ミントC!Jメールに関するコンテンツ

更新:2021.04.01 作成:2021.04.01

【Jメールにはエロい素人女性が多い?】広告から会員の傾向を分析

jmail-koukoku12

出会い系サイトのミントCJメール(以下、Jメール)にはどんな女性がいるの?」と考えている男性は多いと思います。

確かめるには実際に登録して複数の女性と出会ってみるのが一番なわけですが、わざわざそこまでしなくても広告をみれば推測できます

一体なぜJメールの広告から女性会員の質やタイプを推測できるのか?

この記事では広告から推測できるJメールの女性会員の質やタイプとその根拠および口説き方をご紹介していきます。

広告をみれば会員の傾向が分かる

jmail-koukoku11

どの出会い系サイトも広告による集客に力を入れています。

その広告の媒体や手法をチェックすれば、どんな女性会員が多いのかを推測することが可能です。

たとえば結婚情報サイトにバナー広告を出していれば、アラサー女性がメインのかなり真剣な出会い系サイトと考えられます。

逆にエロ系の漫画雑誌に広告を掲載していれば、20代で遊び目的の女性が多いはず。

このように、出会い系サイトはターゲットを定め、それに適した広告戦略をとっているのです。

Jメールの女性向け広告

jmail-koukoku4

出会い系サイトの広告から女性会員の質・傾向が分かるのはご説明した通りです。

ではJメールはどのような広告戦略をとっているのか?

過去のJメールの女性向け広告を見ながらそのターゲットを探ってみましょう。

女性向け広告の実例1:エクシオとのコラボ

jmail-koukoku2

Jメールは婚活パーティー業界大手のエクシオとコラボしたことがあります。

婚活パーティーという以上、女性の多くは真剣に婚活している人達。

「Jメールは援助交際ばかり」などと批判する声もありますが、エクシオとコラボしていることを考えると、援助交際ばかりとはいえないことが分かりますね。

女性向け広告の実例2:「GLITTER」とタイアップ

jmail-koukoku8

GLITTERは海外のセレブやトレンド情報を扱う雑誌です。

2021年3月時点では休刊となっていますが、過去にはJメールとタイアップした記事を掲載しています。

そんなGLITTERの読者層は20~30代(特に25~30歳)。

上の表紙をみても分かる通り、大人カジュアルなファッションが中心でセクシー系の女性をターゲットにしています。

なお、下の画像は実際に掲載されたJメールのタイアップ記事です。

jmail-koukoku14

「NEW LOVE」というキャッチコピーから分かる通り、女性にとっての新しい出会い方としてJメールが紹介されました。

このことから分かるのは、

  • ●女性がセクシー系であること
  • ●あくまでも純粋な恋愛を求めていること
  • ●25~30歳の女性がいること

という3点です。

大手出会い系サイトの多くは20代前半のカワイイ系やカジュアル系をターゲットとしていますが、Jメールはそれらとは違った路線をとっているようです。

女性向け広告の実例3:多数の女性誌に掲載

出会い系サイトの広告といえば雑誌です。

当然、Jメールも雑誌に広告を載せているのですが、そのジャンルや内容に注目すれば女性の質・タイプが見えてきます。

「まんがグリム童話」(ぶんか社)

jmail-koukoku7

<広告の掲載歴>

  • ●2015.12.29発売号
  • ●2015.11.29発売号
  • ●2015.10.29発売号
  • ●2015.09.29発売号

まんがグリム童話』は、ぶんか社から発売されている女性向けの月刊漫画雑誌です。(読者層は20~30代)

童話を題材にラブロマンスやコメディを描いていますが、エロい描写が多いのが特徴。

なかにはストーリーそのものがエロ系のものもありますから、読者はむっつりスケベの可能性が大です。

また、あくまでも漫画であることがポイント。

ファッション誌などであれば現実味がありますが、漫画は非現実的です。

それだけに、妄想好きで実際の男性経験が少ない(交際経験自体が少ない)女性と推測できます。

「本当にあった笑える話」(ぶんか社)

jmail-koukoku5

<Jメールの掲載歴>

  • ●2015.12.28発売号
  • ●2015.11.28発売号
  • ●2015.10.28発売号
  • ●2015.09.28発売号

本当にあった笑える話』もぶんか社から発売されている実話系の月刊4コマ漫画雑誌です。

内容の大多数は読者投稿をもとにしたもの。

様々なジャンルがテーマとなっているため、「エッチでの失敗談」や「ワンナイト体験談」など、アダルトな内容も含まれます。

まんがグリム童話と似たむっつりスケベ女性がターゲットですが、4コマ漫画であることから比較的せっかちであると思われます。

「本当にあったゆかいな話」(竹書房)

jmail-koukoku3

<Jメールの掲載歴>

  • ●2015.12.29発売号
  • ●2015.11.03発売号
  • ●2015.11.29発売号
  • ●2015.10.29発売号
  • ●2015.09.29発売号

本当にあった愉快な話』は竹書房から出版されている女性向け漫画雑誌です。

増刊号もありますが、どちらも実話をコミカライズしています。

『まんがグリム童話』や『本当にあった笑える話』のようなエロさはなく(多少はありますが)、あくまでも笑いが中心。

その内容に驚きを感じた読者がハマる漫画です。

逆をいえば、漫画に描かれている内容を実際に体験していないということ。

つまり、読者は社交性に乏しく内向的な性格であると思われます。

「恋愛白書パステル」(宙出版)

jmail-koukoku17

<Jメールの掲載歴>

  • ●2015.12.24発売号
  • ●2015.12.19発売号
  • ●2015.11.24発売号
  • ●2015.11.19発売号
  • ●2015.10.24発売号
  • ●2015.10.19発売号
  • ●2015.09.24発売号
  • ●2015.09.19発売号

恋愛白書パステル』は、宙出版が発行する漫画雑誌。(主な読者層は20代中盤の女性)

上の画像は『恋愛白書パステル』公式サイトのアイキャッチ画像ですが、ご覧の通りかなりアダルト性があります。

「LOVE」をテーマに描かれてはいるものの作中の至る所に性的描写があり、実態はほぼアダルト漫画です。

単なる恋愛ものではないわけですから、読者の多くは性的欲求が高いはず。

なおかつ、現在恋人はおらず、実生活では得られない恋愛感情と性体験を漫画で疑似体験していると思われます。

「危険な愛体験Special」(サニー出版)

jmail-koukoku1

<Jメールの掲載歴>

  • ●2015.11.03発売号
  • ●2015.10.03発売号

危険な愛体験Special』はサニー出版から出されている女性向け漫画です。

読者(20~30代が主)から寄せられたアブノーマルな性体験を漫画化したもので、完全なるエロ漫画です。

『恋愛白書パステル』のようなラブロマンス要素はなく、全編に渡ってエロ・セックスがメイン。

絵柄が美麗かつ淫靡なので見た目もかなりのアダルト性があります。

Jメールにはエロい素人女性が多い?

jmail-koukoku6

前述の広告実績から分かる通り、Jメールのターゲットはアダルト志向の強い女性

当然、女性会員はエロい素人女性が多くなります。

ただし、男性のように完全にカラダだけが目的ではありません。

そのことは広告の掲載回数をみれば分かります。

全編ほぼエロである『危険な愛体験Special』への広告が2回だったのに対して、ラブロマンス要素のある『恋愛白書パステル』への広告は8回。

つまり、Jメールの素人女性は「性的欲求は強いものの、前提として恋愛関係を求めている」といえます。

なので、Jメールを使って素人女性とセックスしたければ、しっかり口説いて惚れさせる必要があるのです。

Jメールのエロい素人女性を口説くコツ

jmail-koukoku9

Jメールにエロい素人女性が多いということはその広告をみれば分かります。

では、そのエロい素人女性を口説くにはどうすればいいのか?

ここからはエロい素人女性の口説き方をご説明します。

エロい=尻軽ではない

jmail-koukoku16

まず最初にご説明したいのは、エロいことと尻軽なことは別物だということ。

どちらも性欲旺盛な点では同じですが、尻軽女性は相手を選びません。

一方、単にエロいだけの女性は相手を選びます。

彼女たちがセックスの相手とするのは基本的に彼氏です。

好みのタイプというだけでセックスすることもありますが、男性側からの好意が感じられることが前提。

つまり、相思相愛じゃなければエロさを発揮することはないのです。

そのため下心丸出しでアプローチするのはNG

プロフィールやメッセージ上には「真剣に彼女を探しています」と記載し、相思相愛になれる土台を作っておく必要があります。

メッセージのやり取りには時間とコストをかける

jmail-koukoku13

Jメールで女性と繋がったら時間をかけてやり取りします。

目安は1日3往復以上を一週間

これでやっと連絡先の交換ができるくらいだと考えておくべきです。

このように時間をかけるのは「すぐに会いたがらない=カラダ目的じゃない」ということを立証するため。

また、素人女性はやり取りそのものによって久しぶりの淡い恋を楽しんでいます。

なので焦ることなくじっくりとやり取りしながら、要所で好意を匂わせるのがコツです。

初デートは昼間がおすすめ

jmail-koukoku18

やり取りを重ねて初デートのOKがもらえたらあえてランチデートを提案します。

当然、デート当日もランチとデザートのみで解散。

物足りないと感じるかもしれませんが、あっさりお開きにすることで「カラダ目的ではない」ということを明確に伝えることができます。

その上で、「今度はゆっくりお酒でも飲みましょう」と誘えば、女性は快くOKしてくれるはず。

こうすることで大幅に株が上がり、二回目のデートで口説ける可能性が高まります。

ちなみに、初デートから飲みに誘い、酔わせてセックスまでもっていこうとする人がいますが、この作戦はしばしば失敗します。

というのも、女性はカラダ目的を疑って初デートにいどむので、お酒を勧められた時点で「やっぱりカラダ目的か」と悟ってしまうから。

よほどのイケメンならそれでも口説けるかもしれませんが、そうじゃなければ初デートでセックスどころか二回目のデートすら危うくなるのです。

二股だと疑われないようにする

jmail-koukoku15

初デートが順調に終われば女性側も好意を持ってくれるはず。

この段階では女性側が「他の女の子ともやり取りしてるのでは?」とチェックすることが考えられます。

「私のことが本命ならもうJメールは必要ないはず」と考え、男性の掲示板履歴やログイン履歴などを調べはじめます

そこで他の女性にも手を出している痕跡をみつけられたら即アウト。

口説き落とす寸前だったものが一気に嫌われてしまうのです。

なので、口説き落としたい女性がいる時はなるべくJメールの利用を控えるようにしましょう。

初セックスでは女性を満足させることが最優先事項

jmail-koukoku10

見事口説き落として初セックスにこぎ着けたら女性を満足させることに注力します。

エロい女性が相手なだけに男性側ばかりが楽しんでしまいそうですが、それではエロさを十分に引き出すことができません。

まずは言葉で好意を改めて伝え、その後はたっぷり前戯をします。

その過程で焦らしたりもしながら女性の興奮を十分に高めれば準備OK。

ここまでやれば女性は溜めていた性欲を爆発させてくれます。

まとめ

この記事ではJメールの広告からどんな女性会員がいるのかを分析しました。

過去の広告から実績から分かることは、Jメールにはエロい素人女性が多いということ。

そんな素人女性を口説くには、『恋愛白書パステル』で描かれているようなラブロマンスを展開するのがコツです。

こうすれば意中の女性と濃厚な時間を楽しめるので、ぜひやってみてください。