ハッピーメールに関するコンテンツ

更新:2020.05.01 作成:2020.04.23

ハッピーメールでデビットカード支払いと年齢確認は行える?デビットカード支払いはお得なのかも解説

happymail-debitcard-1

 

ハッピーメールのポイント購入決済はさまざまな手段を利用可能です。

 

どの決済方法を利用するかは迷うところですが、利用者として安心感があるのは銀行残高分と支払い制限のあるデビッドカードによる支払い。

 

また、年齢確認の際にもクレジットカードや公的証明書提出よりも、なんとなくデビットカードの方が安心感があったりします。

 

今回はデビットカードで支払いは可能なのか、年齢確認をすることができるのか簡単に解説します。

 

また、お得な決済方法も紹介するので、興味のある方はぜひチェックしてみてください。

 

ハッピーメールの決済、年齢確認ともにデビットカードで可能だが1点注意

 

結論から言うと、ハッピーメールはポイント購入と年齢確認ともにデビットカードを使用することができます

 

ただし、1点注意が必要です。

 

決済はデビットカードで問題可能

happymail-debitcard-2

 

ハッピーメールはポイント購入で、デビットカードを使用することができます。

 

支払い方法選択画面でクレジットカードを選択すれば、デビットカードが使用可能です。

 

他にも、下記の決済手段が使えます。

 

・PayPal
・Paidy
・銀行振込
・コンビニ支払い
・各種電子マネー(コンビニダイレクト、セキュリティーマネー、ビットキャッシュ、NET CASH、C-CHECK、Gマネー)

 

一方、年齢確認の場合はポイント購入した場合のみデビットカードで認証可能

 

一方で、年齢確認の際は100円の課金を行うことで、デビットカードを使って年齢確認を行うことができます。

 

100円すら課金したくない方は、各種公的証明書を提出しなければ年齢確認することができません

 

使用できる公的証明書は、運転免許証・パスポート・健康保険証・年金手帳・学生証・公的な診察券です。

 

また、ハッピーメールは年齢確認をしないとメッセージ送信に制限が出たり、相手から届いたメッセージを閲覧することができないので、年齢確認は必須。

 

さらに、年齢確認を行うことで、50P(500円相当)を獲得できるので必ずやっておきたいです。

 

ハッピーメールはデビットカード支払いとその他支払いでお得度が断然違う

 

ハッピーメールはデビットカードで支払いを行うことができますが、その他決済方法と比較してお得度が全く違います。

 

デビットカードと最もお得なPayPal決済の比較

happymail-debitcard-3

 

ハッピーメールのポイント購入の際に、平常時はPayPal決済が最安値です。

 

デビットカードを比べると、下記のようになります。

 

課金金額 デビットカード PayPal
500円 50P 55P
1000円 100P 110P
2000円 210P 230P
3000円 370P 400P
5000円 650P 700P
10000円 1400P 1500P
20000円 2800P 3000P
30000円 4200P 4500P

 

3000円の課金で、30P(300円相当)、10000円の課金では200P(2000円)相当変わってきます。

 

ハッピーメールの運営体制は万全なので無駄に心配しすぎる必要はない

happymail-debitcard-4

 

デビットカードで決済したい方の中には、安全面を気にしている方がいるかもしれませんが、ハッピーメールは極めて安全性の高い運営がされているので心配しすぎる必要はありません。

 

他の大手ゲームアプリと同じくらいの安全性があると考えても過言ではないです。

 

ハッピーメールは第三者機関のJAPHICから個人情報保護体制の認可を受けており、NortonSecuredによって企業の実在証明も完了済み。

 

使い過ぎを防ぎたい方にもPayPalがおすすめ

happymail-debitcard-5

 

お得度では劣るデビットカードですが、使用と同時に引き落としが行われるので、クレジットカードなどと比べて使い過ぎを防ぐことができます。

 

ただし、使い過ぎを防ぐ点では、PayPalも対応しています。

 

PayPalはクレジットカードあるいは、銀行口座、デビットカードと連携して支払いを行うため、銀行口座あるいはデビットカードを設定しておけば残高以上の支払いができません

 

そのため、私はPayPalに銀行口座を設定して支払いをしています。

 

PayPalアカウントを持っておくと、他の支払いでも利用できて何かと便利です。

 

請求名はどちらもハッピーメールと分からない

 

最後に請求明細で請求名がどう表示されるのかも解説します。

 

デビットカードの場合

happymail-debitcard-6

 

ハッピーメールでデビットカード支払いをすると、明細にはEICと表記されます。

 

ハッピーメールはクレジットカード機能の決済に、EICという代行会社を使っているためです。

 

ちなみにEICと検索すると、EICとは何かしらアプリに課金したことが分かってしまいます

 

ハッピーメールとバレることはありませんが、ゲームアプリなどに課金をしていることがバレるのが嫌だという方は気をつけてください。

 

PayPalの場合

happymail-debitcard-7

 

PayPalの場合は、明細あるいは記帳時にPAYPAL*HMと表記されます。

 

検索してみると、H&Mのサイトが表示されたり、PayPalの公式サイトが表示されるので、ハッピーメールだとバレる可能性は低そうです。

 

さらに、銀行口座と連携していればクレジットカードの明細には記載されず、通帳のみに表記されるので、PayPal決済自体発覚する可能性は低いと言えます。

 

まとめ

 

ハッピーメールはデビットカード決済、年齢確認が可能です。

 

しかし、通常時のお得度を考えるとPayPalにデビットカードあるいは銀行口座を連携させた方がお得かつ、便利に利用できることが分かりました。

 

PayPalは他のサービスでも手数料0円。さらに、こちらの個人情報を知られずに決済できるため安全性も非常に高いです。

 

例えば、ハッピーメールでPayPalを使って決済すると、こちらのデビットカード、銀行口座を知られずに決済することができます。

 

PayPal決済はお得かつ、非常に安全なので、ぜひ活用してみてください。