2018.02.14

セフレにしやすいタイプの女の子

セフレにしやすいタイプの女の子

女の子の中にはセフレにしやすい子としづらい子がいます。
セフレにしやすい子は比較的容易に落とすことができるので、タイプさえ見抜くことができればあとはその子に合わせてグイグイ攻めていくだけでOKなんですが、セフレにしづらい子はどれだけ攻めても微動だにしないのでよほど気になる相手じゃなければ時間をかけるだけ無駄とも言えます。

では、セフレ化しやすい女の子とはどんな子なのでしょうか?
その特徴を以下にまとめましたのでぜひ参考にしてください。

恋愛体質

彼氏がいなければ生きていけない、彼氏のいない人生なんて考えられないというタイプの子です。
恋愛体質というよりも恋愛依存に近いですが、彼氏がいなければ存在価値を見出せないという思考を持っているのでそのポイントを狙うと簡単にセフレ化できます。

ただし精神的に不安定な側面もあるので、関係を止める時はやや面倒なことになる恐れもあります。
あと、恋愛感情を持たれやすいのでセフレ関係を継続できる期間が限られるというデメリットもあります。

押しに弱い

頼まれると断れない、男性からの誘いをはっきり拒絶できない、といったタイプの子はとにかく押しさえすれば落とせる可能性大です。
そもそも押しに弱いタイプの子は自分の意思がなく、本当に嫌だと思っていても口にできなかったり、それすらも考えていない節があるので男性のペースに持っていけばすぐに流されてしまうのです。
「ねぇ、一度会ってよ。お願い」と何度も誘えば女性も断り切れなくなって会ってくれるかもしれません。

しかし、これが通用するのはあくまでも押しに弱い子限定であり、尚且つはっきりと拒絶されていない場合のみです。
思い込みでグイグイ押しすぎるとストーカー行為として訴えられる可能性もあるのでほどほどに。

上京してきたばかりの子

地方から上京してきたばかりの子は基本的に孤独です。
家族とも離れて暮らすうえに、身近に知り合いもいないわけですから、ネットワークができるまでは寂しい生活を強いられることになります。
そこに親身になってくれる男性が現れたらその人を信用してしまう可能性は大いにあるでしょう。

上京したばかりで右も左もわかりません、という子は少し親切にすればすぐ信用するのでピンポイントで狙い撃ちしてみるのもいいかもしれません。
ただし、地方から出てきた子は出会い系や職場で別の男性を見つけることも多いので、セフレ期間を継続するのが難しいという側面も持っています。

寂しがり屋の子

寂しがり屋の子はとにかく何かの依存していないと心が休まらないという習性を持っています。
特にネットは手軽に利用できるということもあって、依存する対象になりやすく、出会い系で色んな男性と関係を持っていることが多いのも寂しがり屋の子特有の傾向です。

あまり趣味がない、仕事以外にすることがない、楽しみがないというちょっとメンヘラ的要素も持っていますが、寂しさに付け込めば即セフレ化できることは間違いありません。その一方で、寂しがり屋の子は男性に依存する気持ちが強いため一度関係を持ったら別れるのに苦労するデメリットもあります。
一度きりの遊びなら最適のタイプですが継続すると別れるときにトラブルになることが大いに予想されるので、長く関係を持つことはありまおすすめできません。

シングルマザー

離婚歴がありかつ子供がいる女性は新しい恋人を作ることに躊躇している節があります。
ただでさえ一度結婚に失敗しているのに、それに加えて子供もいればそう易々と次の彼氏を見つけることもできません。
なので、将来のことを考えなくて済むセフレという関係はシングルマザーにとってとても楽であり、心地よい付き合いとなるのです。

相手の性格にもよりけりですが、セックスだけを楽しみながら上手く関係を継続していくことができるタイプの女性ではあります。
人生経験も豊富なので割り切った関係にも理解を示してくれるのもシングルマザーの特徴です。

主婦

主婦はこの中でもっともセフレに相応しいターゲットです。
というのも、主婦はそもそも既に結婚している身ですから恋人になってほしいとせがむこともないですし、あなたが望みさえすればお互いに都合のいい関係をずっと継続することができます。

ただしその関係は浮気の事実がバレないことが前提に成り立つことなので、不貞行為の事実を隠し通せる自信のある人向けであることも事実。
また家庭があるために会える時間などが限られているデメリットもあります。

どうやってアプローチすれば良いのか?

セフレという言葉を聞くとどうしても「不倫」や「割り切り」といった人目を気にするような関係を連想させますが、実際のところセフレを希望するのは既婚者ばかりではなく10代20代の若い女性もかなりたくさんいます。
もちろん彼女たちは最初からセフレを希望しているわけではありません。むしろ男性に対して警戒心を持っている女性がほとんどですから、例えば出会い系サイトの掲示板などで「セフレを探しています」というような書き込みを堂々としている女性がいればそれは高い確率でデリヘル業者かサクラだと思っていいでしょう。
逆にセフレ候補となり得る女性の場合は掲示板に「会うつもりはない」「メル友だけを募集している」という具合の書き込みをしています。

これだけを見ると、会うつもりもない女性をセフレにできるのだろうか?と疑問を覚えるかもしれませんが、その警戒心を逆手にとることができればセフレにすることは容易です。
特に出会い系サイトやSNS上で接触する時、ほとんどの女性は相手に多少の不安を抱いています。
疑心暗鬼に囚われている女性に対して「セフレになってよ」「LINE教えて」というメールを送ってしまえば返信は100%返ってきません。

そんな時は「会わなくてもいいからメールだけしよう」と、女性に合わせるようにするのがベストです。
警戒させないように心掛けていれば女性はあなたのことをいい人だ、と認識するようになり、メール交換を交わしていくうちに自然と興味を持ってもらえます。

しかし実際に会う段階に突入しても焦ってボディタッチを繰り返してしまわぬよう、ここでも注意が必要です。
執拗なボディタッチは女性の信用を一気に打ち砕く力を秘めていますし、何よりも初回で気持ち悪い人だと認定されてしまえば次回に繋がる可能性はほぼゼロに等しくなります。

そのため、会ってからも女性と親しくなるまではボディタッチを控えるようにして信頼関係を築くことに努めましょう。
セフレにするための第一歩はいい人だと思ってもらうこと。これに尽きるのです。

セフレを作るためには女心を理解する

前項でも既に触れましたが、女性は性欲があってもそれをオープンにすることはありません。
どれだけ欲求不満な時でも「誰でもいいからセックスしたい!」という気持ちは女性の中には生まれません。
これは男女の根本的な価値観の違いと言いますか、脳内の作りが根本的に違うためでもあるのですが、男性の本能への理解を女性に求めてもそれは到底無理な話なのです。

セフレ関係でもOKだという女性はそもそも最初からセフレを希望していたわけではなく、気が付けばセフレになっていたというパターンがほとんどです。
つまり「恋愛感情が生じて本当は恋人になりたいけれど、それを告白してしまうと今の関係が崩れるような気がするのでセフレを継続している」だけに過ぎないのです。
なので、セフレであろうがなかろうが、女性は恋愛感情なしには男性とセックスすることはできません。

しかし男性はそうではありませんよね。
その辺りの違いをよく認識したうえで女性を口説かなければいつまで経ってもセフレを作ることはできないというわけです。

あと、セフレができない男性の特徴として狙っている女性が的外れという点もあります。
例えば、貞操観念に強いこだわりがあってセフレ関係に嫌悪感を抱いている女性が相手だと、どれだけ一生懸命アプローチしても口説き落とすことは不可能です。
それどころか益々嫌われます。

セフレは男性にとっては非常に便利な存在ですが、女性にとってはメリットの少ない関係性です。
場合によっては大きなリスクも秘めているのでセフレという言葉に露骨に嫌な表情を浮かべる人も少なくありません。
なので、まずはそういった男女の関係にも比較的寛容な考え方を持っている女性をターゲットにすることをおすすめします。

とはいえ、先ほども述べた通り、女性はセックスがしたくてもそれをオープンにさらけ出すことはしませんから、雰囲気や反応から様子をうかがう必要があります。
そういう意味では出会い系サイトに登録している女性は比較的ハードルが低い傾向にあるので、ストリートナンパや合コンに比べてセフレにも理解を示してくれる人が集まりやすいのが特徴です。

出会い系サイトと言えばアンダーグラウンド感の強いイメージがありますが、サイト選びさえ間違わなければ安全に、かつセフレ候補となる女性を見つけることができます。

スペックはやや低めが狙い目!

とにかくかわいい女の子、スタイルのいい子、好みの子、という具合に自分の欲望が先行してしまいがちですが、セフレ作りの場合においてはやや低めのスペックを狙う方が後々上手くいく確率が高いです。
奇跡的に美女とセックスできたとしても1回限りで終わるか、遊ばれたことに相手が激怒してトラブルになる可能性が極めて高いです。
安心してセフレ関係を継続させたいのであれば少し低めのランクの女性をターゲットにして、徐々に接近していった方が上手くいくでしょう。
というのも、こういうタイプの女性は男性からのアプローチになれていないので積極的に押してくる男性には弱い習性があります。

また、一度男性のことを好きになるとそのまま流されてしまうという弱点も秘めているので、相手が好意を持ってくれさえすれば後は楽々セフレの関係に持ち込むことができるのです。
ただし、セフレになったからと言って手抜きをすることは禁物。
女性は男性の仕草や言動に敏感なので、優しさや配慮が見えなくなるとすぐに気持ちが冷めてしまいます。
セフレになった安心感から女性を蔑ろにしてしまう男性も多いと思いますが、維持するにはそれ相応の時間や労力を割くのは必須であり、努力を怠ればすぐに関係は崩れてしまいます。

出会い系サイトでも「セフレになってくれる子募集」「セックスしたい子いませんか?」といった書き込みをよく目にしますが、こうした書き込みに食いつく女性はまずいませんし、居たとすればそれはサクラか業者です。
女性を楽しませる努力、飽きさせない努力、相手を思いやる気持ちと気遣いはセフレであろうとも忘れてはならないポイントです。
逆にこれらを忠実に守っている男性はセフレを常時2~3人キープすることも容易ですし、相手から恨まれたりトラブルに発展することもありません。

そしてあなた自身の信頼度を高めるためにも、日頃から誠実で紳士的な対応を心掛けるようにしましょう。
そうするだけでも、女性からの評価はぐんと高まるはずですから。

セフレを作る時は可愛くない女の子から狙い撃つべし!

美人とブスはどちらも落とす難易度としては変わらない

「美人を落とすのは難しい」「自分と不釣り合いな気がして手が出せない」と思ってあえてランクを下げている人は多いんじゃないでしょうか?
しかしこれは大きな勘違いです。
可愛い子でもブスの子でも落とす難しいさと言いますか、それまでの工程はほぼ変わりません。身体的特徴が異なるだけで、脳はまったく同じ『女性』の考え方ですから、基本的にはアプローチも手段も手間もたいした違いはないんです。

美人だから落とすまで時間がかかるとか、ブスだから早く攻略できるとか、そんなマニュアルはありませんし、むしろ難易度はそれぞれの性格や個性に影響される部分が大きいと思うので、外見はその付属程度に考えておいた方がいいかと思います。
まぁ、極端な話をすると、どれだけブスで男性から人気のない女性をターゲットにしても、相手があなたに興味がなければ時間をかけて口説いてもまったく意味がありませんし、そもそも相性が悪い女性とはセックスまで持ち込むことができません。

この相性というのは外見的な要素よりも雰囲気とか話し方とか趣味といった内面的から発せられる要素の方がはるかに大きいと思います。
街中を歩いているとたまにいませんか?
普通レベルの男性と究極美人が腕を組んで歩いている姿を。
あれは愛人契約とかその道のプロのお姉さんってわけじゃなくて、本当に純粋に恋人関係にあるカップルです。

失礼ながら誰がどう見ても不釣り合いな見た目なのでちょっと違和感を覚えるものですが、ああいうカップルは内面の相性、つまりフィーリングで結ばれているんです。だから外見の不釣り合いも気にならないんですね。
ちょっと話が逸れてしまいましたが、結論としては相性さえ良ければ美人であろうとブスであろうと落とすことはできるってことです。

しかしブスの方が口説きやすいのは事実

これは「好き」「嫌い」という感情によってコミュニケーション能力が左右されるため、あえてブスを選んだ方が結果的に上手くいく確率が高まるからです。
分かりやすく以下にご説明していきましょう。

意識している人とは上手く会話することができなかったり、自然に話せなくていまいち盛り上がらなかった……という経験をしたことはないでしょうか?
これは自分の中で無意識のうちに「上手く話そう」とか「いいところを見せよう」という意識が働いて、逆にいい自分を見せられないためです。

しかし、タイプじゃない女性と会話している時は変に相手を意識することもないので自然と自分をさらけ出すことができますし、共通点が見つかれば自然と会話も弾みますよね。
これが美人とブスの違いです。
ブスの子といっても人によって見方も違いますし好みもありますので、ここでは興味のない子としておきましょうか。
興味のない子が相手だと100%の実力を発揮することができますが、好みの女の子だとその半分の力も出せずに終わってしまうことが結構あります。

面接、試験、試合、などの大事な場面に置き換えても同じことが言えますよね。
『意識する』という感情は行動や会話にも大きく影響し、意識すればするほど本来の実力を発揮できないものです。
だからこそ、最初からタイプの女の子で攻めていくよりもあまり興味のない女の子で練習した方がいい結果が得られやすいのです。

美人の子が相手だとそれだけで恐縮してしまって上手くアプローチするとか口説くどころの話じゃなくなりますが、ブスの子が相手なら「ダメでも次に行けばいいか」という余裕も生まれて、その余裕がさらに魅力に繋がって女の子を簡単に落とせるというわけです。

美人は競争率が高い

モテる女の子は常時色んな男性からアプローチを受けていますからやはり競争率はブスの子よりも高くなります。
これはどうしようもありません。
競争率と難易度は比例するかしないか?という点においてはそれぞれの受け止め方だと思いますが、出会い系サイトにおいては確実に比例しますし、競争率の高い子はそれだけ難易度も高いです。

また美人の子は実生活でも男性にチヤホヤされて生きてきたために、その影響をがっつり受けた恋愛観や考え方を持っています。
逆にブスの子は今まで男性から言い寄られたこともなければ「可愛いね」「綺麗だね」と褒められたこともないので、競争率も低い上に落とすのも簡単です。

美人の攻略が難しいというわけではありませんが、ただ、効率的に無駄なくセフレを探すことを目的とするならば最初はブスの子から狙っていった方がいいのは確かです。
ブスの子で口説き方を練習してセフレの作り方をある程度マスターしてから美人の子にシフトしていった方がスムーズにセフレを作ることができるでしょう。

セフレは一般的にどのぐらい理解される存在か

Q.まず、あなたはどれに当てはまりますか?
A1.セフレがいた経験はないが作りたい!
A2.セフレがいた経験あり!今後も作りたい
A3.セフレがいた経験あり!もういいかな
A4.自分はセフレを作らないけど、他人のことは干渉しない
A5.セフレを作る人は理解もできないし、自分は絶対に作らない

一般的にセフレがどのぐらいオープンな存在か調査してみました。
対象年齢は男女とも20代-50代とランダムですが、おおよそセフレに対してどのぐらい寛容な感覚を持っているか、また男女での違いもわかるかと思います。

男性

Powered by TSBA.mobi GoogleGraph Wordpress plugin

1位 経験はないが作りたい!
2位 理解もできないし、自分は絶対に作らない
3位 経験あり!今後も作りたい
4位 自分は作らないけど、他人のことは干渉しない
5位 経験あり!もういいかな

女性

Powered by TSBA.mobi GoogleGraph Wordpress plugin

1位 理解もできないし、自分は絶対に作らない
2位 自分は作らないけど、他人のことは干渉しない
3位 経験はないが作りたい!
4位 経験あり!もういいかな
5位 経験あり!今後も作りたい

■編集部からのコメント
経験ありなしに関わらず作りたいと回答したのは、男性5割強、女性2割です。
拒絶反応を起こされる可能性は男性約3割、女性5割強。

セフレを複数同時に作った経験がある男性のコメントでは、彼女かセフレかをはっきりさせない、SNSなどでふたりの写真を上げたりしないという関係を公にはしないというものがありましたが、一般的なセフレに対する理解度を意識した結果そのほうがいいと判断したのでしょう。

セフレ経験豊富な人は少数派でしたが、意見を聞きながらセフレとあとあと揉めたりしない基本事項を『セフレ初心者キット』にまとめました。
セフレ初心者キット

お互いの関係についてハッキリさせない(彼女なのかセフレなのかをハッキリ言わない)

デートはめったしない

会うときは予定は立てずギリギリに決める

未来の話はしない

メールやラインを含めたコミュニケーションは聞き役に徹する

自分の友達を紹介しない/相手の友達にも会わない

一緒に写真を撮らない

重要なイベントはひとりで行く

どういう関係なのかを迫られたら混乱する(フリをする)

共通点はセックスのみに留める

いつも誠実な態度で接する

すべてをプライベートにする(関係を公にしない)

セフレに関する記事は『セフレの作り方を徹底検証!今最も出会い易い方法とは』も合わせてご参考ください。