PCMAXに関するコンテンツ

2019.06.03

PCMAXは危険なのか?実際に使ってサクラや業者いるかどうか徹底調査!

pcmax-kiken

PCMAXについて

PCMAXは、累計1,000万人の会員が登録している人気出会い系サイト・アプリです。婚活・恋活や友だち作りから大人の出会いまで、幅広い目的の方が登録しています。
 
出会い系サイト・アプリというのは、マッチングアプリと違います。マッチングアプリは、男女のマッチングを目的としたもの。一方で、出会い系サイト・アプリは、総合的な出会いを目的としています。
 
また、システムも大きく違います。マッチングアプリは月額課金制ですが、出会い系サイト・アプリはポイント制です。有料メッセージを送信したり女性のプロフィールを閲覧したりする際のみ、有料のポイントを購入する必要があります。そのため、うまくいけばマッチングアプリよりも安く異性と出会うことができます。
 
ただし、ポイント制の出会い系サイト・アプリは、違法や危険なものも多いという特徴があります。その理由は、月額課金制ではないため、サクラなどを雇えば男性から無限にポイントを吸い取ることができるからです。

PCMAXは危険なサイトじゃない

PCMAXもポイント制の出会い系サイト・アプリです。ただし、PCMAXは違法で危険な出会い系サイト・アプリではありません。その理由を3点紹介します。
 

インターネット異性紹介事業に届出・受理済み

PCMAXは、『インターネット異性紹介事業』に届出・受理済みです。『インターネット異性紹介事業』とは、出会い系サイト・アプリを健全に運営していく上で必須な届出です。
 
違法で危険な出会い系サイトでは、受理はおろか届出すらされていません。届出されていないということは、ユーザーを保護する意図がないということです。
 
PCMAXは『インターネット異性紹介事業』に届出・受理済みで、年齢確認をきちんとおこなっているため、安心して利用することができます。
 

長い運営歴と多くの会員

PCMAXは、15年以上の運営歴を誇る老舗の出会い系サイト・アプリです。マッチングアプリが日本ではじめてリリースされたのは2012年ですので、それよりも遥かに長い歴史があります。
 
PCMAXは、会員数1,000万人以上、アクティブユーザー50万人以上であり、いかに多くの方に利用されているかが分かります。
 
違法な危険出会い系サイト・アプリの特徴は、できたばかりだったり会員数を公表していなかったりするところばかりですが、PCMAXはどちらにも当てはまりません。そのため、安心できるサイト・アプリであると言えるでしょう。
 

24時間365日のセキュリティと通報制度

PCMAXは、24時間365日のサポートとパトロールをおこなっています。また、運営は有人による24時間体制です。
 
PCMAXでは、通報制度や相手をブロックできる『お断り機能』があります。不快なユーザーに対しては、通報したりこちらの機能を使ったりすることで対処できます。
 
違法な危険出会い系サイト・アプリでは、安全対策をしていないことがほとんどです。PCMAXは、出会い系サイト・アプリの中でも特に安全対策に力を入れています。

PCMAXに危険人物はいる?調査してみた

PCMAXは安全に利用できる出会い系サイト・アプリです。ただし、出会い系サイト・アプリというのは、危険人物が多いという特徴があります。そこで、実際に使って調査してみました。
 

知り合いにサクラはいない

調査した結果、PCMAXにサクラはいませんでした。そもそもサクラとは、運営会社が雇った架空の会員です。サクラの目的は、男性からポイントを吸い上げることです。
 
サクラがいる出会い系サイト・アプリは、登録すると、こちらが足あとを付けていない状態でもすぐに大量のメッセージが来ます。しかし、PCMAXでは、ほとんどメッセージが来ませんでした。このことから、サクラは存在しないと言えるでしょう。
 
そもそもPCMAXは、累計会員数もアクティブユーザーも非常に多いです。サクラを雇うことは、運営会社にとってメリットよりもリスクのほうが大きいでしょう。
 

危険人物は少なからず存在する

PCMAXにはサクラは存在しませんが、危険人物は少なからず存在します。PCMAXにいる危険人物とは、以下のとおりです。
 

  • ●業者
  • ●勧誘
  • ●キャッシュバッカー
  • ●援助交際、パパ活

 
実際に使ってみたところ、このようなメッセージが届きました。
 
pcmax-kiken2
本物の女性なら、あいさつや自己紹介をしてくるはずです。また、こちらのプロフィールに対して何かしらのアプローチがあるはずでしょう。
 
しかし、そういったものがいっさいありません。これは、業者やキャッシュバッカーの特徴です。このように、PCMAXには危険人物も少なからず存在します。

PCMAXにいる危険人物

ここではPCMAXの危険人物について紹介します。危険人物とは関係が進展することはありません。むしろ、深く関わるとトラブルに巻き込まれてしまう可能性もあります。
 

業者

業者は、運営会社と関係のない会社がなりすましている架空の会員です。業者の目的は、個人情報の収集。LINEのIDと本名をセットで尋ねられたり、会ってもいないのにこちらの情報を聞いてこようとしたりする場合は、業者を疑いましょう。
 
また、他のサイトやアプリに誘導してくる業者もいます。そういった業者の手口は、別のサイトやアプリで多額の料金を請求してくるといったものです。数十万、数百万といった被害を受けた方もいますので、十分注意しましょう。
 

勧誘

勧誘は、セミナー、宗教、投資、情報商材の販売などが目的です。勧誘は一般人であることも多いため、本物の会員と区別が付きません。また、一度会っただけではわからない場合もありますので、気をつけましょう。
 
勧誘してくる方がよく使うフレーズに、「先生に会わせたい」「師匠に会ってほしい」というものがあります。これはウインザー効果と呼ばれるもので、第三者を経由すると、人は信じ込みやすくなるというものです。ウインザー効果にだまされないよう気をつけてください。
 

キャッシュバッカー

PCMAXにはキャッシュバッカーも存在します。キャッシュバッカーとは、キャッシュバック制度を利用してお金を稼ぐ女性のことです。これは、出会い系サイト・アプリに特有の危険人物です。
 
PCMAXでは、女性だけの特典としてキャッシュバックという制度があります。女性は、男性のメールを送信するとマイルが溜まります。このマイルは、さまざまな景品と交換することができるのです。キャッシュバッカーとはいつまで経っても関係が進展しないので注意しましょう。
 

援助交際、パパ活

PCMAXには援助交際、パパ活目的の方も登録しています。援助交際やパパ活は、肉体関係が伴うと売春行為として犯罪に当たります。甘い言葉に誘われて、誘いに乗らないようにしましょう。
 
たとえ食事やデートだけの関係だとしても、援助交際やパパ活目的の女性とは仲良くなることができません。また、PCMAXではパパ活を利用規約で禁止しています。パパ活に興味がある方は、別のサイト・アプリや専用のものを使いましょう。

PCMAXの危険人物の特徴

ここでは、PCMAXの危険人物の特徴について紹介します。危険人物を回避することで、PCMAXを安全に使うことができます。ぜひこれらの特徴を参考にしてみてください。
 

女性のほうからメッセージが来る

女性のほうからメッセージが来た場合、危険人物だと疑いましょう。基本的に、マッチングアプリにおいても出会い系サイト・アプリにおいても、女性は受け身だからです。
 
特に、PCMAXは大人の出会いも許可されている出会い系サイト・アプリです。そういったサイト・アプリで、自分から積極的に送ってくることは考えにくいと言えます。
 
特に、送ってきた女性が20代・30代だったり、肉体関係をほのめかすような内容だったりする場合は、危険人物に間違いないでしょう。返信することはポイントの無駄遣いですので、やめておきましょう。
 

初回のメッセージにLINEのIDが載せられている

初回のメッセージにLINEのIDが載せられている場合、業者の可能性が高いです。LINEを交換し、別のサイト・アプリに移行させるのが目的です。
 
業者のLINEは、話が噛み合わないことがほとんどです。こちらの質問に対して答えなかったり、「文字化けして別のサイト・アプリでしか見れない」と言われたりした場合は、確実に業者でしょう。
 
そのサイト・アプリは、違法であることがほとんどです。PCMAXとは比べ物にならない料金で、メッセージをいくつか交換しただけで数十万といった請求を求められる可能性があります。十分に気をつけましょう。
 

プロフィールに卑猥な写真を載せている

プロフィールに卑猥な写真を載せている場合は、業者やキャッシュバッカーの可能性があります。キャッシュバッカーは、男性にメールを送れば送るほど、マイルが溜まって儲かります。逆に言えば、メールを送り続けなければ儲けることができないのです。
 
そのため、キャッシュバッカーとは、いつまで経っても仲良くなることができません。それどころか、LINEの交換すらできないことがほとんどです。
 
キャッシュバッカーの被害に遭うと、ポイントだけがどんどんかさんでいきます。消費したポイントは、相手がキャッシュバッカーだと分かっても返ってくることはありませんので気をつけてください。
 

『ホ別』など専門用語を使ってくる

『ホ別2』といった専門用語を使ってくる女性は、援助交際やパパ活目的です。援助交際やパパ活は、PCMAXの利用規約に反しています。また、対価を支払って肉体関係を結ぶ『売春』は、違法とされています。専門用語を使ってくる女性に対しては気をつけましょう。
 
また、援助交際やパパ活目的でPCMAXに登録している女性は、風俗店や業者である可能性もあります。風俗店や業者が一般人のふりをして、お店の女性を派遣しているのです。
 
そういった女性の特徴は、行為が非常に早かったり、待ち合わせ場所になかなか来なかったりします。その理由は、風俗店や業者の女性は客を回転させる必要があり、待ち合わせ場所の確認はあらかじめ風俗店や業者のスタッフがおこなうからです。相手にそのような特徴が見られた場合、すぐに回避しましょう。

PCMAXで危険人物を見つけた場合の対処法

PCMAXで危険人物を見つけた場合、適切な対応をしましょう。適切な対応をしなければ、被害はさらに拡大するからです。ここでは、PCMAXで危険人物を見つけた場合の対処法について説明します。
 

通報する

PCMAXには、通報機能があります。通報機能を使うには、メッセージの画面で『通報する』を選択します。
 
pcmax-kiken3
すると、通報センターの画面に移動します。確認ができたら、『上記に同意する』にチェックを入れ、『次に進む』を選択してください。
 
pcmax-kiken4
通報センターの画面で違反内容を入力し、『通報する』を選択します。これで、通報完了です。通報内容が受理されると、相手は強制退会させられます。
 
pcmax-kiken5

見ちゃいや、お断り設定

PCMAXには、『見ちゃいや』と『お断り』という機能があります。通報まではいかないものの、相手から不快な思いをさせられたり、嫌な気持ちになったりした場合は、こちらを使いましょう。
 
『見ちゃいや』というのは、自分の掲示板の投稿を相手に見せないようにする設定です。『お断り』というのは、お互いの連絡が取れなくなる機能です。マッチングアプリでいうブロックと同じものです。
 
設定方法は、メッセージ上の『見ちゃいや』『お断り』というアイコンをクリックするだけです。
 
pcmax-kiken6
クリックすると確認画面が出てきます。『OK』を押すと、設定完了です。

まとめ

PCMAXは、安心・安全に利用できる出会い系サイト・アプリです。累計1,000万人が登録しており、その中には自分にぴったりな異性が登録しているはずです。
 
しかし、危険人物も少なからず存在します。危険人物と出会わないようにするには、特徴をは把握して事前に回避する必要があります。それでももし危険な被害に遭ってしまった場合は、かならず通報するようにしましょう。
 
最初のうちは、なかなか分かりづらいかもしれません。しかし、注意深く利用することによって、だんだんと判別できるようになるはずです。PCMAXを安全に使って、素敵な方と出会いましょう!