ハッピーメールに関するコンテンツ

更新:2020.04.14 作成:2020.04.14

ハッピーメールで連絡先を交換するタイミングは?LINEは危険?

happymail-renrakusaki2

ハッピーメールではメールを送信する度にポイント(=お金)を消費するため、男性側としてはできるだけ早期に連絡先を交換したいところです。

とはいえ、連絡先を交換するのはハードルが高く、下手をすればそれを機に相手とのやり取りが途絶えてしまうこともあります。

そこでこの記事では、ハッピーメールで連絡先を交換するタイミングについてご説明していきます。

また、連絡先交換時の注意点も記載しておくので、しっかりと頭にいれておいてください。

ハッピーメール攻略のカギは連絡先の交換にあり

happymail-renrakusaki5

ハッピーメールの男性会員にとってもっとも負担となっているのが、メールを送る度にかかるポイント(5P)ではないでしょうか。

実に50円分に相当するわけで、時間をかけて口説いているとメール代だけで数千円かかってしまうこともあります。

それでは金銭的負担が増えるばかりなので、「いかにタイミングよく連絡先の交換をするか」が攻略のカギとなってきます。
 

連絡先交換のタイミングをはかるのは難しい

連絡先交換の提案が早すぎると、女性から「何だか怖い」「すぐ連絡先を聞いてくるなんて失礼」と思われてしまいます。

実際、女性のプロフィールをみると、「いきなり連絡先を聞いてくる人はNG」と書いている人が大勢います。

とはいえ、連絡先の交換までに時間をかけ過ぎると「私に興味をもってくれていないのかしら」と思われてしまい、女性の気持ちが他の男性に移ってしまう可能性があります。

なので、やり取りの流れを慎重に吟味して、相手の気持ちが高まってきた時や、十分に手応えを感じた時に行動を起こすことになります。
 

スムーズに連絡先の交換をするにはテクニックが必要

連絡先の交換ができるということは、相手の女性がそれなりに心を開いてくれた証拠でもあります。

ということは、女性を安心させたり打ち解けさせたりするメール術があれば、早期に連絡先の交換が可能になるということです。

このようなメール術は経験とセンスからくるものであり、簡単に習得することはできません。

ただし、メールの基本を抑えておくことで、比較的早く習得することができます。

そこで、女性と打ち解けるためのメールのテクニックをご紹介しておきます。

何事も相手に合わせる

女性にとって、「理解してもらえた」「共通点が多い」という感覚は非常に大事です。

共通点が多ければ多いほど親近感を持ってくれるようになり、勝手に安心度が増していきます。

なので、メールやプロフィールに書かれている考え方や趣味、ライフスタンスはもちろんのこと、文体や言葉遣いに至るまで、柔軟に合わせていくのがベストがです。

文章の構成を考える

メールにどんなことをどんな順番で書くのか、という点も非常に重要なポイントです。

たとえば、つらつらと自分の趣味ばかりを書いていたり、当たり障りのない世間話ばかりしていては、何回やり取りしても距離は縮まりません。

なので、構成としては以下のようにするのが理想です。

  1. 相手が書いてきた内容(A)に同意・共感する
  2. Aに関連する自分のことを書く
  3. Aから話を発展させて質問をする

たとえば、「好きな食べ物は?」という質問に対して、相手が「お寿司」と答えてきたとします。

これに対する返事としては、

  1. 「僕もお寿司が大好きです!」
  2. 「中トロやサーモンといった味が濃い魚も美味しいけど、淡泊な白身魚も美味しいですよ」
  3. 「行きつけのお寿司屋さんとかあるんですか?」

と書いて送るのが無難です。

こうした食べ物の会話は話を合わせやすく、「じゃあ、今度一緒に行きませんか?」とデートにも誘いやすいので鉄板ネタといえます。

好みを語る時は抽象的に

やり取りの際中に「好きなタイプは?」や「アウトドアとインドアのどちらが好きですか?」などと聞かれることがあると思います。

この時、ピンポイントの回答をしてはいけません。

たとえば、「細身でお姉さん風の女性が好き」などと答えてしまっては、可愛い系の女性や中肉中背の女性を取りこぼしてしまいます。

なので、「価値観が合う人」「笑顔が印象的な人」といった抽象的な回答にとどめておくようにしましょう。

連絡先交換時の注意点

happymail-renrakusaki3

連絡先の交換にたどり着くまでのやり取りの仕方が分かったところで、今度は交換時の注意点についてご紹介します。

「失敗した」という口コミを記載しておくので、同じミスをしないように気を付けてください。
 

連絡先の交換にLINEは危険

ハッピーメールで連絡先を教える時は、新しく取得したフリーメールやサブのSNSを使用することを強くおすすめします。

というのも、メインのSNS(通常はLINEだと思います)を教えてしまうと、何かと不都合なことが起きるからです。

トラブルの事例

「連絡先としてLINEを教えておいたら、彼女に覗き見されて大問題になったことがあります」

「デスクの上に不要に携帯を置いておいたところ、相手からLINEが入ってしまい、職場の同僚にバレました

LINEでメッセージを受信した時、その内容または通知がポップアップ表示されるように設定している人は多いのではないでしょうか。

重要なメッセージを逃さず、なおかつクイックに対応できるという意味では良いのですが、それは他人から見られてしまう可能性があるということでもあります。

とくに恋人や妻がいる人は、ハッピーメールで知り合った女性のことは隠したいはずですから、LINEとは別の連絡先を教えておいて、その通知はオフにしておいた方が良いでしょう。
 

いきなり連絡先交換を提案してくる女性に注意

ハッピーメールでは、女性の方から「直接やり取りしませんか?」と持ち掛けられることが多々あります。

メールの送信にポイントを消費する男性側としては非常に有難い申し出なのですが、それが1〜2回のやり取りのうちであったらならば注意が必要です。

というのも、早期に連絡先の交換を申し出てくる女性会員は、アドレス回収業者である可能性が高いからです。

こうした業者はメールアドレスやLINE IDを回収することを目的としてハッピーメールに登録しているので、連絡先の交換後は急に返事がこなくなります。

トラブルの事例

「うかつにLINEのIDを教えたら、数日後にアカウントを乗っ取られた

「メインで使っているメールアドレスを教えたら、大量の迷惑メールがとどくようになってしまった」

ご覧のように、アドレス回収業者に連絡先を教えてしまうと、その後は何らかの悪事に利用されてしまうことがほとんどです。

なので、新しく取得したフリーメールやサブのSNSで連絡先の交換をし、最悪の場合はアカウントごと削除するようにしましょう。
 

援デリなら連絡先の交換はしない方が良い

ハッピーメールのアダルト掲示板にはデリヘル業者が女性会員に紛して盛んに相手を募集しています。

これを援デリ(援助交際風のデリヘル)といいますが、この場合は下手に連絡先の交換をしない方が無難です。

というのも、出会った(派遣されてきた)女性がプライベートの連絡先を教えてくれるとは限らないからです。

トラブルの事例

「援デリとは分かっていたけど、好みのコだったので連絡先を交換した。そしたらデリヘル業者から広告メッセージがじゃんじゃん送られてきた」

「ハッピーメールで会ったコと電話番号の交換をした。後日電話したらすでに使われておらず、その代わりに知らない番号から頻繫に電話があり、全部デリヘルの案内だった」

口コミから分かるとおり、女性に教えたはずの連絡先が業者スタッフに筒抜けになっていることがあります。

これをやってしまうとデリヘル業者側から昼夜を問わず連絡が入るようになってしまいます。
 

SNSのアイコンに注意

SNSを使って連絡先の交換をする場合、相手側の携帯端末には自分のアイコンが表示されます。

このアイコンを自分の顔写真にしている人は、他の画像に変えてから連絡先の交換をした方が良いでしょう。

トラブルの事例

「連絡先の交換後、やり取り中にケンカしてしまいました。後日、最低男として僕の顔写真が出回っていると友達から言われました」

「連絡先の交換をした相手が業者だったと分かり、不安になって自分の顔写真で画像検索してみました。すると、聞いたこともないようないかがわしい出会い系サイトで男性会員として僕の顔写真が掲載されていました」

顔写真をSNSのアイコンにするということは、相手に対して顔写真を提供したのと同じです。

そのため、悪意のある人にとっては格好の材料となってしまいます。

これは画像を送る時にも同様なので、ある程度の人間関係が構築できるまでは、安易に画像を渡さないようにしましょう。

連絡先の交換時、女性はどう思っているか

happymail-renrakusaki1

男性側として少しでも早く連絡先の交換をしたいところですが、気になるのは女性の気持ちです。

そこで、編集部では、実際にハッピーメールを利用している素人女性にインタビューし、連絡先の交換についてどう考えているのかを聞いてみました。
 

本音では、あまり教えたくない

「ハッピーメールは女性無料です。だからわざわざ連絡先を教えることに何のメリットもないんです。どうせ1回きりの援助交際にするつもりなので、連絡先を聞いてくるような人とはやり取りしないようにしています」

女性側にとって、連絡先を交換することにメリットはありません。

あえていうなら、「男性が交換したいというから仕方なく応じた」というところでしょう。

連絡先の交換を申し出る時は、女性のこのような心理を十分に理解した上で、女性が気持ちよく連絡先を教えてくれるように提案しましょう。
 

教えるのはサブの連絡先

「私はパパ活目的でハッピーメールを使っているので、気前の良い人とは連絡先の交換をしなければいけません。でも、いつまでも続ける気はないので、サブ携帯のLINEを教えています」

「相手がどんなにイケメンでも、最初のうちはLINEと電話番号は絶対に教えたくありません。なので、カカオとかでの交換を提案してくれると助かります」

ハッピーメールでの出会いにおいては、男性よりも女性の方が強い警戒心を持っています。

なので、メインのSNSとして使っているLINEだけは教えたくない、という人が大変多いようです。

それを考えると、カカオトークのようなLINEとは別のSNSで連絡先交換を申し出る方が、連絡先をゲットしやすいのではないでしょうか。
 

少しでも違和感があれば即ブロック

「私は、直接会った人から聞かれれば、LINEを教えても構わないと思っています。ただし、LINEでやり取りしてみて少しでも怖いと感じたり気持ち悪いと感じたりした場合は、即ブロックします」

「別に連絡先を教えるのはいいけど、後で悪用されても困るから、写真や動画を送ることは絶対にしません。だから、写真や動画をしつこく要求してくる人はすぐにブロックします」

女性のなかには、連絡先の交換に寛容な人もいます。

ただし、そういう人ほど「問題があればすぐにブロックすれば良い」と考えている傾向にあり、やり取り中のちょっとした失言でブロックされてしまうこともあります。

連絡先の交換に成功したからといって安心せず、一言の失敗で音信不通になってしまうということを理解しておきましょう。
 

すぐ連絡先を交換したがる人は失礼でケチくさい

「ハッピーメールが男性有料なのは知ってます。だからすぐに連絡先を交換したがるのでしょうが、私たち女性からみればとてもケチくさいです

「ろくにやり取りもしないうちから連絡先を聞かれても、絶対に教えません。そういう人は失礼だと思います」

できるだけハッピーメールの料金を安く抑えたいという男性側の心理は女性に見透かされています。

それゆえに、「そこまでケチるの?」と思われてしまうようです。

また、すぐに連絡先をきくのは失礼、と考えている女性も大勢いるので、連絡先交換はある程度の関係性ができてからにすべきです。

連絡先を交換するタイミングは?

happymail-renrakusaki4

ここまでご紹介したやり取りの仕方や注意点を踏まえた上で、連絡先を交換するのに丁度良いタイミングをいくつかご紹介しておきます。

とはいえ、それぞれにメリットとデメリットがありますから、最終的には相手の反応を伺いながら判断してください。
 

その1 デートのアポがとれた時

連絡先を交換するタイミングの王道は、デートのアポが取れた時です。(援デリの場合は別)

相手も会う気があって約束している訳ですから、「万が一の緊急連絡用に連絡先を交換しておきましょう」と提案すればすんなり教えてくれます。

仮にここで連絡先の交換を渋るような女性であれば、デートをドタキャンする可能性が高いと思っておいた方がよいでしょう。
 

その2 5〜10日ほどやり取りした時

ハッピーメールで真剣な恋活をしている場合、基本的には数回のやり取りを毎日続けることになります。

その過程で徐々に距離感を縮めていくことになるのですが、5〜10日もやり取りを続ければかなり打ち解けてくるはずです。

この期間において以下のような傾向が出てきた時が、連絡先をきくタイミングといえます。

  • ●文体や口調にフランクさがでてきた
  • ●相手からも積極的に質問がくるようになった
  • ●返信がくるまでの間隔が短くなった
  • ●一日のやり取りの回数が増えた

 

その3 デートの終盤

デートの終盤に連絡先をきくというのも有効な方法の一つです。

というのも、デート中は相手を目の前にしているので、女性側は連絡先の交換を断りにくいからです。

また、交換がてらに、「じゃあ、次いつ会うか決めておきませんか?」と提案し、その場で次回のアポをとることもできます。

「鉄は熱いうちに打て」という格言がありますが、女性を口説くときもデート直後の気持ちが盛り上がっている時の方が交渉しやいのです。
 

その4 ハッピーメールを辞める時

ハッピーメールを利用している間は、男女ともに多くの異性との接触が可能です。

なので女性側としては「私の他にもやり取りしている人がいるんでしょ?」と考えています。

そこで、この心情を逆手にとり、「ハッピーメールからの退会を考えているけど、君とだけは連絡を取り続けたい」と切り出してみるのも一つの手です。

この言葉によって一途さが伝わるので、「だったら交換してもOK」と承諾してくれる女性も多いようです。

ちなみに、連絡先の交換後は、本当に退会する必要はありません

ハッピーメールのブロック機能などを使って、サイト内での存在を悟られないようにすれば、大きな問題にはならないでしょう。

まとめ

この記事では、ハッピーメールで連絡先交換をするタイミングやコツをご紹介しました。

女性側には、「すぐには連絡先を教えたくない」「メインのLINEは教えたくない」といった気持ちがあります。

なので、連絡先の交換を申し出る時は、タイミングを見計らってサブのSNSで交換することを提案するのがベストでしょう。

また、連絡先の交換に簡単に応じる女性のなかには、メールアドレス回収業者や悪意を持った人もいます。

そういったリスクを考えると、万が一トラブルになってもすぐに削除できるアカウントを用意し、そこには写真を絶対に載せないようにしておくのが無難です。

こういった予防策をやっておかないと、思わぬトラブルに発展することがありますから、決して忘れないでください。