出会い系サイトの攻略法

2017.08.12

人妻との出会い方とその先のステップ

実は人妻との出会いの「チャンス」自体は日常生活に溢れているものなのです。
近所の人妻、仕事先の人妻、どこかの店員である人妻、出会い系を利用する人妻・・・
チャンスは多く存在しますが、その中でも最も難しく・重要であることは、その多くの出会いから次のステップへと進めるということが、「できる」かどうかということです。
順序を追ってそれについて考えてみましょう。

日常生活で人妻との出会いを得る方法

他人から知人になる

まずは人妻と日常において「知人」になることがファーストステップです。
話をすることすら出来ない状態では、出会いの土俵に上れていないも同然な状態です。
挨拶程度ができる、知人程度の間柄になれればファーストステップは完了です。
その一例として、コンビニの人妻店員と出会って密会へと繋げた、私の経験談を基にお話しましょう。

あるコンビニ、タイプの女性店員(人妻)がいたので、惜しげもなく通っていた私。
なぜ人妻かとわかったかというと、結婚指輪をしていたから。
通うごとに次第に顔を覚えてもらい、挨拶を交わしたり、客のいない時はレジ越しに軽く会話をするような間柄にまでなりました。
最初の出会いからここまでは約半年、購入の際はいつも笑顔を忘れず、常に「感じの良い客」であることも心がけ、話をしやすい印象であることも心がけていました。
あわせて、冗談交じりに「私は○○さんのファンだから通っているんですよ(笑)」
などという言葉も交え、相手に興味があるということもさりげなく伝えておきます。

そのうち、軽い会話の中から、その方は旦那さんが単身赴任をしているという情報を得ます。
さらに、私があるSNS上でよく地元の食事に関して記事を投稿していると話すと、彼女もそのSNSのアカウントを持っているので是非見てみたいという話が。
「これはチャンスだな・・」
直感的に私はそう思いました。
数日後、彼女とSNS上で友達になることができ、これでコンビニ内のみの短い会話だけではなく、ネットを介して思う存分話しをすることができるようになったのです。

連絡先を知ってより距離を縮める

出会って、知人になってから連絡先をゲットすること、これが最初の一番高いハードルです。
しかし、連絡先を何とかゲットできれば、あとは密会へ進めれる可能性はかなり上がるものだと私は思っています。
この連絡先を交換できるか否かが
「相手が自分に興味を持っているか・いないか」を測れるバロメーターと、
「密会できるか否か」の判断ができる、わかりやすい基準であると感じています。
なぜならば、密会の可能性の無いガードの固い真面目な人妻などは、いくらお互い好印象であっても、決して連絡先は教えてもらえないからです。
そういった場合はしつこく迫ることなく「さらり」とあきらめましょう。

連絡先を交換してしばらくは普通のやり取りを続けます。
人妻はやりとりしている時間帯も限られるので、あせって返事を要求してはいけません。
常に自分都合で即レスを要求すると、相手にとってはやり取り自体が負担になり、せっかく築いた良好な関係も一気に無くなってしまうということにも繋がっていきます。焦りは禁物です。

会う約束を取り付ける

定期的にやり取りが続くようになったら、改めてオファーを掛けてみましょう。
「実は○○においしいお店があるんです。でも一人だとちょっと入りづらくて。よかったらご馳走するんで、今度お店に行くの付き合ってもらえませんか?」
これは私が使った実例ですが、あくまで下手(したて)になって相手を誘うことを忘れません。

もし、「食事に行きましょう」という誘いに乗ると、人妻は自分の選択として食事に行った、あるいは行くのだと罪悪感を抱きます。
人妻は一度罪悪感を抱くと、その先へは決して進んで行く事はありません。
「お店に行くのに付き合ってもらえないか?」という誘いの場合、相手が困っていたから仕方なく一緒に行った、という「自分が選択して行った」のではないという感覚になり、それによって罪悪感を抱きづらくさせるということを狙うためです。
一度食事に行けたなら、きちんと紳士に振舞い、じっくりとおもてなしをして
「この人とならまた会っても大丈夫だ」
という好印象を相手に植え付けることができれば、次回の密会へとつなげることがより容易となるでしょう。

しかしながら、私が思う一番手っ取り早い距離を詰める密会は、相手がお酒が好きな人ならば一緒に飲みに行くということです。
話を戻しますが、私とコンビニ人妻店員との場合です。

その後連絡を交わしながら、相手がお酒が好きということを知った私。
「いつも行ってる店ですごくおいしい○○(お酒の名前)が飲めるところがある」
と相手の好きなお酒が飲める場所へ連れて行くことをオファーします。
すると、「旦那が帰ってこない週末なら」
ということで、飲みに行くことに対してOKをもらうことができました。
ちなみに出会ってからここまでは約10ヶ月です。

当日、約束通りに相手が好きだったお酒を飲ませ、色々とお話をします。
だいぶ酔いも回った日付も変わったあたり。
店を出て、「まだ飲めますか?」と聞くと
「もう飲めません」という返事が。
普通はここで帰すことを選択するのでしょうが、私は違います。
「少し休んでから帰りませんか?」
とそっと耳打ちします。
すると小さくうなずく彼女。
ありふれた言い方ではありますが、これが一番感じが良く、まるでオブラートに包んだような
「セックスしましょう」のオファーだと思います。
あとはご想像の通り、ホテルへと向かった私たちは、密会の背徳感に酔いしれながら、獣のように肉体を交わえるのでありました。

その後、定期的に飲みにいく間柄になったその人妻とは、私が転勤してその地を離れてしまうまで関係は続きました。
今でも連絡は取り合っていますが、距離が遠いため、きっともう会えないだろうと思っています。

今回の場合は、出会いを得てから知人に進化→連絡先を知る→直接やり取りをする→二人で会う約束をする。
という手順を実例をあわせて紹介させてもらいました。
当然ながら、これは一発成功例ではなく、この成功の裏には幾度と無く失敗談が隠れています。
失敗の積み重ねが経験値を上げるということも間違いがないことだと私は思います。

そしてこれはあくまで一例ではありますので、全てに当てはまるわけではありませんが、普段の生活での人妻との出会いと、その先のステップをどうやって得たのかという実例として、活用してみていただけたら幸いです。

ネット上で人妻と出会う方法とは

続いて、ネットの世界を使った人妻たちとの出会いを、どのようにしてゲットするのかということを、私の経験と私見から考察してみたいと思います。

有料サイトは手っ取り早い

出会い系サイトや、出会いを提供するサービスは無数に存在しますが、私個人がオススメするのは、多少なりとも料金がかかる「有名有料サイト」の使用です。
「有名有料サイト」では女性会員数が非常に多いこともあり、都会のみならず、地方都市であっても人妻会員との出会いが容易に見つけることができます。
特に秘密の出会いに対しては秘匿性を重視する人妻が大多数なので、それが可能になる「ネット出会い」を利用する人妻達は、最近非常に多くなったと言えるでしょう。
無料サイトは業者ユーザーの登録が非常に多く、一般女性で登録している人も毎回同じような人ばかり、さらに頻繁な迷惑メール受信の発端にも繋がる事例が多いので、私はここ数年は敬遠をしています。

有名出会い系サイトは、出会いの目的をはっきりとしてやり取りを進めることが可能なので、大人のお付き合いを望むのなら一番手っ取り早い方法なのかもしれません。
例えば有名出会い系サイトPCMAXは、目的に「不倫・浮気」などというカテゴリがあり、自分の利用目的にその項目を記載している人妻がいれば、もう回りくどいプロセスは不要になるということになるのです。

もちろん登録したからと言って、スグに出会って会うことまでたどり着けるわけでもなく、サイト上であってもじっくりと腰を据えて探し、連絡を取り合い、丁寧な対応を続けることで貴重な人妻との密会へと繋げなくてはいけません。

私はというと、PCMAXを使用して多くの人妻との密会の機会を得ることができました。
その多くは、旦那さんに精神的にも肉体的にも不満がある人、性欲が強すぎてそれを解消するため、冒険してみたいがため・・などという様々な理由で出会い系サイトを使用しており、こちらがそれぞれの人妻のニーズに合った男性であるいうことを、丁寧にアピールすることで人妻との出会いへと繋げているのです。

SNSは意外な出会いの場を得る

私はフェイスブックを活用して人妻との出会いを得ることに何度か成功しました。
といっても、完全に見知らぬ人とつながるのは非常に難しい世界でもあるので、顔見知りか知人程度の間柄が、フェイスブックで繋がることによって、友人くらいにまでは格を上げることができる、というように考えて使えば良いと思います。
前回の記事でもお話したのですが、ただの知り合いからやり取りのできる友人にさえなることができれば、そのうちに密会のチャンスを得ることができるようになるから、ということを目的として活用するのです。

一例としてフェイスブックでの出会いの進め方ですが
1 まずは顔見知り・知人程度になる。
2 フェイスブックを使っているか否がを探る。
3 使っているならば、名前を検索し(名前がわかるなら)友達リクエストを送ってみる、あるいはリクエスト送信をしても良いか直接聞く。
直接聞く場合は、その距離感が非常に難しいので、挨拶程度か軽い会話ができるくらいの間柄になってからの方が承認が容易でしょう。
いきなり友人リクエストを送信する場合は、メッセンジャーなどであらかじめ
「○○でよくお会いしますね!よかったらお友達になりたくてリクエストしてみました!」
というような内容のメッセージを送信してからリクエストを送る方が良いと思います。
4 リクエスト承認→5へ進む。 リクエスト不承認→あきらめる。
5 改めてメッセンジャーでやり取りをする。
6 距離を徐々に縮め、密会のお誘いへと進める。
この間、フェイスブックには相手から興味を引くような面白い記事を多く掲載していると、その距離感をより近づけることができます。
私は常に食レポを面白おかしく記事にしているのですが、実際はそんなに話したことが無い間柄なのに、その記事を読んで私により親近感を持ってくださったという人妻と仲良くなって、その後は・・・ということがありました。

また、プロフ写真も自分を良く見せている写真を作って貼っておくことで、知りもしない女性ユーザーからリクエストが届いて・・なんてこともあります。

このように、ネット上では出会い系サイトやSNS等において、人妻との出会いの場は無数に存在しています。
サイトやコンテンツに関して、個人によって好き嫌いはあるとは思いますが、自分に合ったものを探して使用することによって、素敵な人妻との出会いをネットで得ることは決して不可能ではありません。
みなさんもこれらを活用して、素敵な出会いを多くゲットしていただけたらと思います。

人妻はなぜ他の男性との出会いを求めるのか

出会い系サイトでは大変多くの人妻たちが、日常の生活からかけ離れた刺激的な出会いを求めて次々と登録をしています。
その登録数を見るや、結婚するのが嫌になってしまうほどのものです。
なぜ、人妻は旦那以外の男と出会い、逢瀬を重ねることを望むのでしょうか。

私が数々の出会いから密会した多くの人妻は、大きく以下のような部類に分けられていました。

性欲が強い女性

性欲が強い人妻は、その身体の火照りを冷ますため、様々な方法で刺激的な出会いを求めます。
そのような人妻の多くは、こう言っていました。
「30代を超えて性欲が増してきたが、旦那が逆に性的に衰えて行き、相手をしてくれない、こなせない」
男性としては耳をふさぎたくなるような内容です。
女性は30代くらいから性欲が増すようですが、反比例するように男性は性的に衰えが始まって行きます。
仕事に疲れ、夜の営みを避けていると・・・あなたの奥様もよからぬ思いを抱くようになるのかもしれません。

さらに、後天的ではなく元々性欲が強い女性で、旦那との営みだけでは満足できないという人妻もいます。
これらは、旦那さんとも普通に営みを持つが、他の男性とも交わりたいというタイプで、身体だけの関係を持つのであれば一番後腐れのないタイプです。

また、性欲が増してきた人妻はこれまではノーマルなセックスしか興味がなかったのに、色々なプレイに興味が出てきたという人も多く存在します。
そういった系統のプレイを望むなら、激レアな若い変態女性などを苦労して探すより、そういう嗜好に目覚めた人妻を狙うのが容易でいいかもしれません。

冒険してみたい願望を持つ人妻

冒険願望、遊んでみたい願望のある人妻は比較的安全な出会いを求めます。
そして、単に他の男性と食事やお酒、その他レジャーを楽しんでみたいというピュアな願望を持つタイプもあれば・・
「旦那以外の他の男性に一度抱かれてみたい」
という願望を持つタイプの女性とに大きく二分されます。
いずれにせよ、そういった関係の人妻はガードが固く、家庭を壊すことを望まないため、慎重に事を進める必要があります。
そして関係が長続きしないのはこれらのタイプだと私は思います。
いわゆる、「一回限りの出会い」がこの場合に多いでしょう。

お金目的の人妻

この場合は日常の出会いではなく、出会い系サイト等などでよく見るタイプなのですが、身体の関係と引き換えに、あるいは何かと引き換えに金銭を求めるというパターンです。
これらの多くはお金がらみなので、非常にドライな出会いであり、感情移入も恋愛感覚も無いような大変面白みに欠ける出会いだと私は思います。
もちろん、それでもいいから会ってみたいというなら話は別ですが、人妻との出会いに対して、普段の恋愛では味わえないような、刺激と背徳感を求めたいという方には向いていないタイプだと私は思います。

既婚者女性とのお泊りは極力避けた方がいい

普通なら初デートで食事していい感じの雰囲気になったところでホテルに誘ってそのまま朝を迎える流れなのですが、既婚者女性が相手の場合はそういうわけにもいきません。
女性の環境や都合にもよると思いますが、基本的には初デートでお泊りをするのは止めておいた方が賢明です。
ホテルに誘ってセックスするだけなら全く問題はないのですが、お泊りというのは既婚者にとってもっともハードルが高い行為です。
あなたが既婚者の立場ならよくお分かりだと思いますが、男性の場合はまだ自宅を抜け出せる口実があるので取り繕おうと思えばできないこともないですが、女性の場合、特に専業主婦だと泊る理由がそもそもないので言い訳できる口実もない。仕事をしている女性でも外泊するようなケースなどほとんど稀だと思うのでしつこく突っ込まれた時にかなり厄介、といったリスクが発生します。
嘘が上手い人ならもっともらしい口実を並べ立ててその場を凌げるかもしれませんが、すぐに顔に出てしまうようなタイプの人は絶対にバレてしまうでしょう。
つまり、既婚者同士(男性が独身でも)のお泊りはアドリブがきかないので、初デートや数回目のデートで誘うのはタブーだと言うことです。
お泊りをする時は必ず前もって準備をし、外泊していたことがバレた時のアリバイなども用意してから実行に移すようにしてください。

既婚者の出会いは常に浮気発覚を注意すること

どちらかが既婚者である、もしくはどちらも既婚者である場合、それが配偶者にバレれば、本人並びに浮気相手に慰謝料請求がくることになります。
浮気の定義は妻以外の異性と肉体関係を持った時とされているため、例え相手とセフレの関係であったとしても法的には立派な不倫と見なされます。
妻にバレることなく出会い系でセフレを見つけたいのなら、上記で述べたお泊りのルールのほかに、最低でもスマホの管理は徹底するようにしてください。
浮気がバレる一番の原因がこのスマホです。
スマホの中身を盗み見される、予測変換機能をチェックされる、GPSで居所を監視されるなど、一度パートナーに疑いを持たれると恐ろしいほどしつこく周辺を嗅ぎ回られます。
こんな時に出会い系でやりとりしている記録が残っていたらどうなるでしょうか?
浮気がバレることはもちろん、相手が既婚者だった場合は相手女性の家族も巻き込むことになりかねません。
スマホを盗み見されても浮気がバレないよう、予め出会い系に関するアプリはすべて目の触れないところに移動させるなり何なりしておきましょう。
ちなみに、優良出会い系サイトには新着メール通知を無効にしたり、ダミーサイト(一見出会い系とは全く関係のないアプリに見せかけたアイコン)を表示させる機能が備わっているので、登録時にそれらを活用していただくことを強くおすすめします。