初デートをドタキャンされた時の対処法

40%の男女がドタキャンを経験している

やっとの思いでデートまでこぎ着けて、女の子に会える日を心待ちにしていたのに当日になってまさかのドタキャン……なんていうのは意外にもよくあるお話。
自分の何が悪かったんだ?もしかして嫌われた?とついつい悪い方向へ考えてしまいがちですが、男女含めて40%もの人がドタキャンを経験しているようなので、出会い系ではそれほど珍しいことではないのかもしれません。

期待感が高まれば高まるほどドタキャンされた時の絶望感は底知れず、時間の経過と共に相手に対して恨みがこみ上げてくることもありますが、ここで怒りを爆発させてしまっては次のチャンスどころかあなたへのイメージは最悪なものとなり、二度とあなたに会ってはくれないでしょう。
ここではドタキャンされた時にもっとも適切とされる対応の仕方についてご紹介していきます。

相手はどんな気持ちでドタキャンしている?

まずはドタキャンをする相手の心理について想像してみましょう。
結論を言ってしまうと、ドタキャンする理由は相手にしか分からないことなのですが、それまでのやりとりや流れの中で何となくドタキャンされた理由が見えてくることもあります。
それでは以下にドタキャンする理由として考えられるパターンを記述していきます。

急な用事

思わぬトラブルや緊急の用事で止む無くドタキャンしてしまったというパターンです。
この場合は行けなくなった理由をきちんと相手に伝えることがほとんどなので、待ち合わせ時刻になっても現れず連絡ひとつ寄越さない、ということはまずありません。
身内に不幸があった、本人が何らかのトラブルに巻き込まれて連絡できないという状況を除けば確実に事前連絡があるはずです。

体調不良

相手も人間ですから、当日になって急に体調が悪くなることもあるでしょう。
目が覚めて何となく気分が優れずドタキャンしたのかもしれません。
しかしこの場合も、行けそうにないと思った時点ですぐに断りの連絡を入れてくるのが普通でしょうから、もし待ち合わせ時間ギリギリになって

体調不良だから行けない

と連絡がきたら、それは断る言い訳だと捉えた方がいいかもしれません。

面倒になった

相手のペースに押されて会うことをOKしたけど、当日になってやっぱり会いたくないと思う女の子は結構います。
ましてや出会い系サイトで知り合った関係ならなおさら、繋がりも全くありませんから、仮にドタキャンして相手を怒らせても困ることなんてないんですよね。

それなら最初からOKしてほしくなかった

と思われるかもしれませんが、断ることができない女性もいれば、誘いを断ると男性が怒りそうで怖いと感じる子もいます。
こういうタイプの子はできるだけ穏便に事を進めたいので、その時は
楽しみだなー

こういうところ行きたいなー

とかかなり乗り気にフリをして実は全く行きたくないと思っていたりします。
特に強引に誘ってやっとの思いでデートを了承してくれた場合はこのように思われている可能性が高いので、誘い過程で何度が断られているならキリのいいところで引くようにしましょう。

リアル約束を優先した

あなたと約束した時は予定が空いていたためOKしたものの、その後で友達から同じ日に遊びの誘いを受けてそちらを優先した可能性もあります。
出会い系で知り合ったどこの誰だか分からない異性よりもリアル友達の方が気も使わないうえに安心して遊べることは確かですから、あなたに対する関心度が低ければ友達を優先する可能性は大いにあるでしょう。

出会い系でドタキャンされたら真っ先に疑うパターンです。

特に、デートするまですごくいい雰囲気でやりとりしていたのにここ数日の間で連絡頻度が下がった、内容が薄くなった場合は別の相手と上手くいってると考えた方がいいでしょう。

性格的な問題

あなたに対する関心の有無に関わらず、もともとからルーズな性格の人も中にはいます。
デートに行くつもりはあったし当日も行くつもりでいたのに予定時刻に起きられなかったとか、待ち合わせ時間に間に合いそうにないのでドタキャンしたとか、気乗りしないので断ったとか、性格が根本的にルーズな人です。
こういうタイプの人は相手が誰であろうとドタキャンを繰り返すので、約束をする場合はドタキャンされてもいい覚悟で待ち合わせした方がいいでしょう。

ドタキャンされた時の対処法

では、実際にドタキャンされた時にはどのような対応をとることが一番望ましいのでしょうか?
まず言うまでもないことですが、相手に怒りをぶつけることは絶対にタブーです。

もちろんドタキャンしたのは相手なのであなたには当然怒る権利があるのですが、これからも相手と良好な関係を続けたいと思うのであればドタキャンしたことについて責め立てるような言い方は止めましょう。
ドタキャンするということは、相手からの避難や罵倒から逃げたいという気持ちからその行動に及んだと考えられますので、これ以上相手を責めてもお互いに気分が悪くなるだけです。

ドタキャンしたことには触れずに

また予定が空いた時に会いましょう

くらいのノリで返事するのがベストです。
また、ドタキャンした理由を相手が言ってきた時はその理由を頭ごなしに否定せず、きちんと最後まで聞いてあげましょう。

そしてその理由で納得したことを相手に理解してもらってください。
間違っても理由を細かく尋ねたり、辻褄が合わないことをネチネチと問い詰めるようなことはしないように。

もっと早く連絡してほしかったな

メールなら前日でもできたんじゃないの?

本当に体調が悪かったの?

という具合に、根掘り葉掘り問い詰めたくなる気持ちは分かりますが、あまり色々聞きすぎると相手を追い詰めるような格好になってしまうので質問攻めはおすすめしません。
ドタキャンされた直後は感情的になりやすいので相手の言葉に耳を傾ける余裕はないかもしれません。
しかし、ここで感情を爆発させてしまうとせっかく築き上げてきた関係がすべて崩れ去ってしまいます。

本当のことを言っているのだろうか?もしかしたら後から作った言い訳では?と色々疑ってしまうものですが、もし本当の理由を相手が述べていたとして、それを疑われてしまったらとても悲しいですし、あなたが逆の立場なら同じように思うのではないでしょうか。
なので、どんな場合も感情的にならない冷静さを心掛けましょう。

無理に振る舞う必要はない

冷静に対応することは重要ですが、だからと言って無駄にテンションを上げて場を盛り上げる必要はありません。
むしろ、会えなくて残念な気持ちをきちんとアピールした方が結果的には次に繋がりやすいです。

全然OK!また遊ぼう

というリアクションと、
そっか、残念だな。今日会えるのすこぐ楽しみにしてたからさ

と言われるのとでは、女性への伝わり方も違います。

やはり、会えなくて残念だと思ってくれる方が嬉しいものですし、例えそれまであなたに無関心だったとしてもこれを機に興味を持ってくれるかもしれません。
ただし、あまりにも残念アピールをするとただのしつこい人になってしまうので、ガッカリしたセリフを言うのは1~2回程度に留めましょう。

ドタキャン後は少し時間を空けてから誘うのがベター

ドタキャンされたということは、何かしら会えない理由があって、まずはその問題を片づけなくてはならないということです。
理由が分かっている場合は相手に余裕ができるまで気長に待ってあげるのが一番ですし、理由が分からない場合もとりあえず今まで通り連絡を取り合うようにして、自分に何かできることがあれば力になる!くらいの思いやりを持ってあげることが大切です。
いずれにせよ、ドタキャンからそう時間が経っていないのにすぐ次のデートに誘うのは相手にとってもストレスになります。
じれったい、と思われるかもしれませんが、急がず焦らずじっくりと待ちの姿勢で連絡をとるようにすると

この前会えなかったのでもしよければ都合のいい時に……

といった感じで相手の方から自然と誘ってくれるようになります。
また、ドタキャンされた女の子一人に集中していると神経がすり減って消耗してしまうので、その子と次の約束が取れるまでの間も色んな子とメール交換して気分転換するようにしてください。
そうすることで一人に執着せずに済みますし、仮にドタキャンした子がダメになったとしてもほかの子にすぐ切り替えることができます。

ドタキャン後の対処おさらい

では、ドタキャンされた時の対処法についてもう一度おさらいしていきましょう。

・ドタキャンされた時は怒らず冷静な対応を
・相手の理由は最後まで聞く
・理由を疑わない
・ドタキャンされて残念な気持ちは素直に伝える
・次の約束は時間を空ける
・しつこく誘わない
・一人の子に執着せずほかの子とも同時並行する

ドタキャンされた直後はネガティブな発想ばかりが頭に浮かんできて冷静に対応することも難しいかもしれませんが、相手の気持ちを少し考える余裕を持つようにすれば、0だった可能性を100%に近づけることもできます。
ドタキャンというトラブルは見方によっては二人の関係を縮める材料でもあるのです。
ここで冷静かつ大人の対応ができれば女の子はそれだけであなたのことを信用するでしょうし、すぐには無理でも問題が解決すればデートしたい!と思ってくれるかもしれません。
問題はドタキャンされたことではなくその後の対応なのです。
ドタキャンされてそこで終わってしまわないように、ベストな対応をして女性からの好感度を高めていくようにしましょう。

誘うタイミングが重要

気になる子とすっごくいい感じでメールが続いてるけどこれからどうすればいいんだ?と悩んでいる男性陣はかなり多いと思いますが、それほど難しく考える必要はありません。というより難しく考えても仕方ありません。
鳥キャラと女の子のイラスト

女性とメールのやりとりが続いているという時点であなたに対してそれなりの好感を持っていると考えてもいいとは思います。がしかし、出会い系サイトの場合は仲良くなってもデートに誘うタイミングが結構重要だったりするので、あまりにも早すぎると「こいつ軽そう!」と思われて返信が来なくなっちゃいますし、遅すぎるとお互いにダレてしまって「今さら?」って感じになってしまうんですね。
このタイミングをうまく見極めて、さらっとさり気なく誘うことができれば問題なく次のステップにも進むことができるかなーと思います。

デートに誘ってもOKをもらえない理由

泣いている鳥キャラのイラスト
食事に誘うことも大切なんですが、まずはメール交換を続けて女性から信用される男性になることに努めましょう。
デートに誘ってお断りされる場合は基本的にあなたに対する好感度が低いか信用度が低いかのどちらかに原因があるので、地道に焦らずメール交換を重ねていくのが初デートへの近道です。

あと、早く会いたい気持ちが優先してしまって焦って何度もデートに誘う男性もいますが、これはかなり逆効果なので止めてほうがいいです。
まずデートに誘って「いいよ」の返事を相手からもらえない時点であなたに会うことに対して躊躇いがあるわけです。

メール交換を続けて仲良くなって打ち解けているつもりでも女性側はそう感じていないケースもあります。
この場合はどれだけ押してもデートにこぎつけることはできません。

また、何度も会おうと誘ってくる=ガツガツしているという印象を与えやすく、軽い、気持ち悪い、ウザいという対象にすぐ変化していくので1度誘って断られたらスッと引き下がってまたメール交換を続けることに徹しましょう。

デートに誘うまでのタイミング

鳥キャラのイラスト
実際デートに誘うまでのタイミングにこれといった決まりはないんですが、メールをする期間としてはだいたい2週間前後が目安かと思います。

もちろん女の子の性格やペースによっても前後してくると思うので必ず2週間メールする必要もないんですけど、これくらい時間を費やした方が余裕のある男性だと思ってもらえます。
先ほどもご説明したとおり、ガツガツしている男性は軽いイメージがあるので女性は「この人軽いかも」と判断したら一気に警戒心を強めます。

するとたちまちメールが返ってこなくなるので、あくまでも余裕のある態度で振る舞うことがポイントとなります。
メールである程度仲良くなったら電話での会話を提案してみてもいいでしょう。
電話はメールよりもリアリティがありますし、喋り方から相手のイメージもより具体的に掴むことができます。

メール→会う
よりも
メール→電話→会う

という具合に、電話のワンクッションを置くことで女性の警戒心を和らげることもできますし、お互いの相性の確認にもなりますよね。
電話のステップに進む前に連絡先を交換してサイト外でやりとりできるようにしておくと流れが非常にスムーズなのでLINEや直アドなど何でもいいので相手の連絡先を聞いて直接のやりとりを重ねて信頼関係が深まったところで電話に誘ってみるといいでしょう。

こうして見ると「デートに誘うまでちょっと時間かかり過ぎじゃない?」と思うかもしれませんが、これくらい慎重に行動した方が女性からの信頼も得られやすいですし、気分的に盛り上がっている時に初デートに誘える形になるので女性からのOKも貰いやすいです。
目安としては

・サイト内でメール(2週間)

・直メール(1週間前後)

・電話(数回)

・食事に誘う

という感じなので、だいたいファーストメールから早ければ2週間、遅くて1ヵ月後に初デートというのが一番いいタイミングですね。
相手の反応を伺いながらさり気なく食事に誘ってみましょう。