出会い系サイトの攻略法

2017.04.12

女の子に返信する時はネガティブワード&文章量に要注意!

女性は長文メールが嫌い?

可愛い女の子とメールのやりとりができるようになったら気持ちもハッピーになってついつい長文メールを打ってしまうことってありますよね。
もっと色んなこと話したい!もっとたくさん相手のこと知りたいし知ってほしい!という気持ちは尤もなんですが、まぁこの長文メールは女性から「気持ち悪い」と思われる代表的なパターンでもあります。
かなり残酷な表現になりますが、「嫌い」というよりも「気持ち悪い」って感覚の方が近いと思います。
「いやでも長文メールなんか送ってないから全然問題ないよ」と思っている方はとにかくスルーしないで一通り目を通してください。
基本的に長文メールを送っている男性のほとんどは「自分は長文を書いてる」と自覚していません。
自覚がないまま長文メールを送って気持ち悪がられて嫌われるパターンを自然と歩んでいます。
しかし、多くの女性はそれを指摘せずフェードアウトしていきます。
なぜかと言うと、見ず知らずの他人にその理由を説明するのが面倒だからというのもありますが、それよりも何よりも、長文メールを送ってくる男性に対しては「ストーカーになりそうで怖い」というイメージが定着しやすいからです。
もちろん長文のすべてが悪いというわけではありませんし、長文なら必ずストーカーに認定されるわけでもありません。
ただ、長文メールというのは相手に関係ないこと、相手がどうでもいいと思うような情報まで盛り込んでいる節があります。
この「どうでもいいこと」と「相手に関係ないこと」の2つが合わさった時に気持ち悪いという感情が生まれるんですね。
長文メールは文通がデジタル版みたいなものですから、要はお手紙を相手に送り続けているのと同じです。
現実に置き換えてイメージしてもらうと分かりやすいですが、例えばあまり親しくない職場の同僚やバイト仲間から突然長い手紙をもらったらあなたはどう思いますか?
ちょっと引きますよね?
それが毎日続けばどんな感情を相手に抱くようになりますか?
「この人ちょっと怖い……」って思いませんか?
これと同じ感覚です。
例え出会い系サイトで知り合った子であっても、ひたすら長いだけのメールを送れば恐怖しか感じないってことです。
むしろ出会い系だからこそ恐怖しかないという側面もありますね。

文字量はデバイスによって変わる

あなたは普段どのデバイスを使って出会い系サイトにアクセスしていますか?
恐らく大半の方がスマホかパソコンのどちらかから接続されていると思いますが、ここで気を付けたいのが文字の見やすさです。
パソコンからメールを打っている場合、当然のことながら画面が広い分たくさんの文字を打っても特別長文だと感じることは少ないかもしれません。
ただ、これがスマホに切り替わった途端、想像を絶するほど見づらくなります。
スマホからアクセスしている人にとって長文メールはストレス以外の何ものでもありません。
スクロール操作もしづらい、文章量が多すぎるあまり圧迫感がある、この長文に対して同じくらいの文章量を打つのかと思うとゾッとする、といった具合です。
メールを続けることももちろんですが、相手にメールをきちんと読んでもらうためには、読んでくれる相手の気持ちを最大限に考慮し、負担を与えない程度の文章量で送るのがベストです。
改行せず文字制限ギリギリまで活字で埋め尽くされたメールはとても目が疲れますし、一歩間違えれば呪いをかける呪文にしか見えません。
時間をかけて言葉を選んで作ったメールも相手に読まれなければ意味がありませんよね。
なので、自分の感覚でメールの文字量を決めるのではなく、相手の環境に合わせて適切な文字量を送るようにしてください。

基本は5行以内・ワンスクロールで

ここまでのご説明で何となくお分かりいただけたと思いますが、長文のやりとりは基本的にリスクが高いです。
キモい認定される、見づらい、といったデメリット以外にもメールを打つのが億劫になるという致命的な欠点があります。
チャットのように2~3行程度のメールをポンポンやりとりするだけなら手の空いた時にいつでも返信できるという感覚があるので自然とラリーも続くのですが、長文だと返事の内容をわざわざ考えなければいけない、書き込まれた情報量と同じくらいの情報量を返さなければいけない、という実に手間暇のかかる工程が待ち構えています。
このプロセスを返信するたびにクリアするとなると、メールの中身に特別問題がなかったとしても段々面倒になってくるものです。
ただでさえ女性側は多くの男性からアプローチを受けています。
その1つ1つをチェックすることもままならない状況の中で、長文メールに付き合うほど奇特な女性は居ないと言ってもいいでしょう。
つまり、少しでも女性からの返信アップの可能性を高めたいなら、長文メールは封印して返信しやすい短文メールに切り替えるのが吉というわけです。
だからと言って
「今日何してたの?」
「元気?」
みたいな極端に短すぎるメールも女性受けが悪いのでほどよい長さで切り上げるのがベターです。
何事もそうですが、もう少し食べたい、もう少し遊びたい、という気持ちを残したまま絶妙なタイミングで切り上げると楽しい気持ちが倍増して次の機会への期待が高まりますよね?
メールもそれと同じです。
やり過ぎると飽きられてしまうし、控えすぎると興味を失ってしまうということです。
この腹八分目テクニックを徹底していれば自然とメールも続くようになるかと思います。

何でも正直に言えばいいというものではありません

「彼女と別れたばっかりなんです」
「リストラされて無職です」
といった情報をありのまま公開している男性もいますが、こういった言動は自ら圏外へ猛突進しているようなものなので自粛されることをおすすめします。
多くの女性はネガティブワードを発する男性に対して交感を抱きません。それどころか一発即退場となる可能性大です。
弱音を吐くことや甘えることが悪いという意味ではなく、公の場でそういった言葉を発していることが問題なのです。
寂しくてつらい気持ちを理解してほしい、癒してくれる女性に巡り会いたい、と思うことは自由ですが、それをあえて言う必要はありませんよね?
ちょっと考えてみてください。女性は何を期待して出会い系サイトに登録しているんでしょう。
新しい出会い、気の合う異性を見つける、楽しい時間を共有する、つまらない毎日を少しでも変えたいetc……ですよね。
間違っても暗い人生を歩みたい!人の不幸を背負いたい!なんて思って登録している人はいないでしょう。
ということは、女性も楽しく明るい時間を過ごしたいわけですよね。
そんな期待を抱いている中でネガティブワード丸出しの男性が現れたらどう思うでしょう?
「うわっ暗そう」「なんか面倒だな」「こっちまで嫌い気持ちになるから嫌だ」と思われるのがオチじゃないでしょうか。
ありのままの事実を伝えることは決して間違いだとは言いません。がしかし、それを聞く相手の気持ちも考えた上でワードを選ぶようにしてください。
ネガティブワードを聞いて幸せに気持ちになれる人はいません。
女性は男性と楽しい時間を共有するために出会い系に登録していますし、楽しくなければメール交換を続けたいと思いません。
ネガティブワードを連発する人は癖でそうなっている部分もありますので、意識的にメールを読み直す癖をつけてネガティブワードが含まれていないか確認するようにしましょう。
本人に自覚がなくても受け取った相手がネガティブだと判断すればそれはネガティブな発言になります。
メールを読む相手が楽しくうれしい気持ちになれるような文章作りを心掛けてください。

俺通信が嫌われる理由

俺通信とは

好きな女の子にこれでもかと言うくらいマメに連絡しているのになぜか一向に返信をもらえない。メールが来たと思ったら想像していた以上にそっけない返信でガッカリする。こんな経験をしたことはないでしょうか?
その原因、もしかしたら俺通信を送ってしまっているからかもしれませんよ。
俺通信とは、取るに足らない日々の出来事を毎日毎日LINEやメールで女の子に送ることを言います。
送信者は全く自覚がなく好意で送っていることがほとんどで、メッセージを受け取った側にとって全くメリットのない情報ばかりなので連絡が来るたびにストレスが蓄積されるという非常に厄介な行動。
おまけに送信している側に悪意がないために俺通信を非難することもできず、かといってどのようなリアクションをとればいいのか対応に困る内容がほとんどのため、気が付いたら連絡が来なくなっているパターンが多いのです。
では俺通信がどういった内容のものを指すのか、以下にその例文を記載していきます。

「今から友達と飲み会!久々だから楽しみだなー。俺結構お酒弱い方なんだよね。早く帰ってこれたらまた連絡するね」

「おはよう!今日は朝から会議でそれが終わったら得意先に移動~ハードスケジュールだけど頑張ろう」

「ただいまー。さっき仕事終わってジム行って帰ってきたよ。昨日は遅くまで残業してたから今日はぐっすり寝られそう」

といった、まさに誰の得にもならない何の意味もないオチひとつないメッセージのことを言います。
何とか好きな子の気を引きたい、毎日連絡を取りたいという気持ちが先行するあまりこういう退屈メールを延々と送り続ける男性が急増しているのです。

“”女の子はマメな男性が好き””は嘘?

女の子はマメに連絡をくれる人が好きなんてよく言いますよね。
確かに連絡無精な男性よりもマメに連絡くれる人の方が好感度が高いことは事実でしょう。
しかし、どんな男性からもマメに連絡をもらって嬉しいわけではありません。これは男性でも同じことがいえると思いますが、やはり好意を寄せている相手からマメに連絡をもらえば嬉しい気分になりますし、それほど好意を寄せていない相手からだと反応もそれなりになりますよね。
もっと言ってしまうと、好きな男性からのメッセージなら例えその内容が俺通信だったとしても別に構わないわけです。
興味と感心が前提のある場合はどれほどつまらない内容のメッセージでも最高に楽しい内容に変換されますし、それこそ「おはよう」とか「今日もいい天気だね!」みたいな薄っぺらい短文でも全然OKなんです。
でも、好意がない男性から同じように「おはよう」と送られてきても女の子としては「えっ?どう返せばいいの?」ってなりますし、「今日もいい天気だね!」とかになると「そうだね」としか言いようがありません。
よって、それ以上話題が広がらず自然と連絡が途切れがちになるのです。

Twitterのような感覚でメッセージを送るのはNG

SNSの普及により誰もが手軽に日々の出来事を自己発信できる時代となりました。しかしその反面、自己発信することだけに囚われてそれを見る相手が何を思うのか、どんな反応をするのか、という想像に欠けてしまっているのも事実です。
例えばTwitterなんかだと、その時あった出来事を短文形式で手軽につぶやいて発信できますが、この要領で女の子にもメッセージを送っても相手はどう反応していいのか分からなくなってしまいます。
TwitterやFacebookなどは個々のひらめきや気持ちが集まったスペースにしか過ぎません。つまりそれらの意見や考えは決して交わることはありません。というより、交わることを目的として作られていません。
一方で出会い系サイトはどうでしょうか?出会い系で知り合う男女は互いを理解し関わりを持つために登録している人がほとんどだと思います。
一方的な発信を求めて登録している人はいませんし、その発信の受け入れを望んでいる人もいないでしょう。
つまり出会い系とSNSは人との関わり方が根本的に違うので、SNSと同じ感覚で出会い系サイトをやっても女の子とやりとりを続けていくことは難しいということなんです。

相手が楽しいと感じる話題を心掛けて

自分が楽しいと思うことなんだからきっと彼女も楽しんでくれるはず!と思っている人は多いですが、これは残念ながら間違っています。
あなたにとって楽しい話=彼女にとっても楽しい話ではありません。
特に俺通信に関しては女の子にとってメリットのない話題が中心なので楽しいどころか退屈だと感じている人がほとんどでしょう。
俺通信を送ってしまっている人は、この機会に一旦自分のことを発信するのを止めて女の子が興味関心のある話題に切り替えてみてください。
話題は趣味、仕事、食べ物、ファッション、恋愛などどんなことでもいいです。
女性が楽しめそうな話題を中心に振って相手が喋りはじめたら聞き役に徹しましょう。
SNS上で例えるなら拡散したくなるような面白いネタを振るのが一番おすすめです。

「この前こんな面白い動画見つけてさー」
「今話題になってる映画観てきたんだ」
「すごい流行ってるから早速ポケモンGOやってみたよ」

みたいな感じですね。
旬な話題から入っていってもいいですし、巷で聞いた面白いネタを「ねぇこんなの知ってる?」っていう風に教えるのもありだと思います。
これなら女の子も楽しく聞くことができますし、あなたとの会話に興味を持ってもらえますよね。
興味を持ってもらえるということは、その延長線上に””あなた自身に興味が移る””という可能性も大いにあるわけです。
まずは自己発信と日常ネタから脱却して””女の子が楽しめる話””を模索していくようにしましょう。そうすれば少なくとも相手は返信に困ることはありませんし、あなたとのやりとりを楽しいと感じるようになります。

追撃メールは最悪ブロックされる可能性もある


毎日欠かさずメールしていたのにある日突然女の子から返信が来なくなった!なんて経験をされた人もいるんじゃないでしょうか?
それまで話も盛り上がってイイ感じになっていたならなおさら「なんで返信が来ないんだろう?」「何か悪いこと言ったかな?」「ほかにいい人見つかったのかな?」なんて色々考えて不安になってしまうものですよね。
早くその不安感から抜け出したいあまりつい相手の返信を待たずに追撃メールを送ってしまうこともあるかもしれませんが、これは絶対にやらない方がいいです。
「じゃあいつになったらメールしてもいいの?」っていう疑問が飛んできそうですけど、まぁ最低でも1週間くらいは時間を置いて様子を見てほしいなと思います。
相手はあなたのことを意図的に無視しているかもしれないし、体調が悪くて連絡できないのかもしれない、はたまたトラブルに巻き込まれてメールどころではないのかもしれない。メールは相手の状況が分からないだけに色んなことを想像できますが、もしかしたらの可能性も無くはないので自分の中で勝手に「無視されているんだ」と決めつけて追撃メールを送ると取り返しのつかないことになるかもしれません。
なので、最低でも1週間空けてから次のメールを送るようにした方がいいです。
ちなみに、1週間後に送ったメールに対しても返信がないようであればそれはもう脈なしということで綺麗さっぱり諦めて次に行った方がいいです。
どうしても諦められないなら1ヵ月後、2ヵ月後という感じで再挑戦するのもありですが、物事には限度というものがあるので””時間さえ置けば何度でもメールしていい””というわけではありません。
返信がないこと=断りのサインとも受け取れますし、大半の人はそう判断するでしょう。
本当に大切な人からのメールならできるだけ早く返事したい心理が働きますし、仮に時間が経っても必ず返信するものです。
待てど暮らせど返信がないということは相手の中であなたの優先順位が低いことの表れでもあるわけです。
このサインを無視してひたすらメールを送り続けると最終的にはアドレス変更されるか迷惑メールに指定されます。
LINEでやりとりしているなら真っ先にブロックされますね。
ブロックされたら可能性を期待することは100%不可能になるので、メールが来なくなったとしてもしつこく連絡するのは避けた方がいいでしょう。