ミントC!Jメールに関するコンテンツ

更新:2021.03.24 作成:2021.03.24

【Jメールの賢い使い方】お得な課金方法や無料ポイントを解説

jmail-kakin3

出会い系サイトのミントCJメール(以下、Jメール)を堪能するには課金が必須です。

とはいえ、ユーザーとしては少しでも安く、お得に利用したいところでしょう。

実際、Jメールは課金方法によってはお得に利用することが可能です。

そこでこの記事では、Jメールで無料ポイントを貰う方法やポイント消費を抑える方法、お得な課金方法などをご紹介します。

賢く課金して利用していけばかなりの金額を節約できるので、ぜひご一読ください。

まずは無料ポイント集めから

jmail-kakin6

Jメールに新規登録すると新規登録特典で20P、年齢認証で60P、メールアドレス登録で20P(WEB版限定)と、合計100ポイント(約1,000円分)が貰えます。

いずれも基本的な作業なので、この100Pを貰い忘れることはまずないでしょう。

しかし、Jメールで無料ポイントを貰う方法は他にもあります。

<無料ポイントを貰う方法>

  • ●HOMEにPON!(WEB版限定)
  • ●ログインボーナス
  • ●Jスポ(WEB版限定)
  • ●お友達紹介

HOMEにPON!(WEB版限定)

jmail-kakin4

スマートフォンでJメールのWEB版にアクセスすると、メインメニューに「HOMEにPON!」というボタンが表示されます。

これはスマートフォンのホーム画面にJメールのアイコンを表示させるためのもの。

この作業を行うと初回に限り10Pがもらえます。

ログインボーナス

jmail-kakin5

ほとんどの出会い系サイトには1日1回のログインでログインボーナスが貰えます。

WEB版かアプリ版のどちらか片方で貰えるのが一般的なのですが、Jメールは両方にログインボーナスがあります。

WEB版はガチャをまわすようになっており、ポイントやメール送信無料券などが。

アプリ版は毎日1回ログインするだけで1Pが貰えます。

Jスポ(WEB版限定)

jmail-kakin7

JスポとはJメールのスポンサーサイトに簡単登録できる機能です。(スマートフォンからWEB版にアクセス)

任意のスポンサーサイトを選んで登録すると無料ポイントがもらえます。

複数に登録可能なのですべてに登録すればかなりのポイントが貯まるのですが…

スポンサーサイトの多くは毎月の課金を要するものであり、貰えるポイントよりも毎月の支出の方が多くなってしまいます。

なので、Jスポは必要なスポンサーサイトをみつけた場合のみ登録するようにしましょう。

お友達紹介

jmail-kakin9

お友達紹介」とは知り合いにJメール登録用URLを送り、そのURLから新規登録が行われた場合にポイントが貰えるというシステムです。

100P(約1,000円分)が貰えるので数人に新規登録してもらえればかなりお得。

昨今では多くの人が出会い系サイトを利用しているので、恥ずかしがらずにどんどん紹介してみることをおすすめします。

ポイント消費を抑えて賢く利用

jmail-kakin12

お得に利用するにはポイント消費を抑えるということも大事です。

そこでまずは以下のポイント消費一覧表をご覧ください。

機能
消費ポイント
プロフィール閲覧
1P(アプリ版は無料)
受信メールを見る
無料
メッセージを送る
7P
メッセージに画像・動画を付ける
無料
掲示板にメッセージを投稿
5P(1日1回無料)
投稿に画像・動画を付ける
無料
掲示板を見る
1~3P
掲示板画像を見る
3P
掲示板動画を見る
5P

上記のうち、女性と出会うのに最低限必要なのは

  • ●プロフィール閲覧:1P(アプリ版は無料)
  • ●受信メールを見る:無料
  • ●メッセージを送る:7P
  • ●掲示板を見る:1~3P

の4つ。

このなかで工夫できるのは「プロフィール閲覧」と「メッセージを送る」です。

プロフィール閲覧はアプリ版で

プロフィール閲覧をWEB版で行うと1Pを消費しますがアプリ版なら無料です。

なので好みの女性を探すにはアプリ版を使うのが正解。

「アプリ版は機能が制限されていて使いにくい」という人は女性のニックネームをメモし、WEB版のプロフィール検索から探せばOKです。

メッセージのやり取りでは無駄を省く

Jメールでもっともポイントを消費するのはメッセージの送信です。

1通あたり7Pもかかるので、やり取りの回数はできるだけ少なくしたいところ。

無論、女性の連絡先を聞き出せれば何の問題もないのですが、すぐに連絡先をきくと女性から嫌がられてしまいます。

そこでおすすめなのが、1通のメッセージで複数の質問をすることです。

例えばデートのアポを取る場合、「明日は何時に待ち合わせしましょうか?」と書くのではなく、「何時にどこで待ち合わせしましょうか? あと、何を食べたいですか?」と記入。

1回のメッセージで時間、場所、行きたいお店の3つをまとめて質問しており、やり取りの回数をかなり減らせます。

お得な課金方法

jmail-kakin2

冒頭でお伝えした通り、Jメールは課金方法次第でお得度が変わります

なぜなら、課金方法ごとにボーナスポイントの量が異なるから。

ではどの課金方法がもっともお得なのか?

それはWEB版からクレジットカード又はPayPalで課金する方法です。

WEB版からクレジットカードやPayPalで課金した場合

金額 クレジットカード課金 PayPal課金
3,000円 310P 310P
5,000円 520P 520P
10,000円 1,200P 1,200P
15,000円 1,800P 1,800P
20,000円 2,500P 2,500P
25,000円 3,120P
30,000円 3,750P

*クレジットカード課金では、VISA、MasterCard、JCB、AMERICAN EXPRESS、Diners Clubが利用できます。

クレジットカード課金もPayPal課金も貰えるボーナスポイントは同じで、Jメールの課金方法のなかではもっともお得

それでいて課金時の手数料がかからないため大変おすすめです。

キャンペーン期間中ならさらにお得

jmail-kakin11

Jメールでは、不定期にポイントアップキャンペーンが開催されます。

文字通り課金時のボーナスポイントがアップするキャンペーンとなっていて、通常時と比べて150P多く貰えます

あくまでも不定期なので、キャンペーン期間であることを知ったら多めに課金しておくことをおすすめします。

ちなみに、20,000円の課金をお考えなら、10,000円で2回課金した方が50Pお得になりますよ。

アプリ版で課金した場合

iOS android
金額 ポイント 金額 ポイント
1,100円 80P 1,000円 100P
2,200円 170P 2,000円 200P
3,300円 280P 3,000円 310P
5,500円 480P 5,000円 520P
10,000円 960P 10,000円 1,200P
20,000円 2,500P
25,000円 3,120P
30,000円 3,750P

iOS版はApple Store経由の課金のみ、android版はコンビニ決済やプリペイドカードが使えます。(上の表ではBitCash課金した場合のポイントを記載しています)

ご覧の通り、アプリ版はiOS、androidともにWEB版のクレジットカードやPayPal課金に及びません。

とくにiOSはボーナスポイントが少なくApple Store経由でしか課金できないためあえて選択する必要はありません。

女性と出会うのにどれくらいのポイントが必要?

jmail-kakin1

ここまではJメールをお得に使う方法をご紹介してきました。

とくに課金方法はお得度に大きく影響するわけですが、そもそも「どれくらいのポイントがあれば出会えるのか?」という点も気になることでしょう。

そこで、割り切りや援助交際の場合と恋活女性と出会う場合に分けて、1人と出会うのに必要なポイントの目安をご紹介します。

割り切りや援助交際の場合

jmail-kakin10

<必要なポイントの目安>

行動 回数 消費ポイント
掲示板を閲覧 3回 3P
プロフィールを閲覧(アプリ版) 3回 0P
メッセージのやり取り 5回 35P

割り切りや援助交際をする場合は掲示板からお相手を探します。

投稿を3件ほど閲覧すれば好みの女性が見つかるはずです。

また、アポ取りは5回ほどやり取りすれば十分

余計なことを書く必要はなく、端的に「時間」「場所」「条件(お小遣いの額)」「目印」の4点だけを確認するようにしてください。

かなり素っ気ないやり取りになりますが、割り切りや援助交際をする女性はお金目的ですからやり取りが短い方のはむしろウェルカム。

これを徹底すれば40P足らずで割り切りや援助交際ができます。

なお、女性の写真を何枚も閲覧する人がいますが、これはあまり意味がありません。

というのも女性は写真を大幅に加工しているから。

プロフィール画面にタダでみれる写真があれば、それ以外の写真にポイントを使うのは無駄ですよ。

恋活女性と出会う場合

jmail-kakin8

<必要なポイントの目安>

行動 回数 消費ポイント
プロフィールを閲覧(アプリ版) 30回 0P
ファーストメッセージの送信 10回 70P
メッセージのやり取り 21回 147P

Jメールの掲示板は割り切りや援助交際ばかり。

なので恋活女性を探す際はプロフィール検索を行います。

とは言え恋活女性はなかなか見つからず、割合でいえば30人に1人程度。

かなりの人数のプロフィールをチェックすることになるので、プロフィール閲覧が無料のアプリ版を使ってください。

プロフィール検索で好みの女性が見つかったら早速ファーストメッセージを送信するのですが…

誰でもいいからお金が欲しい割り切りや援助交際の女性とは違い、恋活女性は相手を厳選します。

そのためファーストメッセージに対する返信率は10%程度

つまり10人に送ってやっと一人とやり取りできるかどうかとなります。

また、やり取りが始まってからもコストがかかります。

恋活女性はすぐには会ってくれないので、毎日3往復で1週間前後のやり取りが必要。

以上を合計すると217P消費して一人で出会う計算になります。(写真閲覧をしなかった場合)

まとめ

この記事ではJメールの賢い使い方をご紹介しました。

  • ●無料ポイントを集めること
  • ●ポイント消費を抑えること
  • ●WEB版からクレジットカードかPayPalで課金すること

この3点をやるのとやらないのとではお得度に大きな差がでます。

また、割り切りや援助交際なら一人当たり40P、恋活女性と出会うなら217P必要なので、ポイントアップキャンペーンなどを利用して効果的に課金し、無駄のないアプローチをしてくださいね。