ペアーズに関するコンテンツ

更新:2020.01.30 作成:2020.01.30

ペアーズのサクラ・業者はどんな人? 特徴から対処法、具体例まで徹底解説!

pairs-gyousya3

出会い系マッチングアプリを使っていると、気になるのがサクラや業者。安心して利用するためには、ぜひとも知っておきたいことですよね。

ひとくちにサクラや業者といってもアプリによってどんな人がいるのかは異なりますから、ペアーズを利用するなら覚えておくと役に立ちますよ。

この記事では、実際にペアーズを利用して発見した「業者っぽい人」の例も交えて解説します。

ペアーズにはどんなサクラや業者がいるの?

出会い系やマッチングアプリ利用の際にはサクラや業者への警戒をしておきたくなるものですが、そもそもこれらは具体的にどのようなユーザーのことを指すのでしょうか。

サクラとは、運営側が用意したユーザー。サクラ以外のユーザーに課金をさせることを目的としており、その課金により運営側が利益を得ます。

出会い系・マッチングアプリの純粋な運営利益ではなく、ズルして課金させるものですから、一般ユーザーからすると迷惑極まりない存在です。

一方、業者は運営とは関わりがありません。出会い系・マッチングアプリを利用し、その業者自体が何かしらの利益を得ようとしています。

例えば、ペアーズでマッチングしたユーザーに対し、何かしらの月額課金させるサイトに登録をさせたり、ワンクリック詐欺に誘導しようとする、などの行動をとる人々を業者と呼びます。
 

ペアーズにはサクラはいない!? その理由を説明!

pairs-gyousya6

基本的に、ペアーズにサクラはいないと思ってもらって大丈夫です。なぜならペアーズ側がサクラを用意する利益が少ないため。

運営側がサクラを用意した場合、最も利益を出せるのは、そのサクラが継続的に他ユーザーに課金をさせた場合です。日が経つごとに運営にお金が入り、どんどん潤っていきますからね。

しかしながら、ペアーズの料金形態は継続的に課金させるのが難しい月額課金制です。利用期間分の料金を最初に支払ってしまえば、あとはいくらでもメールができるわけです。

ハッピーメールPCMAXのような従量課金制(メールの送信にもいいねの送付にもプロフィールの閲覧にもポイントが必要)のサイトと比べると、サクラがもたらす利益は少ないのです。

仮にペアーズがサクラを用意しても、すでに月額課金をしているユーザーに対してはほとんど意味はありません。月額課金しようか迷っているユーザーに対してのみ効果があるかもしれませんが、そんなわずかな利益のためにサクラを用意する理由はほとんどないでしょう。

従って、ペアーズにサクラはいないと考えてください。

ただし、業者はどうしても存在します。
 

ペアーズの業者は、ほとんどがネットワークビジネスの勧誘をしてくる人!

pairs-gyousya9

ペアーズにいる業者とは、基本的にネットワークビジネスをしている人で、マッチングをしてしまうとあなたにも同様のビジネスをしないかと持ちかけてきます。

単に「やってみませんか?」と聞いてきたのを断るだけで済むなら良いのですが、基本的にそうはならないと考えたほうが良いでしょう。多少断ったとしても何度も勧誘してきます。

さらに迷惑なことに、デートだと思って目的地まで行ったら、ネットワークビジネスの商品のデモンストレーションをしている場所まで連れていかれ、何時間もネットワークビジネスの説明を受けるハメになってしまいます。

「それでも出会いがあれば良い!」という人もいるかもしれませんが、根本的にこのような業者は目的が恋活や出会いにはありませんので、あなたの目的が達成されることはありません。完全に時間の無駄ですので、勧誘をされた時点で即座に連絡を絶ったほうが良いでしょう。

ネットワークビジネスをやっている人はどんな人?

pairs-gyousya4

直接ペアーズの業者を避ける手段ではありませんが、ネットワークビジネスをやっている人がどんな人なのかは知っておくと肝心な時に役に立ちます。

ネットワークビジネスをやっている人は、あなたと同じ一般人です。多くの場合は会社に所属して働いていますし、普通に友人もいますし、あなたと同じ金銭感覚や趣味を持っていることもあります。

ネットワークビジネスをやったところで、会社に所属しなくても良いくらいに稼げるわけではありません。そのため副業としてやっているような人が多いです。

そもそもネットワークビジネスをしている人が勧誘をするのは、勧誘が成功するとその人に利益があるため。

勧誘された人がネットワークビジネスの商品を購入すると、勧誘した人がいくらかのお金を手に入れられる仕組みになっています。この利益をどんどん伸ばし、副業としてのネットワークビジネスをいつか本業にしたい、と考えているわけですね。

業者とはいえあくまで一般人であることは覚えておいてください。「この人、ぜんぜん業務でやってる感じがしないな」と感じられても業者でないことの証明にはなりません。

ちなみに、勧誘の際には「あなたにも利益があるから誘っているんだよ」なんて言われるかもしれませんが、目的は100パーセント自身の利益です。騙されないようにしましょう。

 

他のマッチングアプリにはいるけど、ペアーズにはいない業者も

pairs-gyousya12

ハッピーメールやPCMAXのような従量課金制の出会い系に多いのですが、「援デリ業者」と呼ばれる業者がいます。

これは一般ユーザーに紛れて風俗店の従業員が登録しているケースで、男性ユーザーに対して指定の金額を支払わせ、ホテルで性的なサービスを行うことを目的としています。

業者としては、客の男性を捕まえて売上を伸ばすためにしている行為ですね。

ペアーズは金銭や性的サービス目的で出会おうとするユーザーを規制しているため、このような援デリ業者は存在しません。

「もしかして連絡先を交換してからそういう誘いをしてくるのかも?」と思うかもしれませんが、業者からすると別の出会い系サイトで活動したほうが効率的です。面倒なメッセージ交換を何度も経て連絡先交換をしてそんな提案をするのは単に手間がかかるだけですし、その上でもしも規制されたら目も当てられません。

安心してペアーズを利用してくださいね。

警戒する必要があるのは主に男性ユーザー!

pairs-gyousya17

ペアーズのサクラと業者についてお話してきましたが、基本的に業者は女性が多いです。そのため男性ユーザーはある程度は警戒してペアーズを利用したほうが良いでしょう。

女性の業者が多い理由は、女性ユーザーのほうが勧誘の成功率が高く、また支出も少ないため。

ペアーズに限ったことではありませんが、マッチングアプリは女性が有利です。ユーザーの絶対数が少なく、一人の女性に100以上のいいねがつくことも珍しくありません。すなわち、女性ならば100人の男性への勧誘が簡単にできるということです。

一方、男性はどうでしょうか。100以上のいいねがつくことはあまりありませんし、仮にいいねをもらえたとしても実際にデートの約束まで取り付けられるわけではありません。女性に比べると著しく勧誘の機会が減るので、女性ほどマッチングアプリで勧誘をするうまみがないのです。

また、料金がかかることも男性の業者を減らしている要因です。多少勧誘までできたところで、ペアーズの月額料金を上回る売り上げを出せなければ意味がありません。

 

女性ユーザーが警戒するべきはどんな人?

pairs-gyousya10

さて、ペアーズにはサクラがおらず、男性の業者もいない、となると、女性ユーザーが警戒するべき人はいないということになります。

実際のところその通りで、女性ユーザーは安心してペアーズを利用していただいて問題ありません。素行の悪い男性ユーザーにはペアーズ運営事務局が目を光らせていますし、実害を被るようなことはまずないと考えていただいて良いでしょう。

強いて言うのであればドタキャンをしてくる男性ユーザーなどは警戒したいところですが、プロフィールなどから判断するのは少々困難ですので、メッセージから人物像を掴んでいくしかなさそうです。

こんな人は業者かも!? 業者の特徴まとめ!

さて、ペアーズにおける業者と呼ばれる人物はネットワークビジネスの勧誘をしてくる人だということをお話ししました。次はこういった人物の見分け方をお話ししていきます。
 

自己紹介に「夢を追っている」などと書かれている

pairs-gyousya7

ネットワークビジネスをやっている人に共通しがちな特徴の一つに「夢を追っている人」というものがあります。

そもそもネットワークビジネスを行う目的として多いのは、「働かずとも生きていけるようになりたい」「好きなことだけして生きていけるようになりたい」というようなものです。

このような夢と呼べそうなもののためにネットワークビジネスを頑張っているわけですから、プロフィールに「私は夢のために頑張っています!」というような記述をすることが多いのです。

具体的に目指している夢が書かれている場合(「看護師になるために頑張っています」とか、「美容師を目指しています」など)は気にしなくても良いのですが、「夢を追って日々勉強中!」のように具体的な夢や目標が書かれていない場合は要注意。

わざわざプロフィールに夢のことを書いているのにその内容まで書かないということは、プロフィールに書けない理由があるということです。例え美人のアカウントであってもスルーしておきましょう。
 

プロフィール画像がやけに豪華

pairs-gyousya5

夢を追っているということは、目指している理想の未来があるということ。そして、アイコン画像にはそうした理想の未来に近い写真が利用されることが多いです。

ネットワークビジネスをやっている人間は、「お金をたくさん稼ぐ」「自由に生きる」という夢を持っているため、アイコン画像はそういった状況を想像させるような写真になりがち。つまり、ちょっと豪華なプロフィール写真だな、と思ったら業者の可能性が少し高くなります。

例えば、夜景の見えるホテルの上階のレストランでの食事の風景などは、セレブっぽい生活を夢に見ている業者が設定することが多いです。

他にもアメリカやヨーロッパでの旅行写真が使われることもあるのですが、そうした旅行時の画像をプロフィールに設定している人は業者以外にもいるので、一概に決めるのは難しいですね。

他にも、ドレスを着ている写真もセレブっぽさを感じさせるため、業者が使う可能性があります。
 

「恋人は要りません」と明記している人

pairs-gyousya8

マッチングアプリを使っているのに恋人は要りませんと明記している人は要注意です。一見して「じゃあ何でペアーズを使ってるんだ」なんて思ってしまうプロフィールですが、答えは「ネットワークビジネスの勧誘のため」です。

ペアーズに限らずマッチングアプリでは女性には多量のメッセージが届くのですが、恐らくこの一文は雑多なメッセージを避けるために書いているのでしょう。

セフレが欲しい男性はついつい「恋人じゃなくてセフレが欲しいのかな?」なんて期待してしまうかもしれませんが、そんなことをプロフィールに書く女性はいません。諦めて別の女性にアプローチをかけましょう。
 

マッチング後、すぐに会おうとする女性

pairs-gyousya1

先述の通り、女性は大量のアプローチを受けます。大量のアプローチを受けるわけですから、女性はメッセージ段階で男性をある程度選別できるのです。つまり、本命の男性数人と会えればそれで良いはず。にも拘わらずすぐに会おうとしている女性は業者の可能性が高いです。

女性側からすぐに会いたいと言ってくる場合は何かしらの目的が必ずあります。そもそも待っていればデートのお誘いを受ける立場にいるわけですから、自分から会いたいと切り出す必要はありません。

もしもデートに積極的な女性とマッチングしたら、「この人は僕のどこが気に入ったのか」ということをそれとなく探ってみることをおすすめします。具体的な理由が見つからない場合は、ほとんど業者だと考えて良いでしょう。

業者っぽい人のプロフィールを紹介!

それでは、実際に業者っぽい人のプロフィールを見てみましょう。

調査をした時点では、こんなプロフィールの人がいました。

pairs-gyousya13

プロフィール写真はハッキリと写っており、なかなか男性からの好感度を得られそうなものを使用しています。

気になるのは写真の下のつぶやき。「楽しいことは好きですか?」というコメントは、「はじめまして!」「出会いがなくて始めました!」といった他の人のコメントと比べると、抽象的(=業者は自分の行うビジネスを明記しない)な上に勧誘的(=ビジネスに勧誘したい)なイメージを受けます。

pairs-gyousya15

次はこの人が所属しているコミュニティを見てみましょう。「カイジ」のコミュニティは単に趣味の範囲なので気になりませんが、「好きなことを仕事にして」「株・先物・投資・資産運用」といったコミュニティはどちらも業者に見られがちなワードです。この時点で黄色信号と考えたほうが良いでしょう。

このユーザーが業者である可能性を最も強く示しているのは、自己紹介文の「友達探し」の一言です。

先述の通り、恋人が要らないアピールをしている人は業者の可能性が非常に高いです。この自己紹介文には「恋人が要らない」と書かれているわけではありませんが、「友達探し」とわざわざ明記するということは「要らない」と言っているようなものでしょう。

「友達探し」が目的で、「好きなことを仕事に」したいと思い、「株や資産運用に興味がある」人物。

業者もまた、「勧誘できる友達」を探しており、「ネットワークビジネスを仕事に」したいと考え、「株や資産運用のような」労働によらない稼ぎで生活したいと考えています。

さらに、結婚に対する意思は「今のところ考えてはいない」とのこと。

pairs-gyousya14

もちろん今のところ結婚を考えていない女性ユーザー自体は別に奇妙ではありませんが、それ以外にも多数の業者らしい特徴があることを前提にすると、「やっぱりなあ」と思ってしまいます。

このような女性ユーザーには注意してくださいね。

業者はどんな風に近づいてくるの? 遭遇してしまったときの対処法

最後に、業者のやり口や、業者に遭遇してしまったときの対処法をお伝えします。

そもそもマッチングしない、メッセージをしないことが重要ですが、万が一遭遇してしまったらすぐに対処しましょう。

金銭や所持品を失ったり盗まれる心配はありませんが、関わるだけ時間が浪費されていきます。時は金なりと考え、これ以上時間を無駄にしないという意識で対処しましょう。
 

業者のやり口は案外普通! 一般のユーザーとして近づいてくる

pairs-gyousya11

業者のやり口は意外なほど一般ユーザーと似ており、一目ではなかなか気付くことが難しいです。

というのも、先述の通り業者といっても一般人に変わりはないため。普通に働いているので返信の速度は一般ユーザーと同様ですし、書いている文章もテンプレート感はありません。

よくあるのが、一般の女性ユーザーと同様、男性ユーザーからアプローチをかけ、デートに誘い、会ってみる……というパターン。

特に、男性ユーザーからの信頼を得るため、会って一回目では勧誘をしてこないケースが厄介です。

以下に記載するのはそのモデルケースです。

  1. 男性ユーザーからいいね送信&マッチング
  2. メッセージを繰り返し、男性ユーザーからLINE交換の申し出&デートの約束
  3. 一回目のデート。普通に居酒屋で食事をし、終電前に解散
  4. 二回目~三回目のデート。一回目同様、居酒屋で食事をし、終電前に解散
  5. 四回目のデートとして向こうから場所を指定。実際に会ってみると「連れていきたい場所がある」と言われ、そのままついていくとネットワークビジネスのオフィスで、勧誘を受けた。

この他にも、途中のデートで「会わせたい人がいる」としてネットワークビジネスの幹部と会わされたり、偶然を装ってネットワークビジネスの仲間を呼ばれることがあります。

勧誘を断ると、かなりの高確率で「じゃあ、ネットワークビジネスは関係なしに友人になろう」と言われます。

すると、以下のようなことが起こるでしょう。

  1. 「友人になろう」と言われ、また別の日に誘われる
  2. デートかと思って待ち合わせ場所に行くと、ネットワークビジネス仲間数人が待ち合わせ場所にいる
  3. 仕方がないのでそのまま遊んだ後、ネットワークビジネスのオフィスに連れていかれ、再度勧誘

この通り、どこまでいっても業者は勧誘にしか興味がありません。

それもそのはずで、友人ならネットワークビジネス仲間がたくさんいるわけですから、わざわざあなたを友人にする必要はないのです。

特に「二人きりでデートだ」と思って待ち合わせ場所に向かった際、相手の女性以外の人が何人もいるとショックです。「ネットワークビジネスはともかく、恋人ならあり」なんてことはあり得ません。

危害を加えてきたりしない? 大丈夫?

以上のようなモデルケースだと、ネットワークビジネスの仲間が何人も出てきて怖いと思うかもしれませんね。

ですが、安心してください。相手はあくまで一般人です。ヤクザのような反社会的勢力ではありませんから、法を犯すようなことは絶対にしてきません。荷物や金銭を盗まれるようなことはないので、堂々としましょう。

結局のところ、業者も強制的にネットワークビジネスに協力させることはできませんし、万が一ネットワークビジネスに登録をしてしまっても、何もしなければOKです。商品を購入した場合は少々面倒な手続きで返金してもらう必要があるかもしれませんので、それにだけ注意しましょう。
 

対処法は、とにかく無視すること!

pairs-gyousya16

こうしたネットワークビジネス勧誘の対処法として最も有効なのは、相手が業者だと判明し次第すぐに無視をすることです。

先述の通り、どれだけその女性が美人であろうと、あなたと恋人関係になることはあり得ません。相手は勧誘にしか興味がないわけですからね。

一方で、あなたの目的は恋人作り、あるいはセフレ作りにあります。それらはいずれにせよ相手に恋愛感情がなければ完遂できません。つまり、業者とどれだけ連絡を取り合っても無駄です。

業者に使ってしまった時間は取り戻せませんが、それ以上の時間を浪費することだけはなんとしても避けましょう。相手が業者だと判明し次第、LINEでもペアーズでも即座にブロックしてください。その後ペアーズにて違反報告を行い、対処完了です。

デートの最中に業者だとわかった瞬間、「用事ができた」などと言って返ってしまうのもありです。どうせマッチングアプリで出会った関係ですから、共通の友人なども存在しません。徹底的に自分の時間を守ることが大事です。

まとめ

pairs-gyousya2

以上、ペアーズの業者についてでした。

重要ポイントをまとめます。

  • ●サクラは運営側が用意したユーザー。ペアーズにはいない
  • ●業者はペアーズを利用して利益を得ようとする人のこと。ペアーズの業者がすることはネットワークビジネスの勧誘
  • ●ペアーズの業者は基本的に女性のみ。男性ユーザーは気を付けよう
  • ●業者は一般ユーザーを装い近づいてくる。会って数回目のデートで突然勧誘されることが多い
  • ●勧誘されたら、即座にブロック&通報。自分の時間を無駄にしないことを意識しよう。

ペアーズに業者がいないとは言えませんが、それでも遭遇する確率はかなり低いです。また、遭遇したとしても金銭や所持品を失う危険はありませんから、安心してペアーズを利用してくださいね。