paters(ペイターズ)に関するコンテンツ

更新:2020.01.18 作成:2020.01.18

ペイターズの違反報告とは? どんなときに使うべき?

paters-ihanhoukoku12

ペイターズの機能の一つである違反報告。見たことはあるけど、どんなときに使うべきかちょっとわかりにくいのではないでしょうか。

違反報告は、パパ活で夢を追う女性ユーザーたちのためにある機能です。自分たちの環境を改善するためのものですので、使い方を覚えて活用できると良いですよ。

違反報告とは

paters-ihanhoukoku8

違反報告とは、その名の通りペイターズの規約に違反している人物を報告する機能のこと。この機能により、ペイターズを不正に利用している人や迷惑行為を続ける人物に対処してもらうことが可能です。

違反報告を行うと、ペイターズ運営事務局より報告内容の調査が行われます。その結果として規約違反・迷惑行為・違法性があるとされた場合、なんらかの処置が下されます。

運営事務局より注意がおこなわれるだけの場合もありますが、内容によっては即刻強制退会とされることも。特に強制退会となった場合、登録時に使用していたメールアドレスや電話番号では二度と登録できなくなります。これも全てユーザーたちが安心してペイターズを利用できる環境を整えるため。

ペイターズは審査やパトロールにお金と時間を特にかけており、女性ユーザーのパパ活をしっかりと守っているのです。
 

違反報告するには

違反報告するのは簡単。違反報告したいユーザーのホームへ行き、右上のメニューを開きます。

paters-ihanhoukoku4

すると、「お気に入りに追加」「違反報告する」「ブロックする」「メモ」の4つの選択肢が現れるので、「違反報告する」をタップすればOKです。

タップすると、以下のように違反内容を書くページへ移ります。

paters-ihanhoukoku1

そのうち、違反箇所に関しては以下の選択肢からひとつを選ぶ仕様となっています。

  • ●他サイトやビジネスへの勧誘
  • ●詐欺行為
  • ●商売利用目的
  • ●プロフィール項目の詐称
  • ●偽アカウント
  • ●不適切な登録内容
  • ●無断のドタキャン
  • ●メッセージが攻撃的
  • ●ストーカー行為
  • ●卑猥な言動
  • ●個人情報交換後に連絡が途絶えた
  • ●窃盗行為
  • ●その他

いずれもマッチングアプリで比較的多く見られる違反行為でしょう。

具体的な理由に関しては特に詳しく書いておくことをおすすめします。その方が運営事務局もどこを調査すれば良いのかわかりやすくなるはずですし、違反を確実に見つけてもらえるようになります。
 

違反報告=退会処分? 自分が違反報告されたらどうなる?

paters-ihanhoukoku9

この通り、違反報告は非常に簡単に行えます。

「じゃあ、もし自分が違反報告されたら退会処分になるかのな」、なんて不安になりますよね。簡単に処分が下されるなら、メッセージ全てにすごく気を遣って書かなければいけないと思うこともあるでしょう。

ですが、その心配は無用です。違反報告をした、あるいはされたからといって必ず何かしらの処分が下されるわけではありません。

先述の通り、違反報告があれば、まずは運営事務局から調査が行われます。

この調査は報告内容に沿って行われますので、例えば「暴言があった」という旨の報告であれば、報告されたユーザーが本当に暴言を吐いていたのか調査されることになります。

この時、もしも本当に暴言があったとすれば何かしらの処分が下されます。内容によっては注意で済むかもしれませんが、即刻退会となることもあるでしょう。

しかし、暴言が認められなかった場合、特に処分が下されることはありません。何一つ変化なく、そのユーザーはペイターズの利用を続けられます。

このように、ペイターズは事実確認をしっかりと行ってから処分を下します。なぜなら虚偽の違反報告のために善良なユーザーを失いたくないためです。

メッセージを始めたものの、一方が興味を失くして返信しないままにしてしまうことはマッチングアプリではよくあること。そんなときに放置されてしまった側が逆恨みして違反報告するケースはどうしても存在します。

ペイターズ運営事務局が事実確認をしっかりと行っているのは、そのような違反が本来存在しない状況を考えてのこと。規約を守る一般ユーザー全員が安心してパパ活ができる環境を維持できるよう、ペイターズは日々パトロールを行っています。

なお、違反報告の調査の結果として事実確認ができなかった場合でも、違反報告をしたユーザーに何かしらの処分が下されるということはありません。

「違反報告をして、何もなかったらどうしよう……」と考える必要はありませんよ。

違反報告するべきときはどんなとき?

違反報告をして良いタイミングは、規約違反を犯しているユーザーを発見したとき。ではその規約違反とは具体的にはどんなことでしょうか。

ペイターズの利用規約の第8条、「禁止事項」を見てみましょう。そのまま読むと長いため、重要な部分や、ペイターズ利用時に見かけがちなことだけかいつまんでお伝えします。

以下の事項に関しては、ペイターズ外のやりとりで起きた場合にも違反報告の対象となります。
 

他の会員に対する性行為の強要や提案、その他迷惑行為

paters-ihanhoukoku7

ペイターズは、基本的にユーザー同士で肉体関係を持つことを推奨していません。禁止しているわけでもないのですが、前提としてパパ活には肉体関係は必要ないものとして取り扱っています。

そのため、プロフィールに肉体関係を欲していることを記載されているのを見たり、メッセージで肉体関係を持ちたいことをほのめかされたらすぐに違反報告してしまいましょう。

特にありがちなのは性行為ではありますが、それ以外の迷惑行為も全て違反報告に含まれます。

例えば暴言。返事をしなかったことに逆恨みをして暴言を送られたら怖いですよね。すぐにブロックして違反報告すればOKです。

詐欺や脅迫、恫喝行為なども、実害が出る前に即座に報告して運営事務局に任せてしまいましょう。
 

ペイターズ本来の目的に沿わない利用

paters-ihanhoukoku5

ペイターズ本来の目的とは、当然パパ活。応援したい男性と応援されたい女性のマッチングです。にも関わらず、出会いがあるからとパパ活以外の利用を目的とした人が後を絶ちません。

よくあるのがネットワークビジネスの勧誘です。残念ですが、マッチングアプリのユーザーにはネットワークビジネスの勧誘を目的とした人が多いのが現状です。これはペイターズに限ったことではありません。

「ネットワークビジネスに興味ない?」という旨のメッセージを送られたら即違反報告……とできれば良いのですが、ネットワークビジネスの勧誘をしたい人はこのような直接的なメッセージを送ってくることはなかなかなく、普通にデートまで進むことがほとんど。2回、3回とデートを重ねて仲を深めたあと、ようやく勧誘を行ってきます。

ある程度仲良くなったあとに勧誘されるのはなかなか辛いですが、パパ活が目的であったのにネットワークビジネスを始める意味はありません。

心を鬼にして、判明した瞬間に違反報告を行いましょう。その後、二度と連絡をとらないようにすることをおすすめします。

ネットワークビジネスの勧誘以外にも、パパ活ではないことを提案される可能性はあるでしょう。その時にも違反報告を活用してください。
 

虚偽の情報の記載

paters-ihanhoukoku11

実際に会ってみたらプロフィール写真とは全く違う人がやってきた、とか、実際に話を聞いてみたら会社役員でも何でもないフリーターだった、というような悲惨なケースを少なくするため、虚偽の情報の記載が認められたときにも違反報告が可能です。

特に女性の興味・関心を惹こうと、年収や職業、顔や身長に関しては虚偽の情報が記載されている場合が多いです。ちょっとしたアプリで加工をするくらいならば問題はないのですが、明らかに行き過ぎているなと感じた場合には違反報告をしてしまってOK。

ちなみに、メッセージを続けていて怪しいなと感じたら、新しく情報を要求してみると良いですよ。

例えば写真が一枚しか設定されていない場合は自分以外の人の写真を使っている可能性があるので、「顔の自撮りが見たいです!」とか、「スタイル良さそうですね! 全身の写真はないんですか?」などと尋ねてみましょう。

上手いことヒットすればボロが出てきますので、出会って無駄な時間を過ごすことを防げます。

他にも、職業が怪しいと感じたなら、本日仕事であったことを聞いてみるのも良い手ですね。

なお、なりすまし行為やアカウント譲渡も違反報告および処分の対象です。

特にペイターズで登録できないユーザー(一度強制退会処分を喰らった人や、18歳未満の人)にありがちです。他人の身分証明書を使って登録したり、他人に登録してもらってからそのアカウントを利用したりと言ったケースが考えられます。
 

ペイターズ上の画像(会員の写真含む)をペイターズの許諾なく複製・利用・公開

paters-ihanhoukoku2

ペイターズでメッセージのやりとりをしていて、相手から失礼な言い方があってこちらからデートを断ることになった場合を想像してください。自分から考えれば相手が悪く、メッセージが終わればそれで完璧に終了する関係です。

そんな時に、相手がTwitterなどのSNSで自分とのメッセージ履歴を公開し、「こんな不快なことをされた!」という旨の投稿をしていたとしましょう。そこにはあなたのプロフィール画像もしっかり載せられています。悔しいし、止めたいですよね。

そんな時にも違反報告が役に立ちます。ペイターズでは、ペイターズ上の画像を無断で複製したり、公開したり、利用することを禁止しています。モザイクなどをかけていても公開は禁止です。もしも曝されたりしたらすぐに違反報告、と覚えておきましょう。

また、あなたがプロフィールに使用している画像を勝手に別の人のプロフィール画像された場合にも違反報告ができますよ。
 

18歳未満であったり、高校生の利用者を発見した場合

paters-ihanhoukoku10

マッチングアプリは、18歳未満の利用が禁止されています。高校生も同様です。

ペイターズは夢を追う女性を応援したいというクリーンな目的で運営されているため、法令順守意識が高く、基本的に18歳未満のユーザーは登録できないようになっています。しかし、稀に登録されてしまうケースもあるはずです。

もしも18歳未満、あるいは高校生のユーザーを見つけたら迷いなく違反報告を行いましょう。迷惑行為を行っていなくとも、必ず報告してあげてください。

18歳未満が利用できている、つまり法令順守ができていないことを責められるのはペイターズです。

ペイターズの運営が困難となり、パパ活できる場が減ってしまうのは一般ユーザーからすると損失でしょう。
 

一通目のメールで外部連絡ツールへの誘導を行ったケース

paters-ihanhoukoku6

多くのマッチングアプリでは、一通目で連絡先を送ることが禁止されています。これはペイターズでも例外ではありません。

というのも、外部連絡ツールに誘導をしたがるのは一般ユーザーではない業者に多いから。業者は外部サイトに登録をさせ、そこから個人情報を抜き取ったりします。

一般ユーザーと異なり、大量のユーザーに対して外部サイトに登録させるという目的があるため、とにかく手早く連絡先を送ってくるのです。

一通目で外部連絡先を教えてくるのは即違反報告をしてしまいましょう。連絡を取るだけならペイターズ上でも事足りるわけですから、あえて外部でメッセージを送る必要はありません。

また、連絡先を教えるのは信用できる相手かどうかを見極めてからのほうが安全です。できたらペイターズだけで初回デートの約束を取り付け、もう一度会いたいと思った場合に連絡先を交換しましょう。

ペイターズ上にやり取りが残っているほうが、運営事務局としては違反報告後の調査を行いやすいため、自分の身を守る意味でもペイターズでメッセージを送り合うことをおすすめします。
 

その他、公序良俗に反する内容の投稿

これら以外にも、一般的に公序良俗に反すると思われる内容を見つけたら違反報告をしてOK。

不快感を感じさせる画像や、宗教や政治に関する主張、著作権を侵害する文章などがあたります。

「確信はないけど、もしかして……?」くらいの内容であっても、運営事務局に調査してもらいましょう。違反報告したユーザーにペナルティはありませんから、気軽に報告してください。

まとめ

paters-ihanhoukoku3

以上、ペイターズの違反報告についてでした。

ペイターズを快適に利用してもらうため、パパ活を頑張るユーザーを守るための制度です。少しでも怪しさと感じたらすぐに違反報告を行いましょう。

違反報告についてまとめます。

  • ●違反報告はユーザーを守るための制度
  • ●違反報告を行うと、調査が入る。調査の結果違反が認められれば、厳重注意や強制退会処分が下される。
  • ●違反報告するべきタイミング1:性行為の提案をされた時
  • ●違反報告するべきタイミング2:詐欺、脅迫などをはじめとした迷惑行為を発見した時
  • ●違反報告するべきタイミング3:虚偽の情報の記載が認められた時
  • ●違反報告するべきタイミング4:ペイターズ上の画像の無断利用が確認された時
  • ●違反報告するべきタイミング5:18歳未満、あるいは高校生が利用していた時
  • ●違反報告するべきタイミング6:一通目から外部の連絡先を教えられた時

違反報告をしっかりと活用して、パパ活を頑張ってくださいね。