出会い系サイトの攻略法

2017.07.10

出会える?出会えない?ラブの実態について

最近ランキングサイトやネット広告などでもよく目にする『出会い系サイトLOVE/ラブ』は果たして本当に出会えるサイトなのか?それとも出会えない系のサイトなのか?気になっている方もいらっしゃるのではないでしょうか。
ラブをランキング上位に表示しているレビューサイトではかなりの高評価の口コミが並んでいるので「もしかしたら出会えるのでは?」という気もしますが、実際のところはどうなのでしょうか。
今回はそんなラブの実態について解説していきたいと思います。

ラブの基本情報

まずはラブの基本情報から見ていきましょう。

サイト名 ラブ
URL http://lovez.jp/
料金形態 ポイント課金制
運営会社 株式会社ANDELL CREATION
会社住所 〒810-0022 福岡市中央区薬院4-1-7 ジェスト薬院ビル204
運営責任者:坂井学
メール:info@lovez.jp
TEL:092-791-4964

となっています。
ラブの公式サイトを開くとセクシー女性の画像がドアップで表示されます。
全面的にエロを押し出しているわけではありませんが、デザイン的には今どきの出会い系らしくありません。
キャッチフレーズは「登録無料で安心!出会える・見つける・新しい恋」だそうです。
ラブではメル友から婚活まで様々な目的に対応しているらしく、写メとプロフィールから好みの異性を見つけてマッチングする形の出会い方を提供しているようです。
まあ要するにマッチングアプリと同じシステムってことですね。
とココまで見てると普通の出会い系のような印象を受けると思うんですが、実はこのラブ、以前にスイートラインと呼ばれるサイト名で運営を行っており、このスイートラインっていうのがとんでもない悪質サイトだったんです。
2015年8月にスイートラインは一応閉鎖という形をとっていますが、ラブはスイートラインをリニューアルしただけなので中身としてはまったく同じです。
スイートラインでは一般男性と一般女性がメールを送りあえない仕組みになっていました。
どういうことかと言うと、女性から男性にメールした時はきちんと届くようなっているんですが、男性からのメールは100%女性に届かないようになっています。
つまり、男性がどれだけメールを送ってもメールを受け取る相手はすべてサクラ。一般女性のもとには届かないということなんです。
男性はリアル女性とやりとりしてるつもりでも、実際にメールを受け取っているのは運営で、返信しているのも運営が雇っているサクラなんです。
運営側の意図的な操作によってスイートラインでは数多くの男性が被害に遭ってしまいました。
ちなみにこのスイートライン、1回あたりのメール送信にかかる費用が550円とかなり高額な上に、家出少女や未成年と出会える詐欺サイトと繋がっているため、それに釣られて登録してしまった男性がかなりいるようです。
ということで、スイートラインはかなり悪質な詐欺サイトだったわけですが、ラブに変わったことでまともな運営体制になったのかな?と思ったのもつかの間、よくよくサイトを見ると普通に出会い系詐欺を繰り返していることが発覚しました。
では次章よりラブが悪質サイトである理由をご説明していきます。

料金設定がおかしい

以下にラブと優良サイト料金プランをまとめました。ラブの料金がずば抜けて高額であることが一目瞭然です。

ラブ

メール受信 300円
メール送信 250円
連絡先交換 3,000円

PCMAX

メール受信 無料
メール送信 50円
連絡先交換 無料

イククル

メール受信 無料
メール送信 50円
連絡先交換 無料

ハッピーメール

メール受信 無料
メール送信 50円
連絡先交換 無料

いかがでしょうか。
メール送信にお金がかかるのはどのサイトでも当たり前のことですが、メール受信や連絡先交換にも料金が発生するなど聞いたことがありません。
ラブで1回メールのやりとりをしようと思ったら550円かかるわけです。
ちなみにこの550円、スイートラインの時とまったく同じ料金設定です。この運営会社は550という数字が好きなのでしょうか?
優良サイトの11倍もの料金を請求するなど悪質サイト以外のなにものでもありませんよね。
ラブでは相当な廃課金じゃない限り出会うことは難しいでしょう。(廃課金しても出会えないですが)

サイトの機能がおかしい

「写メとプロフィールを見て好みの相手とマッチングできる」と言ってる割には機能的におかしなところが多々あります。
そのひとつに検索機能が存在しないことが挙げられます。
検索機能がない出会い系サイトなんて聞いたことありますか?
そもそも検索できなけれは写メとプロフィールを見て好みの相手を探すことができないんです。探せる機能がないのにどうやって相手を見つけるのでしょうか?
まあ検索機能の代わりと言っては何ですが、ラブでは掲示板検索と足あと機能があります。というかこの2つしかありません。
掲示板検索で何を検索できるかというと、サクラ臭全開の書き込みを大量に閲覧することができます。
そしてこの掲示板のカテゴリーですが、メル友探しから婚活まで幅広く対応できると謳っているにもかかわらず用意されているのはアダルティーな内容ばかりです。
以下、ラブにある掲示板のカテゴリー一覧です。

・今すぐ会いたい
・訳アリ
・癒しの存在
・一回きり
・相手に合わせる
・時間の有効利用
・相談
・待ち合わせ
・秘密

となっています。
どれも即会いや肉体関係を臭わせる内容ですし、そもそもどれを選んでも出会える気がしません。
ちなみにこの掲示板機能はマイプロフィールと紐付けされる仕組みとなっており、掲示板は独立しているように見せかけて実はプロフィールと繋がっているのです。
これはコストを削減して少しでも広告や集客に予算を回したいがためで、コンテンツや機能性は二の次なのです。
浮いた予算は架空の出会い系サイト制作、ランキングサイトの乱立、2chなどの自作自演、その他口コミ投稿の費用に回されています。
業者も複数のバイトを雇わないとこれらの作業を同時に進めていくことができないので、製作費というよりも人件費に予算を割り当てていると言った方が正しいでしょう。

連絡先の交換が有料

既に料金プランの時点でご説明していますが、ラブでは連絡先を交換するのに3000円という意味不明な料金が発生します。
通常、優良と言われる出会い系サイトではこのような料金を請求されることはまずありません。
サイトで知り合ってある程度仲良くなったらこれ以上の出費を避けるためにもサイト外でやりとりしたいと思うのは当然のことです。
特に男性は負担が大きい分、連絡先を早めに交換したくもなるでしょう。
しかしラブのような悪質サイトでは例え料金を支払ったとしても「文字化けしちゃって見えない」や「送信エラーで送りませんでした」といった理由をつけて連絡先を交換できないように持って行くのです。
というか、交換したところで相手は所詮サクラなので交換する意味もないんですけどね。
繰り返しになりますが、優良サイトでは連絡先の交換で料金が発生することは絶対にありません。
文字化けや送信エラーもありません。
確実に交換することができます。
連絡先を教えるのに料金が発生するサイトはあらゆる行動に難癖をつけてきます。
例えばスマホでログインしていたのをPCに変えるだけで5000円とか、写メを送るだけで1000円という感じで、とにかく項目は何でもいいのでお金を払わせることだけが相手の目的なので、不明瞭な請求内容でどんどん課金させます。
このような悪質サイトに留まっていても得することは何もないので、現在利用中の方は一刻も早くラブを退会してください。

ラブの退会方法

ラブを利用中の方にとっては大変ショッキングな内容だったと思いますが、被害が拡大する前に悪質サイトの実態に気付いてよかったと思って早めに対策を講じることが重要です。
そこで問題となってくるのが「ラブはどうやったら退会できるのか?」ということですよね。
悪質サイトの中にはそもそも退会ページが存在しない、退会処理が正常に行われないものもありますが、ラブに関しては正しく退会処理をすればアカウントを削除できるのでこの点についてはご安心ください。
まず、ラブの会員専用ページを開いてお問い合わせをクリックしてください。
お問い合わせ→サポートの項目→退会手続きを選択して退会希望の旨を入力後、送信ボタンを押します。
数日のうちに退会処理が行われます。
ちなみにラブを退会できても同じ運営会社がやっている悪質サイトに二重登録されていることがあり、そのサイトから架空請求や迷惑メールなどが送りつけられてくる可能性があります。
ただし、二重登録されていると言っても、そのサイトで課金していなければ実質的な被害はありませんので、ラブを退会した後は速やかにアドレス変更しておくことをおすすめします。
アドレスさえ変更すれば迷惑メールが届くこともありませんし、誤って悪質サイトのURLをクリックすることもないですからね。

ラブのサクラ情報

ラブには女性会員になりすましたサクラ(運営が雇っているバイト)しかいません。
サクラが送ってくるメール内容は以下のようなものがほとんどです。

サクラからのメールその1

はじめまして。突然すみません(>_<)
結婚してかれこれ2年になるんですが、まったく夜の営みがなくて寂しい毎日を送っています。
自分を慰めるためにオモチャを使って気持ちよくなってます。
会ったこともない人にこんなことをお願いしていいのか分からないんですが、もしよかったら私と秘密のお付き合いをしてくれませんか?
もちろんあなたの都合のいい時で構いません。
気が向いた時に連絡をくれたらいつでも会いに行きますので・・・。
連絡待ってますね!

サクラからのメールその2

年齢も近いし趣味も合うなと思ってメールしてみました♪
色んな男性を見てきましたが○○さんのプロフを見た瞬間にビビビッときちゃいました!
まさに私の理想!こんな出会いって本当にあるんですね(*^-^*)
まだお相手を探しているなら連絡くれませんか?
もう私、○○さんに決めました!
○○さんから連絡がきたらほかの男性とのやりとりを止めてもいいと思ってます。

サクラからのメールその3

結婚している身の上で相手に色々と注文を付けたり理想を求めるようなことはできません。
ただ、会っている時は恋人のように楽しく遊べたらいいなと思っています。
身体だけの関係を希望していますが、信頼関係や相性も大事にしていきたいと思っています。
○○さんはどういった関係を望んでいますか?
もしよかったら○○さんの希望を聞かせてください。会ってくれたらそれ相応のお礼はさせていただきますので。

といった感じのメールが90%ですね。
もう見るからにサクラ丸出しですし、こういう内容のメールをリアル女性が送ってくるはずありませんからね。
ちなみにこれらのメールはすべてテンプレートが用意されていて、男性会員に一斉送信されているものです。
そして反応があった男性に対してだけ個別に返信していくという流れです。
返信すると言っても「メールありがとう」といった一言メールが中心で、短文ぶつ切りにすることで男性からさらにお金を絞り取るのが本当の狙いですので、くれぐれも釣られないようご注意ください。

ラブの運営情報

ラブを運営しているのは出会えない系業界ではかなり有名な『株式会社ANDELL CREATION』です。
ラブ以外にもスイートライン、愛カツ、神待ちラブ、お泊りブランコなど数々の悪質サイトを運営している実績を持っています。
このほか、2chのステマ、ランキングサイト、無料出会い系サイト(悪質サイトへ誘導するための入り口)、自作自演のレビューなど、誘導させるための工作も色々と行っています。
スイートラインからラブにサイト名をリニューアルした時点で社名も変更するのかと思ったら社名だけはそのまま変えずに運営を続けているので、意外に良心的?な一面も持っているようです。
ネット上では巨大詐欺グループの系列という噂も囁かれているようですが、実態は明らかになっていません。
表向きはまともな会社ですが(のように見える)事業内容では出会い系に関することは一切触れていないのでどうにも胡散臭いです。
まあ実際悪質サイトを運営しているのでまともではないんですけどね。
この運営会社の手口は、無料サイトから男性会員を集めて有料のサイト流すというもの。
「人妻多数」「即会いできる」「セフレサイト」という嘘の広告で男性を誘導してラブに登録させるといった感じですね。
ステマや迷惑メールも大量に送りつけているようなので、ここから釣られてしまった男性も大勢いることでしょう。
ちなみにラブの前に運営していたスイートラインは約3年間と比較的長い期間運営をしていたのですが、ラブは完全にスイートラインの機能を受け継いでいる形なので、これほど長く続くとは思えません。
ただ、今現在もラブが運営を行っていることは事実ですし、ラブの姉妹サイトである愛カツの方に誘導される危険性もゼロではありません。
繰り返しになりますが、ラブは100%出会えない悪質なサクラサイトです。
このようなサイトに登録してもお金をどぶに捨てるだけです。
今現在、ラブや愛カツに登録している人は悪いことは言いませんので、すぐにサイトを退会してください。
そしてメールアドレスを即変更しましょう。
退会直後、あなたのアドレスは姉妹サイトに転売されてあらゆるサイトから迷惑メールが届くことになります。
そして、ラブや愛カツの被害に遭ってはいないけど上記で挙げたアダルティーな広告、肉体関係を臭わせるようなメールを見たことがある方は、くれぐれもこのような美味い話に騙されないようにしてください。
安心して利用できる出会い系はごく一部の限られたサイトだけです。
特に筆者がおすすめするのは

・PCMAX
・イククル
・ハッピーメール

の3サイトです。
どのサイトも良心的な価格帯であり且つ信頼できる運営会社がサービスを提供しているので、サクラ被害や不明瞭な料金の請求といった被害に遭うことはまずありません。
悪質な出会い系に騙される被害者が少しでも減ることを心から願っています。

もし迷惑メールが届いたらまずやるべきこと


出会い系サイトに登録したら必ず迷惑メールが届くと思っている人もまだまだいますが、そうではありません。
迷惑メールが届くのは基本的に悪質サイトに登録した時のみ。優良サイトでは迷惑メールが届くことはまずあり得ません。
ということは、悪質サイトと優良サイトの違いを把握して優良サイトだけに限定して登録するようにすればまず問題はないわけですが、最近は手口も非常に巧妙化してきているせいか、パッと見ただけでは詐欺サイトかどうか見極めることができなくなっています。
間違えて悪質サイトに一度登録してしまうと迷惑メールから逃れるのは非常に厄介です。
ひとつのサイトから迷惑メールが送られてくるだけならまだしも、悪質サイトではユーザーから得た情報を他サイトに転売して次々に情報を横流ししていくので、一か所からの迷惑メールを受信拒否にしても時間が経てばまた届く仕組みとなっているんですね。
「受信拒否にしたのにまたメールが届くようになった」という被害にあっている人は高確率でアドレスを転売されています。
ではこの迷惑メールの嵐から切り抜けるにはどうすればいいのか?今回はその対処法についてご紹介していきたいと思います。

余計なリアクションは起こさない

迷惑メールが来た途端にサイトを退会するのは基本的におすすめできません。
なぜなら、サイトを退会することで新たに架空請求させる口実を相手に与えてしまいますし、そもそも悪質なサイトは簡単に退会できないことが多いです。
「退会手続きに○○円必要です」とかなんとか言って退会させないようにしたり、退会のページ自体が存在していなかったりします。
迷惑メールを送りつけてくるサイトに留まり続けるのは少し気持ち悪い気もしますが、退会処理を実行することは止めておきましょう。
また、迷惑メールに直接「止めてください」とか「迷惑です」と書き込んで返信するのもよくありません。
これだと抑止力になるどころか、このアドレスが有効であることが相手にバレて余計に迷惑メールが増えることになりますので、何があっても返信しないようにしてください。

通報する

一番効果的かつオーソドックスなパターンとしては、迷惑メールを捜査機関に通報する方法です。
もし迷惑メールが届いたら以下の機関に通報してください。

・迷惑メール相談センター
http://www.dekyo.or.jp/soudan/ihan/

・迷惑メール情報提供
http://www.nissankyo.or.jp/spam/index.html
・インターネットホットラインセンター
http://www.internethotline.jp/index.html

上記のお問い合わせに迷惑メールのアドレスと被害にあっている旨を添えてください。
「未成年者ですが、勝手に出会い系サイトに登録させられてしまっているようで、変なメールがたくさん届いて困っています。何とかしてください」といった一文を一言添えるだけで十分に効果はあります。
なぜなら、出会い系サイトでは18歳未満の利用を禁じていますので、18歳に満たない未成年者を登録させているだけでも法に触れる行為。しかも同意を得ずに勝手に登録させて迷惑メールまで送りつけているとなればかなりの悪質サイトになります。
なので通報する際は上記のような一文を加えるか、特定電子メール法に違反していることを指摘して各機関に報告するようにしてください。
ちなみに特定電子メール法とは、出会い系サイトがユーザーの同意なしに広告メールを配信することを違法と定める法律のことで、迷惑メールはまさしくそれに該当します。
なので、自分の意思で出会い系サイトに登録したけれど迷惑メールが届くという場合にもこの特定電子メール法によって相手を糾弾することができます。

デコイ式を試す

通報しても止まらない場合はデコイ式と呼ばれる方法を試しましょう。
デコイ式とは迷惑メールが来ているアドレスとは別のアドレス(フリーの捨てアド)を用意して、この捨てアドに身代わりになってもらうという方法です。
やり方は迷惑メールを送ってくるサイトの設定変更ページにアクセスしてメールアドレスの変更を行います。
この時、取得したフリーの捨てアドに変更して完了ボタンをクリックしてください。
すると迷惑メールが捨てアドの方に一斉に流れるようになるので、これまで来ていた本アドの方にはメールが入ってこなくなります。
しかし、デコイ式でも100%という保証はありませんし、時間が経てばまた本アドの方にメールがくる可能性もあるので、もしデコイ式でも迷惑メールが収まりそうになければ別角度からのアプローチを検討してみた方がいいでしょう。

社用のアドレスだと偽る

迷惑メールが収まらない時は最終手段として「社用のアドレスだ」とあえて伝える方法があります。
返信をしない方がいいと先ほど申し上げましたが、適切な対応を知らずに無暗に返信しても相手を煽るだけなのでそれは対策として効果的とは言えません。
しかしたった2つの言葉を相手に伝えるだけで爆発的な抑止力に繋がります。
その言葉とは、上記で挙げた社用のメールアドレスということに付け加えて

「特定電子法に触れている可能性がある」
「大量に送りつけられてくるメールは営業妨害と見なし、顧問弁護士に相談する」

の2点です。
これは送られてくるメールに返信するだけではなく、サイトの問い合わせメール、サクラにも同時に送るようにするとなお有効です。
出会い系の詐欺業者は数名のスタッフで運営しているので問い合わせや迷惑メールの中身まで手が回らないことが多いですが、サクラのメールに関してはほかのサイトに誘導したりサイト内に留めさせる必要があるので確実に目を通しています。
そこに上記の内容を書いて送りつけてやれば業者は焦ることでしょう。
迷惑メールがストップすることはもちろん、サイトも強制退会となる確率が高いです。

その他の対策法

上記で紹介したすべての方法を駆使しても迷惑メールが止まらない相手はまともじゃないので、もう正規の方法では止めることは不可能だと思ってください。
詐欺業者にまともも何もないんですが、通報や未成年者をチラつかせれば大抵はメールを送るのを止めてしまいます。
それでも埒が明かないようなら「精神病になった」と嘘をつくのもひとつです。
例えば「あなた達の迷惑メールのせいで精神がおかしくなってしまった。医師による診断書も既に用意しているので、これを被害届と共に警察に提出する」みたいな感じの内容でしょうか。
精神的苦痛の度合いや受け止め方は人それぞれですし、医師による診断書があるなら警察も動かざるを得ないということで業者も焦るかもしれません。
もうひとつの方法は、まあ方法というよりも最終手段なんですが、アドレス変更してしまうことです。
正直なところ、複数のサイトから迷惑メールが届くようになったら半分手遅れだと思ってください。
見知らぬところからメールがくるということはそれだけアドレス自体が転売されている証拠なので、ひとつのサイトだけ処理してもまたどんどん増殖していくんです。
なので、複数個所から届いている場合はアドレス変更してしまうのが一番早いかもしれません。