paters(ペイターズ)に関するコンテンツ

更新:2019.12.18 作成:2019.12.18

ペイターズの社長はどんな人? アプリは安全かどうかまとめてみました!

paters-shacho1

 

パパ活アプリのペイターズ。男性とデートをするだけでお金がもらえるなんて、女性的には夢のようですよね。

しかし、会うだけでお金がもらえるなんて、そんな美味しい話が本当にあるのか不安ですよね。パパ活を推奨しているペイターズ自体、本当にクリーンなんでしょうか? 運営会社はもちろん、社長はどんな人なのでしょうか? もしかして法律に触れるようなこともしている怪しい社長がやっているんじゃないか、なんて気になりますよね。

こちらの記事では、以下の記事を参考に、ペイターズを信用して使えるかどうかという点に焦点を当てて解説していきます。

実はペイターズは驚くほどクリーンです。若い女性が若い女性のために開発したアプリなんです。

paters-ceo
引用: DIAMONDO online
paters-ceo2
引用: キャリアハック

 

ペイターズはパパ活用マッチングアプリ。そもそもパパ活は合法?

paters-shacho2

 

ペイターズが安全なのかどうかを知る前に、まずはパパ活自体問題がないのかどうかを知っておく必要がありますよね。

結論から言うと、パパ活自体は合法です。

 

パパ活とは、「女性が経済的に余裕のある男性とデートなどを行い、報酬として金銭を受けとる」ことを指します。

キャバクラとは仕事を通じての関係ではないところが、援助交際とは肉体関係を持つ必要がないところが異なります。

男性としてはキャバクラや風俗の従業員とは違う一般女性と会えることがメリットで、女性としては男性に自身の夢を援助してもらえることがメリットとなります。

パパ活自体は基本的に法で罰せられることはありません。もともと定義も曖昧です。実際にデートをするとは言っても内容はまちまちですし、いっしょに過ごす時間や報酬もペアごとに異なります。共通しているのは「男性が女性に金銭を渡す」ことくらいでしょうが、ただ単にアプリで出会った男女というだけの関係で金銭の受け渡しをしても、特に法に触れることはないのです。

 

ただし、違法になる場合も例外的に存在します。

一つは男性側が既婚者である場合。肉体関係を持った場合はもちろん、そうでない場合も危険です。

もう一つは女性側が18歳未満である場合。児童ポルノ法に問われる可能性があります。

とはいえ、これらのトラブルはペイターズの運営やペイターズの社長からすれば排除したいもののはず。なぜならこれらのような違法性が問われるトラブルが起きると、ペイターズの運営自体に関わるからです。

もちろんこれらのトラブルが起きないよう、ペイターズは努力しています。ペイターズを使ったパパ活が違法になる、ということは考えなくて良いでしょう。後程、どのような努力をしているのか具体的に解説します。

ペイターズの運営会社はどんなところ?

paters-shacho3

 

ペイターズは、株式会社patersが運営しています。アプリ名と同様の社名ですね。

事業内容は、マッチングアプリ「paters」の運営その他経営コンサルティング業とされています。

ホームページを確認してみると、許認可、所在地、連絡先などはしっかりと掲載されています。新宿にオフィスを構え、メールで連絡をとれるようです。

 

会社名
株式会社paters
代表者
代表取締役CEO 日高 亜由美
設立
2017年6月13日
事業内容
アプリ開発・運用
所在地
〒160-0023 東京都新宿区西新宿六丁目2番3号
インターネット異性紹介事業届出及び受理済み 受理番号:30170048000

 

運営会社については実態のある会社ですが、これだけではペイターズを信用して利用できるかどうかの参考としては少し薄いように思う人は多いでしょう。

しかし、ペイターズの社長はさまざまなメディアで露出をしていますので、その考えを見ていくことが可能です。

社長の考えを知れば、ペイターズがクリーンなアプリかどうかわかりますよ。

ペイターズ社長のプロフィール

paters-shacho4

 

ペイターズの社長は、日高亜由美さんという20代の女性です。

パパ活というちょっとグレーに思える出会いを取り扱う会社の社長としては、ちょっと意外に感じる人もいるのではないでしょうか?

日高亜由美さんは1994年生まれ、鹿児島県の種子島出身。

2017年に株式会社patersを設立しています。

ペイターズ運営の目的は、「夢を追う女性を応援したい」!

paters-shacho5

 

ペイターズの運営について知っていく中で、最も気になるのはどのような目的で運営しているのかということでしょう。

目的によっては、もしかしたら安心して利用できないかも……なんて思ってしまいますからね。

先にお伝えしておくと、ペイターズに関しては安心して利用してOKです。

 

社長の日高亜由美さんがペイターズを運営している目的は、実はペイターズのコンセプトである「夢を追いかける女性」と「応援する男性」のマッチングそのもの。「暇つぶしや小遣い稼ぎがきっかけだったとしても、マッチングを通して夢を叶えるきっかけを届けたい」という思いを叶えるため、ペイターズは存在しています。

最終的な目標は、経済的理由で夢をつかめない人が少しでも減る状況を作ること。応援する男性が夢を追いかける女性を手助けすることで、経済的理由で夢をあきらめざるを得ない女性をどんどん減らしていこうということです。

 

社長自身も、夢を追いかける女性だった

paters-shacho6

 

このように、ペイターズは日高亜由美さんの最終目標を目指して運営されています。これには日高さん本人も「夢を追いかける女性」の一人であったことが関連しているのではないでしょうか。

 

日高亜由美さんは、実はそもそもペイターズの運営のような起業に興味がある人物ではありませんでした。もともと音楽関係で生活できるようになりたいと考えており、17歳の時に高校を中退しています。

その後は音楽関係での成功をあきらめたあと、18歳の時点でフリーカメラマンを目指すことになります。この時には上京までしているので、本気で夢を追いかけていたようですね。

 

日高さんはカメラマン志望でしたので、上京当初は起業に興味を持っていませんでした。しかし、東京で入居したシェアハウスに集まっていた人々の影響で状況は変わります。

入居者にプログラマーがいたことからプログラミングに、起業の希望者が多数いたことから起業に興味を持ちだすのです。

やがて給料の大半をプログラミングの学習に費やすようになり、パパ活用のマッチングアプリの着想を経て、ペイターズが生まれることになりました。

 

株式会社patersの代表メッセージを一部引用します。

 

「上京したての私は色々な幸運が重なって多くのアドバイスや応援を得られましたが、

そうじゃない人も多いのが現実です。

だからこそ、自分の経済状況やバックグラウンド、今の環境に左右されないで、

誰もが自分の夢を追いかけられる世界になってほしいなと強く願っています。

運営するpatersから、出会いによって人生が変わり大きな夢を叶える人がたくさん生まれることを願って日々運営をしています。」

 

(引用:paters

 

このように、社長自身が周囲の人々にたくさん助けられたことから、若い女性の助けとなるペイターズを運営していることがわかりますね。

夢を追う女性が安心してペイターズを利用できる一例を紹介!

代表メッセージからもわかる通り、ペイターズ社長の日高亜由美さんの目的はとてもクリーンなもの。ペイターズの利用において不審に思う必要はないでしょう。

その目的のためか、ペイターズはトラブルが起きないよう業界トップクラスの審査・監視耐性を整えています。一例を紹介します。

 

18歳未満の利用の徹底排除

paters-shacho7

 

パパ活で違法となるケースのひとつは、女性側が18歳未満だった場合のことです。当然のことながらペイターズでは18歳未満が利用できないよう、入会審査に力を入れています。

例えば、ペイターズを利用するには年齢確認が必要なのですが、年齢確認には顔写真付きの身分証明書の提出をしなければなりません。この時点で18歳未満であれば、ペイターズを利用することはできません。

運転免許証やパスポートといった顔写真付きの身分証明書を持っていない女性もいるでしょうが、その場合は残念ながら入会すること自体できません。厳しいようですが、審査を徹底するための処置ということでしょう。

18歳未満の人が他人の身分証明書を利用して登録しようとするケースも存在します。その場合には、身分証明書の生年月日、住所はもちろん、ペイターズに投稿された文章やプロフィール写真が一致しているかどうかをチェックし、ふるい分けます。この作業は株式会社patersのスタッフが手作業で行っていますので、信用して良いでしょう。

ちなみに、18歳未満の高校生の場合は入会できない仕組みを確立しており、万一入会した場合には即時強制退会としています。

 

監視体制は24時間365日

paters-shacho8

 

ペイターズの監視体制は24時間365日。トラブルが起きた時のためのカスタマーサービスはもちろん、プロフィールなどの文面も全て目を通しています。

パパ活という性質上、援助交際を希望する男性も集まってくるでしょうが、それらしき単語を使用していることが確認された時にはすぐに運営の手が入ります。この場合は単にプロフィールが承認されないばかりではなく、強制退会という処置をとることになっています。

強制退会となった場合、同じメールアドレスや電話番号では二度とペイターズに登録できなくなります。

夢を追う女性が安心して使えるよう、ペイターズはこういった審査や監視の体制に力を入れています。

 

もちろん、許認可や法務チームも万全

当然のことではありますが、ペイターズはマッチングアプリの運営に必要な「インターネット異性紹介事業」という届け出を警察署に提出しています。これは会社概要でも確認することができます。

同時に、顧問弁護士を交えた法務チームも稼働しており、トラブル対策は万全。これらはアプリからも読めるページが用意されていますので、気になったら「マイページ」の「設定」から読んでみてください。

それでも起き得るトラブルにもしっかり対応!

paters-shacho9

 

ここまで管理体制を徹底していても、どうしてもトラブルが起こることはあります。ペイターズがチェックできるのはあくまでペイターズアプリ内で起こることだけですから、実際に会った後や、LINEなどの連絡先を交換した後に起こることまでは把握できません。

しかし、そんなケースもペイターズは想定しています。社長の日高亜由美さんの意向により、セキュリティ体制に最も費用と労力をかけているとのことです。

 

実際に会ってみたら違う人だった場合

マッチングアプリの性質上ありがちなのが、実際に会ってみたら事前に見ていた写真と全然違う人が来たケース。写真は加工できますし、最悪の場合本当に別人の写真を使っていることも考えられるでしょう。

ペイターズアプリの「よくある質問」にも記載がありますが、この場合は内容によっては対処をしてくれるとのこと。

残念ながら写真詐欺自体で違法性を問うことは難しいですが、ペイターズならできる範囲のことをしっかり対応してくれます。

 

ビジネスの勧誘などをされた場合

ネットワークビジネスを目的とした男性の場合、事前にそれと判断するのはなかなか困難でしょう。ネットワークビジネスの勧誘者は実際に会ってからカミングアウトするケースが多く、メッセージだけでは普通の男性に見えてしまいます。

とはいえ、ネットワークビジネスの勧誘をされたからといって危険な目に合うわけではありません。勧誘に興味がないならしっかりと断ってペイターズに通報を行いましょう。

24時間365日体制のカスタマーサービスがすぐに対応してくれるはずです。

まとめ

paters-shacho10

 

以上、ペイターズの社長の人物像と、それによるペイターズの運営についてでした。

ペイターズなら安全にパパ活を始められることをわかっていただければ幸いです。

重要事項をまとめます。

 

●ペイターズ社長は、日高亜由美さんという1994年生まれ(20代)の女性。
●ペイターズ社長の最終目標は、経済的理由で夢をつかめない人を少しでも減らすこと。
●社長本人もかつては夢を追う女性の一人だった。
●夢を追う女性が安心して利用できるよう、ペイターズではセキュリティに最も力を入れている。
●監視体制は24時間365日。チェックは全て株式会社patersの社員が実施。

 

社長の日高さんは23歳の時にペイターズを開発しています。若い女性が作った若い女性のためのアプリを使って、パパ活を成功させましょう。