2018.08.02

ハッピーメール会員急増!出会える女性タイプを画像解説

【各出会い系サイトの会員数推移2012年-2018年】
各出会い系の会員数推移

出会い系の中でもトップクラスの人気を誇るハッピーメール。
元新潟県知事の米山隆一氏もハピメで知り合った女子大生とは純愛か否かの議論がネット上で沸き、騒動が実際に出会える事を全国的に証明した形になりました。
グラフで確認できるとおり、2018年に急激に会員が増加しているのは図らずして炎上ニュースが宣伝となってしまったのかもしれません。

特にハッピーメールのような老舗サイトに至っては、きちんと出会える上に出会いやすいサイト、登録会員数も多いことからどんな内容のニュースでも興味を持たれやすかったのでしょう。

そんなハッピーメールですが、実際にアプローチするのに参考となる都道府県別アクティブ数や、登録している女性ユーザーはどういった出会いを求めているのかを調査しました。
女性が求めている利用目的率からも判断できるので、理詰めで自身のニーズに叶った女性を落としていきましょう。

都道府県別!女性アクティブ数について

アクティブユーザー数を知るのは、ハッピーメールで出会うに当たって重要な項目です。
そこで、47都道府県別の女性アクティブ数を調査し、数値化致しました。
※以下の数値は、ログインして3日以内のアクティブ女性ユーザーです。

各都道府県 ユーザー数
北海道 699
青森 120
岩手 99
宮城 362
秋田 64
山形 81
福島 181
茨城 277
栃木 186
群馬 196
埼玉 822
千葉 717
東京 3141
神奈川 1241
新潟 184
富山 91
石川 122
福井 67
山梨 65
長野 171
岐阜 213
静岡 365
愛知 1111
三重 173
滋賀 159
京都 446
大阪 1797
兵庫 816
奈良 172
和歌山 89
鳥取 45
島根 52
岡山 250
広島 350
山口 118
徳島 70
香川 109
愛媛 137
高知 54
福岡 801
佐賀 78
長崎 134
熊本 178
大分 112
宮崎 108
鹿児島 173
沖縄 163

東京や大阪といった人口密度の多い都心部がいかにアクティブユーザーの数が固まっているかがハッキリしています。
数値だけでみると出会いにくい印象の地方があるのですが、「地方でも出会えた!」という口コミはハッピーメールが一番多いです。

女性ユーザーが少ない地域は男性ユーザーも少なく、女性もそうそう選べない状態にあるため少ないポイント数で出会える可能性は高いです。
ただし、好みのユーザーに出会える確率は下がるので、その分だけ妥協点を見出さなければなりません。

女性会員登録者が求めている出会いについて

アクティブユーザー数は分かったが、実際にどんな目的があって出会いたいのか?
ハッピーメール女性会員登録者が求めている出会いについてみていきましょう。

女性会員が求めている出会い方の区分について

調査の方法として、全国の300人のアクティブ女性ユーザーを対象にしました。
その上で、出会い方の目的として、「友達」「恋活」「婚活」「勧誘目的・サクラ」「セフレ候補」「割り切り」「ご飯やお金目的」で区分致しました。
区分に関しては、以下の内容を目安にしました。

友達 基本的なプロフィールを記入している
興味あることに「遊び友達」「趣味友達」「飲み友」といった、恋人や婚活以外の区分を選択していて、それ以外の選択をしていない
恋活 プロフィール欄をびっしり埋めている
自身の年齢に近い男性を求めている人
相手に求める条件に「子供がいない」に設定している
初回デート費用が「割り勘」や「相手と相談して決める」
婚活 プロフィール欄をびっしり埋めている
結婚適齢期(20代後半~30代を目安)
興味あることの出会い方に「婚活」一択
勧誘目的 サクラ:使用端末がPC
女性の方からメールしてくる
すんなり会える
綺麗な人が多い(そうでないと相手にされないので商売が続かない)
セフレ候補 いい歳して若い人をターゲットにしている
ルックスに反比例して男性に対するニーズが高い人
子持ち
割り切り 年齢が10代~20代前半・中盤と若いのに相手に求める条件の年齢制限が極端に幅広い(18-19歳 ~ 60代)
条件設定に歳が上過ぎる人(40代~60代など)
スリーサイズ設定してある(自己紹介文含む)
自己紹介文にアダルトな内容が含んでいる。
ご飯やお金目的 初回デート費用で「男性が全て払う」に設定している
パパ活等の文言が記載してある

あくまで目安なので、上記以外に該当する項目や、そうではない項目も存在します。
ただし、これらの区分は高確率で該当します。

調査結果

全国300人女性のプロフィールを詳細をチェックした結果の率直な印象です。

ハッピーメール女性会員の目的率イメージイラスト

真面目な出会いより、そうでない目的と思われる女性も多いです。

しかし、ハッピーメールは他の出会い系やマッチングアプリとは異なり、出会える確率が高いのが”欲のある”ユーザーです。
私欲のため、という動機は一番人を動かします。

勧誘目的に関しては「利用端末がPC」の女性会員が大半で、こちらを避ければ自ずと出会える確率は上がります。

また、「ご飯やお金目的」「割り切り」が結構占めている印象でしたが、その分だけ女性と出会いやすいとも言えます。
「…とは言っても、お金が発生した出会いってどうなのよ」と思うかもしれませんが、一度出会って魅力的だなと思えばその後継続して会うことも可能でしょう。

失礼ですが、ハッピーメールには欲張りな女性が揃っているとも言えます。
特にこの手は、ルックスの良い若い女性が多く、かわいい子や若い子だというのが特徴でしょう。
このようなケースの女性は、「貰えるならお金が欲しい…」とオブラートにくるまないで、あるがままの欲求を素直に何でも言ってくるのでわかりやすく、早い段階でこちらがどうするか決めることができて手っ取り早いです。

真剣に婚活している女性が多いマッチングアプリみたいに最初から真剣な出会いを求めている女性はどの年代やユーザー通しても少ないのが特徴的ですが、出会える確率を考慮したらマッチングアプリよりも格段に高いと言えるでしょう。
ペアーズやomiaiなどのマッチングアプリは男性のルックスもシビアに判断されますが、ハッピーメールに至ってはルックスに関して度外視する傾向がありますね。

年齢別!女性アクティブユーザー数について

ハッピーメールでは年齢の絞り込みが18~19歳、20代前半、20代半ば20代後半、30代前半…といった区分けになっています。
ハッピーメール年齢の絞り込み画面
それぞれ年齢別した女性利用者がどれ程の割合でいるのか調査しました。なお50代以上は人数が少ない為、まとめて調査しました。
【2018年8月1日調査】

ハッピーメール女性アクティブユーザー年代層グラフ

この数値とグラフで分かる通りに20代前半が圧倒的に多いことが分かります。

ハッピーメールは、アクティブユーザー数だけでも若い子と出会える確率が非常に高いと言えるでしょう。
10代の利用者でも全体の7%と比較的高い数値を見せているので、いかに若い子と出会えるかが分かります。

利用目的別の女性プロフ画像とプロフィール画面の例

女性の目的区分けした「友達」「恋活」「勧誘目的/サクラ」「セフレ候補」「割り切り」「ご飯やお金目的」について、実際にどういった女性ユーザーがその対象なのか、プロフ画像とプロフィール詳細をみていきます。

友達探しをしてる子はこういう子

注目すべきは赤枠部分で、

・女性会員の年齢と相手に求める条件の年齢が近いこと(極端に年齢が離れすぎていないこと)
・「興味があること」に「遊び友達」「趣味友達」「お茶したい」「グルメ/飲み友」といった、友達を探していることを分かりやすく連想させるところ

また、自己紹介文をしっかりと記載している面も、出会いに対して真剣な印象を与えるので、女性会員は友達を探しているのがよく分かります。
さらに、初回デート費用で「割り勘」か「相手と相談して決める」の項目に入っていると、より一層確率が高まります。
女友達を探しているのであれば、上記項目を押さえるようにしましょう。
もちろん相手と接してみて、友人から恋人に切り替わったりセフレになったりすることがあっても、現時点としての女性会員のニーズは友達なので、チャラ過ぎず真面目過ぎず相手のニーズに叶った連絡の仕方を取るべきです。

恋活をしている子はこういう子

赤枠部分は、恋人探しを求める上で重要です。

・女性会員の年齢と相手に求める年齢が比較的近いこと
・相手に求める条件として、子供がいないこと
・初回デート費用で「相手と相談して決める」という謙虚な設定にしていること
・この女性会員の身長は170~174と高身長です。それに釣り合う男性を求めているので、身長においてもしっかりと記載があること(女性会員の身長よりも高い男性を探しているのがよく分かる為で、身長が明記されていない場合は友達探しの可能性が高まる為)。
・興味あることに「恋人」の項目が登録されていること

自身のニーズを含めて細かく明記していることもあり、一見するとハードルが高そうに見えますが、それだけ女性会員自身も真剣な出会いを探しているのがよく分かります。
また、初回デート費用に「相手と相談して決める」といった、お金目当てではないという部分がより真面目さが伝わりやすくなっているのです。
さらに、子供がいないこと、年齢が近いこと、相手に求める身長までしっかりと記載しているので、より出会いに真剣さを感じ取れます。
その為、割り切りやご飯・お金目的、友達探しといった軽い出会い目的ではないことが顕著に表れています。

この女性会員は「婚活」にもチェックが入っていますが、付き合っていく後に将来的な事も視野に入れている可能性も大いにあり得るでしょう。
ただし、これだけでは婚活目的にはならないので、恋人探しのニーズが高いと判断しました。
婚活目的なら、将来的に見据えた自己紹介文や、結婚願望が顕著に表れた項目を選択するでしょうから。

勧誘目的・サクラの会員について

赤枠のようなアダルトな内容や使用端末がPCといった項目はサクラです。
また、自己紹介文が無いものや、興味あること欄に遊び友達や恋人・婚活・合コンといった、目的が多すぎる女性会員もリスクが高いと言えます。
基本的には上記の内容に気を付ければ、サクラを大幅に回避することができます。
プロフ検索設定欄で利用端末や自己紹介の絞り込みができるので、それを行うようにしましょう。

それ以外にもサクラは存在しますが、「頻繁に見かける顔写真の子」はサクラの可能性が高いです。
例えば、ログインする度に見た事のある顔が複数回登場したり、早朝・昼間・夜・深夜帯と時間帯関係無しに登場してくる場合。
日々ログインをする事によって、どんな女性会員がサクラかそうでないかを事前に調べるのは非常に効果的です。

自身が無料会員の時にこのようなメッセージが女性会員から送られてきたら、この方はサクラであると断定して良いです。
無料か有料かは、対異性のプロフィール画面上で判断することができないので、やみくもにメッセージを送っていると考えられます。

セフレ候補になれるとしたらこういう人

最も手っ取り早い相手は、赤枠のようなある程度歳のいった女性(40代辺りの人妻や熟女)か子持ちです。
ある程度の年齢を重ねているだけあって、既に真面目な出会いを求めていない上に、割り切りやお金を出してくれる程の年齢では無い事を自覚しています。(たまに自覚していない人もいますが)。

もちろんセフレにするに当たって自身の技量も必要にはなりますが、確率の高さで言えば上記のような方が該当しやすいでしょう。
注意点として、人妻の場合は浮気や不倫という形になる為、バレた時のリスクを考慮するようにして下さい(つまりバレないようにして下さい)。

若い女性でセフレ候補になれそうな女性はいるのかどうかは気になるところですが、ハッピーメールの若い女性会員でセフレ候補は簡単ではありません。割り切りを考えている女性が多いです。
もし若い子でセフレにしたいのであれば、恋人や友達目的の女性会員を狙って落としにいくのが得策ですが、若い分だけ難易度は40代辺りの女性より高いです。

若い子でも上の画面のようなお酒を飲むのであれば、酒の勢いでセフレにできることもあります。
相手が割り切り等でなければ、酔っ払った流れでセックスしてしまえば、その後セフレの関係を維持することも可能です。
その為、ライフスタイル欄のお酒項目で、赤枠のような「飲む」にしている子は、酒の席での流れでイケる確率が高めです。

割り切り女性はこういう子

ハッピーメール女性会員に多い割り切り目的の女性。
基本的には、相手に求める条件が女性会員の年齢層からかけ離れている年上を求めているユーザーが主な対象となっています。
10代~20代中盤辺りまでが多い上に、こういう女性会員に限ってかわいい子が多いので、お金を使ってでも若くてかわいい子と出会いたい方にはメリットと言えるでしょう。
また、自身のルックスが悪くても金払いさえしっかりしていれば出会えるので、その点を踏まえたアプローチをするのが効果的です。

なお、中には自己紹介欄に既に記載されている子もいるので、最初からそれ目的で良いのなら、そういう女性を探すのも手ですよ。

ご飯やお金目的はこういう子

基本的には赤枠の初回デート費用で、「男性が全て払う」を選択している人は高確率で該当します。
そうでなくても、「男性が多く払う」と指定しておきながら全額払って貰おうとする子もいます。
ただし、こういう項目にしている子に限って出会いやすいので、初回デート費用くらいは払っても構わないという方なら狙い目です。メシモク、カネモク、パパ活している可能性は高いことは念頭に置いておきましょう。
初回デートをキッカケに、次に発展するかどうかは、自身の手腕にかかっています。

注意点として、出会ってから割り切りパターンもあるので、予め聞いておくのが良いでしょう。

総合評価

ハッピーメールを総合評価すると、真面目で健全な出会いは少ないが、出会いの難易度は高くありません。

今回の調査では、女性会員の目的で一番少ないのは「婚活」という結果となりました。
20代前半の若い女の子が多く、まだ結婚までは真剣に考えていないから「楽しく遊べる人」と出会いたいという子が多いです。

ペアーズやomiaiとの違いは、ハッピーメールはアダルトな要素が含まれています。PC版のハッピーメールでは、既婚者の出会いをフィルターかけする機能もあります。

若くてかわいい子が多く登録している上に、男性側に関してのルックスや年齢はそこまで求めていないので、見た目が悪くてもオッサンでもかわいい子と出会いやすいのもポイントと言えます。
ただし、お金を貰いたいという一線を引いている子が多いので、出会いやすい分だけお金が必要になります。

ネット上の出会いはルックスが大きな判断材料になりますが、ハッピーメールはちょっと違いますね。
ペアーズやomiaiのようにマッチングシステムだと、いくら収入が多くても掲載した顔画像が悪いとそもそもマッチングしなくてメッセージすら送れませんから。
ハピメは顔画像ナシでも出会うところまでいけます。
その代わり、お金を極力出したくない人は少々出会い難い場所でもあります。

ハッピーメールのメリット

・若い子が多い
・かわいい子が多い
・出会い系の中でも会員登録数が多い
・遊び目的での出会いが可能
・自身のルックスが悪くても出会いやすい
・自身の年齢がかなり上でも出会いやすい
・既婚者でも出会える(不倫や浮気が可能)
・新人会員かそうでないかが見つけやすくなった

ハッピーメールのデメリット

・真面目な出会いは少ない
・お金を必要とする出会いが多い

色んな女性と遊んでみたい方や、多くの女性と接点を持ちたい方、不倫や浮気をしたい方、見た目に左右されずに出会いたい方には持ってこいのサイトという結果になりました。
ハッピーメールアイコン
ハッピーメールの口コミ・サクラの実態を見る