【監修者のインタビュー】福谷 陽子氏

法律家がコラム監修

京都大学法学部に現役合格
在学中(大学4年時)に司法試験に合格
法律事務所の設立経験あり 元弁護士
さらに詳しい経歴はこちら

監修者 福谷陽子氏
【監修者】福谷 陽子氏 

監修を引き受けた理由

出会い系サイトでは法的なトラブルが起こりやすいです。たとえば美人局の女性に引っかかってしまう男性もおられますし、サクラの相手にお金を払い続けてしまう方もおられます。相手が未成年と気づかずに援助交際になってしまうこともあるでしょう。
大きなトラブルになる原因は、「情報が足りないこと」です。世の中には間違ったネット情報も出回っているので、何を信用して良いのかわからない人もおられます。
私が法律的な監修を行い、事前に正しい情報をみなさまに届けることで、安全に出会い系サイトをご利用いただきたいと思い、監修をお引き受けしました。

「出会い系サイト・アプリの比較ランキング-潜入レポ―トあり」に福谷氏が求めている法律的見解

「出会い系サイト・アプリの比較ランキング-潜入レポ―トあり」は、出会い系サイトの「正しく安全な使い方」をみなさまにお伝えして、使いやすいサイトへとつなぐ役割があると考えています。
そのためには、基本的な使い方や安全なサイトの選び方、利用方法、よくあるトラブルや予防法などを記載していることが望ましいと考えます。
法律的に正しい内容が記載されていることは大前提です。

記事の監修を行う上で気を付けていること

監修を行う以上、記事内に間違った内容が含まれていないことがもっとも重要ですから、当然、情報の正確性には注意を払っています。
また、正しいだけではなく「役に立つ情報」が含まれていたらなおさら良いと考えます。
出会い系サイトのトラブルには「違法ではない」ものもあるからです。
たとえば出会い系サイトで知り合った女性と金銭のやり取りがあると、後に貸金か贈与かによって争いになることもあります。金銭のやり取り自体は違法ではありません。
そんなとき、お金をやり取りしたら後にトラブルになる可能性が高いことを知っていたら、出会った相手からお金を求められても拒否することができます。
このように、みなさまにとって「ちょっと役に立つ法律的な情報」をお届けできれば良いなぁ、と思いながら監修を行っています。

ネットの出会いで法律違反となる事例と気をつけたほうがいいことをアドバイス

出会い系サイト運営会社の監視も厳しくなったこともあり、最近では下記にあげる事例はあまり聞かなくなりましたが、過去には問題視されていたのでリストアップしておきますね。

1.美人局

よくあるのが、美人局です。出会い系で知り合った女性と会うと、女性の「彼氏」や「旦那」などが出てきて高額な慰謝料を請求されたり暴行を振るわれたりする事件です。
すると、詐欺罪や恐喝罪、暴行罪などが成立する可能性があるので、早急に警察や弁護士に相談してください。

2.サクラの女性に騙される

また、サクラの女性にだまされて高額なポイントを支払い続けてしまう方もおられます。サクラは詐欺ですが、気づかないまま払ってしまう方も多いので、なかなか会ってくれないなど怪しい相手には注意しましょう。

3.援助交際

相手が未成年と気づかないで会うと、淫行条例違反や強制わいせつなどの犯罪になってしまうことがあります。知らなかったと言っても通用しないので、相手の年齢はしっかりと確認しておくべきです。

4.結婚詐欺、金銭トラブル

結婚詐欺の事例もあるので、簡単に金銭のやり取りをするのは控えましょう。また自分としては相手を援助するつもりでお金を貸しても、別れると悔しくなって取り戻したくなりトラブルになることも多いので、基本的に結婚前の多額の金銭のやり取りは推奨しません。

以上のようなことに注意して、安全に出会い系サイトを利用してくださいね!