ミントC!Jメールに関するコンテンツ

更新:2022.11.10 作成:2022.11.10

Jメールはヤれるアプリ!アダルト掲示板の罠と実際に会うための方法

Jメールの利用を検討している人にとって、やれるかどうかという点は気になるものでしょう。

結論からいえば、Jメールはヤれるアプリです。しかし、実際に出会うまではコツがいりますし、間違った使い方をしてしまうと有料ポイントをいくら使っても出会えません。

そこで今回は、Jメールで出会う方法について詳しく解説します。やれるアプリを探している人はぜひ参考にしてみてください。

Jメールがなぜやれるアプリなのか

まず簡単に、なぜJメールがヤれるアプリなのかを紹介します。Jメールは運営実績18年、会員数600万人以上の老舗かつ大手の出会い系アプリです。

24時間、365日の監視体制によって、安全に利用が可能です。ここまで長く運営が続いているのは、実際に男女が出会えていて、利用するユーザーがいるからと考えて良いでしょう。実際に登録すると分かりますが、出会いを求める女性ユーザーがいることもわかります。

月額制のマッチングアプリとは違い、登録だけなら無料です。どんなユーザーがいるのか気になる人は、試しに登録だけしてみるのもよいでしょう。

Jメールで出会う方法について

Jメールで出会う流れとしては、主に以下の3通りです。

  • ●プロフィール検索からのメール
  • ●掲示板投稿している女性を探す
  • ●掲示板投稿をしてメールを待つ

具体的にどういった流れで出会うのか簡単に紹介します。

プロフィール検索からのメール

出会う方法1つ目が、プロフィール検索で気になる女性を見つけてメールする方法です。身長や居住地などで絞り込みをして、表示された人に7ポイント(1ポイント=10円)消費することでメールを出せます。

数通のやり取りの後、連絡先交換ができれば第一関門突破です。あとはメッセージのやり取りで距離を縮めて実際に会いましょう。

掲示板投稿している女性を探す

Jメールには、掲示板が用意されています。掲示板の種類は、「メル友恋愛掲示板」「アダルト出会い掲示板」の2つ。女性の投稿をチェックし、気になる人を見かけたらメールを出してみましょう。

掲示板投稿をしてメールを待つ

掲示板は、女性だけが投稿できるわけではありません。自分が投稿をして女性からのメールを待つ使い方もできます。

掲示板投稿は1日1回無料でできるため、ポイントを節約できるのがメリットです。多くの人を惹きつける投稿ができれば、メールが数通届くことも期待できるでしょう。

Jメールでアダルト掲示板を使うのはNGな理由

ヤれる女性を探すのであれば、利用するのはアダルト掲示板一択と考える人は多くいます。しかし、実際にはアダルト掲示板に書き込んだり、書き込んでいる女性にメールを出すのはあまりおすすめできません。理由を解説します。

援デリ業者が非常に多いから

Jメールのアダルト掲示板には、援デリ業者と呼ばれる風俗業者が非常に多くなっています。魅力的な写真で出会い系ユーザーの男性を誘惑し、集客している業者です。

この業者と会ってもお金をとられてしまいますし、そもそも違法に営業しています。また、Jメールでプロフィール写真に写っている人とは全くの別人が現れます。トラブルに巻き込まれる可能性があるだけでなく、実際に会ったところで満足できる可能性は極端に低いため、アダルト掲示板を使うのは控えましょう。

援助交際希望者が多いから

アダルト掲示板で風俗業者の次に多いのが、援助交際やパパ活希望の女性です。こちらは組織的に活動しているわけではないため、実際は業者とは呼ばれるものではありません。しかし、男性にとってはほとんど業者と同じ存在でしょう。

金銭と引き換えにセックスすることはグレーな行為であり、Jメールでは禁止されています。

恋愛掲示板にも業者は増えている

アダルト掲示板は業者だらけですが、もう1つの掲示板であるメル友恋愛掲示板も業者が一定数存在しています。特に注意すべきは、「今から遊ぼ」カテゴリーです。

このカテゴリーは面倒なメッセージのやり取りを極力少なくすぐデートできるように思えますが、実際には業者と援助交際希望ユーザーが集まっています。

Jメールを使ってヤるための2つの戦略

Jメールを使ってヤるためには、大きく分けて2つの方法があります。自分に合う方法を試してみましょう。

返信がもらいやすいプロフィールを作りLINEを大量入手する

Jメールを使ってヤるための戦略1つ目は、返信がもらいやすいプロフィールを作ってとにかく多くの人とLINE交換を狙う方法です。Jメールではメール1通70円分のポイントが必要になるため、実際に会うまでサイト内でやり取りしていては費用がかさんでしまいます。

そのため、やり取りから5~10通以内にはLINEを交換するのが効率的です。連絡先交換の成功率を高めるためには、魅力的な写真に加えて、きちんと書き込まれたプロフィール文が必要です。

写真がなかったりプロフィールに何も書いていないと、女性からメールの返信はもらえないでしょう。

プロフィールにヤリモク感を散りばめてヤリマンからの連絡を待つ

ヤるための戦略2つ目としては、あえてプロフィールにヤリモク感を出す方法もあります。そうすることで、メールの返信率は極端に下がりますが、返信が来る人は会う気満々のヤリマン女性に自然と絞れるメリットがあります。

ただ、この方法は根気が必要です。そもそも反応はもらいにくく、メールを何通送っても結果が出ずやる気がなくなってしまうこともあるでしょう。

同じシステムで活用できるハッピーメールワクワクメールなどと並行して使い、プロフィールの使い分けをすることをおすすめします。

Jメール攻略のためのプロフィール作り

Jメールを攻略するためには、プロフィール作りが重要です。中でもポイントとなるのは、写真と自己紹介文の2つ。これらの攻略ポイントについて解説します。

顔がわかる他撮り写真を用意する

Jメール攻略のための写真のポイントは、顔がわかる写真で、かつ他撮り写真を用意することです。

まず前提として、顔がわかる写真でなければメール返信はもらいにくいでしょう。メールをもらった側の女性としても、相手の顔が見えないのは不安だからです。加工やスタンプで隠されていると、不信感を抱きます。これでは会うのは難しいでしょう。

また、自撮りの写真ではナルシスト感が出てしまいやすく、表情も不自然なことがほとんどです。友人に撮ってもらった写真を使うことで、交友関係が広く活発な人だと思ってもらいやすいでしょう。

どうしても自撮り写真しか用意できない場合は、なるべく自然な笑顔で、三脚やタイマー機能を使って他撮り風の写真を作成しましょう。

自己紹介文はある程度きちんと書く

Jメールの自己紹介文は、ある程度きちんと作成しましょう。自己紹介の箇所が何も書かれていないと、業者なのではないかと疑われたり、何の話題を出せば良いのかわからず返信するのをやめてしまうからです。

セフレを作ってヤるのが目的だったとしても、ストレートな下ネタを書くのはNGです。「会ってみたら楽しそう」「普段から楽しく過ごしていそう」などと思ってもらうことを意識しましょう。

プロフィール例
はじめまして。〇〇市に住んで〇〇の仕事をしています。
趣味は旅行と映画で、休日はカフェに行ったり友人と外食をすることが多いです。
メールを頂ければ必ず返信します。連絡お待ちしています。

真面目な出会いを探している、などと書いてしまうとセックスはしにくくなるので、余計なことは書かずにシンプルに作成しましょう。

Jメールでヤるための効率重視のメールのポイント

Jメールでヤるためには、プロフィール以外にメールが重要になってきます。効率良く連絡先を交換してデートにこぎ着けるためにも、ここでポイントを解説していきます。

ファーストメールに書くべきこと

メールで最も重要なのが、最初に送るファーストメールです。ファーストメールが悪いとそこから発展することはなく、盛り上がらないまま連絡先交換もできないからです。

ファーストメールの作り方は2種類あります。1つは相手を褒めること。どこが気に入ったのか、さり気なく、具体的に褒めましょう。褒める→ぜひご飯に行きたい→予定を決めるのに連絡先交換をしましょうといった流れで、無駄なく連絡先交換が可能です。

ただこの方法は、プロフィールである程度気に入ってもらう必要があります。じっくりメールがしたい派の人からは、展開が早すぎると断られてしまうこともあります。

慎重にいきたい人は、プロフィールを見て、なにか質問をしてみましょう。映画好きと書いてあるなら、「最近は何を見ましたか?」など相手の好きなものに関して聞くと返信がもらいやすくなります。

メールの往復回数はある程度決めておく

Jメールで1人の相手にメールを何通送るのかはあらかじめ決めておきましょう。連絡先交換のタイミングを逃すと、ポイントを大量に消費してしまうためです。

5~8通程度で連絡先を聞き、断られたら無視でOKです。他にも女性ユーザーはたくさんいるので、割り切って次の相手を探すのが効率良くヤるためのコツです。

返信してはいけないメール

Jメールでいきなり長文のメールが送られてきたり、明らかにエロいメールがきたら返信してはいけません。それらは業者だからです。

業者だと分かった瞬間すぐに手を引きましょう。

新人検索を活用する

メールを送る上でおすすめしたいのが、新人検索です。Jメールをはじめとした出会い系サイトでは、新人にメールを送るのが最も効率が良いためです。新人はライバルも少なく、サイトに慣れていないため、もらったメールには積極的に返信をします。

また、新人ユーザーは少し経つと大量のメールが届いていることも多いため、1人気になる相手を見つけたらすぐに退会してしまうこともよくあります。ライバルにとられる前にLINEを交換して、新人ユーザーをゲットしましょう。

いきなりLINEを聞いてもよいケース

Jメールを使う人でありがちな失敗として、1通目で「LINE教えて!」とメールを送ってしまうことです。女性の警戒心も解けていない状態でこのメールを送っても、業者ではないかと疑われて返信はもらえません。

ただ、たまにいきなりLINEを聞いても返信がもらえるケースがあります。それは、相手から何度も足あとがついていたり、相手からメールを送ってきてこちらに興味が強いケースです。

この場合はLINEを教えてもらえる可能性が高いので、1通目で送るのも良いでしょう。

Jメールの掲示板を使いこなすコツ

Jメールでは自分からメールを送る以外に、掲示板を使うことも出会えます。ここではJメールの掲示板を使いこなすコツを紹介します。

掲示板を使いこなす方法

掲示板を使いこなす方法は、適切なジャンルに1日1回だけ書き込んで、ひたすら連絡を待つことです。ただ、足あとが付いたユーザーは興味を持っていることも多いため、プロフィールを確認してメールを出すのも良いでしょう。

使うべきは「恋人・友達募集」掲示板

掲示板はいくつか種類がありますが、セックスが目的ならおすすめは「恋人・友達募集」です。下心がある掲示板に書き込みをしても、業者からの連絡が来てしまいます。

「恋人・友達募集」を使って食事に行きたい、お酒を飲みに行きたいと書くことでセフレ関係の相手を探せます。

書き込むべき内容とポイント

内容のポイントとしては、シンプルかつ場所と行き先を伝えること。「週末に〇駅で焼肉に行ける人」などと書いておけば、反応がもらいやすいでしょう。

変わったことを書いて目立つ必要はありません。とにかくまずは会うことを優先させましょう。

投稿タイトルからパパ活や危険ユーザーを見極めるコツ

女性の投稿をチェックする場合、パパ活や売主目的の危険ユーザーを見極める必要があります。ポイントは、以下のキーワードが盛り込まれているかどうかです。

  • ●助けてくれる人
  • ●意味わかる人
  • ●今から会える人
  • ●定期で会える人

特に多いのが、今から会える人を探している投稿です。これらは基本的に、売春でお客さんを探している女性です。女性は危険も多く、ある程度LINEやメッセージで仲良くなった人としか会うことはありません。それなのにすぐ会える人を探している場合は、業者やパパ活の可能性が高くなると考えて良いでしょう。

Jメールで実際に会ってヤるまでいくらかかる?

Jメールでは、慣れている人で1人と会うのに1,000円程度。慣れている人でも調子が悪いと2,000円近くかかるでしょう。

プロフィールをチェックして業者ではないユーザーを見極め、複数人にメール。そこからやり取りを続けて連絡先交換するのに、1,000円分のポイントで出来たら上手く行った方でしょう。

ただ、LINEを交換できても途中でやり取りが破綻することもあるので、1人に絞り切らず常に複数人とやり取りしておくことをおすすめします。

まとめ

今回は、Jメールはヤれるのかどうか、実際に出会うためにはどうすれば良いのかを具体的に解説しました。

Jメールでセックスしたい人に注意して欲しいのが、アダルト掲示板です。すぐにセックスできそうな雰囲気のある掲示板ですが、実態は業者が大量に潜んでいます。

出会うためのポイントは、プロフィールをきっちり作って連絡先を交換することです。この記事で紹介したことを参考にして、ぜひJメールに挑戦してみてください。