ハッピーメールに関するコンテンツ

更新:2020.03.26 作成:2019.09.12

ハッピーメールのボイス機能とは?利用すると出会いに効果的なの?

hapime-voice-kinou
出会い系サイトのハッピーメールには、「ボイス機能」というものがあります。

会員同士で音声通話ができるというサービスなのですが、会員達からは「本当に効果的なの?」と疑問の声があがっています。

果たしてボイス機能とはどんなものなので、利用した場合は出会いにどんな効果があるのでしょうか。

この記事では、これらの点についてご紹介していきます。
 

ハッピーメールのボイス機能とは?

hapime-voice-kinou2

出会い系サイトといえば、会員同士がサイト内でメールのやり取りをするのが一般的です。

もちろん、ハッピーメールにもメール機能があるのですが、それとは別に、会員同士で音声通話ができるボイス機能もあります。

このボイス機能には、「転送電話」と「ボイスチャット」の2つがあり、通話ができる相手や使い方がことなります。
 

転送電話とボイスチャットの相違点

転送電話とは、ハッピーメール内の掲示板から「転送電話OK」の人を探すことで利用できます。

自分が掲示板に書き込みしておくことで電話がかかってくることもあるのですが、いずれにしても、話す相手を特定した上での通話となります。

一方、ボイスチャットでは、通話の相手はランダムです。

その時間帯に電話が繋がる相手と通話をするので、全国の会員が対象となります。(設定次第では対象者のエリアを限定することができます)

このように、転送電話とボイスチャットでは、通話する相手を特定できるかどうかという点が異なる訳です。
 

ボイスチャットではセクシートークもできる

通話の相手がランダムになる分、ボイスチャットの方がつまらないような印象を受けるかもしれません。

しかし、ボイスチャットには、「セクシートーク」というコーナーがあります。

その名の通り下ネタ全開で通話が行われるので、テレフォンセックスを目的として利用する人が多いようです。

昨今ではネット環境が発達しているので、「このご時世にテレフォンセックスなんて」と思う人もいることでしょう。

しかし、AVなどではよくある企画なので、マニアの人からはそれなりのニーズがあるのかもしれません。

ボイス機能の使い方

hapime-voice-kinou3

ここからは、ハッピーメールのボイス機能の使い方をご紹介します。
 

転送電話の使い方

自分から転送電話をかける場合は、以下の手順で行います。
 

  1. 掲示板で転送電話受付中の相手を探す
  2. 掲示板投稿内、本文の下にある「おしゃべり」ボタンを押す
  3. 転送電話の画面になるので「電話をする」
  4. 相手が了承すれば通話開始

 

逆に電話がかかってくるのを待つ場合は、通話可能設定にしておき、通話可能時間を選びます。

通話可能時間は1時間後~5時間後まで選べるのですが、当然、長く設定する方が通話できる可能性が高くなります

なお、実際に転送電話がかかってきた場合は、以下の電話番号が表示されます。
 

  • ● 080-8590-6841~6860
  • ● 080-4457-9823~9833
  • ● 080-4457-9845~9849

 

ただし、あくまでも「転送電話」ですから、この番号は相手のものではありません。

これらはハッピーメールの転送電話の番号ですから、間違えないようにしましょう。
 

ボイスチャットの使い方

ボイスチャットをする場合は、以下のような手順になります。

  1. フリートークとセクシートークのどちらかを選択する
  2. 電話をかける(呼び出し中はBGMが流れます)
  3. 通話相手が見つかった場合、お知らせ音とガイダンスが流れます
  4. 通話開始となります

この時、自分の電話番号は「通知」に設定しておく必要があります。(非通知ではボイスチャットを利用できません

また、通話中は相手がどこの誰であるかは分かりません。

誰と話したのかを知るには、通話終了後に「送受信記録」をみる必要があります。

ボイス機能の料金

hapime-voice-kinou4

ハッピーメールのボイス機能を利用するにあたっては、料金がかかります。

これは転送電話、ボイスチャットともに同額で、15秒あたり3ポイント、つまり約30円です。

これを10分で計算すると、120ポイント(約1,200円)となります。

実際に通話してみると分かりますが、10分間の会話というのはあっという間です。

よほどの話し上手でない限りは、10分間では挨拶に毛が生えた程度の会話しかできないでしょう。

また、女性から転送通話がかかってきたとしても、ハッピーメールの料金は男性側が負担することになります。

その他、ハッピーメール側に払う料金とは別に、通常の電話代もかかります

通話し放題のプランで契約している人は良いのですが、そうでない人は、長電話に注意してください。

ちなみに、ハッピーメールのボイス機能を使うには、保有ポイントが30ポイント以上であることが条件となっています。

注意点

hapime-voice-kinou5

ハッピーメールのボイス機能を使う際には、注意すべきこともあります。
 

通話相手が見つかるとは限らない

まずお伝えしておかなければならないのは、「通話相手がなかなかみつからない」ということです。

ひと昔前まではそれなりに利用者がいたようですが、現在では通話可能にしている会員はほとんどいません。(特に女性)

なので、「よし、誰かと通話するぞ!」と意気込んでみても、まったく通話相手がみつからないことがしばしばあります。
 

キャッシュバッカーが多い

通話可能な会員が少ない中、偶然通話相手が見つかったとしても、安易に喜んではいけません。

なぜならば、その通話相手が女性であった場合、キャッシュバッカーである可能性が高いからです。

ハッピーメールでは、女性が男性とメールをするか、あるいは通話をした場合、換金可能なポイントが貰える仕組みになっています。

このポイントを目当てにハッピーメールを利用している女性も多いのですが、彼女達が実際に男性と会うことはないのです。

そのため、内容のない通話がダラダラと続くだけで、その通話が出会いに繋がることはまずありません。
 

ボイス機能に期待し過ぎてはダメ

仮に通話ができて、その相手がキャッシュバッカーではなかったとしても、「これで会えるはず」と期待し過ぎてはいけません。

ボイス機能を利用している会員は、「その時間、偶然暇だっただけ」か、あるいは「電話するのが好きなだけ」であることがほとんどで、会うつもりがあるかどうかは別問題だからです。

そもそも、本当に誰かと会うつもりがあるのであれば、掲示板で相手をみつけて、とっくに待ち合わせ場所に向かっているはずなのです。

なので、ボイス機能を利用する時は「あくまでも会話を楽しむだけ」と考えておく方が無難でしょう。

まとめ

この記事では、ハッピーメールのボイス機能をご紹介しました。

ボイス機能には転送電話とボイスチャットの2種類がありますが、どちらであっても、そもそも通話する相手がなかなか見つかりません

また、相手が見つかったところで、それが出会いに繋がるとも限りません

このことから、ハッピーメールのボイス機能は、出会いに効果的ではないことが分かります。

「相手がキャッシュバッカーでもいいから誰かと電話したい」というのであれば良いのでしょうが…

「実際に会える人を探したい」ということであれば、ボイス機能を使うよりも掲示板からこまめにメールを出した方が、安くて手っ取り早いのではないでしょうか。