JK(女子高生)との出会い

女子高生のイラスト

JK(女子高生)は出会い系サイトにいるのか?

約10年前、ガラケーが登場し出会い系サイトが空前のブームとなった当時は女子高生いわゆるJKと出会いことは容易な時代でした。
規制が少ないということも助長して出会い系サイトには無数のJKが書き込みをしており、メールをすると即セックスに持ち込むことができたのですが、サイトを利用するJKの多くは手軽にセックスをできる反面、それ相応の要求を男性側に求めてくる場合がほとんどであり、この場合の要求とはすなわち「割り切り」という形でセックスに応じる、いわばひとつのビジネスとして成立している側面が強くあったと考えられます。

割り切りというのは簡単に言えば援助交際のことを意味していますが、そもそもJKが援助交際を行うようになったきっかけはシンプルにお小遣い欲しさという安易な理由ではなく、生活に困って仕方なく援助交際をするという経済的な問題も理由としては多かったのです。

現在は出会い系サイトの規制により18歳未満は利用できないしくみとなっているためJKと出会うことは原則不可能であり、アベノミクスの影響から生活に苦しむ女性も減少しつつあることから、出会い系サイトを利用するユーザーの多くは割り切りという目的からセフレ探しにシフトしているのが実情でしょう。

JKと出会うことは合法?それとも非合法?

女子高生のイラスト

18歳未満の女性と淫らな行為をしたとしてサラリーマンや公務員が逮捕されているニュースを一度は観たことがあると思います。
18歳未満は犯罪になる、ということであれば、そもそもJKと出会うことも非合法になるのでは?と不安を抱かれる方もいらっしゃることでしょう。
ではJKとの出会いの中で法律に触れる2つの項目を以下にご説明していきたいと思います。

児童買春禁止法

児童買春禁止法とは18歳未満と援助交際(金銭のやり取り)をして肉体関係を持った時点で違法となります。

淫行条例

淫行条例とは日本の地方自治自治体が定める法律のことで、18歳未満の男女と淫らな性行為およびわいせつな行為を及んだ場合に適応される法律となります。
淫行条例は児童買春禁止法のように金銭のやり取りがなくともみだらな行為を行った時点で逮捕されるのでこの点の違いを十分に理解しておく必要があります。
また、買春ではなく交際関係にある中で体に触れる行為をした場合は処罰の対象にはならないとされていますが、その基準に明確なものがないことから両親に告発されて淫行条例に触れてしまうケースもあるようなので、例え真剣な交際であったとしても性行為には十分気を付けたいところです。

上記のように、JKとの出会いは基本的にプラトニックなものであれば非合法となることはまずありません。
しかし、18歳未満の女性と援助交際やセックスを行えば前述した2つの法律に触れることになるのを念頭に入れておきましょう。
では実際に起きた女子高生との事件について以下に記述していきます。

2015年2月1日、出会い系アプリで知り合った17歳の女子高生2人にお金を払い性行為をしたとして警視庁警部補である33歳の男が逮捕されました。
この場合は明らかに金銭のやり取りがあり、尚且つ容疑者も女子高生側も援助交際をしていたことを認めているので「児童買春禁止法」に触れることになります。
URL→http://www.sankei.com/affairs/news/150929/afr1509290008-n1.html

続いて、淫行条例違反を行った評論家の事件をご紹介します。
2004年にマスコミを騒がせた植草一秀。痴漢事件として逮捕されていますが、淫行条例に触れる内容でもあります。

この事件の発生は2004年4月8日、品川駅のエスカレーターで女子高生のスカートの中を手鏡でのぞこうとしたとして現行犯逮捕されています。
この事件後、植草一秀は出演していた番組を降板させられることになります。

しかし2006年9月13日、品川駅~京急蒲田駅間の下りの電車内で女子高生に痴漢行為を行ったとしてまたしても現行犯逮捕。
無罪を主張するものの懲役4ヵ月の実刑判決が確定。また調べを進めていく中で1998年にも同様のわいせつ事件を行ったいたことが明らかとなりました。

JKと出会えるJKビジネスってなに?

女子高生と本のイラスト

前項でお伝えした18歳未満の法律をうまく掻い潜ってJKを新しいビジネスとして確立させているJKビジネスと呼ばれるものが社会問題となっているのご存知でしょうか?
JKビジネスとはその名の通り、JKに商品価値を付けて出会いを求めている男性に様々な形でJKとの時間を提供するというもの。

しかし、時間を提供するといってもキャバクラや風俗のようなみだらなビジネススタイルではなく、あくまでもJKとお散歩や写真撮影を楽しむだけという法律の目を掻い潜った形でビジネスを成立させているため、一見すると安全に出会えそうと思われがちです。
しかしJKビジネスには裏オプションと呼ばれるものが準備されており、特定のリピーターに対して一般に開示しているサービス以上のことを行っていることもまた事実であり、こうした問題から児童買春禁止法に繋がる恐れがあるのです。
またJKビジネスを利用してJKと仲良くなれたとしても個人の連絡先を教えて貰うのは難しいため、あらゆるリスクを考慮に入れても利用する価値は低いと言えます。

JKビジネスを利用する価値が低い理由は、JKビジネスそのものが援助交際の入り口となっていることも大きく関わっています。
既にお伝えしたとおり、JKビジネスは法律内で行えるサービスだけを謳っているので一見非合法なビジネスではないと思われがち。
しかし、知り合った男性がその後女子高生とどう親しくなるかについて店側は完全ノータッチ。つまり個人の判断に委ねるというスタンスなのです。
JKと出会いたい人にとってこの暗黙のルールは有り難いことのように思われるかもしれませんが、実はこれが危険な落とし穴でもあるのです。

というのも、JKビジネスの規制は今全国的に厳しくなってきており、特に東京都、神奈川県、愛知県では取り締まりの強化に尽力しています。
特に東京の有名観光地でもある秋葉原では、女子高生がビラ配りをしているメイドストリートと呼ばれるエリアがあり、道行く男性を実際に女子高生が客引きしている様子を目撃することもあります。
規制違反の内容次第では、経営者に最長6ヵ月の営業停止、1年以下の懲役もしくは50万円以下の罰金、18歳未満の女子高生は補導の対象、そして女子高生と性行為をした男性客は児童買春禁止法の罪で逮捕という風に、厳しく対処されます。
つまり、JKビジネスとは法律に触れるリスクが極めて高いグレーゾーンの類ということなのです。

JKを出会い系で見つける方法

鳥キャラと女の子のイラスト

出会い系による規制法、児童買春禁止法などを考えるとJKとの出会いを見つけることは極めて難しいと思われるでしょう。
しかしここでひとつ注目してほしいのが違法となるのは「18歳未満」に限られるという点なのです。

つまり、18歳を迎えた女の子であれば法律上は成人女性と同様の扱いとなるため、セックスをしても違法性は全くないのです。
とはいえ、健全な優良出会い系サイトの場合は18歳であったとしても高校生の利用は禁止しているので、原則として高校を中退した子、フリーターの子、高校を卒業した子を対象にセフレを探すようにするといいでしょう。

JKであれば街中にいてもすぐに見分けがつくのでナンパすることもできますが、18歳の女の子となれば外見だけではなかなか判断できないものです。
そんな時に一番効率よく出会う方法としておすすめなのは出会い系サイトを利用するという方法です。
先ほどもお伝えしたとおり、出会い系サイトの登録は18歳以上であれば問題ないので、大手老舗サイトを活用すればプロフィールから18歳の女の子だけを絞り込み検索してアプローチすることが容易です。
出会い系サイトの性質上、そこからセフレの関係に持ち込むことは決して難しいことではありませんし、複数の女の子と交流を持つことはほかのどんな方法と比べても手軽であると言っていいでしょう。

18歳以上の女の子と出会うならPCMAXとイククルがおすすめ!

それでは18歳の女の子が特に多いとされる優良出会い系サイトをご紹介していきます。

PCMAX

PCMAXのitune紹介画像

18歳19歳の若い女の子が比較的多い「PCMAX」はセフレ募集の書き込みも頻繁に行われています。若い女性向けの広告配信に注力していることもあり、18歳のアクティブユーザーが多いこともPCMAXの特徴となっています。

イククル

イククルitune紹介画像

続いて2000年から運営を継続している老舗サイト「イククル」についてご紹介しましょう。
イククルは会員数800万人突破という驚異的なユーザー数に加えて毎日25,000件以上の書き込みが更新されるという非常に勢いのある出会い系サイトです。
18歳の女の子が非常に多いだけじゃなく写真の掲載率も高いので、メールを送る段階でセフレ候補を絞り込むことできます。

18歳のセフレを見つけたいなら上記2つの出会い系サイトはぜひ最初に登録していただきたいと思います。

女子高生のイラスト

JK(女子高生・18歳)と出会う方法!』ではプロフィール作成やアプローチ法の詳細をご参考いただけます。