出会い系サイトの攻略法

2017.08.28

登録する前に知ってほしい!出会い系のデメリットとリスクのすべて

出会い系のメリット

出会い系を利用するメリットはオーソドックなものを挙げていくと

・希望条件にあった人と出会える
・出会いを探している者同士が出会える
・自宅にいながら手軽に利用できる
・生活環境やこれまでの人間関係に縛られない出会い方ができる
・タイプの子と出会える
・ほかの恋活サービスと比べて安価
・実際に会うまでにある程度相手を見極められる
・上手くいけば複数のセフレが作れる
・純粋な女性と出会える
・真剣な恋活も可能
・プライベートや仕事を優先できる

などがありますね。
まあこれだけ見ると「出会い系っていい事尽くめじゃない」と思うでしょうが、まあ世の中そんなに甘くはありません。
どの情報サイトでも、これらのメリットばかりを掲げて肝心となるデメリットはあまり公開しない(隠している)のが目立ちます。
まあ出会い系サービスを運営する以上、ネガティブな印象を与える情報はできるだけ開示したくない気持ちはよく分かりますが、利用者にとって本当に知りたい情報はプラスよりもマイナスな情報です。
ただでさえ怖いイメージが付き纏う出会い系をそう易々と信用しろという方が無理ってもんです。
それにどんなことでも言えることですが、メリットがあるということは必ずそれ相応のデメリットも存在するということ。
メリットだけを信じて安易に出会い系の登録を決めるのではなく、きちんとデメリットも把握して納得した上で登録するかどうかの判断をしましょう。

出会い系のデメリット

では出会い系サイトのデメリットについて順を追って解説していきます。

出会い系規制法導入後も未成年の利用を防げていない

出会い系サイトで被害にあう未成年の罪種

Powered by TSBA.mobi GoogleGraph Wordpress plugin

児童買春 13件
青少年保護育成条例違反 7件
児童ポルノ 1件
児童福祉法違反 1件

(出会い系サイト規制法の解説についてはコチラ→http://www.npa.go.jp/cyber/deai/law/)

出会い系規制法が導入されて以後、未成年者の利用は以前と比べて確かに激減しましたが、それでも完全未成年の利用を防げているわけではありません。

現状、出会い系サイトでは身分証による年齢確認、メールアドレスの登録、携帯番号の登録、Facebookの連携といった形で2重3重のセキュリティを設けています。
しかしこのようにセキュリティを設置しても18歳以上の知り合いから身分証を借りて登録してくる未成年者は後を絶ちません。
200万人300万人400万人という会員数を抱えるビッグサイトでは正直ユーザー一人ひとりの行動を完全に監視することは不可能で、未成年者が登録していても気づかないまま見過ごされているのが現状なのです。
(そもそも未成年者が登録していても未成年者だという証拠がない以上強制退会などの処置は取れない)
ということで、出会い系サイト規制法に則った運営をしているサイトでも100%未成年に遭遇しないとは言い切れません。

援助交際の温床となっていることは事実

これもよく巷で騒がれていますが、この噂ははっきり言って事実です。
出会い系サイトの特にアダルト掲示板では援助交際絡みの募集が頻繁に投稿されていて、まともなリアル女性なんてほとんどいません。
アダルト掲示板=援助交際と考えてもおかしくないくらい援助の書き込みで埋め尽くされている状態ですので、もしもあなたが援助目的ではないのならアダルト掲示板はまったくもって利用する価値がありません。
逆にあなたが援助目的で出会い系をする場合は、これ以上に無い出会いの場となっていますので、積極的にアダルト掲示板をご活用ください。
ただし、その場合も未成年者が登録している可能性は頭の片隅に入れておきましょう。

援デリ業者の客引きの場となっている

援助交際の書き込みがほとんどということは、それだけ援デリ業者の数が多いということです。
正直、出会い系で単独で援助交際をしている女性はかなり限られています。
今時援助交際でアルバイトしようなんて子はほとんどいないんじゃないでしょうか。
おそらく居たとしても、未成年者か主婦の暇つぶしか働く場所のない熟女のどれかだと思います。
18歳以上の若い女性は皆営業許可を取ってる風俗店やキャバクラなどで働きますから、あえてリスクの高い援助交際なんてしても女性にメリットなんてないんです。
それでも援助交際を選ぶということは何かしらワケアリだということです。
援助目的の男性はだいたい業者を避けて素人の女性を探そうとしますが、そもそも業者の絶対数が素人よりもかなり上回っているので、本当の素人女性を見つけるのはかなり難しいと思います。
しかも業者の女性というは会っても見抜けない場合があるので、素人ばかりと遊んでいるつもりでも実は全部業者に雇われたプロだった!なんてことはよくある話なんです。
なので、完全に業者を回避しながら素人女性に辿り着くのはなかなかに難しいと思います。

いくらでもプロフィールを偽証できる

出会い系というよりネットならではのデメリットですね。
ネットはリアルにその人を知っているわけでもないですし、プロフィール情報を確かめる術もないので、嘘をつこうと思えばいくらでもつくことができます。
これを『嘘』と表現していいのかは曖昧なところですが、プロフィールは誰しも多少は盛っているはずです。
特に女性に多いのが写メですね。
あとはスタイル、年齢、といった外見的な部分が多いですが、話の内容が丸っきり嘘って人も結構いますから、迂闊に人を信用すると自分が痛い目に遭うかもしれません。

モラルのないユーザーが多い

これもネットあるあるですね。
まあネットにモラルなんて求める方が間違ってる!なんて人もいるようですが、人と人とが接する以上は最低限のモラルを守るのは常識だと思います。
ただ、ネットはお互いに顔が見えない状態でやりとりしますから、気兼ねなく言いたいことを言える、好き勝手できる、面倒になったらすぐ切れる、何をしても許される、みたいな感覚がどうしても根付いてしまってるんですよね。
運悪くそういう価値観を持ったユーザーと接触してしまうと、人間不信に陥ってしまったり、ネットストーカーチックになったり、ずっと恨み続ける、みたいなちょっと病的思考に傾いてしまう人もあるので、出会い系にハマるにしてもほどほどにセーブして、現実とバーチャルの区別はつけておいた方がいいかもしれません。
出会い系で知り合う人すべてがモラルに欠ける行動をとるわけではないですが、全体的にそういう人が多いことは事実です。

詐欺や凶悪事件も多い

ネット上でいくらでも嘘をつけるということは、それだけ犯罪を作りやすい環境であることを意味します。
嘘をついてメリットがある犯罪と言えば詐欺です。
出会い系では詐欺被害がとてもつなく多いです。
ネット上でこんなに詐欺が発生するのも出会い系くらいのものじゃないでしょうか。
ほかにも詐欺の温床となっているサービスはいくつもありますけど、どんな詐欺でも大抵出会い系が絡んでいるんですよ。
むしろ出会い系が絡んでないネット詐欺なんて存在しないと言ってもいいくらいですね。
それくらい出会い系絡みの詐欺は多いです。
手口をコロコロ変えてとにかくお金を騙し取ろうとしてくるので、すぐ人を信用してしまう人ならコロッと簡単に騙されちゃうんじゃないでしょうか。
あとは、殺人事件などの凶悪犯罪も頻繁に起きていますね。
出会い系に””怖い””イメージが定着するようになったのも、元を辿ればこの凶悪犯罪が出会い系で起きるようになったからです。
恐ろしい事件が報道されるたびに「出会い系はヤバい」「怖い」「危険すぎる」というイメージだけが独り歩きしていつの間にか怖いイメージから脱却できなくなったのです。
まあ事件が起こる可能性だけで言えば出会い系に限らずどこでも起きる可能性を秘めていますし、出会い系で世の中のすべての事件が発生しているわけではありません。
ただ、リアルな出会いに比べて事件が起きやすいというのは事実です。
それなぜかというと

・相手の身元が特定できないから
・頭のおかしい人間に遭遇する可能性があるから
・ネットだけでしか繋がっていないから
・私利私欲だけで出会い系を利用している人間がほとんどだから

などがあるからです。
犯罪を犯す人間にとって、出会い系ほど楽で便利なツールはほかにありません。
出会い系だけじゃなくオンラインゲームやSNSなども同じです。
繋がりが希薄で相手の正体が分からないからこそ、犯罪者はそれをうまく利用しようとします。
リアルの場でもそれが実現できないわけではありませんが、ネットの方がはるかに効率的で確実な方法と言えます。
なので、犯罪を目論むユーザーは常にネットからの接触を試みるのです。
その方が簡単に人を騙せますからね。
出会い系サイトにはこういう危険性もあることを理解しておきましょう。

自分の身は自分で守らなければいけない

出会い系では、仮に自分の身に火の粉が降りかかったとしてもその火の粉は自分で払わなくてはいけません。
つまり助けてくれる人など一人もいないということです。
出会い系サイトではカスタマーセンターやサポートセンターなどが設置されていますが、はっきり言ってこんなものは役に立ちません。
サポートなんて言ってますが、実際にはメールでの対応が基本だったり、操作で迷った時に案内をしてくれるだけなので、ほかのユーザーとトラブルになったとか事件に巻き込まれたという話は弁護士や警察が介入して本格的に捜査にでもならない限りノータッチの姿勢です。
ですので、面倒な女性に遭遇して何かトラブルになったとしても自分自身で解決しなければいけません。
身近に相談できるような人がいればいいですが、出会い系を利用しててトラブルに巻き込まれたなんて話、普通はあまり言いたくないと思いますから、なかなか相談できる相手もいなくて結局泣き寝入りしてしまう人が多いです。
万が一のトラブルも想定して利用するようにしましょう。

出会えないまま脱落するユーザーも多い

出会いを求めて登録したのにまったく出会えなかった!というのは利用者にとって最大のデメリットだと思いますが、まあこれもよくあるパターンです。
そもそも出会い系は勝ち組と負け組がかなりはっきりと分かれていて、一度負け組の烙印を押されたユーザーは二度と勝ち組に這い上がれない仕組みとなっています。
出会い系ではスペックが何よりモノを言います。
当然のことながらスペックの悪い男性は選ばれにくいです。
スペックが悪いだけならまだ数打ちゃ当たるで何とかなりそうですが、ネガティブワード連発してたり、ケチだったり、空気が読めなかったりすると女性から選ばれる可能性がほぼゼロになります。これが負け組となってしまう原因です。
あとは登録するタイミングとか、その時のアクティブユーザーのメンツにもよります。
運が悪ければどれだけ長く利用しても出会えませんし、運がいい時は一発目に出会った女の子とスムーズに発展していきます。
出会い系はスペックがいい方が確かに間口は広がりますが、スペックのいい男性=必ず成功するってわけでもないので、こればかりは本当に難しいところです。
攻略法はひとつではありませんし、最終的に出会えるかどうかは女性との相性に依存してくるんですよね。
そこそこ相性のいい人に出会わないとなかなかメールは続きませんし、メールが続いても会ってから「なんか違うな」となるケースも往々にしてあります。
で、そんなこんなで「ダメだ、違う、なんで?」を繰り返して最終的に疲れてしまいます。
ですので出会い系では、運がなくてタイミングが悪くて融通が利かなくてお金をケチる男性から順番に脱落していくようになっています。
時間も労力もお金も使って結果的に収穫ナシなんて最悪のパターンですよね?
出会い系に登録しても””確実に出会えるか分からない””という点が出会い系最大のデメリットかもしれません。

まとめ

どんな出会い方も多少のリスクはつきもの。
ただ、出会い系の場合はネットを介してという特殊な出会い方だけあって、サイト選びにしても料金形態にしても慎重に選ばなければ後でとんでもない大損をする羽目になります。
大損するだけならまだいい方で、予想外のトラブルに巻き込まれたり被害者の身になった日には「出会い系なんて登録しなきゃよかった」と後悔することでしょう。
そんな後悔をしないためにも、本記事のデメリットやリスクを参考にして、慎重に登録するサイトを選んでほしいと思います。

出会い系を利用中の男性100人にアンケート

出会い系で悪い体験をしたことはありますか?

Powered by TSBA.mobi GoogleGraph Wordpress plugin

特にない:32%
サクラや援デリ業者:24%
他サイトへの誘導:17%
ドタキャン:5%
架空請求:5%
キャッシュバッカー:4%
商用目的の勧誘:4%
その他:9%’

「同時登録」に注意!

優良サイトと呼ばれる大手サイトは世の中にいくつも存在しますが、出会い系のすべてが安心かつ安全に利用できるサイトばかりではありません。
中には悪意を持ってユーザーを陥れる目的で作られたサイトも存在しており、そうとは知らずにアクセスしてしまうと詐欺被害にあう可能性は誰にでもあります。
出会い系で注意するのはサクラ被害だけではなく、登録した途端に身に覚えのないサイトにまで自動的に登録させられる所謂『同時登録』と呼ばれる手口にも十分に注意しなければいけません。
同時登録という言葉を初めて聞いた方もおられるとは思いますが、これは出会い系サイトだけに限った詐欺ではなく、ネット上に存在するどのサイトにアクセスしてもその被害にあう可能性がある詐欺なのです。
ここでは同時登録の手口とそれらの悪質サイトを回避する方法について解説していきます。

同時登録とは?

同時登録とは、気になる出会い系サイト1つに登録手続きを行ったとします。しかし全くに見覚えのない出会い系サイトにも登録したことになっており、しかも使用していない利用料金を後日請求されるようになるという詐欺手口のひとつです。
最初に登録した出会い系サイトが悪質サイトで、その後自動的に登録される複数のサイトはその出会い系サイトの姉妹サイトだったり提携サイトだったりします。
登録したサイトから料金を請求されるなら話は分かりますが、見の覚えのないサイトから使ってもいない料金を請求されるようになるのでユーザーはパニックになりどう対処していいのか分からなくなるのです。
同時登録される時は悪質サイトの特徴にもよりますが、だいたい2~4サイトを同時に登録されるパターンが多いです。
これだけならまだいいのですが、中には10~20サイト登録させられるという悪質なケースもあり、これだけ登録されるとさすがにメールを無視するだけでは対処できなくなります。
特に本アドを登録している場合は簡単にアドレスを変えるわけにもいかないし、かといってアドレスをブロックしてもまた別のアドレスを使って迷惑メールを送信してくるので非常に厄介だったりします。
しかしこの同時登録、そもそものシステムが違法な上に、ユーザーの同意を得ず登録させる行為自体、契約として成立していないので、料金の請求が来ても使っていないものならば完全に無視をしていれば問題ありません。
ただ、一度同時登録されると昼夜問わずとにかく大量のメールが来るので、出会い系に登録する時は基本的に捨てアドで登録することをおすすめします。
捨てアドなら仮に悪質サイトを踏んでしまったとしても後はアカウントを破棄すればいいだけのことですし、メールボックスさえ開かなければ迷惑メールを視界に入れることもありませんよね。
メールが届いて一番やってはいけないのが、

・メールを開封する
・メールに返信する
・メールの本文にあるURLをクリックする

なんですよね。
開封しただけでは料金を請求されることはないんですけど、開封っていうアクションを起こすこと自体が無意味ですし、変なURLを間違えてクリックする恐れもありますから興味本位でも見ない方がいいと思います。
返信するっていうのはこちらがメールに興味を示していることが業者にバレる行為ですし、最後のURLへのアクセスはまぁ言わずもがなですが、同時登録しているサイトの数を増やすだけなので止めた方が賢明です。

そして悪質な出会い系サイトには絶対に登録しないようにしましょう。
安心安全に出会い系を楽しむためには信頼できる大手の出会い系サイトを利用することが一番ですし、誰もが知っているサイトはそれだけの実績と信頼性があるので詐欺や迷惑メールの危険性はありません。
はじめて出会い系を利用される方は最低でも10年以上の実績を持つ老舗サイトに登録されることをおすすめします。