更新:2022.02.23 作成:2022.02.23

ママ活はプロフィールが最重要!成功率が上がる方法を伝授

「ママ活を始めたけどなかなかママと出会えない」
出会い系アプリに登録したけど、次はどうすればいいのか分からない」

そんな風にお困りの方に、こちらの記事では素敵なママに出会うためのプロフィールの書き方について解説していきます。

この記事を読めば、マッチングアプリ上に存在するライバルに勝てて、ママを見つけられるようになるのでぜひ参考にしてみてください。

ママは対象をプロフィールで選んでいる

mamakatsu-profile7

ママ活を始める時、ママとの最初の接点を持つためにSNSや出会い系サイト、マッチングアプリなどを利用するのが主流となってきています。

アプリ上では、ママ活をしたい男性や女性のほかに、同年代との出会いを求めている人や友達がほしい人など、様々な目的で多くのユーザーに利用されています。

その数はとても多く、2021年の12月時点で大手出会い系サイト『ワクワクメール』に登録されているアカウント数は約1000万です。

その中であなたが理想のママに選ばれるためには、ほかの人と見比べた時に使える武器のようなものがほしいですよね。

まずはママ活におけるプロフィールの重要性について紹介します。

ママが貴方のことを知れるのはプロフィールだけ

mamakatsu-profile9

ママがこの人を選ぼうかな?と決める理由は、あなたの写真とプロフィールです。

これだけ並んでいる中からひとりを選ぶので、ママがあなたに興味を持ってくれてプロフィールまで来てくれる機会はそう多くありません。

運よく、ママがあなたのプロフィールを読んでくれたとしても、あなたの魅力が伝わらなければ、ママはあなたのプロフィールを離れて次の男性のプロフィールを探しにいってしまいます。

あなたに興味を持ってくれたママが「この人に会いたい」という決断をしてもらうために重要なのがプロフィールというわけです。

年上狙いのママ活ではテキストも重要

mamakatsu-profile8

ネット上で出会いを求めるときに写真の可愛さやカッコよさで選ばれる印象はありませんか?

もちろん、ママ活においても写真はママに対する最初のアピールポイントなので、なるべく興味を引くように撮影することは大切です。

しかし、ママが求めているのはただのイケメンではありません

ママ活で求められている内容はそれぞれママごとに異なりますが、特に多いのが「頑張っている若者を応援したい」です。

それ以外にも、会社の愚痴を聞いてほしい、若いころのドキドキを取り戻したいなどニーズは多種多様ですが、若い世代との出会いと比較してママ活をするような世代の人たちは、人間性も重視する傾向にあります。

ママ活を目的にするのであれば、あなたの人間性が伝わるように、プロフィールの文章にもこだわりましょう。

理想のママ活をイメージしてプロフィールに書く

mamakatsu-profile11

ママ活という言葉は一般的になってきていますが、特にルールが決まっているわけではありません。

相場こそあるものの、何をすればいくらになるかママと相談して決めましょう。

  • ●月に何回程度会うのか
  • ●どこに何をしに行くのか
  • ●1回のデートは何時間ぐらいか

など、細かい所を考えてママ活をすると効率的です。

理想のママと出会うために、まずは自分がどんなママ活をしたいかを考えてみましょう。

どんなママと出会いたいかを考えよう

一口にママと言っても様々な人がいます。ママからの金銭的な支援が目的なら、理想のママは金銭的に余裕がある女性ということになります。

30代以降で仕事を精力的にこなしているバリバリのキャリアウーマンといった社会経験豊富なママが相手と考えると、ちょっとした小手先の嘘や小細工は簡単に見抜かれてしまいます。

しっかりと敬意をもってメッセージやデートに臨みましょう

ママが何を求めているかを想像しよう

では、高収入で仕事をバリバリこなしているママは、なぜママ活をしたいと考えるのか、この質問に対する「ただひとつの答え」はありません

万人ウケする正解はないので「こんなことを求めているママとお近づきになりたい」と自分で設定して、思い描いたママ像にピッタリ当てはまる人向けにプロフィールを作りましょう。

たくさん並んでいる男性の中からあなたを選んでもらえるように、特定のニーズをもったままを想定して、ピンポイントでアプローチできるプロフィールを作成しましょう。

ママ活で好まれやすいプロフィールの要素

mamakatsu-profile5

アプローチしたいママ像が固まったら、いよいよプロフィール作りです。

出会い系のアプリでは、一度登録してしまうとサクラ防止のために性別を変えて再登録するのが難しいものがほとんどです。

そのため、先にママ活をしている人がどんなプロフィールを書いているのか参考にしたくても見れない場合があります。

しかし、ママ活においてママに好まれやすい要素というのはある程度決まっていて、ママ活目的の多くの男性がこの要素を元にプロフィールを作成しています。

まずはどんな項目がママに好まれやすいのかを見て、自分のプロフィールの参考にしましょう。

夢や目標をプロフィールに盛り込もう

ママに好まれやすい要素の代表的なひとつが『夢や目標』です。

30代や40代のママは、20代の若者が夢を追いかける姿をみると応援したくなります。相手が何も頑張っていない人ならご飯に行くだけでお金をあげるというのはなかなかありません。

ここで”夢を追いかけていて頑張っている若者を応援するため”という理由があると、ママがあなたにお金をあげる行為に意味が生まれます

そのため基本的に、ママ活をするためには夢を追いかけている若者でいる必要があります。

純粋に何かを頑張っている人は応援したくなるので、ママから応援してもらえるような夢や目標をプロフィールに盛り込みましょう。

次のような目標はママからもイメージしやすいのでおすすめです。

  • ●学校での難関資格挑戦(医師、薬剤師、弁護士)
  • ●スポーツでのプロ挑戦(全国大会出場経歴があり現在も現役選手)
  • ●趣味でプロへの挑戦(音楽や美術系の趣味でプロを目指している)

上記のような大きな目標がない方は、日常の挑戦でももちろん構いません。

  • ●学費を自分で支払っていてバイトと学業を両立させながら卒業することが目標
  • ●部活動で大学生大会での入賞が目標
  • ●学生生活の最後に自転車で日本一周旅行をするために資金を貯めている

母性本能をくすぐるような内容を意識しよう

mamakatsu-profile6

ママごとに好みは違うので一概には言えませんが、母性本能をくすぐるような守りたくなる男性を意識しましょう。

同年代のパートナーではなく年下の男性と関係を持ちたいと思っているということは、多くのママが相手が年下であるという部分に価値を感じているということです。

相手のママをたてて尊敬の意を伝えつつ、すこし甘えるような内容を盛り込むとママに気に入られやすいのでオススメです。

真面目な好青年が好まれやすい

ママ活は世間的にみてまだ認知が進んでいない分野です。

実際に会う際は、お互いの友人や知人に関係がバレないようにするのが一般的で、ママ側も最初にあなたと関係を持つ際に少なからず警戒します

また、お金を渡す以上、渡した後も有効に使ってほしいと思うママが大半です。

そこであなたの人柄がまじめそうであれば、

「この人は安心して会えそう」
「夢や目標に向かって真摯にお金を使ってくれそう」

と、ママ側も安心してあなたにアプローチしやすくなります。

読み返して文章の読みやすさを確認しよう

自分が伝えたい内容がしっかり伝わっているかどうか、プロフィールを一度書ききってからしばらく時間を置いて、頭をまっさらにしてから読み返してみましょう

あまりにも誤字脱字が多かったり、文章の構成に違和感があるとママもあなたの人柄に不信感を抱く可能性があります。

文章には人柄が出るという考え方もあるので、たかがプロフィールと侮らず、丁寧に作成しましょう。

写真は清潔感が大切

女性から見た時の最も大切な要素が清潔感です。

数ある『男性の好感を持てるポイントアンケート』で上位に入り続けているこの清潔感ですが、具体的に次のようなポイントを意識してみてください。

  • ●服装は明るめの色
  • ●服のしわを伸ばす
  • ●髪の毛は整髪料で整える(天然パーマも印象〇)
  • ●表情はナチュラルな笑顔
  • ●姿勢を正して猫背にならないようにする

上記はあくまで一例ですが、暗く自信が無さげな男性は女性から見て魅力的に見えません。写真写りが心配な方は、スタジオやフリーのカメラマンに依頼して、女性ウケしやすいように写真を撮影してもらうとよりマッチ率が上がります。

出会い系サイトによっては、写真と数文字の簡単なプロフィールしか表示されないものもあります。複数のサイトに登録しようとしている方は、初期投資と思ってベストの1枚を厳選しましょう

写真でも誠実さをアピールしよう

写真から読み取れる情報はとても多いです。例えば、自宅の洗面所で撮影していたり、何かのついでに撮影したりした写真だと、どうしても真剣さや誠実さは伝わりにくいですよね。

おすすめの撮影場所はお洒落なカフェや近くのモニュメント、見晴らしのよい高所などです。そのほかにも、自分が頑張っている何かに関連するシュチュエーションも好感を持たれやすいです。

まじめに写真を撮る気恥ずかしさもあるかも知れませんが、たくさんいるライバルと差を付けるために真剣に自分の写真にこだわってみてください

プロフィールにお互いのメリットを書く

mamakatsu-profile12

ママ活のプロフィールを書くときにやってしまいがちなのが、何をしてほしいかを書くという行為です。

もちろん、金銭的な援助が欲しくて始めるなら、明確にそれを伝えた方がよい場合もあります。

しかし、ママから見た時にこれをしてほしいあれをしてほしいと、やってほしいことばかりが書かれているプロフィールはどのように見えるでしょうか。

ママ側も慈善事業でやっているわけではないので、ママ活を通して年下のパートナーに様々な期待を寄せています。ここからはプロフィールに載せるべき、互いのメリットについて解説していきます。

相手にどんな価値を提供できるのかを記入しよう

mamakatsu-profile2

ママがあなたのプロフィールを見た時に、やってほしいことをただ書き連ねていると、この人と関係性を築いても自分の期待は満たせるのだろうかと不安に思いますよね。

ママ活において最も重要なのは、ママを満足させることです。その点をしっかり分かっているとアピールする際に、してほしいことだけではなく、あなたがどんなことをしてあげられるのかもしっかりとプロフィールに書きましょう。

具体的には下記のようなものがあります。

  • ●「話しを聞くのが好きで、たわいもない世間話しでも良いので話したいです!」
  • ●「お洒落なカフェをたくさん知っているので、ふたりでお出かけをする際はいろんなカフェを紹介できます。」
  • ●「趣味でアクセサリーを創っているので、デートの時にプレゼントします。」

などなど、スキルが必要ないものから、自分の知識を使った価値提供や、趣味を活用したプレゼントなどできることはたくさんあります。

ママがあなたのプロフィールを見て会いたくなるように、あなたが何を提供できるのかもぜひ文章中に盛り込みましょう。

どんな関係になれるかを記入しよう

何ができるかに加えて大切なのが、どういう関係になれるかです。ママ活は決まった形がないため、お互いに同意をえてそれぞれのニーズに応じた形で関係性を結びます。

デートに月何回ぐらいの頻度で行きたいか、休日か平日か、時間帯はいつなら空いているのか、デートするならどういう所に行きたいかなど、具体的な数字やタイミングを書くことで相手にイメージしてもらうメリットもあります。

様々な形がある分、ママも距離感を測りながらアプローチしてくれますが、こちらからもどんな関係性をイメージしているか発信してあげると安心してアプローチしてもらえます

男女の仲になるか、1回のデートでどれぐらい支援してもらえるかなどの繊細な部分は直接お会いしたときに確認した方がよいですが、上記の会える時間帯や頻度などの基本情報はあった方がママに選んでもらいやすいでしょう。

デートの行き先や時間を相手に合わせられることを伝える

金銭的に支援してくれるようなママは、社会的な地位もしっかりしてることが多いです。そのためママ側もママ活をしていることを周囲にバレたくなかったりするほか、仕事関係で様々な予定が入ることも。

自分が対応できる範囲で、デートの行先や時間帯はママに合わせるという姿勢をプロフィールに記載しましょう。ママに合わせるという献身的な印象でママに好印象を与えられます。

ママ活で嫌がられるプロフィールの要素

mamakatsu-profile10

ママに好まれる要素は個人ごとに好みがありますが、嫌われる要素はほとんどのママに共通しています

女性側の価値観に寄り添ったプロフィールを作って、嫌がられる要素に気を付ければこれまで逃してしまっていたママからのアプローチもあなたに届くようになるでしょう。

身体目的を匂わせるような発言は絶対にNG

最も多いのが身体目的を匂わせるコメントです。夜会いたい、ふたりで会いたい、barで会いたいなど、ほんの少し匂わせる程度でもママは敏感に気配を感じ取ります。

そもそも、ママの目的は若者の応援なので、親交を深める中でそういう関係になることはあっても、最初からそのためにママ活をする方はあまりいません

加えて、ママはあなたより年上で、最初から身体目的で会うとなれば見た目をどう思われるかなども気になるものです。

始めは応援する前提で会って、男性側の反応をみながら男女の関係になる方がお互いの反応を見ながら関係性を進展させられるためママ側も安心です。

お金目的を強く匂わせる発言

  • ●デート:7,000円
  • ●ホテル:15,000円
  • ●お泊り旅行:30,000円

など、最初から金額を記載したプロフィールでママと会えるのは余程のイケメンだけです。

とはいえ、普通のプロフィールではなくママ活目的であることは、アピールした方がミスマッチが少なく済みます。

そんな時は、遠回しに自分の夢のためにあまりお金がない様子や、デートの時もあまり出せないなど、困っていて助けてほしいような書き方でママの母性本能を狙うのがおすすめです。

あくまでお願いや頼る形でママに目的を伝えましょう。

軽薄に見える語尾や言葉遣い

年上のママからは、まじめに目標に向けて頑張っている姿を望まれる傾向にあります。

また、せっかく会うなら無駄な時間にしたくないという想いから、遊び半分でやっているのかなと思われるようなプロフィールの人はママに避けられがちです。

まじめに書いて照れて恥ずかしくなる気持ちがあるかもしれませんが、真剣にママをみつけたいのであればプロフィールが軽薄に見える発言は入れないようにしましょう。

「笑」や「ま~す」などの語尾は特に軽薄に見える文字なので、使っている方はすぐに書き換えるのをおすすめします。

ママ活用プロフィール例文3選

mamakatsu-profile3

ここまでで、代表的なママ活のプロフィール要素について紹介してきました。今回は、3種類のママ活用プロフィール例文を掲載します。自分の夢や状況に合わせて少し作文して皆さんのプロフィールとして使ってみてください。

ママに語れる夢がある方向けの例文

初めまして、現在〇〇になれるように勉強をしている大学〇年生です。

学業に打ち込みながら大学の学費を稼ぐためにアルバイトをしているのですが、忙しいばかりなので休みの日に気持ちを落ち着けて話ができる関係の方がほしいなと思い登録させていただきました。

お互いに日頃の忙しさを忘れてまったりできるような関係性が築けたらと思っています。アルバイトのシフトは融通が利きやすいので、会う時間や場所はこちらから合わせられます。

メッセージをいただけたら全ての方に返信させていただくので、何か気になることがあれば気軽にメッセージをくれるとうれしいです。よろしくおねがいします。

夢を応援したいママにアピールできる

この例文は、夢を追いかけていることを主軸に丁寧な口調で謙虚な人柄を出しています。

文末に必ず返信するとも書いているため、ママ側も気軽にメッセージを送れるようにという配慮もされていて、とにかく興味ある方からのメッセージをどんどん受け取りたい人向けのプロフィールです。

もし、スポーツや勉学そのほかの分野で本当に追いかけている夢がある場合は、具体的なエピソードを入れるのもおすすめです。

より具体性を帯びて、ママからもあなたの人物像が想像しやすくなるでしょう。

ママをリードするような関係性を作りたい方向けの例文

プロフィールを読んでいただきありがとうございます。
〇〇になるために頑張っている大学〇年生です。

大学の授業以外の時間はほとんどの時間を〇〇に費やしています。
今後社会に出るにあたって、今から社会人の方とお話できる関係を築いていろんなお話を聞きたいと思い登録させていただきました。

〇〇のことなら、もちろん色んなお話が出来ますし、趣味で美味しいイタリアンのお店を開拓しているので、もし嫌いじゃなければ一緒に食べにいけたらと思っています。

お仕事を頑張っていらっしゃる女性の方と有意義な時間を共有できればと思いますので、もし興味を持っていただけましたら、まずはメッセージをいただけるとうれしいです。

メッセージをお待ちしています。

女性としての自分を大切にしたママにアピールできる

こちらは、先ほどの例文に比べて自分の軸を持っている印象を与えるプロフィールです。

自分は何ができるのかというのをママに伝えているほか、将来に向けて話を聞きたい、仕事を頑張っている方と関係性を築きたいといった部分からもしっかりした若者像がアピールできます。

趣味の部分はイタリアンじゃなくても構いませんが、ママをデートに連れて行った時のことを考えると少し背伸びした場所や、一般の人は詳しくないような分野がよいでしょう。

基本的には尊敬からママと関わりながらも、所々リードしてあげるような関係性を築きたい方は、しっかりした若者のイメージを持たれるようなプロフィールを使いましょう。

ママに思い切り甘えたい方向けの例文

〇〇と言います。
初めてこのようなアプリに登録させていただきました。

普段は、大学に通いながら趣味で〇〇の練習を頑張っています。

今は大学〇年生で、〇〇のために結構お金が必要なのでアルバイトをたくさんしています。毎日大変ですが、〇〇で〇〇な進歩ができた時なんかは達成感がすごくてとても楽しいです!

ふたりでお会いするときは、お互いに最近あったことなんかを話してたわいもない話でゆったり過ごせたら素敵だなと考えてます。

メッセージをいただけたら大切に返信させていただきますので、もし興味を持っていただけましたらぜひメッセージを送ってください。

楽しみにメッセージお待ちしています!

母性本能の強いママにアピールできる

全体的に謙虚な言葉遣いで、目標に対して背伸びして頑張っている雰囲気を伝えるようなプロフィールです。

趣味の部分はスポーツや音楽関連サブカル系など、何でも大丈夫です。ふたりの時間を具体的にせずふわっとしているのも、主体性を出さないようにしてリードしたいママに興味を持ってもらいやすいように狙っています。

最後のメッセージを「待っている」にしている部分も、あえて謙虚な表現を強めに出しています。メッセージをしてほしい若者に、支援してあげたいママがメッセージを出してあげるという前提でママからアプローチしやすくなっています。

長期的に見るとただ感謝するだけでママを喜ばせることはむずかしいので、所々で気を効かせたプレゼントなどでアクセントを付けるようにしましょう。

安全に利用できるおすすめママ活サイト紹介

プロフィールを完璧にしたら次はサイト選びです。基本的にひとつに絞る必要はないので、こちらのおすすめサイトに全て登録することをおすすめします。

どのサイトでも同じプロフィールで使いまわせるほか、写真も同じにすれば登録の手間も最低限に減らせます。

物足りなさを感じてきたら、これらのサイト以外にも登録して手広く募集してみましょう。

1位:ワクワクメール

mamakatsu-profile1

最初にママ活をするなら、ハッピーメールがおすすめです。登録無料で最初にもらえるポイントで課金せずにメールも送れます。

1日1回、無料で遊ぶ相手を募集できる掲示板機能がついており、プロフィール以外にも広くママにアピールする機会があります。

スマホアプリでも登録可能で、手軽に管理できます。最初に出会い系サイトの雰囲気をつかみたい方には特におすすめのサイトです。

ワクワクメールの無料登録はこちらから

2位:Jメール

mamakatsu-profile13

Jメールは利用者の年齢層が高いことが特徴です。サービスの提供開始が2000年の4月で、20年前からあるサービスのため安心して利用できます

メールの相手が新規登録ユーザーであれば1日2通までメッセージを無料で送信できるほか、お互いにいいねを送り合わなくてもメッセージのやり取りを始められるため、写真以外でもアプローチしやすい点もポイントです。

Jメールの無料登録はこちらから

3位:PCMAX

mamakatsu-profile4

これまでに紹介したふたつのサイトも、業者やサクラ対策がしっかりされていますが、特にそのような対策がしっかりしているサイトがPCMAXです。

業者対策のほかにも、ワリキリや女子高生など多くのNGワードが設定されており、サイトの規約に沿わない発言を繰り返すとアカウントが凍結されるほどです。

業者や援助交際目的の利用者が随時間引かれているため、ハズレを引きたくない方におすすめのサイトです。

PCMAXの無料登録はこちらから

まとめ

今回はママ活の際の最大の武器となるプロフィールについて解説しました。

答えはひとつではありませんが、どんな相手とどんな関係を築きたいかを先にイメージすることが成功への近道です。

また、肉体関係や金銭を匂わせる言葉は基本的にママに嫌がられやすいため、まじめで誠実な人柄を伝える文章をプロフィールにしてください。

素敵なプロフィールを書いて、理想のママといち早く出会いママ活をスタートさせましょう。