ペアーズに関するコンテンツ

2019.08.04

ペアーズのマッチング率はプロフィールで決まる。良い内容とは?

pairs-top

マッチングアプリの国内最大手といえるのがペアーズです。
 
会員が多く、料金も手ごろということで、非常に人気があります。
 
ですが、実際に利用してみると、男性はなかなかマッチングできないという問題点があります。
 
この記事では、そんな悩みを持っている男性のマッチング率が少しでも高くなるように、プロフィールの作り方のコツをご紹介していきます。
 

ペアーズとは

pairs-app-top

ペアーズとは、主に真剣な恋活・婚活をしている(やや恋活寄り)男女が集まるマッチングアプリです。
 

ペアーズの特徴と使い方

ペアーズはマッチングアプリとしては最大規模の会員数を誇っています。
 
20代中盤の男女がメインですが、30代、40代の男女でも出会える可能性は十分にあります。
 
その出会いを実現するには、まずはマッチングする必要があります。
 
マッチングとは、男女のどちらか一方が「いいね!」と呼ばれる申込を送り、もう一方がそれに「いいね!返し」をすることで成立します。(通常、男性が女性に「いいね!」を送ります)
 
これによって始めてメッセージのやり取りが可能になりますから、マッチングできないと出会える可能性は0です。
 
そして、女性がマッチングするかどうかを判断する材料となるのが、男性のプロフィール(写真を含む)なのです。
 
というより、マッチングの段階では他に判断材料がありませんから、ペアーズでモテるかどうかはプロフィールに大きく左右されるといえます。
 

ペアーズでマッチングするには

ペアーズは援助交際を主たる目的とした出会い系サイトとは主旨が異なりますから、真剣な恋活・婚活という目的に合致している人が利用しないと、なかなかマッチングできず、コスパが悪くなってしまいます。
 
また、真剣な恋活・婚活をしている男性であっても、女性には「いいね!」(申込)がたくさん届くため、なかなかマッチングできないというネックがあります。
 
これは一部のハイスペック男性に人気が集中してしまうことと、女性が理想を高く設定していることが原因なのですが・・・
 
そんな競争を勝ち抜いて女性とマッチングするには、第一印象が大事であり、それを決めるプロフィール(写真を含む)は、まさに勝負の鍵といえます。
 
実際、プロフィールを工夫してしっかり作ることで「マッチング率が向上した」と語る利用者は大勢いますから、試してみる価値はあるでしょう。

良いプロフィールの作り方

それでは、マッチング率を高める良いプロフィールについて、その作り方をご紹介していきます。
 

女性の不安な気持ちを考慮する

pairs-profile2

ペアーズなどのマッチングアプリを利用する女性の多くは、人見知りであったり、あがり症であったりと、コミュニケーション能力がやや低い傾向があります。
 
そもそも、「ネット上での出会いには抵抗がある」という人がほとんどです。
 
こうした女性にとっては、「話しやすい男性であるかどうか」が非常に大事なポイントとなってきます。
 
なので、プロフィールにある「性格・タイプ」欄は、「優しい」や「親しみやすい」「いつも笑顔」など、温和な性格であることが分かる内容にするのがベターです。
 
もちろん、メッセージのやり取りにおいても、温和な性格の自分をイメージしながら行うことになります。
 

プロフィールはできるだけ詳しく

ペアーズでプロフィールを作成する際、身長や体型、年収、居住地などといった質問が用意されています。
 
一部を除き、そのほとんどが任意回答となっており、空欄にしておくこともできます。
 
ですが、空欄が多いのは、決して良いことではありません。
 
なぜなら、女性はかなり細かく男性のプロフィールをみているからです。
 
編集部が聞いたところでは、「離婚歴があるかどうか」や「年収はいくらか」はもちろんのこと、「長男かそれ以外か」「どんな性格なのか」「趣味は何なのか」等、あらゆる角度からプロフィールをチェックした上で、マッチングする相手を選んでいるとのことです。
 
なので、空欄が多いと判断することができず、「それならば他にも男性はいるし・・・」と思われてしまうのです。
 
もっとも、人によってはあえて空欄にした方が良い項目もあります。
 
例え、喫煙をする男性は女性に嫌がられる傾向があります。
 
また、血液型による相性を気にする女性も大勢います。
 
これらのように、記載することで不利になると思われる項目に関しては、空欄にしておいた方がよいでしょう。
 

写真は複数枚掲載する

pairs-profile3

プロフィールの内容以上に大事なのが、写真です。
 
未掲載にしておいて、「マッチング後に個別に送ります」と書き添えておくこともできますが、それではマッチング率が大幅に下がってしまいます。
 
なぜならば、マッチング相手を選び放題の女性としては、顔が分からない男性とあえてマッチングする必要はないからです。
 
では、どんな写真を載せるべきかというと・・・
 
まずメインには、顔がはっきりとわかる写真を載せるのがベストです。
 
続いてサブには、身体全体を写した写真を2枚ほど載せると良いでしょう。
 
その際、笑顔で写っていることと、白や青で誠実さを表現した服装にすることがポイントです。
 
また、複数枚載せる写真のなかに、スーツ姿で写っているものを載せておくのもポイントです。
 
なぜならば、スーツ姿が好きという女性は多く、なおかつ、ちゃんと仕事をしているというイメージを持たせることができるからです。
 


 

自己紹介文は女性ウケするキーワードを入れる

自己紹介文とは、自分自身を表現する場であると考えるのが普通です。
 
ですが、マッチング率を高めるという観点から考えれば、自分自身を表現することよりも、多くの女性から評価される内容にすることの方が重要です。
 
これを突き詰めていくと、多くの女性が好むもこと・ものを自分も好きだと書いておくのが良いということになります。
 
例えば、スウィーツ、旅行、ファッションなどです。
 
これらが特に嫌いでも好きでもないのであれば、好きなものとして書いておくことをおすすめします。
 
こうやって「この男性とは共通点が多いかも」と思わせることができれば、マッチング率が一気に高くなります。
 

コミュニティは人数が多く、一般受けするものを選択する

pairs-profile4

自己紹介文と同様に、自分のことを表現するヒントとなるのが、「コミュニティ」です。
 
ペアーズでは、「音楽が好き」「旅行が好き」など、様々なコミュニティが設けられており、会員であれば誰でも参加できます。
 
参加したコミュニティはアイコンとしてプロフィール画面に表示されます。
 
当然、女性はこのコミュニティも細かくチェックしているので、自己紹介文同様、共通点が多い方が「話しやすそう」「気が合いそう」などと思ってもらえます。
 
となると、自分の趣味に固執してコミュニティを選択するのではなく、なるべく参加人数が多く、一般受けするコミュニティを選択した方が賢いということになります。
 
このように、プロフィール作成の段階では、ターゲットを広くとることが重要です。
 
なので、なるべく多くの人に共感してもらえるように作るのがコツとなります。

NGなプロフィール

効果的なプロフィールの書き方がある一方で、マイナスイメージを与えてしまうプロフィールもあります。
 
以下では、そんなNGプロフィールをご紹介していきます。
 

恋愛への真剣度が伝わらない

pairs-profile5

一部を除き、ほとんどの女性はペアーズを使って真剣な恋活・婚活をしています。
 
そんな女性にとって、男性が真剣であるかどうかは非常に重要なポイントです。
 
なので、真剣に恋活・婚活をしているという点は、自己紹介文にしっかりと書いておく必要があります。
 
逆に、こうした記述がないと、マッチング率は下がってしまいます。
 
これはメッセージのやり取りにおいても同様で、早い段階で真剣だということをアピールすることで、女性からの評価が高くなります。
 
また、プロフィールには結婚観について答える欄がありますが、「結婚は考えていない」と回答するのはNGです。
 

内容が薄い

前述の通り、女性は男性のプロフィールをしっかりとみて、どんな人物なのかとイメージを膨らませています。
 
しかし、ここでプロフィールの内容が薄いと、人物像をイメージできず、結果としてマッチングする対象から外されてしまいます。
 
たとえば、自己紹介文に「出会いが少ないなかで友達に勧められて登録しました」とだけ書いている人がいますが、女性からすればそんなことはどうでも良いことです。
 
それよりは、性格であったり、真剣に出会いを求めていることなどをアピールした方がはるかに有益といえるでしょう。
 
また、仕事のことをひたすら書く人がいますが、これもさほど効果はありません。
 
仕事を頑張っていることは伝わるのでしょうが、それは年収額をみれば概ね予想できてしまうことです。
 
むしろ、仕事人間で面白みに欠けると思われがちななので、仕事に関する記述はほどほどにしましょう。(これはメッセージのやり取り中においてもいえます)
 

下ネタを書いてしまう

pairs-profile6

ペアーズでセフレを作りたいのか、それとも他に書くことを思いつかないからなのか、自己紹介文に下ネタを書く男性がいます。
 
これは援助交際を目的とした出会い系サイトであれば問題ありませんが、真剣な恋活・婚活をテーマとするペアーズでは通用しません。
 
実際、女性のなかには、「身体目的の人はお断り」とはっきり書いている人がおり、マッチング率は大幅に下がってしまいます。
 
基本的に、ペアーズに登録している女性は、じっくりとやり取りをした上で、段階を踏んでから交際したいと考えている、ということを認識しておくべきでしょう。
 
なので、「そんなことは面倒だ」「時間をかけたやり取りは苦手だ」という人は、ペアーズにあまり向いていないともいえます。
 
ちなみに、これは初デート時にもいえることで、その日のうちにホテルに連れ込もうとしても断れることが多く、二回目以降のデートに繋がらないことがほとんです。
 

好みのタイプをはっきり書いてしまう

自己紹介文に好みのタイプをはっきり書いてしまうのは、マッチングできる対象を狭めることになりますから、おすすめできません。
 
たとえば、「細身で背が高いロングヘアの女性がタイプです」などと書いてしまうと、これに合致しない女性はマッチングしてくれません。
 
自分の好みにこだわるのが悪いとはいいませんが、「理想のタイプと実際に交際する人はまったく違う」という経験をした人は大勢います。
 
それを考えると、好みのタイプ以外の女性を排除するような記述は、出会いのチャンスをロスしているということになります。
 
ターゲットを絞るのは、マッチングしてからやればいい訳ですから、まずは間口を広くとって、一人でも多くの女性とマッチングすることを目指すべきです。
 
なので、好みのタイプの女性については、自己紹介文では言及しない方が無難です。
 

風景や料理など、意味のない写真を載せる

pairs-profile7

マッチングするには写真が重要なのですが、どんな写真でも良いという訳ではありません。
 
これは男女ともに言えることなのですが、風景や料理、造形物など、本人が写っていない写真を載せている人がいます。
 
本人にとっては何かしらの思い出があるのでしょうが、その写真を見る人にとっては、まったく意味のない写真です。
 
そもそも、インスタグラムが流行っている昨今において、風景や料理の写真は多くの人が見飽きています。
 
そのような写真では意味がなく、むしろ邪魔ですらあるので、載せる必要はまったくありません。
 
同様に、所有している車の写真も、男性にとっては自慢の愛車なのでしょうが、ほとんどの女性にとってみれば、単なる乗り物に過ぎません。
 

清潔感のない写真を載せる

プロフィールに掲載する写真のなかでもとくにNGなのが、清潔感のない写真です。
 
たとえば、顔写真に関していうと、整っていないヒゲ、むさくるしい髪型などは、女性から敬遠されてしまいます。
 
また、全体写真の服装に関しては、オシャレとは違った意味で、シワが寄っている、汚れている、だらしないスタイルになっている様子はNGです。
 
男性のなかには、「これが自分の個性だ」と考えている人がいますが、少なくとも恋活・婚活においてはプラスにならないということを理解しましょう。
 

余分な情報が多過ぎる

ペアーズで女性に届く「いいね!」の数は非常に多く、人によっては500を超えることもあります。
 
単純に考えて、こんなにも多くのプロフィールに目を通すことは非常に手間であり、面倒なはずです。
 
もちろん、すべてのプロフィールを見終えるまでにはかなりの時間がかかり、集中力も落ちてきます。
 
そんな時、余分な情報ばかりが書かれているプロフィールが出てきたら、女性はどう思うでしょうか。
 
読むのが面倒になってしまうのではないでしょうか。
 
それを考えると、女性の心に響く情報が的確かつ簡潔に書かれているプロフィールを作るべきでしょう。
 
それと同時に、メイン写真に派手なワンポイントカラーを用いて、目立つようにすることも必要だと思われます。

まとめ

pairs-profile

今回は、ペアーズでモテるためのプロフィールの作り方をご紹介しました。
 
色々とご紹介しましたが、根本的には、「できるだけ多くの女性を対象にすること」と「女性目線を持つこと」がポイントとなります。
 
男性と女性では考え方や興味の対象が異なるものです。
 
なので、プロフィールを作る際は、友達の女性に「どんな男性と交際してみたいか」を聞きながら作成してみるのも良いのではないでしょうか。