更新:2022.11.11 作成:2022.11.11

【パートナーが見つかる!】同性愛者におすすめの出会い系サイト5選

一昔前と比べると、同性愛に対する理解は随分と深まりました。

堂々とカミングアウトする同性愛者も増えてきたわけですが、出会いの場となるとまだまだ少ないのが実情。

「パートナーが欲しいのに出会いの場がない」とお悩みの方は多いようです。

そんな悩める同性愛者におすすめなのが出会い系サイト

出会い系サイトを使えば効率よくパートナーを見つけることができます。

そこでこの記事では、同性愛者がパートナーを見つけるのにおすすめの出会い系サイトをご紹介していきます。

同性愛者も出会い系サイトを利用している

同性愛者に対する理解が年々深まってきたせいか、出会い系サイトの中には同性愛者用の機能を実装するところが増えてきました。

元来、同性愛者向けの出会いの場は少なかったので、出会い系サイトの機能拡充は同性愛者にとって大変喜ばしいこと。

実際、大手の出会い系サイトともなると大勢の同性愛者が登録しています。

コロナ禍で自由に外出できなくなったことにより、出会い系サイトの利用者が急増していますから、それに応じて同性愛者の登録もますます増えていくのではないでしょうか。

同性愛者が出会い系サイトを好む理由

ノーマルな人に比べて同性愛者の方がより出会い系サイトを好む傾向があります。

その理由は次の3つです。

  • ●会員数が多い
  • ●検索機能がある
  • ●出会える確率が非常に高い

会員数が多い

業界最大手の出会い系サイト・ハッピーメールともなると、累計会員数は3千万人にもなります。

そこに占める同性愛者の割合は決して高くはありませんが、仮に0.1%だったとしても3万人

これほど多くの同性愛者が集まっている場は他にありません。

ベストパートナーをみつけるには、候補者が多ければ多いほどよいわけですから、その意味で出会い系サイトは非常に良い出会いのツールといえます。

検索機能がある

同性愛者のパートナー探しで難しいのは、同性の9割以上がノーマルであり、なおかつ誰が同性愛者だか分かりにくいという点です。

それゆえ、街角や一般的な飲食店でのナンパは期待薄

一方、出会い系サイトには会員を任意の条件で検索できる機能が備わっているため、同性愛者に絞り込むことが容易です。

同性に検索をかけられるのはもちろんのこと、キーワード検索や掲示板の同性愛カテゴリーなどが備わっている出会い系サイトを選べばOK。

「誰が同性愛者なのか分かりにくい」という問題が一瞬にして解決するので、とても利便性が良いのです。

出会える確率が非常に高い

出会い系サイトに登録しているということは、その人が何らかの出会いを求めている証拠。

この明確な意思表示があるため、パートナーがいない人を探すという工程が省かれます

なおかつ、お互いが出会うことに前向きな状態なので、やり取りさえちゃんとできれば、初デートから交際まではわりとスムーズ。

出会い系サイトでは『興味がなければデートしない』という暗黙のルールのようなものがありますから、デートしているという時点で相手の気持ちが分かります。

これらのことから、3回目のデートまでに交際に発展する可能性が非常に高く、この点において『出会いやすくパートナーを作りやすいツール』といえます。

同性愛者を検索する方法

ワクワクメールで同性愛者を検索する方法はいくつかありますが、効果的なのは次の3つです。

  • ●同性のプロフィールを検索
  • ●キーワード検索
  • ●掲示板検索

同性のプロフィールを検索

同性愛者向けの出会い系サイトに必須なのが、同性のプロフィールを検索・閲覧できる機能

この機能がなければどうにもなりません。(異性のプロフィールしか検索・閲覧できな出会い系サイトもある)

その上で、無料でプロフィール閲覧できる方が好ましく、これらの条件が揃っていれば同性すべてのプロフィールを吟味しながらじっくりと同性愛者を探すこともできます。

キーワード検索

普段は同性愛者であることを隠している人でも、出会い系サイト内ではわりとオープンにカミングアウトしています。

自己紹介にそれらしい記載があるので、キーワード検索がある出会い系サイトであれば一発で絞り込むことが可能。(キーワード検索機能がない出会い系サイトもあります)

『同性』はもちろんのこと、『男の娘』や『LGBT』など、同性愛に関係ありそうなキーワードで片っ端から検索してください。

掲示板検索

出会い系サイトの主力機能といえば掲示板です。

基本的にノーマルな男女の出会いを想定して作られていますが、一部の出会い系サイトには同性愛専用の掲示板が用意されています。

また、掲示板内をフリーワードで検索できる機能を持つ出会い系サイトもあります。

掲示板に投稿している人は積極的な性格をしているので、デートに繋がる確率は高め。

これは同性愛者にもいえることであり、そんな同性愛者を簡単にみつけられるわけですから、掲示板検索の機能を使わない手はありません。

同性愛者と出会える出会い系サイトランキング

ご紹介した通り、出会い系サイトで同性愛者を探すには検索機能が必須。

加えて会員数の多さも必要となります。

これらの点を踏まえて編集部が検討した結果、大手出会い系サイトのランキングは次のようになりました。

  • 1位:ワクワクメール
  • 2位:イククル
  • 3位:ハッピーメール
  • 4位:PCMAX
  • 5位:YYC

1位:ワクワクメール

項目 WEB版 アプリ版
同性プロフィール検索 アリ アリ
キーワード検索(プロフ) アリ アリ
キーワード検索(掲示板) アリ アリ
同性愛者向け掲示板 アリ アリ

ワクワクメールをランキング1位にしたのは検索機能が充実しているから。

WEB版、アプリ版ともに様々な方法で同性愛者を検索可能なので、効率よくパートナー探しができます。

無論、会員数も充分。

累計会員数こそ他の大手出会い系サイトより劣るものの、現在活動中であるアクティブ会員数では他社に引けを取りません

ワクワクメールのポイント消費

ワクワクメールのポイント消費は次の通りです。

<ワクワクメールのポイント消費>

行動 消費量 行動 消費量
掲示板閲覧 1P 画像閲覧 2P
掲示板投稿 5P(1日1回無料) プロフィール作成 無料
日記コメント 無料 プロフィール閲覧 無料
日記投稿・閲覧 無料 メッセージ閲覧 無料
    メッセージ送信 5P

ポイント消費で特筆すべきは、『プロフィール閲覧が無料である』ということ。

実のところ、無料でプロフィール閲覧できる出会い系サイトはワクワクメールを含めても数社しかありません。

同性愛者を探す際には多くのプロフィールを閲覧することになるので、それが無料かどうかは出費に大きく影響します

「パートナーは欲しいけど予算は限られている」という人は、プロフィール閲覧が無料のワクワクメールを選択すると良いでしょう。

ワクワクメールの料金

ワクワクメールで課金する場合は、基本的にWEB版からクレジットカードを使って決済してください。

アプリ版から課金した場合よりもポイント単価が低く、特に5,000円以上の課金はお得です。

<WEB版ワクワクメールの料金表:クレジットカード決済>

金額 ポイント数
1,000円 110P
2,000円 230P
3,000円 400P
5,000円 700P
10,000円 1,500P
20,000円 3,000P

<アプリ版ワクワクメールの料金表:iOS>

金額 ポイント数
650円(初回限定) 65P
1,000円 100P
1,500円 150P
2,800円 280P
4,000円 400P
6,600円 660P
12,800円 1,280P

*アプリ版は2022年10月に料金改定

\ワクワクメールは登録無料!/
ワクワクメールを詳しく見てみる(R18)

2位:イククル

項目 WEB版 アプリ版
同性プロフィール検索 アリ アリ
キーワード検索(プロフ) アリ ナシ
キーワード検索(掲示板) アリ アリ
同性愛者向け掲示板 アリ ナシ

同性愛者におすすめの出会い系サイトランキング2位はイククルです。

ワクワクメールと比べるとアプリ版の検索機能は劣るものの、WEB版の方であれば遜色ありません。

また、他の出会い系サイトより真面目な出会いを求めている人が多く、確度の高いパートナー探しが可能です。

イククルのポイント消費

イククルもワクワクメールと同じくプロフィールの閲覧が無料。

その他のポイント消費量もワクワクメールと同等です。

<イククルのポイント消費>

行動 消費量 行動 消費量
掲示板閲覧 1P 画像閲覧 2P
掲示板投稿 5P(1日1回無料) プロフィール作成 無料
日記コメント 無料 プロフィール閲覧 無料
日記投稿・閲覧 無料 メッセージ閲覧 無料
    メッセージ送信 5P

イククルのポイント料金

2021年までイククルは圧倒的な安さを誇っていました。

そんなイククルも2022年に料金体系が改定され、以前のようなお得さがなくなってしまいました。

とはいえ、決して高いことはなく、特にアプリ版の料金設定に関していえば依然として業界最安値クラスです。

<WEB版イククルの料金表:クレジットカード決済>

金額 ポイント数
1,000円 100P
2,000円 200P
3,000円 400P
5,000円 700P
10,000円 1,500P
20,000円 3,000P
30,000円 4,500P
40,000円 6,000P
50,000円 8,200P

*2022年10月に料金改定(実質的な値上げ)

<アプリ版イククルの料金表:iOS>

金額 ポイント数
1,500円 157P
2,800円 295P
4,400円 481P
7,600円 891P
12,800円 1,605P

*アプリ版は2022年10月に料金改定

\イククルは登録無料!/
イククルを詳しく見てみる(R18)

3位:ハッピーメール

項目 WEB版 アプリ版
同性プロフィール検索 アリ アリ
キーワード検索(プロフ) ナシ ナシ
キーワード検索(掲示板) ナシ ナシ
同性愛者向け掲示板 アリ ナシ

検索機能という面でみれば、ハッピーメールは前述の二つより大きく劣ります。

ただし、会員数の多さはダントツの業界No.1

新規会員も毎日大勢入ってきており、当然そのなかには同性愛者もいます。

絶対数の少なさがネックとなる同性愛者の出会いにおいて、これほど多くのパートナー候補が集まっているツールはありません。

ハッピーメールのポイント消費

ハッピーメールもプロフィールの閲覧が無料。

その他もワクワクメールやイククルと同等です。

<ハッピーメールのポイント消費>

行動 消費量 行動 消費量
掲示板閲覧 1P 画像閲覧 2P
掲示板投稿 5P(1日1回無料) プロフィール作成 無料
日記コメント 無料 プロフィール閲覧 無料
日記投稿・閲覧 無料 メッセージ閲覧 無料
    メッセージ送信 5P

ハッピーメールのポイント料金

ワクワクメールやイククルと比べると、ハッピーメールのポイント料金は1割ほど割高です。

とはいえ、これが出会い系サイトの相場。

会員数やサービス力を考えると決して高くはありません。

<WEB版ハッピーメールの料金表:クレジットカード決済>

金額 ポイント数
500円 50P
1,000円 100P
2,000円 210P
3,000円 370P
5,000円 650P
10,000円 1,400P
20,000円 2,800P

<アプリ版ハッピーメールの料金表:iOS>

金額 ポイント数
490円 49P
730円 730P
1,600円 170P
2,320円 247P
3,920円 432P
8,000円 940P

*アプリ版は2022年10月に料金改定

\ハッピーメールは登録無料!/
ハッピーメールを詳しく見てみる(R18)

4位:PCMAX

項目 WEB版 アプリ版
同性プロフィール検索 アリ アリ
キーワード検索(プロフ) ナシ ナシ
キーワード検索(掲示板) ナシ ナシ
同性愛者向け掲示板 アリ ナシ

PCMAXの長所はアダルト性が高いこと。

ノーマル同士であれ同性愛者同士であれ、その場限りのセックスを楽しむ人が大勢登録しています。

こうした人達が好んで利用するのが掲示板。

WEB版の方では同性愛に絞って検索できるようになっているので、ヒットした投稿を一つ一つみていけば、手軽にセックスできる相手を簡単に見つけることができます。

PCMAXのポイント消費

残念なことに、PCMAXはプロフィールの閲覧に1P(約10円)を要します

よって、同性のプロフィールをしらみつぶしに閲覧するという手法は不向き。

前述したように掲示板投稿のタイトルをみて、そのなかからお相手を探す方が無難です。

<WEB版PCMAXのポイント消費>

行動 消費量 行動 消費量
掲示板閲覧 1P 画像閲覧 2P
掲示板投稿 5P(1日1回無料) プロフィール作成 無料
日記コメント 無料 プロフィール閲覧 1P
日記投稿・閲覧 無料 メッセージ閲覧 無料
    メッセージ送信 5P

PCMAXのポイント料金

アプリ版PCMAXは他社と比べて割安です。

また、WEB版では不定期に『ポイント二倍キャンペーン』が開催されており、この期間中は業界最安値となります。

<WEB版PCMAXの料金表:クレジットカード決済>

金額 ポイント数
500円 50P
1,000円 100P
2,000円 200P
3,000円 300P
5,000円 500P
10,000円 1,000P

*キャンペーン中はポイントが二倍(不定期開催)

<アプリ版PCMAXの料金表:iOS>

金額 ポイント数
650円 65P
1,000円 100P
2,000円 230P
3,000円 380P
5,000円 650P
10,000円 1,200P

*アプリ版は2022年10月に料金改定

\PCMAXは登録無料/
PCMAXを詳しく見てみる(R18)

5位:YYC

項目 WEB版 アプリ版
同性プロフィール検索 アリ アリ
キーワード検索(プロフ) ナシ アリ
キーワード検索(掲示板) アリ アリ
同性愛者向け掲示板 アリ ナシ

YYCの検索機能は3位のハッピーメールや4位のPCMAXより上です。

この点は大変評価できるのですが、残念なのはアクティブ会員が少ないということ

累計会員数でみれば大手の一角といえますが、アクティブ会員で比べると4位までの出会い系サイトに大きく引き離されています。

新規会員が多いとも思えないので、無料登録後に一通り検索し、気になる人がいなければ2~3ヶ月は放置しておいても問題ありません。

YYCのポイント消費

<YYCのポイント消費>

行動 消費量 行動 消費量
掲示板閲覧 10P 画像閲覧 0P
掲示板投稿 50P(1日1回無料) プロフィール作成 無料
日記コメント 無料 プロフィール閲覧 10ポイント
日記投稿・閲覧 無料 メッセージ閲覧 無料
    メッセージ送信 50P

YYCは他の出会い系サイトよりポイントの消費量が10倍。

ただし、ポイントの単価が約10分の1となっており、1円あたりの価値はほぼ同じです。

PCMAXと同様、プロフィール閲覧に約10円かかるので、まずは候補者をしっかりと絞り込んでください

YYCのポイント料金

YYCのポイント料金は業界のなかではやや高い方です。

ただし、大手出会い系サイトのなかでは会員数が少ないので、定期的に利用する展開にはならないはず。

つまり、ポイントをたくさん購入する必要はなく、割高とはいえさほど気にならないことでしょう。

<WEB版YYCのポイント料金:銀行振込>

金額 ポイント数
1,100円 1,000P
2,200円 2,000P
3,300円 3,201P
4,400円 4,752P
5,500円 6,000P
11,000円 13,000P
22,000円 27,000P
33,000円 42,300P

<アプリ版YYCのポイント料金:iOS>

金額 ポイント数
1,500円 1,363P
4,400円 4,000P
7,600円 6,909P
12,800円 11,636P
28,800円 26,181P
39,800円 36,181P

同性と出会うときの注意点

出会い系サイトで同性のパートナーを探す際は、次のような点に注意が必要です。

  • ●掲示板はニューハーフによる割り切りが多い
  • ●知人同性愛者の元パートナーと出会う可能性がある
  • ●新規会員が少ない
  • ●サル痘などの感染症にかかりやすい

掲示板はニューハーフによる割り切りが多い

出会い系サイトの掲示板には割り切り(お金を払ってセックスする行為)相手を募集している人が大勢います。

同性愛者の場合、割り切りの募集をしている男性会員の8割はニューハーフ

しかも性器を整形しているニューハーフもおり、男性同士とはいえノーマルな人向けのセックスに近くなります。

また、相手は女性に近づくことを目標としているので、「力強い男性のパートナーが欲しい」という人にとっては的外れなコンテンツといえるでしょう。

なお、ニューハーフと割り切りする場合の相場は、1回あたり15,000~20,000円です。

知人同性愛者の元パートナーと出会う可能性がある

同性愛者の世界は狭いので、『好きになった人が知人の元パートナーだった』というのはよくある話です。

これは出会い系サイトにおいても起こり得ること。

人数の少ない同性愛の世界では避けられないことなので、相手の過去は最初から聞かない方が無難

無論、自分の元パートナーについても喋りすぎない方が良いでしょう。

新規会員が少ない

いくらアクティブ会員の多いワクワクメールやハッピーメールといえど、同性愛者の新規会員は少数

よって、容姿や年齢の面で選好みしているといつまで経っても出会えません。

この点は人数の多いノーマルの恋愛と大きく異なるので、選好みせずに『まずは一度会ってみる』という姿勢が必要です。

サル痘などの感染症にかかりやすい

新型コロナウイルスの影に隠れる形でいまいち話題になっていませんが、サル痘も世界的に感染が拡大しています。(日本国内でも感染者が見つかっています)

サル痘は5〜21日間の潜伏期間を経て、発熱や頭痛、リンパ節の腫れ、筋肉痛などの症状がでるのが特徴。

その後は発疹が現れ、状態によっては気管支肺炎、敗血症、脳炎、角膜炎などの合併症を引き起こすこともあります。

このサル痘の感染経路は飛沫感染と接触感染の二種類。

現在確認されているサル痘感染者の多くは同性愛者(男同士)です。

セックスによって感染した可能性が非常に高いと言われており、出会い系サイトで出会ったばかりの人とセックスするのにはそれなりのリスクがあります。

また、2022年11月時点で日本では予防ワクチンの一般接種は認められておらず、具体的な治療薬もありません。

出た症状に応じた治療法のみとなっているので、万が一症状が出たら一刻も早く受診するようにしてください。

まとめ

この記事では、同性愛者向けにおすすめの出会い系サイトをご紹介しました。

料金、検索機能、会員数という三つの点を考慮すると、ワクワクメールがもっとも出会いやすいといえます。

また、ステディな仲のパートナーではなく、その場限りのセックスを楽しむのならPCMAXの掲示板で探すのが効果的です。

ただし、どの出会い系サイトであれ同性愛者の人数は限られているので、一通りアプローチし終えたら他の出会い系サイトに乗り換えた方が良いでしょう。