更新:2021.01.31 作成:2017.06.29

そもそも出会い系を使う女性ユーザーの目的って何?

出会い系で男性は純粋な恋愛や見知らぬ相手とのセックスを求めて利用しますが、女性はどういった経緯で登録しているのか、気になる人は多いのではないでしょうか?

女性の中にももちろんセフレが欲しいと考えている人もいます。ただ、実際にそういった人がいるとしたらどれくらいいて、どうすれば見分けがつくのか気になりますよね。

そこで今回は、出会い系を利用している女性がどういった目的で登録しているのか、詳しく解説していきます。

女性が出会い系を利用する7つの目的

女性が出会い系に登録する理由を細分化すると大きく7つのパターンに分けられます。

(1)真剣な出会いを求めている

真剣な出会いを求めて出会い系を利用している女性は一定数います。

ただ傾向としては30代の後半から50代に多い印象です。これは、婚活専門のマッチングアプリがあると知らずに出会い系アプリを利用して相手を探しているためでしょう。

20代で婚活をしている女性はほとんど見かけません。

(2)ライトなお付き合いを望んでいる(友達・セフレなども含む)

結婚を強く意識しているわけではないけど、かと言ってチャラチャラした遊び目的でもないと考えている女性は多くいます。そういった女性は好みのタイプの男性がいればきちんとお付き合いしたいという気持ちはあるものの、遊びたい欲求がまだまだあるので一人に絞り込むことができず結局色んな男性と遊ぶ結果となるパターンです。

名目で言えば、「好みの相手がいれば真面目に付き合う」と言いつつも簡単にセックスできるのがこのタイプです。

男性側が遊び目的であれば、積極的に声をかけたい層になります。

(3)寂しさを紛らわすため(情緒不安定・メンヘラなど)

なんとなく寂しいと感じて出会い系を始める女性は意外と多くいます。こういったタイプの女性は、男性や恋愛自体に依存しやすい傾向があります。

男性側としては遊び相手にうってつけと考えがちですが、女性は真剣交際を望むケースが多いため関係はちぐはぐになりがちです。

上手く見分けられれば比較的デートには繋げやすく、真剣交際や遊びの相手にはピッタリでしょう。ただ、女性がメンヘラ気質の場合はトラブルに発展する可能性があるため注意しましょう。

(4)不倫願望がある

これは主に人妻限定となりますが、不倫目的で出会い系を利用しているユーザー一定数います。
ただ、女性は男性のように公の場で肉体関係を強調するような発言をしませんし、それをすることは女性としてのプライドが許さないので露骨に不倫をアピールすることはありません。

ただ、不倫願望がある女性はストレートには言わないものの上手く男性にアピールしています。たとえば、40代の既婚者で出会い系に登録している時点で、利用目的は不倫以外に考えられません。

既婚者であることを隠しているケースもありますが、LINEを交換する仲になればすぐに教えてもらえるケースも多くあります。

(5)割り切り目的

ライトなお付き合いと並ぶ勢いで多いのがこの割り切り目的です。割り切りと聞くと女子高生のイメージがありますが、出会い系サイト規制法ができてからは、出会い系を女子高生が利用することはなくなりました。

その代わりと言ってはなんですが割り切りを斡旋する売春組織が増殖しています。
完全素人のつもりで会っても実際は業者に雇われたプロだったり、写真とは別人の女性が現れたりするので要注意です。

割り切り目的であることを早々に見極め、下手にメールを出さずに利用するのが出会い系サイトを利用する上での必須テクニックの1つと言えるでしょう。

(6)キャッシュバッカー(CB)

出会うことが目的ではなく、出会い系サイトのポイント稼ぎを目的に登録している女性のことをキャッシュバッカーと呼びます。男性とのメールの送受信でポイントが貯まる仕組みなので、サイト内でのやりとりとを延々に続けるのがキャッシュバッカーの特徴です。

キャッシュバッカーをしているのは一般女性なので所謂サクラや悪質業者とは少し中身が異なりますが、彼女たちの目的はポイントを貯めることで得られる現金収入や景品獲得なので、どれだけアプローチをしても出会えることはありません。

しかし、2021年現在ではキャッシュバックで得られるポイントの割合が低いサイトがほとんどで、キャッシュバッカーの女性はほとんどいなくなりました。

(7)メル友関係を希望する女性

男性にはちょっと理解しがたいことかもしれませんが、出会い系にはメールだけの関係を希望する女性も少ながらず存在します。

こういった女性は暇つぶしや冷やかし程度の気持ちで登録していることもありますが、中にはバーチャル恋愛(ネット上だけで完結する恋愛)を楽しみたいという理由で出会い系に登録した人もいます。

バーチャル恋愛を希望する女性の大半は主婦で、日常生活に不満を抱えていたり不倫願望があるものの、実際に不倫するほどの勇気はなく、何かしらのはけ口となるようなものが欲しいために出会い系に登録します。

出会い系に限らずこういった理由でネットを利用している女性はどこにでもいます。

ちなみにこういった女性の中には押しに弱い女性が多く、ネットだけのバーチャル恋愛と言いつつもデートに誘えばOKをもらえることも充分考えられます。

会うべき女性とメンヘラのリスク

メンヘラ

上記の利用目的の中で実際に会うべき女性は真剣な出会いを求めている女性かライトな出会いを求めている女性のみです

なぜなら不倫やメンヘラ相手はデメリットやリスクが多すぎるためです。

割り切りを希望して出会い系を利用するであればそういった相手と会うのは簡単ですが、当たり外れがひどく、写真詐欺のことを考えると風俗に行った方がリスクは少なくて済みます。

メンヘラ女性を好む男性がいますが、おすすめはできません。メンヘラ女性は依存心が高く、受け入れてもらえる相手に対して心を開くまでは早いものの、男性にとってはただの負担でしかなくなります。それはメンヘラ女性が自分中心にしか関係を維持できず、男性にとって心地よい距離感を維持しにくいためです。真剣に付き合うにしろ浮気癖がひどい場合も多く、生活や仕事面でも負担は大きくなります。

そのためには真剣な出会いorライトな出会いを求めている女性と効率良く会うためには自分の目的に合った人を見極める能力と、そういった女性から気に入られやすいプロフィール作りが重要です。

出会い系サイトにまともな女性はいない?

「出会い系サイトで活動しているのは危険な女性ばかり」という一種の固定観念に囚われている男性も少なくないと思います。しかし、すべての女性がまともではないと決めつけるのはやや軽率です。

何をもってしてまともとするかは人それぞれだと思いますが、きちんとメールのやりとりができて実際に会うまでに至るといった点だけで言えばいくらでもまともな女性はいます。

そしてそのようなまともな女性は驚くほど素っ気ないプロフィールや自己紹介なことが多いので、出会うことに夢中になっている男性ほどスルーしてしまいがちです。こういった女性を見逃さず、しっかりメッセージを出せるようになればデートの成功率はアップします。

女性はそもそも、それほどプロフを作り込んでいなくても男性からのオファーをたくさん受けられます。プロフが空欄だらけ、短文の自己紹介となると何だか胡散臭そうに見えますが、こういう女性ほど真面目でまともだったりするものです。

逆に長文の自己紹介でプロフを埋めているような女性は業者の可能性が一気に高くなります。男性が好むプロフはやはり詳細な情報が書かれた長文のプロフです。この心理を利用して、男性の業者が拾った写真を使ってプロフィールを作成しています。

業者は効率性を求めるため、リターン率の悪いプロフを載せることはしません。男性から圧倒的な支持を得られるようなプロフと顔写真をエサにして食いつくのを待ちます。

あまりにも美人すぎる写真の女性がいた場合、注意深く警戒しましょう。マイナーなグラビアアイドルやAV女優の写真を無断転載しているケースは多く見受けられます。

出会い系では、業者を見極めて一般ユーザーの女性にメールを送信するのが、出会うためには重要なポイントになります。

①業者のプロフ

不動産投資、ネットショップ、デイトレードなどとやりたい仕事を色々やってきましたがようやく落ち着き自由な時間もできました。
今までずっと仕事一筋でいたのでふと周りを見ると仕事関係の知り合いしかいないことに気付きました(>_<)
プライベートの時間なんてほとんどなかったので何をしていいのか分からず、とりあえず最近はやりたかったお稽古に没頭しています(笑)
仕事大好きで忙しい日々を送っていますが、それでもいいよという方いませんか?
恋愛はもちろん、甘い時間を共有出来たら最高にうれしいです。
私は仕事ばかりをしてきた人間なので男性とのお付き合いにはあまり免疫がなくて・・・(´・ω・`)
優しく教えてくれる人いないかなーと思って登録しました。
中身は明るく前向き!
楽しいこと大好きです(*^-^*)
少しでも気になったらメールください!楽しみに待っています。
最後まで読んで頂きありがとうございました。

②業者のプロフ

彼氏と別れて趣味や仕事を頑張っていたらいつの間にかこんな年に!!そろそろ思い出を共有できる男性と出会いたいと思って登録してみました☆
趣味は海外旅行、買い物、外食です。
仕事もプライベートも充実させて人生を楽しみたいと思っています。実は私、海外に別荘とヨットを所有しているんですけど、相手がいないのでずっと放置状態になっています(;´Д`)
もし彼氏になってくれたら別荘にも招待しますよ!
本当に毎日寂しいので、どうか私の大事な人になってください。
良かったら楽しくメッセージから始めましょう!
ただ、私はメールでダラダラやりとりするよりも会って直感で決めたいタイプなので、できれば早目に会える人がいいな!
「すぐにでも会えるよー」って人は迷わずメールくださいね。
よろしくお願いします☆

③一般女性のメール

はじめまして!
プロフィールを見ていただきありがとうございます。
フィーリングがあって、一緒に色々楽しめるような男性と出会えたらいいなーと思い登録しました。
性格はマイペースだけど照れ屋です。
まだこういうサイトには慣れていないので半信半疑ですが、少しずつ仲良くなっていけたらうれしいです。
少しでも興味を持っていただけたらメールください。
よろしくお願いします。

④一般女性のメール

身近なところで出会いがないので思い切って登録してみました。
まずはお互いの都合のいい時にやりとりしてお話しできる人が見つかればいいなと思っています。
素敵な男性に出会えたらそれが一番うれしいですが、とりあえずはお互いを知るところから始めていきたいです。
普段はOLをしている平凡な社会人ですがもしよかったらメールください。
よろしくお願いします。

業者と一般女性の違いがお分かりいただけたでしょうか。業者の場合はやたらとプロフの自己紹介文が長く、無駄な情報が多いことが特徴です。そして肉体関係を臭わせるような内容、高額所得者であるかのような発言、付き合えば何かしらのメリットがあるといった甘い誘惑で男性の気を引こうとします。

業者はいちいちメールを打たずに複数人に同じメール内容を一斉送信しますので、やとりとしていると辻褄が合わなくなる場面も出てきます。しかし、一般女性の場合は一人ひとりのメールをきちんと読んで返信を考えているのでこういった問題は特に見受けられません。

何より短文メールであってもきちんと内容が詰まっています。たとえば「どういう目的で出会い系を利用しているのか」とか「どんな男性を探しているのか」といった内容です。

逆に業者の場合はこういう情報を一切書かれていません。その代わりに生い立ちや仕事の話といった出会いと直接関係ない話題を延々として(それも一方的に)やりとりを引っ張ったり詐欺へと誘導します。

一般女性も最初はプロフに秘密項目が多く、しかも自己紹介文も短文なので怪しいユーザーに見えますが、これは女性の警戒心の表れでもあり、一般女性だからこそ出会い系で細かく情報を開示できないとも受け止められます。

まともな女性とまともじゃない女性の違い

ここで言うまともな女性とは本気で出会いを求めている女性のことを指しますが、そういう女性は少ない情報の中にも必ず具体的な募集内容を明記しています。

不倫が目的の場合は平日の昼間会える人希望、割り切りの場合はサポートしてほしい、遊び相手なら仕事終わりに食事をできるような相手募集といった感じで、具体的にどういう相手と出会いたいのかがきちんと書かれています。

逆にまともじゃない女性は(業者、冷やかし、CBなど)そこが非常に曖昧なのです。

「楽しい時間を共有できる相手」「大人の関係」「都合のいい時に会える人」と、どんな風にも受け止められるニュアンスで表現しているのでコツさえ掴めば見分けるのにそれほど苦労しません。

次にメールのやりとりに関してですが、基本的に素っ気ないメールを返してくる女性は即アポ希望です。業者かどうかはメール内容から判断するしかありませんが、早い段階で会おうとしてくる女性であることはほぼ間違いないでしょう。

つまり、まともな女性ほどプロフの自己紹介では素っ気ない文章だけどメールではたくさん会話してくれるという特徴があります。まともじゃない女性はメールするほど違和感を覚えることが多く、会話も盛り上がらないうちから会うことを提案されるので、少しずつそして確実に不信感が募っていきます。

マッチングアプリとの違いは?

マッチングアプリ自体も出会い系の1つとして捉えている人は多いですが、ワクワクメールハッピーメールのような出会い系と、タップルやペアーズといったマッチングアプリの2つには大きな違いがあります。

料金の制度

出会い系とマッチングアプリの違いとして、料金の制度が大きく異なります。
出会い系の場合相場がメール1通50円。その他サイトによって違いがありますが、プロフィール閲覧に0~10円となっており、登録している女性誰にでもメールが送れます。

対してマッチングアプリは月額制となっており、相場は1ヶ月に約4000円。お互いにプロフィールを見ていいねを押すことでマッチングが成立し、その時点でメッセージは送り放題です。
マッチングアプリはメッセージ送り放題のため、焦ってLINEを聞き出す必要がないものの、マッチングした相手にしかやり取りができないデメリットがあります。それに対して出会い系の場合は誰にでもメールが送れて、うまくやり取りができれば格安で女性とLINE交換が可能です。

10通でLINE交換したとして500円なので、1ヶ月2~3人と知り合えるだけで十分と考えているのであれば出会い系の方が安く済む可能性が高いです。
豊富な出会いを求めておらず、ある程度コツを掴んでいる中級者以上の場合は出会い系、2~3人以上の多数の出会いを求めているか、ネットでの女性のやり取りに自信がない人はマッチングアプリがおすすめです。

女性の利用目的の割合

出会い系とマッチングアプリとでは、女性の利用目的が大きく異なります。
出会い系の場合真剣な出会いを求めている女性の割合は低く、セフレ探しやライトな出会いを求めている女性が多いです。対してマッチングアプリは婚活として利用している女性が多く、あまりライトな出会いに利用している女性が多いとは言えません。

元々ハッピーメールやワクワクメールでも婚活している女性は一定数いましたが、マッチングアプリが登場してからはかなり数を減らしました。出会い系はセフレ目的、マッチングアプリは真剣な出会い目的と住み分けがされたからだと推測されます。

掲示板 ハッピーメール
実際に出会い系の掲示板を見てみても、真剣な出会いや婚活を求めている書き込みはほとんどなく、割り切り相手募集で溢れています。

出会い系を利用中の一般女性100人にアンケート

出会い系の利用目的は?

Powered by TSBA.mobi GoogleGraph Wordpress plugin

1位 彼氏探し 29%
2位 趣味友/遊び友達探し 26%
3位 メル友探し(気に入れば会う)24%
4位 婚活 12%
5位 メル友探し(会う気はない) 6%
6位 セフレ探し 3%

■編集部からのコメント
彼氏を探している女性が多いものの、まず趣味友などから自然に発展していくのが理想という意見も多数。男性が本命の彼女を探しているかをじっくり観察しているので、彼女がいなくてまずは友達から距離を縮めていきたいというスタンスが好印象のようです。

利用する上で気を付けるポイント

最後に、出会い系を利用する上で気を付けるポイントを解説していきます。この3つさえ抑えておけば効率良く出会いが実現できます。

業者にメールを送らない

業者にメールを送信してポイントを無駄にしないことは出会い系を利用する上で非常に重要です。
業者のプロフィールや写真は魅力的なものばかりですが、いちいち反応していてはポイントがいくらあっても足りません。

前述した業者のプロフと一般女性のメールを参考に、確実に見極めましょう。

相手の利用目的を見極める

事前に相手の女性の利用目的をきちんと見極めることで、会う場合の満足度は大きく変わります。なぜ見極める必要があるかと言うと、女性はセフレを探していることや浮気相手を探している場合、はっきりと言う事も、プロフィールに書くことも無いためです。

女性が言う「出会いは求めていない」や「なんとなくはじめた」はそのままとらえてはいけません。常に言葉の裏に隠された本音はなんなのか探りながらメールのやり取りをしましょう。

深追いしない

出会い系で失敗するケースとして、システムを良くわかっていない女性に入れ込んでしまい、ポイントを無駄に多く消費してしまうことがあります。

LINE交換に抵抗がある女性はほとんどですが、ある程度やり取りをした後であれば交換は可能です。しかし、最初から会うまではライン交換しませんと断言している女性ユーザーもいます。そういった女性にはメッセージを送ってはいけません。いくら会えたところで、非常に多くのポイントを消費してしまいますし、そもそも会える保証がないためです。

また、10通前後のやり取りの後にLINE交換を打診して、その後断られてしまった場合は潔くあきらめましょう。それ以上深追いしてもLINE交換に至る可能性は低く、ポイントが無駄になるためです。

まとめ

今回は、出会い系の女性が利用する目的をまとめ、業者と一般ユーザーの違いやマッチングアプリと出会い系の違いについてなどを解説していきました。

マッチングアプリが登場し、一定数の利用者がそちらに流れてしまっている現在は、セフレ作り目的で出会い系を利用している女性も増えています。

理想の出会いを実現するためには、プロフィールやメールから相手の利用目的を見極めるのが重要です。この記事を参考にして、出会い系を利用するきっかけにして頂けたら嬉しいです。