ハッピーメールに関するコンテンツ

更新:2022.11.28 作成:2019.11.19

ハッピーメールにクレジットカードで課金すると明細でバレる?

妻や彼女がいながらも、ハッピーメールで出会いを楽しんでいる男性は結構多いようです。

その場合、利用していることを知られてはいけない訳ですが、ここで気になるのが課金した場合のクレジットカードの明細ではないでしょうか。

露骨に「ハッピーメール」と記載されてしまっては、何かの拍子に見られてしまい、ハッピーメールを利用していることがバレるかもしれません。

果たして、クレジットカードの明細にはどのように記載されてくるのか…

この記事では、その点についてご紹介していきます。

なお、ハッピーメールについて詳しく知りたい方はコチラをご覧ください。

\いますぐハピメを使いたい方はこちら/
ハッピーメールに今すぐ無料登録(R18)

ハッピーメールはクレジットカード決済がおすすめ

ハッピーメールの課金方法にはWEBマネー決済や銀行振込など、数通りのパターンがあります。

とくにWEB版は決済方法が多いのですが、実は決済方法ごとにポイント単価が若干異なります。

それらのなかでもっともお得なのはクレジットカード決済です。

ただし、クレジットカードで決済すると必ず履歴が残ってしまいますから、「利用明細を誰かに見られたらバレるのでは?」と心配になる人もいることでしょう。

その心配はごもっともなのですが、幸いなことに、クレジットカードの利用明細にハッピーメールの名前が出ることはないのです。

ちなみに、銀行振込で課金する場合は、預金から振り込むのではなく現金振込を選択すれば、通帳に記録が残ることはありません。

クレジットカードで課金した場合の明細

happymail-creditcard6

クレジットカードで課金した場合、利用明細には、

  • ●株式会社メタップスペイメント(Cクレジット)⇒「Cチェック
  • ●テレコムクレジット株式会社⇒「TELECOM」または「HM

と記載されます。

ハッピーメールとは記載されないので簡単にバレることはありませんが・・・

誰かに明細を見られて「このCチェックって何?」と聞かれることがあるかもしれません。

そんな時に慌てないように、「Cチェック」「TELECOM」「HM」については、適当な名目を考えておいた方が良いでしょう。

なお、どの表記になるかは、使っているカードや利用金額によって変わってきます。

ハッピーメールで決済するときに、「決済の請求名は○○になります」と知らせてくれるので、そこで確認するようにしましょう。

WEB版クレジットカード決済とアプリ版決済の違い

happymail-creditcard4

利便性の良さからアプリ版ハッピーメールをメインに使っている人は多いようです。

たしかに操作性は良いのですが、課金する場合は損になります。

なぜなら、アプリ版はポイント単価が高いから。

実際にどのくらい違うのかは、下記の表を見れば分かります。

<アプリ版ハッピーメールの料金表:iOS>

金額 ポイント数
490円 49P
730円 730P
1,600円 170P
2,320円 247P
3,920円 432P
8,000円 940P

*アプリ版は2022年10月に料金改定

<WEB版ハッピーメールの料金表:クレジットカード決済>

金額 ポイント数
500円 50P
1,000円 100P
2,000円 210P
3,000円 370P
5,000円 650P
10,000円 1,400P
20,000円 2,800P

ハッピーメールのポイントは1P=10円を基本とし、1回の購入額が高くなるにつれてポイント単価が下がるようになっています。(実質的な割引)

たとえばWEB版からクレジットカード決済した場合は、5,000円コースだと30%の割引。

これに対してアプリ版では、8,000円課金しても割引率は20%以下です。

これだけ単価が違い、なおかつ利用明細にハッピーメールの名前が出ないわけですから、課金するならクレジットカード一択

アプリ版からの課金はもちろんのこと、WEB版での電子マネー決済などもあえて選択する意味はありません。

(2019年はPaypalがお得でしたが、2022年11月時点ではPaypalによる決済はできなくなっています)

いくら位ハッピーメールに課金するのが妥当なのか?

ボーナスポイントの量でいえばクレジットカードでの課金がもっともお得なわけですが、そもそもいくら位課金すればハッピーメールで出会いを楽しむことができるのでしょうか。

ハッピーメールで援助交際する場合

ハッピーメールで援助交際をするなら、課金は1,000円で十分です。(アダルト投稿動画を見ている人やメル友とのやり取りを楽しんでいる人は別として)

WEB版からの課金なら1,000円で100Pが購入できますが、これにログインボーナスによるポイントも加わりますから、それらを使えば5人ほどと援助交際できます。

これはつまり、毎週末ごとに1人の女性と援助交際できることを意味しますが、援助交際にかかる費用を考えると、このペースは多過ぎるくらい。

実際には、予算の面から月に2~3人くらいと会うのが精一杯であり、そうこうしている間にログインボーナスが貯まっていくので、課金する必要性がなくなるはずです。

それを考えると課金するのは1,000円(多くても2,000円)で十分といえるでしょう。

ちなみに、「たった100ポイントじゃ5人も会えない」という人は、ポイントを無駄遣いしていると考えられます。

顔写真の見過ぎかやり取り回数の多過ぎが原因だと思われるので、そういった無駄を省き、ポイント消費を大幅に減らす工夫をした方が良いでしょう。(会うまでのやり取りは3往復以内、顔写真はみない、が原則です)

ハッピーメールで恋活する場合

少ないやり取りで出会える援助交際とは違い、恋活の場合は初デートまでに数日~1週間ほどのやり取りを必要とします。

また、恋活女性にファーストメッセージを送っても無視されることがほとんど。

仮に100人にファーストメッセージを送っても、やり取りに繋がるのは数人しかおらず、その中から初デートまでたどり着くのは半数以下です。

以上にかかった費用を初デートできた人数で割ると、1人あたり3,000円前後が相場

これより多い人はファーストメッセージの返信率が低いか、やり取りに時間をかけすぎているかです。

まとめ

この記事では、ハッピーメールで課金した場合の利用明細と、お得な課金方法についてご紹介しました。

利用明細の表記、ボーナスポイントの量、利便性などから総合的に判断すると、クレジットカードを使ってWEB版から課金するのがベスト

利用明細上の記載を気にする人が多いようですが、少なくともハッピーメールの名前が出ることはありません。

決済代行会社の名前が記載されるだけなので、何か他の名目を考えておけばOK。

決して難しいことではないので、配偶者や彼女がいる人であっても、WEB版から課金するようにしましょう。

\新規登録で最大120ポイントもらえる!/
ハッピーメールに今すぐ無料登録(R18)