出会い系サイトの攻略法

2017.05.10

ポケモンGOの出会い系アプリ「Pokematch」とは

1、社会現象にまで発展したポケモンGO

日本国内でポケモンGOが配信されるや否や、ポケモンGOに関連したアプリが続々と世界中で開発されこの騒ぎに便乗しようという動きが高まっています。
今回ご紹介する「Pokematch(ポケマッチ)」もそんなポケモンGOの騒動に乗っかって作られたアプリのひとつ。
Pokematchは3人の起業家たちがわずか3日間という製作期間で作り上げたポケGOプレイヤー向けの出会い系アプリで、ポケモンGOをしているプレイヤー同士が繋がりあえる場を提供することを目的とした健全なサービスとなっています。
出会い系サイトというと、どうしてもセックス目的や男女の出会いを目的としたツールというイメージがありますが、Pokematchでは、出会いたい相手の項目を『男性に興味がある』『女性に興味がある』『男女ともに興味がある』『それ以外に興味がある』『友達を探しているだけ』という豊富なカテゴリーから選ぶことができるため、恋人やセフレ探しだけをベースに作られた出会い系サイトとは少し趣旨が異なるようです。
使い方は非常にシンプルで、GPS機能を使って近くにいるユーザーを画面上に表示し、出現したユーザー画面を右にスワイプすると「Catch」、左にスワイプすると「Run away」になります。
お互いが「Catch」の動作をすると通知が届いてメッセージ交換が可能となる仕組みです。
PokeMatchはリリース後わずか4日間で1万組ものカップルを成立させており、今後もその数字の向上が期待されていますが、ほかの出会い系サイトとの差別化かポケモンGO以外にほぼ皆無である点も今後改善していくべきポイントだとされています。

2、Pokematchと出会い系サイトとの違い


ポケモンGOのような現実世界を舞台とするゲームはプレイヤー同士がリアルの場で共通点を持ちそこから関係性を深めていくことができるため、基本的に学校や職場で知り合う人々とほぼ変わらない形で交友関係を広げられるというのがPokematchの最大の特徴だと思います。
またきっかけがポケモンGOなので、熱烈なポケモン愛を持つユーザー同士が集まれば話も弾みやすく、一緒にポケモンを探しているうちに関係が深まるという利点もあります。
一方、出会い系サイトの場合は、サイト内でメッセージのやりとりをしてからリアルの場で初対面をするため、現実の世界で知り合うまでメールというワンクッションを置く必要があります。
これが吉と出るか凶と出るかは人それぞれですが、出会い系では大抵「メールとイメージが違った」なんて思われて結局その後の発展も期待できないパターンが結構頻繁にあります。
ポケモンGOだと最初からお互いの外見や雰囲気は既に知っているので『イメージが違う』という問題についてはクリアしているといってもいいでしょう。
また、ポケモンGOでは街の至る所にポケストップと呼ばれるスポットが配置されており、たくさんのポケGOユーザーが待機しています。
そこに出向いて「ポケモンGOですか?」などと話しかけたり、Pokematchでスワイプするなりすればそこから親しくなれる可能性もあります。
出会い系サイトでサクラかどうかも分からない女性を選り好みして、やっとの思いでメッセージを送っても結局音信不通になってしまうことに比べたらメールのやりとりが省略される分効率的であることは間違いないでしょう。

3、援助交際の温床になる可能性も


ポケモンGO、並びにポケモンGOに関連するマッチングアプリは年齢確認などの認証も特に定められておらず、とりわけポケモンGOに関しては小学生であろうと利用することができるシステムとなっています。
まぁ、ゲームアプリなので年齢確認の義務がないのは当然と言えば当然なのですが、小中高生がこれだけ夢中になっているアプリですから、今後ポケモンGOを悪用した事件が起こる可能性も否定はできません。
特に援助交際に関しては、一般の出会い系サイトでは堂々と募集をすれば確実に削除対象となりますし、そもそも未成年者が出会い系に登録することは不可能ですから、ポケモンGO関連の出会い系アプリで援助を募る書き込みややりとりが行われることも考えられます。
健全かつ真面目な出会いを目的とするならば、Pokematchの利用も決して悪くはありませんが、出会い系サイトのように規制や監視体制が十分ではない以上、あらゆるトラブルに巻き込まれることも予め理解した上で利用する必要がありそうです。
逆に未成年者の利用や犯罪に巻き込まれるリスクを考慮するならば、優良サイトで出会いを探した方が安心だと思います。