ハッピーメールに関するコンテンツ

更新:2022.09.10 作成:2022.09.10

ハッピーメールはログイン時間が分かる!活用法と注意点について紹介

割り切りから恋活まで幅広く使える出会い系サイトのハッピーメール

出会いを期待して利用している男性は多いと思いますが、『ログイン時間』に気を付けないとチャンスを逃す可能性があります。

また、相手のログイン時間をヒントにすれば、効率よく口説くことが可能。

そこでこの記事では、ハッピーメールのログイン時間の活用法と注意点についてご紹介していきます。

\ハッピーメールは登録無料!/
tinderに今すぐ無料登録(R18)

ハッピーメールのログイン時間とは?

出会い系サイトのハッピーメールでは、ログインした日時が分単位でプロフィールに表示されるようになっています。

これはアプリ版、WEB版の両方に備わっている機能。

ログイン時間とその時点の時刻が近ければオンライン中である可能性が高く、誰がいつ活動しているかを知るには非常に便利な機能といえます。

その一方で、ログイン時間をもとに推測すれば様々なことが分かるため、場合によっては自身に不利に働くことも。

つまりハッピーメールのログイン時間には一長一短があり、それを正確に把握しておく必要があるのです。

ログイン時間の活用術

相手のログイン時間が分かるということは、次のようなメリットに繋がります。

  • ●ログイン時間順で検索できる
  • ●放置会員を見極められる
  • ●相手のライフサイクルが分かる
  • ●怪しい会員を見分けられる

ログイン時間順で検索できる

ログイン時間順でプロフィール検索や掲示板検索すれば、リアルタイムでログインしている女性を簡単にみつけることができます

相手は今まさに端末の画面をみているはずですから、そこを狙ってメッセージを送ることで女性からの返信率を高めることが可能。

1通あたり50円ほどかかるメッセージ代なので、コストを抑えるという意味でもログイン時間ができるだけ新しい女性を狙うべきです。

放置会員を見極められる

プロフィール一覧の中から好みの女性をみつけた時は、メッセージを送る前にログイン時間をチェックすべきです。

ハッピーメールの女性会員は毎日大勢の男性からメッセージをもらうので、アクティブに活動していれば最終ログイン時間は過去24時間以内のはず。

逆に、最終ログイン時間が数日前の女性はすでに放置になっている可能性が高く、メッセージを送っても無駄になります。

相手のライフサイクルが分かる

特定の女性会員のログイン時間を数日にわたって観察すれば、その人のライフサイクルを概ね把握することができます

無論、ライフサイクルを把握するのはタイミングよくメッセージを送り返信を得やすくするため。

逆に就寝中や仕事中にメッセージを送ると、相手は未読メッセージがどんどん溜まるので、ログインしたときにすべてをチェックするのが困難になります。

その結果、せっかく送ったメッセージが未読のまま放置されやすく、出会いのチャンスを失ってしまうのです。

よって、気になる女性をみつけた場合はお気に入り登録し、数日かけてログイン時間を観察すると良いでしょう。

怪しい会員を見分けられる

パパ活女子や業者には興味がない」という男性は多いはず。

または、「詐欺師や美人局には最大限の警戒をしたい」という人もいることでしょう。

こうした『怪しい会員』を見分けるのにもログイン時間表示が有効です。

まず、女性の職業をチェック。

一般企業に勤めているなら、深夜から早朝にかけては寝ているはずです。

にもかかわらずその時間帯にログインしていたら、それは嘘の職業を記載している可能性が高く、怪しい会員と考えるべき。

平日の日中にログインしっぱなしというのも同様なので、怪しい会員を見分ける基準の一つとして覚えておいてください。

ログイン時間表示の注意点

ログイン時間表示はオフにすることができませんから、自分のログイン時間も公開されていることになります。

実はこれがログイン時間表示の最大の難点。

どのようなデメリットがあるか以下で開設します。

やり取り中の女性から嫉妬される

例えば、同じ時期にハッピーメール内でAさん、Bさんの二人とやり取りしていたとします。

この二人からメッセージを受信したものの、何らかの事情によりAさんにのみ返信・・・

このとき、Bさんがログイン時間表示を見てしまうと、「さっきログインしているのに私に返信がない。ということは他にもやり取りしている女性がいる!」とあっさりバレます。

当然、Bさんとしては不愉快なわけで、「だったらもう結構」と身を引いてしまうのです。

したがって、複数の女性とやり取りしている場合は、そのタイミングについて工夫する必要があるのです。

返信を意図的に遅らせることができない

出会い系サイトの女性会員はメッセージのやり取りを重視しており、男性にクイックな返信を期待しています

一方、男性はメッセージを送るたびにポイントを消費するため、できるだけ少ないやり取り回数でデートまで持ち込みたいところ。

それゆえ「仕事中で忙しい」などを理由にメッセージの返信を意図的に遅らせることもあると思います。

そうやって返信を意図的に遅らせつつ、一方で別の女性を探すこともやっておきたいわけですが・・・

ログイン時間表示があるとログインしていたことがバレるため、意図的に返信を遅らせることができません。

「仕事中で忙しいから返信できない」と言い訳するのであれば、ログイン時間の履歴が残らないように本当にログインしてはならないのです。

割り切りやパパ活を疑われる

週末の深夜などにログインした履歴があると、それをみた女性会員から「その時間にログインして何してたの?」と不審がられます。

そして行き着くのが、「エッチなお相手を探してたのかも」という仮定です。

真剣に恋活している男性にとってこのような疑念を抱かれるのは致命的。

たとえログインしただけで何もしていなくても、女性側が勝手に疑念を持ってしまうことは防ぎようがありません。

このように、ログイン時間表示の機能がある以上、『相手からどう解釈されるか』を常に意識しなければならないのです。

いつどんな理由でログインするのがベストなのか?

前述したように、ログイン時間によっては女性側からあらぬ誤解を受けることがあります。

よって、『ログインしているのが当然』と思われるタイミングに絞ってログインするのが賢明。

そのタイミングとは次の2つです。

  • ●やり取り中の相手からメッセージを受信したとき
  • ●24時すぎ

上記2つのタイミングであればログインしたとしても不思議ではありません。

よって、他の女性を探してみたいのであればこのタイミングがベストです。

やり取り中の相手からメッセージを受信したとき

やり取り中の相手からメッセージを受信したらログインするのは当然。

相手としても後にログイン時間表示を確認して、「私が送ったメッセージをすぐにみてくれたんだ」と解釈できます。

ただし、やり取り中の相手が複数いる場合はすぐに返信しない方が無難

他の女性からメッセージが届いた時にまたログインすることになるので、先にメッセージを送った女性には他にやり取りしている女性がいるとバレてしまいます。

よって、急ぎの要件じゃない限りすぐには返信せず、届いたメッセージを読むだけにするのがコツです。

別の女性からメッセージが届いたときに先の女性に返信。

これを繰り返していけば、どの女性にログイン時間表示を見られたとしても変に疑われたり嫉妬されたりすることはありません。

24時すぎ

ハッピーメールのアプリ版にはログインボーナスの機能があります。

1日1回1ポイントが無料で付与されるのですが、毎日24時にリセットされます。

それゆえ、24時すぎに男性がログインしているのは至って当たり前。

そのついでに溜めておいた複数の女性への返信を済ませたり、他の女性を探したりするのも有効です。

なお、仮に女性が不審がった場合は、「あなたとたくさんやり取りしたいので、ログインボーナスを貯めてるんです」と説明すれば何も問題ありません。

まとめ

この記事では、ハッピーメールのログイン時間表示についてご紹介しました。

ログイン時間表示には『相手のライフサイクルを推測できる』という長所と、『自分の行動履歴がバレる』というデメリットがあります。

この双方をよく理解することがハッピーメール攻略のコツ

とくに自分の行動については「エッチできる相手を探している」「他にやり取りしてる女性がいる」などと思われないように注意しましょう。

\新規登録で最大120ポイントもらえる!/
ハッピーメールに今すぐ無料登録(R18)