」「FXが仕事です!」こういった方は100%勧誘です。実際に、軽い気持ちでメッセージを送ってみたところ「セミナー紹介しますよ(^^)」と言われてしまいました。

こういった勧誘の悪質なところは、普段は婚活・恋活として使いながらも騙せそうな人が近づいてきたら勧誘モードに切り替えるところ。婚活・恋活として使っている部分もあるため、悪質なユーザーだと見分けがつかないんですよね。

マッチングアプリあるある【メッセージ編】

matchingapp-aruaru5
次に、メッセージのあるあるを紹介します。マッチングアプリで異性と仲良くなるためには、メッセージは必要不可欠。ついついこんなメッセージ送っていませんか?
 

最初からタメ口、呼び捨て

最初からタメ口だったり呼び捨てしてきたりするのは男性に多いです。いくら年が離れていても、初対面に変わりはありません。いや、会ってすらいないので、よりていねいに声をかけるべきです。

それなのにタメ口や呼び捨てしてくるということは、学校で敬語を習わなかったからなのか…それとも一気に距離を縮めてヤリ捨てようとしているのか、どちらかでしょう。
 

「なんて呼んだらいいですか?」がめんどくさい

マッチングアプリで「よろしくお願いします!」の次に来るのが「なんて呼んだらいいですか?」です。

なんでもいいよ! と感じる方が多いでしょうが、毎回律儀に「◯◯って呼ばれることが多いです♪」と返しているはず。実際に、僕は毎回「大学の頃は◯◯とか〇〇って呼ばれてました!」と説明してました。
 

だんだんと返事が遅くなっていく

これは登録して日が浅い人にありがちです。最初はマッチング数が少ないため、優先的に返事をしてくれていても、2、3日経つと1日経っても返ってこないくらいに遅くなることがあるでしょう。

相手が人気会員だったら「この人はイマイチだな」と後回しにされるのは仕方ありません。別の方にアプローチしたほうがいいでしょう。
 

最終的にフェードアウトされる

フェードアウトはマッチングアプリにつきものですよね。僕も何度フェードアウトされたことか。でも、こちらからフェードアウトしたこともありますからね。お互い様です。

特に、1回目のデートが終わって2回目のデートを誘ったときに、「忙しくなくなったらまた連絡するね」と言われてフェードアウトすることが多いです。何度、この苦汁をなめたことか…。
 

返事が遅くなると「おーい」とか呼びかけてくる

マッチングアプリに登録している方の多くは社会人。社会人は学生と違って、繁忙期に入ると急に忙しくなったり、緊急の予定が入ったりしますよね。

そうなると、どうしてもメッセージの返信が後回しになります。メッセージが遅れると湧いてくるのが「おーい」と呼びかけてくる男性です。おーいお茶じゃないんだから、と思っちゃいますよね。
 

2、3日経っているのに普通に返事してくる

これは女性に多いです。キープのつもりなのか、単純に性格なのか…。平気で2~3日返事が遅れているのに、何食わぬ顔で「そうなんだ~、おもしろいね♪」とメッセージしてくるんですよね。

返事が遅れたことに対する謝罪はないの? と思ってしまいます。まぁ、かわいかったら許してしまうのですが。

マッチングアプリあるある【デート編】

matchingapp-aruaru6
最後はデートのあるあるを紹介します。マッチングアプリで仲良くなった人は、デートを経て交際に至ります。ただ、そのデートでつまずく方が多いのも事実でしょう。
 

「何人と会った?」と聞いてくる

「俺で何人目?」「私以外にも誰かと会ってるんですか?」という質問、まったく無意味です。そういったことを知っても、なんの得にもならないでしょう。

むしろ、「それを教えてどうなるんだ」「人の勝手だろ」と思われることが多いです。僕もあまり聞かれたくない質問でした。
 

会計が終わったら手を繋ごうとしてくる

ここぞとばかりに手を繋ごうとしてくる男性がいます。これはヤリモクの常套手段なんですよね。

『ハンドテスト』といって、手を握ってくる=ホテルOKということなのです。ヤリモクの餌食にされたくなかったら手を振り払いましょう。
 

「二人きりになりたい」でホテルに誘ってくる

ホテルの誘い文句は「二人きりになりたい」「静かな場所でアイス買って食べない?」とか、だいたいみんな同じです。

僕も「ちょっと休憩したいな~」「何もしないから! マジで何もしない!」と言って誘ってました。まぁ、するわけですが…。
 

「◯◯ちゃんのためにアプリ退会したよ」→ブロックしただけ

男性の「退会した」は99%退会していません。相手をブロックしただけです。なぜなら、有料会員では簡単に退会できないから。

相手をブロックして、自分はこっそりアプリで他の女性を物色していることが多いです。僕の友達も、男性はそうしている人たちばかりです。

まとめ

matchingapp-aruaru7
マッチングアプリあるあるは、挙げていけばキリがありません。それだけみんな同じ行動を取っていたり、似たような写真・プロフィールにしているのでしょう。

マッチングアプリで「出会いたい」と考えるのであれば、ここで挙げたあるあるに当てはまらないよう行動するのがベストです。あるあるに当てはまらないよう行動すると、きっと素敵な人と理想の関係を築けるでしょう。