出会い系サイトの攻略法

2017.07.04

中高年世代(ミドルエイジ)の出会い系の選び方

中高年世代(ミドルエイジ)が出会い系で女性と出会うには、PCMAXやイククルといった知名度の高い優良出会い系を使用するのが一番おすすめです。
ここ最近では中高年をターゲットにした出会い系も急増していますが、これらはすべてミドルエイジを騙す目的で作られた詐欺サイトなので決して登録しないようご注意いただきたいと思います。
ここでは中高年が安心安全に出会い系を利用するための方法についてご紹介していきます。

中高年が出会い系を利用する目的

出会い系の中でも大半の割合を占めている中高年層。独身、既婚者、男性、女性に関係なくこのミドルエイジが出会い系利用者の中でもっとも多い世代となっています。
ではなぜ中高年者の利用が多くなっているのでしょうか?
その背景にあるのは、リアル世界で異性との出会いを求めることができない環境にあることが深く関係していると思われます。
社会人になり年齢を重ねるに従って少しずつ出会いの幅は縮小されていきます。
転勤や移動の多い職場であれば出会いのきっかけを掴むことはできるかもしれませんが、そのような場に身を置いている人はごく一部に限られ、ほとんどの人は同じ職場で同じような日常を送っていることでしょう。顔を合わせる人間も毎日同じですから、当然異性と出会う機会などあるはずがありません。
20~30代前半までなら合コンや知人を介して知り合う機会もあったかもしれませんが、中高年にもなるとそのようなイベントなど期待できることもなく、自力で相手を探すほかなくなるわけです。
とはいえ、リアル世界で異性と知り合う場所などなかなかありませんので、手軽に利用できる出会い系に流れ込んてくるという結果になるのです。
また、中高年世代は既に結婚して家庭を持っているケースも多いですが、こうした人たちがひと時の快楽目当てに出会い系に登録しているということも中高年世代が多い理由のひとつとなっています。
独身同士のピュアな恋愛ならば出会い系以外にも婚活市場などで相手を探すことができますが、不倫となるとなかなか見つけられる範囲は限られてしまいます。
しかし現在巷では不倫ブームが巻き起こっているようで、独身者よりも既婚者の方が活発に恋活に勤しんでいます。
家庭がありながら別の相手を探すというのは決して推奨できる行為ではありませんが、中高年世代を中心に出会い系サイトのニーズが高まっていることは事実であり、その結果、不倫専門サイトである「アシュレイ・マディソン」では日本上陸後たった8ヵ月で会員数100万人を突破するほどのユーザーが集まっています。
このように、出会い系を利用するユーザーのほとんどが不倫、割り切り、セックスを目的としており、その大半が家庭を持っている中高年世代ということなのです。

ミドルエイジ専用の出会い系は危険

中高年世代を中心に出会い系が活用されていることは上で記述したとおりですが、中高年層が多いからという理由で出会い系運営側も中高年向けのサイトやアプリを続々とリリースするようになってきています。
中高年向けということで、一見同じような世代が同じような目的で集まるので非常に魅力的なサービスのように思われるかもしれませんが、実際にはこれらのサイトのほとんとが悪質なものとなっています。
特に完全無料と謳っているサイト、アダルト色の強いサイト、不倫やセフレなどの出会いを謳い文句にしているサイトは非常に危険です。
これらのサイトは登録までは無料となっていますが、実際に蓋を開けてみると相場よりも高額な料金設定がなされていたり、退会できない仕組みとなっていたり、登録した個人情報が転売されるなどの詐欺行為のオンパレードで、出会い系などに疎いミドルエイジをターゲットにすることで詐欺行為を繰り返しているのです。
ではなぜ詐欺業者はミドルエイジだけを対象に詐欺サイトを乱立しているのでしょうか?

(1)お金を持っているから

ミドルエイジは出会い系を利用する年代の中でも一番お金に余裕のある層です。
20~30代だとまだまだ金銭的ゆとりもなく、かと言って65歳以上にもなると年金暮らしから切羽詰った暮らしをしている人が多いです。
なので、一番働き盛りでかつ経済的にも安定期に入るミドルエイジを中心に狙う方が業者も安定して稼ぐことができるというわけです。
また、ミドルエイジは遊びに関しても何かと椀飯振る舞いで、「プレミアム会員になればもっとたくさんの女性と出会える」と誘導されれば躊躇なくお金を支払い、「VIP会員限定の優良サイトがある」と言われれば惜しまず大金を支払って入会してしまいます。
そしてさらにサクラに引っ張られてポイントを消費してズルズルお金を騙し取られていくのです。
騙し取られる手口は様々ですが、だいたい流れとしてはこんな感じで、最終的には一度も女性に会えないままお金だけ支払って終わることになります。

(2)サイト慣れしていない

既に上の方でも少しお伝えしましたが、ミドルエイジは出会い系サイトに慣れていない人が多いです。
今の10~30代はスマホ、ガラケー、PCのネット社会を身近に感じてきた
世代なので、見知らぬ人とネットを介して会話することや繋がることに抵抗もなければ逆に危険人物を見抜く術も身につけています。
よって、悪質サイトにも一筋縄では引っ掛かりません。
しかし、ミドルエイジは違います。
出会い系が誕生した時から使っていたのなら詐欺に騙されることもないかもしれませんが、今になって漸く出会い系をはじめたという人はかなり流行やネットに疎いタイプですので、最新の詐欺手口や出会い系被害なども把握していないでしょう。
そのため、現在登録しているサイトが安全なサイトなのかどうかも分からないし、やりとりしている女性が本物かどうかも判別できないのです。
悪質業者はこうした出会い系慣れしていないミドルエイジをターゲットにしているのです。

(3)騙されても泣き寝入りする

自分の立場、社会的信用、家庭といった責任が重く圧し掛かる世代であるがゆえに、仮に騙されたとしてもそれを通報する人はあまりいません。というより、通報できないといった方が正しいでしょうか。
中高年で出会い系をしている人はほとんど妻子持ちです。しかし、出会い系を利用して騙されたことがパートナーにバレれば、詐欺に遭うことよりもっと恐ろしい目に遭うかもしれません。
詐欺に遭ったことは悔しいですが、家庭を壊してまで業者を訴えようとするユーザーは滅多にいないため、どうしても泣き寝入りするパターンが多くなるのです。
そして業者はそのことを熟知した上でミドルエイジを狙っているのです。
気前よくお金を払ってくれて、出会い系にも不慣れで、その上騙されても訴えを起こさないなんて業者にとってこれ以上都合のいいカモはいませんよね。
こうした理由からミドルエイジを狙った悪質サイトが増加しているのです。

安全な出会い系の選び方

上記の点を踏まえると、中高年だけを専門とした出会い系を利用するのはやや安全面に欠ける印象が強く、確実に出会えることを前提にするのであればやはり名の知れた優良出会い系サイトに登録するのが無難であることは言うまでもないことだと思います。
当サイトで紹介している出会い系はいずれも中高年ユーザー限定のサービスではありませんが、既にご存知の通り、出会い系利用者のほとんどが中高年層で出来上がっているので、あえて中高年専門のサイトに登録する必要性もあまりないと言えます。
出会い系ではそれぞれに登録している目的が異なるため、同じ目的かどうかを確認する作業が面倒という理由から不倫や既婚者向けサイトに行ってしまうユーザーもいますが、この判断は大きな間違いです。
確かに一般的に知られている出会い系はメル友から割り切りまで幅広い目的のユーザーが登録しているので、戸惑うところもあるかもしれませんがそれも最初のうちだけ。
多くの優良サイトでは「ミドルエイジ」「大人の出会い」という具合にカテゴリー分けされているので、膨大な数のプロフィールの中から目的に合った人を探す必要もないのです。
また、既婚者なのに登録をしているのは何も男性に限ったことではありません。
実は出会い系では女性の既婚者もかなりいます。しかし、女性の場合はあえてそれを伏せて活動しているので一見独身なのか既婚者なのかは分かりません。
が、やりとりを進めていく中で次第に相手が既婚者だと分かったり、実際に会ってから告白されることもあるので、既婚者限定で探すこともそれほど困難なことではないのです。
このように、一般の出会い系でも中高年や既婚者の募集は無数にあるので、何も不倫や既婚者専門サイトに頼る必要はないのですが、ただひとつご理解いただきたいのは、知名度のある出会い系ほど業者が掲示板を荒らしているということです。
これは優良サイトであるがゆえの宿命でもあるのですが、業者が多いということはそれだけ質の高いユーザーが集まっていることを意味します。
本当に出会えるサイトでなければ業者も張り付いたりしないからです。
特にアダルト系の掲示板は援助交際絡みの書き込みが大半を占めています。これらすべてが業者というわけではなく、一般女性による書き込みも多いです。しかし、どれが業者でどれがリアル女性の書き込みなのかを見極める目を持つことはとても重要です。

ちなみに出会い系サイトには女性のプロフィールを閲覧するだけでポイントを消費するタイプと無料で閲覧できるタイプがありますが、初心者の方は無料でプロフィールを見られるワクワクメール、ハッピーメール、ラブサーチなどに登録した方が何かと安心できるかと思います。

信頼できる運営会社の出会い系を利用する

出会い系自体に知名度があっても運営会社そのものが信頼できるところでなければ登録したくない、という人もいらっしゃるでしょう。
その考えは決して間違ってはいませんが、実際のところ知名度のある出会い系を運営する会社はどれもみな信頼できる企業と言っていいので、その点に関しては特に問題ないと言えます。
「誰もが知ってる有名企業で!」という点から選ぶとすれば、やはりmixiグループが運営するYYC(ワイワイシー)に限定されるでしょうか。
mixiと言えば言わずと知れたSNSの原型とも言えるサービスであり、あのマザーズに上場している有名企業です。
FacebookやTwitterに押されてmixi自体の需要は下降気味ですが、知名度と信頼性においては群を抜いています。
mixiが運営しているだけあって、YYC自体もSNSのような感覚で楽しむことができますし、出会い系に不慣れな人でも手軽にコミュニケーションで人と繋がることができます。
また、日記やつぶやき機能というサブコンテンツが充実していることもあってか、利用しているユーザーも30代以降の落ち着いた世代が中心となっています。
あと、ほかの出会い系にはない特徴として、フリーアドレスひとつで即登録できるという点がYYCの魅力と言えますね。
出会い系に抵抗がある人でもフリーアドレスくらいなら教えても問題ないでしょうし、捨てアドを使えば後は放置しておくだけでOKですから特に支障はありませんよね。
と、ここまで有名企業が運営するサービスにフォーカスしてきましたが、ただひとつ出会い系についてご理解いただきたいのは、有名企業が運営するサービスが必ずしもユーザーにとって良いサービスだとは限らないということ。
別にYYCが悪いサービスとは言うわけではありませんが、アクティブユーザー数、使いやすさ、出会いやすさなどのトータル面で見た時に「YYCが断トツでおすすめ!」とは正直言えません。
サブ的にYYCを活用するなら全然ありだとは思いますが、メインで利用する出会い系ではないんです。
もし本気で出会い系を利用したい気持ちがあるなら、個人的にはPCMAX、イククル、ハピメ、ワクワクメール辺りをおすすめします。
これらのサイトをメインに使用しつつ、サブとしてYYCなどのサイトを利用するようにした方がいいでしょう。

ミドルエイジを狙った悪質サイト

では最後にミドルエイジをターゲットにしている悪質サイトをまとめてご紹介しましょう。

・たんぽぽ
・にちようび
・ひざまくら

上記3つのサイトはすべて「株式会社キートン」という運営会社で、サイトのデザインからシステム、コンセプトに至るまでほとんど同じ内容で構成されています。
おまけにこの詐欺業者は自ら作ったランキングサイトでこれらの出会い系を紹介して誘導するというとんでもない悪質ぶりを見せています。
悪質な自作自演はリスティング広告(検索エンジンの検索結果に応じて自然に表示される広告のこと)にも及んでおり、検索エンジン上に表示される広告だから安心できるということで無知な中高年層が大量に被害に遭われているようです。
一見かなり健全なサイトのように思えるのですが、よくよく見てみると悪質サイトの決定的な証拠がきちんと隠されています。
その証拠というのはメールの代金です。
出会い系のメールの相場はだいたい1通あたり50~70円くらいです。
しかしこの悪質サイトの場合はメール1通につき550円!
優良サイトなら11回メールを送れる金額なんですよね。
で、実際にアカウントを作成して一般会員同士でやりとりをしようとすると「メールboxが満杯なのでメール受信ができません」と表示されます。
いやいや、今登録したばっかりなんですけど?とツッコみつつもう一度トライするもやはり結果は同じ。
サクラと思わしきユーザーにメールを送信すると案の定すぐさまメールが受信されるという始末。
ここで紹介している悪質サイトはほんの一握りに過ぎませんが、世の中に存在する悪質サイトはだいたいこんな感じでユーザーの心理を巧みに騙します。
ランキングサイトで紹介されていたから、口コミで評判が良かったから、運営会社が表記されていたから、インターネット異性紹介事業届出受理番号が書いてあったから……などなど。そのような理由で簡単に信用して登録してしまうなど言語道断。
はっきり言ってこれくらいのことは悪質サイトなら簡単にやってのけますし、デタラメの内容を記入してそれに引っ掛かるカモを待っているだけなんです。
もちろん嘘の情報を流すことは許しがたいですが、現状ネット上にはあらゆる情報が溢れているために詐欺行為ひとつひとつを取り締まるのは極めて難しいです。
なので、あなた自身の目で悪質サイトかどうかを見極めることがとても重要となってくるのです。

まとめ

出会い系に騙された人はその時のショックが大きすぎるあまり、二度と出会い系を利用しようとは思いません。
特に出会い系に慣れていない中高年世代は初めて出会い系を利用するという方も多いでしょうから、ここで悪質サイトに騙されたら出会い系に対するイメージがとても悪いものとなってしまうはずです。
しかし、本当に真面目に運営している出会い系に登録すれば、例え時間がかかっても出会うことはできますし、料金をぼったくられることは決してありません。
まったく出会い系を知らないユーザーも出会い系を楽しめる世の中にするためには、まず一人ひとりが悪質サイトに登録しない騙されない気持ちを待たなければいけません。
「出会い系は素晴らしいサービスだ」と思ってくれるユーザーが一人でも増えることを心から願っています。