更新:2020.03.24 作成:2020.03.24

稼げるパパ活のコツを公開!メッセージから顔合わせまで契約に至るまでを知ることで不安解消

papakatsu-kotsu-1

 

初めてのパパ活はどんな女性でも心配なものです。

 

どんな流れでパパと契約ができるのか、そもそもどこでパパと出会うことができるのか、最初は分からないことだらけ。

 

しかし、初心者の女性でもパパ活のコツを知れば、一気にパパと契約をして、効率的にお金を稼ぐことができる可能性があります。

 

今回はパパと契約するまでのコツを出会い、顔合わせ、条件交渉、パパの見定め方に分けて紹介します。

 

これからパパ活を始める上で、コツを知りたい方はぜひチェックしてみてください。

 

パパ活のコツ1 パパ活とは何なのかを理解する

 

パパ活を成功させるためには、パパ活とは何なのかを知るのが大切です。

 

パパ活をしようと思っている女性の中には、「パパ活はパパが見つかれば簡単にお金を稼げる」と思っている方が少なくありません。

 

しかし、パパ活をしたいと考えている女性の多くは成功できずに、パパ活を辞めてしまいます

 

男性がお金を払ってまで、女性と会いたい理由を知る

 

まず、パパ活をしたい男性は何を求めているのかを知るのが大切。

 

風俗でも、キャバクラでも、ガールズバーでもなく、それよりもお金のかかるパパ活を男性がわざわざ選択するのは、素人感を求めているからです。

 

可愛くて、美人で、自分よりも若い、プロではない女性と楽しく食事を食べたりしたいというのが男性が求めているもの。

 

したがって、パパの前で変に擦れた女性は需要がありません。

 

パパ活をする男性はどんな人?

papakatsu-kotsu-2

 

次に、パパ活をする男性は玉石混合で年収1000万前後の男性から、数千万円、億を稼ぐ男性まで非常に玉石混合です。

 

そして、重要なのが、パパ活をしたがっている男性の全員がお金をしっかりと支払う気がある訳ではありません

 

男性がお金を支払う意思があるかどうかは、下記のように割合です。

 

お金を支払う意思 割合
全く支払う気無し(未払いで逃げる) 8割
支払うものの金額は高くない 1割
財布が緩い 1割未満

 

つまり、1度ご飯に行っただけで5万円や10万円というのは極々一部の女性に限られます。

 

最低でもお金をしっかりと支払う意思のある男性に出会うためには、何を使って、出会うかが重要です。

 

これは後ほど詳しく解説します。

 

何に対してお金は支払われる?相場と項目

 

パパ活には相場があり、大体の場合は相場を大きく下回ったり、上回ったりはしません。

 

項目別パパ活平均相場

 

20代相場 30代相場 地方相場
初回顔合わせ 0.5-2万円 0.5-1万円 0.5-1万円
デート【都度】 0.5-5万円 0.5-5万円 0.5-2万円
デート+エッチ【都度】 1.5-10万円 1.5-10万円 1.5-万円
ギャラ飲み【都度】 1-2万円 1-2万円 0.5-2万円
デートのみ【定期】 5-15万円 5-15万円 5-10万円
エッチあり【定期】 10-70万円 10-70万円 10-50万円

※20代、30代は都内の相場です。

 

相場といっても、例えばデートは5000円から5万円と幅広いですが、これは女性のルックスと男性のお金持ち度合いによって決まります。

 

パパ活のコツ2 パパ活契約までの4つのステップ

 

パパと契約するまでの流れを見ていきます。

 

パパ活までの流れはどんな手段を使って、パパと出会うかによりますが、今回はアプリやSNSを通じてパパと出会うケースをもとに解説します。

 

パパを探す

 

まずは、何かしらのアプリやSNSを使って、パパ候補を見つけます。

 

待ちの姿勢ではなく、女性自らパパを探し求める姿勢が大切です。

 

パパ活においては、パパよりも、パパ活をしたい女性の需要が大きく、努力無しに高単価のパパ活案件に辿り着くことはできません。

 

メッセージ交換と条件交渉

papakatsu-kotsu-3

 

パパを見つけたら、メッセージ交換を重ねて、条件交渉をします。

 

メッセージはダラダラと何日間、何週間も続ける必要はなく、早い段階で条件交渉をするのがポイントです。

 

最終的に契約に至るためには、顔合わせをしなければ何も始まりません。

 

「パパを探している」「私と契約しませんか」とストレートに伝えてみるのがおすすめ。

 

ちなみに、パパ活をしようとしている男性の場合は、相手から条件を投げかけてくることがほとんどです。

 

最終面接 顔合わせ

 

メッセージで顔合わせのアポイントを取ることができたら、顔合わせを行います。

 

顔合わせは、主に自己紹介や簡単な世間話で終わることが多いです。

 

この場で契約とはならなくても、連絡先交換さえできればかなり前進したと言えます。

 

次回以降も男性から声がかかり、パパ活らしい活動ができます。

 

契約後の単価アップ交渉

 

顔合わせを終えて、契約が終わったら、次に狙うべきは単価アップです。

 

契約に至るまでも簡単ではないですが、単価アップも同じく簡単ではありません。

 

ただ、パパ活でまとまったお金を稼ぐとなれば、単価アップは大切なので、交渉のコツを知って、トライしてみるのがおすすめです。

 

パパ活のコツ3 良質な出会いの手段を活用して、多くの顔合わせをこなす

papakatsu-kotsu-4

 

パパ活の流れが掴めたら、最初のステップであるパパを探すコツから見ていきます。

 

パパ活は会ってみないと始まらないし、分からない

 

パパを探す上で最も大切なのが、顔合わせの数を増やすことです。

 

そもそも顔合わせをする母体がいなければ、契約のために、検討できる男性の人数も少なく、良いパパに巡り会える可能性は下がります。

 

そして、顔合わせができるパパを見つけるためにも、何を使ってパパ活をスタートさせるのかが重要です。

 

パパと出会える三種の神器を活用

 

パパ活をするために多くの女性があらゆる手段を使いますが、パパを安定して、見つけられるのは交際クラブと会員制ラウンジ、パパ活アプリの3つだけです。

 

この3つは他の手段とは異なり、安全面、男性の経済力、男性のパパ活意欲の3つが非常に高く、パパ活に特化しています。

 

SNSやマッチングアプリでパパ活をしているのは、言葉は悪いですが、情弱です。

 

パパ活で何かしらの被害に遭う女性は少なくないですが、そのほとんどは質の悪い手段を使って、パパを探そうとしたことが原因だと思われます。

 

パパと出会える手段別一覧表

 

安全面 男性の経済力 男性のパパ活意欲
交際クラブ
nijyu
nijyu
nijyu
会員制ラウンジ
maru-mark
nijyu
maru-mark
パパ活アプリ
sankaku-mark
maru-mark
sankaku-mark

マッチングアプリ
SNSなど

batsu-mark batsu-mark batsu-mark

※安全面は、レイプや経歴詐称、未払い逃亡などのリスクを表しています。

 

それぞれについて、より詳しく見ていきます。

 

パパ活でダントツでおすすめなのは交際クラブ

 

安全面の特徴 ・男性の身元審査あり
・スタッフの仲介あり
・個人情報漏洩無し
男性の経済力 ・30代以上の経営者や開業医など、年収数千万〜億クラスの経済力を持つ男性
男性のパパ活意欲 ・パパ活前提
女性の審査方法・基準 ・面接あり
・外見や振る舞いが重要

 

パパ活の王道であり、ダントツでおすすめなのが交際クラブに登録をして、パパ活をすることです。

 

交際クラブは男女ともに審査制で、結婚相談所のようにマッチングを仲介するスタッフがいます。

 

交際クラブに登録することができると、パパ活前提で男性から指名が入り、スタッフの仲介で顔合わせをすることができます

 

報酬面でも、男性の人間性の面でも、質の高いパパ活をしたいのであれば利用は必須級です。

 

交際クラブに登録したい方は、ヴェルサイユユニバース倶楽部あたりが男性会員が多い有名クラブなので、チェックしてみてください。

 

時間に余裕があるなら働きながら探せる高級ラウンジ

 

安全面の特徴 ・男性は会員審査あり
・ラウンジで話したことがある相手とパパ活が可能
・個人情報漏洩無し
男性の経済力 ・30代以上の経営者や開業医
・年収1000万以上のサラリーマンも多い
男性のパパ活意欲 ・パパ活前提で来ている人は50%以下
女性の審査方法・基準 ・面接あり
・外見重視

交際クラブの次におすすめなのは、働きながらパパを見つけることができる会員制ラウンジ。

 

ラウンジごとにランクがあり、より高級なラウンジほど働く難易度は高く、時給が5000円以上保証と高待遇になっていきます。

 

トップより劣るラウンジでも最低時給3000円以上と、パパ活をしなくても、短時間で稼ぐことが可能です。

 

キャバクラやガールズバーよりも、接客の要素は低く、周りに男性のスタッフもいるため安心して働くことができます。

 

ラウンジでパパ活をする際は、男性からその場で契約を持ちかけられるか、女性自ら「愛人契約しませんか」と持ちかけるのが一般的です。

 

敷居が低いパパ活アプリは次におすすめ

 

安全面の特徴 ・収入証明の提出機能など身元証明機能があり、他のアプリやSNSよりも安全性が高い
・男性の利用料金が月額6000円以上と、通常のマッチングアプリの2倍以上の利用料金が壁となっている
男性の経済力 ・年収1000万前後のサラリーマンが大半
・年収数千万以上の経済力のある経営者や開業医の利用者もそれなりにいる
男性のパパ活意欲 ・パパ活意欲があるのは1割前後
・ヤリモクが大半
女性の審査方法・基準 ・審査無し

 

パパ活アプリは交際クラブや会員制ラウンジと比べると圧倒的に劣るものの、オンラインで探すのであれば、一番まともなパパと出会える手段です。

 

オンラインでパパを探すのであれば、パパ活アプリ以外は使用しない方が良いと思われます。

 

パパ活アプリの特徴は、誰でも利用できることです。ただし、その分男女ともに質が下がったり、危険度も高くなります。

 

交際クラブ、会員制ラウンジに登録しないという方は、パパ活アプリでパパを探すしかありません。

 

女性は無料で利用可能なので、パパ活アプリは1つだけに登録するのではなく、複数を併用して、少しでもパパと出会える可能性を上げるのが大切です。

 

よく併用されるのは、PatersSugarDaddy。どちらも、パパ活希望の男性利用者が一定数いるので、しっかりとパパ活をすることができます。

 

パパ活のコツ4 顔合わせの4ステップ

papakatsu-kotsu-5

出会いの手段さえ分かったら、次は顔合わせのコツです。

 

顔合わせの成功確率を高め、危険な目に遭うリスクを減らすコツを紹介します。

 

事前に帰る時間を伝える

 

パパ活の顔合わせは失敗する可能性の方が高く、相手の素性も分からないため、事前に帰宅時間を伝えておき、1〜2時間程度で切り上げるようにします。

 

特にアプリ経由でしっかりと相場程度の金額を支払ってくれる男性と出会える確率は1割未満です。

 

無駄な時間を過ごすことのないよう、帰宅時間を伝えて、しっかりと切り上げるようにします。

 

また、帰宅時間をしっかりと守ってくれるかどうかは、契約するパパを選ぶ上でも重要な要素です。

 

店内で待ち合わせ

 

知り合いに見られてしまったり、車などで無理矢理連れ去られるリスクを避けるためにも、待ち合わせは店内で行うようにします。

 

また、店内合流にすることで、密室など危険な場所にうっかり連れていかれるリスクも無くすことが可能です。

 

お手当をもらう

 

顔合わせでもお手当が発生するのが、パパ活の基本。

 

ただし、交際クラブ、会員制ラウンジ、パパ活アプリでもらえる金額や、もらえる可能性が全く異なるので注意が必要です。

 

お手当の金額 もらえる可能性
交際クラブ 5000円〜 絶対にもらえる
会員制ラウンジ -(基本的に顔合わせ無し)
パパ活アプリ 1000円〜 もらえたら運が良い

 

パパ活アプリの場合はもらえないことがほとんどなので、相手の素性が不明の場合は、アプリ内のメッセージ段階で、「顔合わせの際にいくらか頂きたいです」と送り、合意を得ておくのがおすすめです。

 

解散後はなるべく早くお礼の連絡

 

顔合わせの際に連絡先交換をしたら、解散後相手よりも早くお礼の連絡をします。

 

お礼メッセージの丁寧さで、男性に与える印象は全く違うので、最低でも3文以上で、丁寧な文体でお礼を綴るのが大切です。

 

1文目にお礼の言葉、ポジティブな感想、初めてで緊張した旨などを記載しておきます。

 

パパ活のコツ5 上手に交渉する

papakatsu-kotsu-6

 

次はパパ活でもらう金額の交渉をするコツ。

 

対処法を知っていないと、相場よりも低い金額でパパ活をすることになってしまうかもしれないので要チェックです。

 

パパにお手当の金額を聞かれた時の答え方

 

パパ活のお手当をいくらがいいか、パパ側から聞かれることがあります。

 

パパからお手当を聞かれた際は、「これくらいと聞いたので..」と前置きをして、相場の価格を指定するのがおすすめ。

 

返答のコツは、相手の社会的地位と自身の身の丈にあった、金額を指定することです。

 

相場は相手の経済力と、自身のルックスで決まります。

 

男性の経済力と女性のルックス別食事のお手当相場

 

男性の経済力/女性のルックス ハイクラス
(モデル・アイドル級)
一般クラス
(少し可愛い〜普通)
ブス
サラリーマン 3万円〜 1万円〜 5000円〜
経営者・資産家 5万円〜 2万円〜 (需要無し)

 

女性が相当可愛ければ、サラリーマンでも1回3万円程度してもよいですが、そうではなければ1万円が妥当な価格です。

 

あざといおねだりはしない

 

パパ活は食事デートだけでも、割の良いバイトになります。毎週1回パパ活ができれば、10万円程度は稼ぐことが可能です。

 

ただし、パパ活だけでは圧倒的に稼ぐためには、単価を上げてもらう必要があります。

 

そこで、やらかしがちなのが、プレゼントやお小遣いアップをねだったりすること。

 

基本的に、女性からのあざといおねだりはパパ受けが悪いです。

 

おねだりに愛想を尽かし、他に良い女性が見つかったら、契約を打ち切られる可能性が高いです。

 

条件交渉のコツは、交渉しないこと

 

では、どうやって単価をアップさせるかというと、答えは交渉しないことにあります。

 

今パパからもらっている金額は、パパ活市場における自分の市場価値です。

 

相場を大きく超える金額や、相場の上限単価でお手当をもらうためには、パパから自分の価値をより高く認めてもらう必要があります。

 

キャバクラで男性が大量のお金を使うように、パパ活でも相手にお金をもっと払ってもいいと思わせるのが大切です。

 

つまり、本当に有効な条件交渉は、相手に気に入られて、懐に入ること以外にありません。

 

パパ活のコツ5 とにかく気に入られる

papakatsu-kotsu-7

 

男性から気に入られるための基本的なコツを紹介します。

 

感動を言動で表現

 

パパ活の基本の「き」であるのが、「すごい」「美味しい」「綺麗」「かっこいい」など感動を言動でしっかりと表現することです。

 

「こんなの当然でしょ」という冷めた感情を持っていては、パパに伝わってしまいます。

 

高額なお金を払ってパパ活をする男性が求めているものは、素人感です。

 

水商売のお店では得られない純粋さのようなものを求めているからこそ、わざわざパパ活をしようとします。

 

そして、気に入っている女性が喜ぶ姿を見て、男性はもっと喜んで欲しいと思うものです。

 

そうした男性の心理をくすぐるためにも、喜んでいる姿を積極的に見せるようにします。

 

小さなことでも感謝の言葉

 

これも基本の「き」ですが、小さなことでも、笑顔で「ありがとうございます」と感謝を伝えるのは非常に重要です。

 

感謝の言葉を伝えない女性に、単価アップはまずありません。

 

そして、感謝の言葉はあるとプラスになる一方で、無いとマイナスな印象を与えかねない厄介なことです。

 

お店の予約、お手当、食事中の気遣いなど、感謝すべきことにアンテナを張り、お礼を言うタイミングを忘れないようにします。

 

父性本能をくすぐる

 

父性本能をくすぐるというのは、男性に応援したいと思ってもらえるかどうかを指します。

 

自分が取り組んでいることを共有したり、人生の先輩として意見をもらったりすることで、自然と応援したいという父性本能をくすぐるのがおすすめです。

 

パパに離れたくないと思わせるために重要なのは、色恋あるいは、応援、隷従のいずれか。

 

面倒なことにならないのは、もちろん応援したいという感情を持たせることです。

 

パパ活のコツ6 契約すべきパパを知る

papakatsu-kotsu-8

 

最後に、どんなパパと契約すべきなのかも知っておくのが重要です。

 

パパ活では契約に目が眩んで、冷静にパパの適正を吟味できないことがあります。

 

時給と相性を意識する

 

パパと契約する際に重要なのは、時給と相性を意識をすること。

 

まず、契約したパパに対して使う時間を時給換算した時にパパ活する価値があるのかはシビアに検討すべきです。

 

移動時間、実際に会った所要時間、前後のメッセージなど全てを総合して、最低でも時給が4000円を越えるのが理想

 

次にお手当の金額だけではなく、パパとの相性も絶対に重視すべきです。

 

パパ活は1人のパパとするのではなく、複数人とするのが一般的

 

パパ活初心者の女性にとって、単価がそれほど高額ではなくても、しっかりと支払いをし、相性の良い男性はパパ活に慣れるためのパートナーとして非常に役立ちます。

 

顔合わせでケチらないパパと契約する

 

顔合わせ段階で、絶対に契約してはならないパパが発覚します。

 

顔合わせは暗黙の了解で、お手当を最低でも5000円は支払うのが相場です。

 

支払い方 契約推奨度
相場程度のお手当あり nijyu
相場よりも低いお手当あり sankaku-mark
支払わない batsu-mark

 

特に顔合わせの際に、お手当を支払わないパパとは絶対に契約してはいけません

 

相場よりも低いお手当しか払わないパパもケチな可能性が高いです。

 

相場より低い金額しか渡さないパパの場合は、次からのお手当の金額を事前に確認しておくようにします。

 

次も金額が拘束時間を考慮して、お手当が低ければ、その男性とのパパ活は辞めておいた方が良いです。

 

メッセージ頻度の少ないパパと契約

papakatsu-kotsu-9

 

お金を支払う以外に、パパ選びで大切なのはメッセージ頻度の少ないパパ。

 

メッセージを頻繁に送ってくるパパの対応は、地味にきついです。

 

勉強をしたり、友達と遊んでいたり、趣味で映画鑑賞をしている時に何度もメッセージが通知されると都度中断されてしまいます。

 

そのパパ1人で月に数十万円というなら話は別ですが、月に5万前後のパパからとなるとコスパは非常に悪いです。

 

ちなみに、パパ活において、パパとのメッセージは避けられない要素になるため、1回の食事単価を重視するか、月にもらえるお手当の総額を重視するかは、パパ活を続ける中で考慮すべき部分だと言えます。

 

例えば、メッセージ頻度は同程度で、1回の単価が3万円で月に1〜2回しか食事がないパパAと、1回の単価が2万で月に5回のパパBがいれば、総額の大きいパパBを優先するのがおすすめです。

 

まとめ コツされ掴めば後は行動するのみ

 

パパ活を成功させるためには、パパ候補となる男性がしっかりと利用している出会いの場を活用し、顔合わせを重ねるのが大切です。

 

顔合わせを重ね、とにかく気に入られるよう言動に注意を払います。

 

今回紹介したコツを押さえれて、パパ活に取り組めば、良いパパと契約できる可能性はグンっと上がるはず。