出会い系サイトの攻略法

2017.04.12

コミュ力がなくても出会い系で彼女を作る方法

1、そもそもコミュニケーション能力ってなに?

突然ですが皆さんは「コミュ障」って言葉を聞いたことがありますか?
「自分はコミュ障だから彼女もできない」
「コミュ障だから女性とうまく話せない」
という男性をよく見かけますよね。
このコミュ障という表現は、会話の中で自分の意見や気持ちを伝達する能力が乏しいために対人関係を優位に進めていくことができない、という趣旨なんですが、では逆にコミュニケーション能力が高い人とはどんな人物を指すのでしょうか?
人の意見を尊重してなんでも「はい」と答えるイエスマン、女性の気持ちを理解できるジェントルマンなど色々なタイプのスキルがあるわけですが、これらの能力が高いからと言って女性からの評価が上がるかと言えばそうでもありません。
なんでも肯定する人に対しては「自分の意思がない人」と捉える女性だっているでしょうし、ジェントルマンに関しては一歩間違えるとただの軽い遊び人ですから、警戒心の強い女性は見向きもしてくれないでしょう。
つまり、コミュニケーションという言葉自体が非常に曖昧な表現であり、その能力の評価は人によって変わるということなんです。
自分はコミュニケーション能力が低い、と思っていても、見方によっては個性と捉える人もいるかもしれません。
特徴的なキャラクターは人との差別化を図ることもできますし、そんな不器用な男性に惹かれるという女性も結構いますよね。
まぁ、コミュニケーションという言葉の定義についてはさておき、とりあえずコミュ障だから彼女ができない、出会い系サイトで出会えない、と思っている男性は考え方とやり方を少し変えるだけでセフレも彼女も作ることができるってことです。

2、コミュニケーションの基本は抑える

人と会話するのが苦手だろうと何だろうとメールしないことには何もはじまりません。
コミュ障の人がよく躓くポイントとして「会話が途切れる」というのがありますが、コミュニケーションの基本さえマスターしていれば会話が途切れても慌てふためく必要などありません。
人と会話をする上での基本は、

・相手の話を聞く
・相手の言葉に共感する
・相手に感謝する

の3つです。
出会い系サイトに限らず、誰と会話する時でも、どんな場面であってもこの3原則は必須と心得てください。
好きでもない女の子がひたすら自分の話ばかりしてあなたの話をスルーしたらどう思いますか?
自分の意見には共感してほしいのにあなたの意見には批判的な言動ばかり、おまけに話を聞いてくれてありがとうの一言もなければガッカリしますよね?
会話中は相手を楽しませることや共通の話題で盛り上がることばかりに意識が向いてしまいがちですが、本来コミュニケーションとはギブ&テイクによって成り立っています。
一方的な発信でコミュニケーションを成立させることはできませんし、どちらかに偏りが生じれば自然と関係は壊れてしまいます。
とはいえ、それほど難しく考える必要はありません。
女の子が話していることに「耳を傾けて」それに「共感」をしてメールをしてくれることに「感謝」すればいいだけです。
これだけ抑えておけばあなたへの評価も自然と上がります。
会話を広げるためのテクニックや、女の子が興味を持つ話題や、メールで彼女を虜にする超絶技法みたいなのも必要ありません。
普通に会話して相手の気持ちを尊重し、少しずつ信頼を深めていれば女の子との距離も自然と縮まります。

3、100%女の子をゲットできる人なんていない

メールのやりとりが上手くいってもコミュ障であるがゆえに実際に会う段階に入って女の子にフラれる……という男性も大勢いると思います。
実際に対面して会話する場合はメールのように取り繕うこともできないのでなかなか難しい面もあるかと思いますが、この時一番大切なのはネガティブ思考にならないということです。

自信がないままトライして失敗する→失敗して落ち込む→再度挑戦するも前回の失敗が傷跡となり会話が弾まない→絶望的に凹む→コミュ障がトラウマになる

という無限ループにはまる可能性大なのでネガティブ思考になるのは禁物なのです。
イケメンなら必ず女性をゲットできると思っている男性もいますが、実際のところどれほどパーフェクトな男性でも100%女性を仕留めることは不可能です。
会話が上手、気遣いができる、ルックスがいいという条件が揃っていても相手から断られることは決して珍しくないのです。
これは、それほどまでに出会い系サイトに求められるレベルが高いことを意味しているのではなく、人によって相性や受け止め方が違うために生じる問題なのです。
100人中99人がイケメンだと判断した男性でも、イケメンじゃないと思った残り1人の女性に運悪く当たれば断られてしまいますよね?
つまり、絶対にうまくいく出会いなどこの世には存在しないということです。
あなたとこれまで出会った女性はたまたま相性が悪かっただけで、コミュ障を個性と受け止めてくれる女性がこれから現れる可能性だってあります。
あなたはコミュ障をコンプレックスに感じていますが、それをコミュ障だと思わない人もいるかもしれません。
「コミュ障だから出会えない」「コミュ障だから失敗する」という考え方から脱却できれば違う世界が広がるかもしれませんよ。

4、アウェーでの出会いは避ける

出会い系サイト以外にもストリートナンパやSNSを活用した出会い方法が色々とありますが、コミュ障の人がはじめからこうしたアウェーな場で戦を行っても収穫はほぼゼロに等しいのであまりおすすめできません。
ストリートナンパは声をかけてもスルーされるのが当たり前の世界ですし、SNSにおいてはリア充とネットビジネス勧誘の吹き溜まりみたいになってるので出会いを探す場としては不向きです。
最悪ネットワークビジネスのカモにされてしまいます。
ブログやTwitterから絡むという方法もありますが、あまり現実的ではない上に彼女やセフレにできるかどうかもあやふやです。
確実に女の子と出会いたいのであれば単純明快な出会い系サイトで親密な関係になれる子を探すのがベストでしょう。
出会い系サイトの場合はネット上の繋がりということでワンクッションの防御ができますから、万が一女の子からメールをスルーされたとしてもリアルな出会いでフラれることに比べると傷も浅く済むのではないでしょうか。
あと、リアルな出会いはコミュ障の男性にとって何かと不都合な点が多いです。
コミュ障で悩んでいる方は人と会話をすることにストレスを感じており、うまく会話できない自分に余計に苛立ちを募らせたり嫌われないかビクビクしているところがあります。
そんな危機感を毎日感じながらリアルで女性と親密になろうとしても無理がありますし、そもそもモチベーションを維持することができなくて彼女ができる前に疲れてしまうでしょう。
しかし、出会いを探す場合においてモチベーションの維持というのは必須条件です。前項でも既に触れましたが、女性が男性の誘いを断るのはどの世界でも当たり前のことです。
なかなか上手くいかないことに苛立ちを感じるかもしれませんが、そう易々と彼女ができるなら晩婚化だの婚活だのと騒ぐ世の中にはなっていないでしょう。
本当に気の合う女性や好きになれる女性は簡単には見つかりません。
むしろ見つからないことが自然だと考えた方がいいでしょう。
しかし「絶対に彼女を作る!」と最初から気負い込むと、ダメだった時に救いようのない絶望感に襲われます。
するとモチベーションも低下して、メールのやりとりをするのも面倒になり、最終的にはどの女の子も同じに見えてくるようになるので、スタート時から100%の力を使わず30~40%くらいに留めて、相手の反応と共に徐々にペースを上げていくようにするのがベターかと思います。

5、コミュ障だから彼女ができない、なんてことはない

コミュ障だろうがコミュ力がある人だろうが彼女ができる可能性は誰にでもあります。
大切なのは自分しかない個性を上手く引き出せるかどうかです。
女性の話題に乗って無難に話を合わせるのもいいですが、あなたにしかできないあなただけの魅力をアピールすればそこに惹かれる女性も必ず現れることでしょう。
「そうは言っても何をアピールすればいいのか分からない」と悩んでいる人もいるかと思いますが、アピールポイントは何でもいいのです。

・無類の漫画好きなら漫画ネタで勝負する
・優しさで勝負する
・スポーツネタで盛り上げる
・仕事に誇りを持っている
・雑学知識が豊富にある

などなど、得意分野で全然OKなのです。
他の人にはない知識や趣味をアピールするだけでも女性からの見方は随分と変わりますし、少なくともあなたの存在感を印象付けることはできますよね。
なので、まずは自分の得意ネタから積極的に攻めていってください。
また、コミュ障の男性は女性からの反応に対して即座に応えることができないケースが多いですが、これは使い方次第でプラス評価となることもあります。
例えば、その時咄嗟に思い付いた返事をそのまま送信し、その後に「もっとこういう返事を書けばよかったかな」「こんな話題を振った方が楽しんでもらえたかな」と色々と試行錯誤したエピソードと共に脳細胞をすべて使って捻り出した話題を前回のメールよりもさらに丁寧に書いて送信します。
するとそれを受け取った女性は「こんなに一生懸命に私のこと考えてくれてるんだ!」と思ってくれます。
毎回毎回同じ手を使うとくどいと思われるので使うタイミングはここぞ!という時に限られますが、効果覿面なのでぜひ試してみてください。