更新:2020.02.27 作成:2020.02.27

男女別パパ活は何歳から何歳までできる?年齢別お手当相場とエッチの有無まで解説

papakatsu-nansaimade7

女性は稼げて、男性は若くて綺麗な女性とデートすることができるパパ活

そんなパパ活ですが、お金を払うとはいえ何歳までの男性なら女性に相手をしてもらえるのか、女性であれば何歳までお金を払ってもらえるのか気になる方は多いと思われます。

何歳までならパパ活ができるのか、肉体関係は何歳までの男性であれば持ってもらえるのか、相場はどうなるのか、年齢にまつわるパパ活の疑問を解決します。

パパ活をする際の年齢問題について気になる方は、ぜひチェックしてみてください。

結論から言うとパパ活は何歳でも可能

結論から言うと、何歳まででもパパ活をすることは可能です。

また、男女ともにパパ活をできる年齢も未成年を除いて、20歳以上の男女であれば誰でもできます。

一方で、男性女性ともに、年齢によってパパ活で求められるものや、渡すお手当の金額、受け取るお手当の金額は変わってくることがあります。

何歳の男性なら需要がある?誤解されがちな男性の年齢問題

まずは、男性から見ていきます。
 

男性が誤解しがち!女性が求めているのはお金と相性

papakatsu-nansaimade4

パパ活をする男性の中には、当然自分はパパ活をする男性の中では若い方、年齢の割にルックスは悪くないという自負を持つ方がいます。

こうした自信を持つのはヒトとして当然のことですし、何も悪いことではありません。

しかし、パパ活においては、男性のルックスや年齢は全く関係ないものとして行うのが大切です。

それよりも女性が求めているものは、いくら支払ってくれるのか、そして男性の性格や拘束時間などを考えた時にコスパが良いかどうかです。

例えば、1回の食事で10万円くれる70歳のおじいちゃんと、1回の食事で3万円くれる外資系企業勤務30代男性がいるとしたら、多くの女性は70歳の女性を選びます。

もちろん、お金を払うのは男性ですし、女性のこの考えに合わせすぎる必要はありませんが、人気のある女性やルックスのレベルが高い女性とパパ活を続けるためには、パパ活の原理原則を押さえておかなければなりません。
 

年齢よりも性格に難あり、不潔の場合は相場程度の価格では良い女性と契約は不可

また、お金払いや年齢に関わらず、性格に難があったり、あまりにも不清潔な男性は女性からの需要が著しく低いです。

相場程度の価格では、まず契約してもらえません。

パパ活をする以上、身なりへの最低限の気遣い、女性を物のように扱う態度は変える必要があります。

男性が紳士的に接すれば接するほど、女性もそれに応えて、よりよいパパ活に繋がります。

何歳の女性ならパパ活できる?

次に女性の年齢について見ていきます。
 

パパ活において最も需要があるのは10〜20代

papakatsu-nansaimade5

男性とは異なり、女性は年齢によって需要が大きく変わります。

特に人気があるのは10〜20代です。

10〜20代の女性が人気なのは、外見の若々しいからです。

したがって、10〜20代の女性であっても、ある程度のルックスやフレッシュさが求められます。
 

例外あり!30〜40代でもルックスが良ければ問題なし

ルックスの若々しさ、つまり可愛い、美人な女性が重要ということは、当然年齢に関わらず優れたルックスがあればパパ活をすることは可能です。

30〜40代の女性であっても、10〜20代の女性よりも可愛くて、美人な女性であれば、高単価な契約を結ぶことができます。

そのため、パパ活女子にルックス磨きは欠かせません。

何歳まで受け入れてもらえる?パパ活でエッチができる男性の年齢

食事だけであれば、年齢に関係なく行うことができますが、エッチありとなると話は少し変わってきます。
 

何歳なら女性から受け入れてもらえるのか

papakatsu-nansaimade9

年齢だけで言うと、相手の女性が金額次第でエッチありの女性であれば、50代未満の男性であれば受け入れてもらえる確率が高いです。

肉体関係ありの女性は、大体3割程度だと思われます。

その3割の内、半分の5割は年齢を気にせずエッチすることができそうです。

ただし、エッチありとなると、NGなパパ活女子は非常に多く、できたとしても、大学のミスコンレベルとなれば10万円以上支払う場合が多くあります。
 

年齢よりも清潔感と性格が大切

年齢は大体60歳を区切りに受け入れてもらう難易度が上がります。

ただし、それよりも大切なのが、男性の清潔感と性格の良さです。

お金払いの良さは最低限だとして、清潔感のない男性とエッチしようと思う女性はいません。

女性自体は好きな男性以外とはエッチしたいと思わないのが普通なので、パパ活においては生理的にいけるかどうかというのが判断基準になります。

お手当の相場は年齢で変わる?相場を決める要素とは

年齢がどれほどお手当の相場に影響を与えるのかについて見ていきます。
 

女性の年齢はお手当の相場にどれほど影響を与える?

papakatsu-nansaimade8

お手当の相場は若い女性が圧倒的に有利です。10〜20代の内は多少ブス、冴えない普通くらいのルックスでもパパ活をすることができます。

一方で、30歳を超えて、年齢が顔に現れ始めると、ブスから普通くらいの女性ではパパ活市場において、一気に需要が無くなります。

パパ活市場における女性の相場は、年齢とルックスからある程度の目安があります。

▼年齢・ルックス別パパ活平均相場

10-30代前半
(ハイクラス)
30-40代
(ハイクラス)
50代以降
(ハイクラス)
10-30代前半
(ブス〜普通)
40代以降
(ブス〜普通)
顔合わせ 0.5-2万 0.5-2万 0.5-1万
食事のみ 2-10万 2-5万 1-3万 0-1万円
エッチあり 10-30万 5-30万 2-5万 1-2万円 1-1.5万円

若ければ若いほど、上限が高いのが特徴です。
 

60代以上の男性は単価を上げないとハイレベルな女性との契約は難しい

一方で、男性も年齢に応じて、女性から期待されるお手当の金額も変わってきます。

目安としては60歳を越すと、女性が求めるお手当の金額が上がる傾向にあります。

また、年齢に関わらず、清潔感があるかどうかで求められる金額が異なり、相手の女性のルックスやステータスによっても単価が変わり、まとめたのが下記の表です。

▼年齢・外見別エッチのお手当相場

縦:男性
横:女性
美女
アイドルクラス
一般人
(普通〜少し可愛い)
一般人
(ブス〜普通)
清潔感のある
60歳未満の男性
10〜30万以上 2〜5万 1〜2万
清潔感のある
60代以上の男性
10〜50万以上 5〜10万 1〜5万
年齢に関わらず
不清潔な男性
NG〜30万以上 7〜10万 1〜5万

年齢別おすすめの出会いの場ランキング

パパ活においては、年齢別に使用するサービスの使い分けが大切です。
 

交際クラブは年齢に関係なくおすすめ

全年齢の男性、女性におすすめなのが交際クラブ。

交際クラブは専属スタッフ仲介の下、顔合わせのセッティングをしてもらえるのが特徴です。

お金に余裕のある男性だけが利用しており、女性のレベルは非常に高く、パパ活前提で出会います。

そして、一定の質を保つために、交際クラブは男女ともに審査制で、登録するためにはスタッフとの面接が必須です。

第1位 ユニバース倶楽部

papakatsu-nansaimade2

面談の有無 利用可能な年齢 男性入会金 女性入会金
有り 男性:20歳以上
女性:18歳以上(高校生不可)
30000円〜 無料

交際クラブの中でおすすめなのが、ユニバース倶楽部です。

20〜60代までの女性が登録することができ、男性は年齢関係なく利用することができます。

毎月1000件以上の顔合わせがセッティングされており、パパ活がアクティブに行われています。

登録する女性会員のレベルは高めです。

第2位 青山プラチナ倶楽部

papakatsu-nansaimade10

面談の有無 利用可能な年齢 男性入会金 女性入会金
有り 男性:20歳以上
女性:20歳以上
50000円〜 無料

次におすすめなのが、同じく幅広い年代の男女が登録する青山プラチナ倶楽部。

青山プラチナ倶楽部は、一般女性会員への門戸が広く、毎月100人以上の男性登録者、700人以上の女性会員が入会しており、規模が拡大し続けています。

ユニバース倶楽部よりも、30〜40代の女性でも利用しやすいです。
 

パパ活アプリは男性は60歳まで、女性は若い人限定

交際倶楽部は幅広い年代の会員が利用可能ですが、パパ活アプリは男性は60歳まで、女性は20代限定と層が限られています。

まず、男性と女性ともに年齢が限られるのには理由があります。

1つ目の理由が、交際クラブは男性が指名をするのに対して、パパ活アプリは女性からも指名できるためです。

女性が多くの男性から比較検討できるということで、60歳を越すと、選ばれないという問題が発生します。

2つ目は、パパ活アプリを利用する女性の7〜8割は20代の女性であり、20代の女性との厳しい競争に晒されてしまい、女性は活用可能な年齢が限られてしまいます。

第1位 Paters(ペイターズ)

papakatsu-nansaimade6

パパ活アプリを利用するのであれば、絶対に利用しておくべきなのが、最大手のPatersです。

papakatsu-nansaimade1

会員数が大きいだけではなく、メッセージやマッチングを頻繁に行われており、20代前半のパパ活女子の多くが使用しています。

Patersでは実際に、会員の約70%が18から24歳と、20代前半の女性が大半を占めていることが明らかです。

第2位 SugarDaddy(シュガーダディ)

papakatsu-nansaimade3

パパ活女子の多くがPatersと一緒に使用しているのがSugarDaddy。

高年収な男性利用者の割合が高く、繋がることができれば、しっかりとパパ活をすることができます。

パパ活界隈ではPatersよりもパパ活に繋がりにくいと言われていますが、パパ活においてはとにかく出会いのきっかけを増やすのが大切なので、どちらも利用しておきたいです。

まとめ

今回パパ活を年齢の観点から、お手当、肉体関係が受け入れる可能性などについて見てきました。

パパ活をする上で、男性女性ともに忘れてはならないのが、大切なのは年齢ではないということです。

男性であれば、お金を払う立場であっても、女性に最低限のマナーを持って接することができるか、お金払いの良さはしっかりとチェックされています。

女性は若いだけではパパ活をすることができず、体を安売りして援助交際のような形で消費されていくだけです。

女性に求められているのは、男性に癒しを与えることであり、年齢に関係なく自分磨きは欠かせません。

パパ活は男性、女性の利害が一致することで成り立つ関係であることを忘れずに行うのが成功の秘訣です。