出会い系サイトの攻略法

2017.09.08

出会いがない社会人にこそ出会い系がおすすめ!注意点は!?

出会いのきっかけをなかなか掴めない人にとって、出会い系などの場はライフスタイルを変えずに気軽に利用できるツールとしておすすめです。
近年ではSNSから出会って発展しているカップルいるため、出会い系以外の場も注目されるようになってきていますが、出会うことだけに注力するのであればそれに力を入れているサービスに登録しなければ時間の無駄に終わってしまいます。

社会人が出会えない理由

出生率の低下や人口減少に伴い、日常生活で自然に異性と出会うことが難しくなってきています。
また20代で結婚を意識する若者が年々減少している所謂晩婚化も出会えない理由に大きく関係していると思われます。
出会いに意欲的な若者が減ってきたために、結婚したくでもできない、恋人が作れない、異性の友達がなかなかできないという問題に悩まされる社会人が増加しているのです。
また、社会人になると学生時代のように自然な形での出会いが望めない、周囲の環境や人間関係に大きく左右される部分があり、実際に同年代の女性がいない職場に就職できなかった人は職場恋愛は絶望的となってしまいます。
こうした、きっかけの少なさも社会人が出会えないことに関係していると言っていいでしょう。

社会人の価値観は年々変化している

社会人になると間口も狭くなるので、出会いたくてもなかなか出会えないということは既に上でもお伝えしましたが、それ以外にも社会人の価値観が今と昔とでは大きく変化しており、これが出会いのきっかけを妨げています。
その価値観とは主に以下の3つです。

・恋愛や結婚に対する価値観
・自分の時間を優先する(優先したい)
・草食系男子の増加

恋愛や結婚に対する価値観の変化は上でも少し触れましたが、一昔前は20代後半にもなると結婚の話が出て当たり前、独身者にはお見合い話や紹介を通じて異性と知り合い、その流れから結婚するというのが通例でしたので、今でいう独身貴族なんかは””変わり者だけが選ぶ生き方””という見方がされてきました。
しかし最近ではお見合い話が舞い込むこともなければ、結婚のお世話をしてくれる親戚、上司などもいないので、自力で相手を見つけなければいけません。
社内恋愛や学生時代の同級生から結婚に発展するケースもありますが、これはごく普通の出会いから関係が深まったものですから、自然発生する割合としては少ないですし、成り行きだけに身を任せているといつまで経っても異性と出会えなくなるのです。
また仕事とプライベートを完全に切り離して、自分のライフスタイルを大事にする若者が増えてきたことも出会いの減少につながっています。
昔は、仕事の付き合いで飲みに行くのは当たり前、プライベートの時間を削って仕事関係の人と繋がりを持つことが求められましたが、現在は上司からの誘いもきっぱりと断る若者が増えています。
仕事上の付き合いよりも、自分の趣味や楽しみに時間を注ぎたいという考えを優先するあまり、決まった人物との交流しかできなくなるのです。
また、スマホゲームやSNSなどのネットに依存してリアルな人間関係を築けない人も増えています。
確かにスマホゲームやSNSは異性と手軽にコミュニケーションをとるには最適なツールと言えるでしょう。
しかし、そこからリアルな出会いに繋がるようなことは滅多にありません。
そして、SNSで出会いを探している男性に限ってどういうわけか草食系という共通点があります。
男性が草食化して女性が肉食化しているなんて言われていますが、いつの時代も女性は受け身です。
待ちの姿勢を保つ男性はそれだけ出会いのチャンスも逃しやすいですし、ライバルに差をつけられて目当ての女性を奪われる可能性も高いのです。
つまり、積極的にアプローチできない男性が増えたために、どちらも待ちの姿勢になってしまい、結果として出会いに繋がらないというわけです。

出会いがない人の共通点

社会人になれば世界が広がる!かと思いきや、異性との出会いはごくごく限られたもので、しかも自ら積極的に行かなければチャンスを掴むことはほぼ不可能です。
社会人のおよそ4割に恋人がいないという時代、「なぜ自分には恋人ができないのか?」「どうして出会えないのか?」と思ってしまう人もいるでしょうが、出会えない人たちには必ず出会えない理由があり、共通する部分があるのです。
では以下に、その共通点をご紹介していきます。

(1)理想を追い求め過ぎている

それぞれにある程度異性へのこだわりがあるのは当然ですが、あまりに度の過ぎたこだわりを追及している人は出会いのチャンスを逃してしまいます。
「こういう出会い方はダメだ」「年齢はこれくらい」「性格はこんな人」「見た目はこういうタイプ」といった具合に、自分の理想を相手に当てはめてよく相手を知らないうちから良し悪しを判断している人は要注意。
こういう方は、どんな出会いもすべて自分の理想を軸に考えて行動するため、結局理想通りの相手でなければ恋愛対象にならなくなって、理想から外れた女性のちょっとした魅力や長所にも気づけないまま素通りしてしまうのです。
「理想通りの人はいない」と気づかない限り、永久にその理想を追い求めることになります。

(2)内向的な性格

社交的な性格の持ち主であれば、必然的に周囲に異性の知り合いは増えていくはずですが、内向的な人は自分から積極的に異性と知り合おうとしないので、知り合うきっかけも当然掴めません。
いきなり合コンやパーティーに参加する必要はありませんが、少しずつでも異性と知り合える場に積極的に参加するようにすれば、出会えるかどうかは別として、きっかけを作ることは十分にできるはずです。

(3)インドア

当たり前の話ですが、家にいるだけで異性と出会うことはできません。
外に出たからすぐ女性と付き合えるわけでもありませんが、家にいるより外に出た方が出会いのきっかけはありますし、外に出なければ何も始まりません。
気晴らしを兼ねて休日は外食したり、友人と出掛けるなど、外に出る予定を積極的に作っていきましょう。

(4)仕事に忙しい

 

忙しそうにしている人は仕事関係の関わりもたくさんあるので、出会いのきっかけもあるように思われがちですが、実際には忙殺されてそれどころではありません。
また、仕事で知り合った関係はあくまでもビジネスだけでのお付き合いが基本なので、プライベートまで踏み込むことは滅多にありません。
「忙しいから」「仕事があるから」という理由で異性関係を二の次にしているのでしょうけど、それを繰り返しているとあっという間に市場価値のない年齢になってしまいます。

(5)同じ行動パターン

同じルートで会社に行って、同じルートで帰宅する、休日は同じ場所で買い物する、決まったところに遊びに行く、同じメンバーで遊ぶことが多い、というように、同じような行動パターンしかしていない人は出会いがなくて当然です。
異性と知り合いたいなら普段とは違う行動パターンをする必要があります。
一本早い電車に乗る、知らないお店に入るなど、些細なことでもいいので変化をつけることが大切です。

出会いがない社会人には出会い系がおすすめ

上記で挙げた最近の社会人の傾向をまとめると以下の通りとなります。

・出会いに消極的
・プライベートが大事
・同じ行動パターンになってる
・仕事関係から出会いに発展しにくい
・積極的に外に出ない
・SNSなどでの交流が基本となっている

このことから、基本的なライフスタイルを崩さずに出会いを求めるには出会い系が一番最適であると言えるのではないでしょうか。
リアルでは消極的な人も、出会い系というフィルターを通すことで、積極的に絡んでいくことができますし、万が一フラれたとしてもリアルより傷が浅いのですぐに切り替えることができます。
SNSを使うことが当たり前となっている時代だからこそ、出会い系を使うなんて効率が悪いと思うかもしれませんが、そもそもSNSは出会いに特化したサービスではないため、出会い系よりも成功率の面では劣っています。というより、出会いを目的に利用していることがバレたら女性から白い目で見られるでしょう。
その点、出会い系は堂々と出会いを目的に女性と絡むことができますし、幅広いタイプの女性と交流を持つことができます。
メールのやりとりがベースですから、インドア派の人でも手軽に利用できます。
ただ、出会い系と一言でいっても色んなタイプの出会い系があり、出会い系に登録しているすべての女性が誠実であるとは限りません。
中には詐欺を働く目的で利用している人もいれば、援助目的で利用している人もいます。
あなたがもし真面目に恋人探しをするのなら、早々に相手のタイプを見極めていかなくては非効率的ですし、目的の違う者同士がダラダラやりとりを続けても結果的に上手くいくことはありません。
また長くやりとりを続けていい感じの雰囲気になっても突然にフェードアウトされてしまうことも多々あるので、出会い系に登録したからと言って確実に出会いに繋がるわけではありません。
出会い系は異性を効率よく探すのに最適な場所ではあるものの、一方でこうした危険性やデメリットも孕んでいることも忘れてはなりません。

出会い系サイトのステマに注意

ITやマーケティングに馴染みのない人にとって『ステマ』という言葉はあまり聞き慣れない単語かもしれませんが、実はこのステマは出会い系サイトにも深く関係しているマーケティング手法なのです。
ここでは出会い系をより安全にご利用いただくために、ステマとは一体どのような手法で何がどう危険なのか?についてご紹介します。

ステマとは

ステマ(ステルスマーケティング)とは、大々的に消費者に向けて宣伝を行うのではなく、むしろ宣伝と悟られないように密かに対象の商品を消費者に向けて訴求する手法のことを言います。
分かりやすい例で例えると、商品の口コミ、評価の釣り上げ行為、自作自演、芸能人ブロガーに執筆依頼をしてあたかもその商品を普段から利用しているかのように宣伝してもらう、などが挙げられます。
これらのやり方は、目に見えて商品を宣伝している内容ではありませんが、消費者の購買意欲を煽り、好奇心や興味を掻き立てるには十分な効果を秘めています。
評価やブログの評判を見て興味を持った消費者たちは自然と商品を購入していく形となるので、大企業、有名ブロガーなどがこの手法を取り入れて問題となっています。
ステマの問題点は意図的に評価や事実を操作して消費者に商品を販売できるという点です。
ステマの内容を信じて商品を購入した消費者にとっては、購入後に事実と異なることが発覚しても返品や返金を要求することは難しく、またそれがステマであるかどうかを立証することもできません。
つまり、ステマの餌食となった消費者は泣き寝入りするしかないのです。

事実を操作されやすい出会い系サイト


ステマは虚偽の情報を消費者に流して商品購入に向けて誘導します。
この手法、実は出会い系サイトではほとんどと言ってもいいくらい取り入れられており、出会い系サイトは本当に信用できるの?と、出会い系に対して不信感を抱くユーザーが多いのもこのステマが無数のサイトで使用されているためです。
ステマの被害に遭ったユーザーたちは「出会い系はやっぱり信用できない」と思い込み、出会い系のすべてを一括りにして””如何わしいサイト””と決めつけてしまいます。
確かに世の中にある90%は如何わしいサイトなのですが、ごく一部信用できるサイトが存在することも事実です。
そういったサイトに運悪くたどり着けなかったユーザーが増えるだけ、出会い系サイトの信用は失墜し衰退していくのです。
ちなみにステマを使用している出会い系絡みのサイトは以下の5種類に多く見られます。

・口コミ投稿サイト
・ランキングサイト
・SNS
・体験ブログ
・2chまとめ

ではそれぞれの特徴を次章より解説していきます。

口コミ投稿サイト

数あるコンテンツの中でももっとも情報を操作しやすく、簡単にステマできるということで、多くの出会い系サイトが口コミに偽りの情報を加えています。
口コミ情報サイトの最大の特徴は、サイト運営者が意図的に情報を操作しているというよりも、口コミ情報を投稿している投稿者側に悪意のある者がいて、その悪意によって事実とは異なった内容に捻じ曲げられるというものです。
口コミ情報とは、本来利用者のリアルな感想が寄せられる場ですので、客観的に見ても非常に信憑性があり、尚且つこれからそのサイトを利用するユーザーにとっても参考になるという特徴がありますが、この情報そのものが広告主や商品販売側にとって都合のいいように書き換えられている可能性もあるのです。
ちなみに、口コミサイトで有名な『ヤフー知恵袋』『OKWAVE』『教えて!goo』『発言小町』などにも出会い系サイトに関するQ&Aが無数に投稿されていますが、この中にもステマを目的とした投稿は数多く存在します。

ランキングサイト

口コミ情報サイトに並ぶ形でよく見かけるスタイルがこのランキングサイトです。
ランキングサイトとは、平たく言えば複数の出会い系のメリットデメリットをサイト運営者独自の見解に基づいて比較していき、それ結果をランキング形式で紹介するというものです。
ランキングサイトは基本的に運営者の価値観や見解に依存するため、その情報がいかに事実に基づいて書かれているか、情報の信憑性、ランキングの正当性などが問われます。
実際、中立な立場で客観的に出会い系を評価し事実だけをまとめているサイトも存在しますが、中には運営者や広告主の都合に合わせて事実と異なる情報を書き込んだり、実体験に基づいたランキングと言いつつも実際には対象の出会い系サイトに登録すらしていなかったり、まったく出会えない悪質な無料サイトをランキング上位で紹介したりと、悪質極まりないランキングサイトが存在していることも事実です。

SNS

SNSはTwitterやFacebookなど、あらゆるサービスを通して情報が配信される上に、リアルユーザーが書き込んでいる内容という前提で読まれることが多いので、口コミ同様に信憑性が高く消費者からのリアクションも早期に期待できる方法となっています。
ただし、このSNSも口コミ情報同様に本当の目的は出会い系サイトにユーザーを誘導して課金させることや、ユーザー数を増やすことだったりするので、投稿で書かれている内容が真実であるとは限りません。むしろユーザー確保のために作られているアカウントに関してはまったくのデタラメな情報を配信していると思っていいでしょう。
中にはサクラをSNS上に送り込んで男性と実際にやりとりさせて出会い系に誘導するという手口もありますので注意が必要です。

体験ブログ

体験ブログも口コミ情報と同じようなものですが、内容としてはさらにリアリティーのあるもとなっているため、ブログを日常的に閲覧されている方はこれを入り口に騙されてしまうことがあります。
体験ブログの特徴は、運営者自身が出会い系サイトを利用しているような口ぶりで「このサイトで○○人の女性と出会った」とか「LINE交換できた」などの嘘偽りの投稿をしているところでしょう。
女性とのやりとりや、女性と会っているところを写メで撮影したブログなどもありますが、知り合いの女性に頼んで出会い系で知り合った女性と出会っているかのように撮影しているブログなどもありますので、写真があるからと言ってすべての情報を鵜呑みにするのは危険です。
もちろんこの手のブログがすべてステマだとは言いませんが、中にはヤラセ的な内容で悪質サイトに誘導しようとするブログもありますので、こういうブログもあることを頭の隅に入れておいてください。

2chまとめ

2chまとめによるステマは一時期と比べると減少傾向にあるようですが、それでも2chまとめに見せかけた形で広告配信したり、スレッドの末尾に誘導したい出会い系サイト一覧を掲載して利用者を増やすといった古典的な手口は今なお健在です。
2chまとめの最大の特徴は、ユーザーに広告と気づかれないように広告配信できること。2chという巨大掲示板に書き込まれたものなら一般ユーザーによるものだと誰もが無条件に信じてしまいがちですが、実際にはこの書き込みすら作られたものであり、ステマをするための道具に過ぎません。
つまり、2chまとめそれ自体が他人の手によって作られたものだということです。
例えば2chまとめの中であるユーザーが「俺はこのサイトを使ってセフレを作れた」と発言すれば、セフレを作りたい男性が「一応登録だけでもしてみようか」という気になってサイトに登録します。
しかし登録したサイトはサクラだらけで高額なポイント料を取られるサイトだったというカラクリです。

ステマは危険?

ここまでステマの特徴とステマがよく使われるコンテンツについてご紹介いたしましたが、ここまで読まれた方の中には「ステマってそんなに危険なの?」という疑問を抱いてる人もいるかもしれません。
しかし、結論から申し上げてステマはとても危険です。
既にステマの説明でも触れましたが、ステマの問題点は事実とは異なった情報を配信しているところにあります。
つまり、配信者の都合で事実を勝手に捻じ曲げてしまい、あたかも捻じ曲げた情報が事実であるかのように語られているのです。
それを信用した消費者たちは””その情報””を信じて商品を購入します。
しかし、真実が思っていた者とは違っていたら……消費者たちはどう思うでしょうか?
「裏切られた、騙された、詐欺だ」と思いますよね。
例えば配信されている情報がきちんと調査されたものでかつ信憑性のある内容であれば、多少広告主の意図でそれを操作してもたいした問題にはならないと思います。
ここで言う操作とは、運営者が実際に体験した出会い系の中でも特に出会えたサイトをプッシュしたいとか、全体的に評判も良く実績もあるサイトをランキング上位にしたいといった、運営側の独自の見解が入り混じっていることを指します。
しかしそうではなく、悪質極まりないサイトをあたかも出会えるサイトと記述して情報提供したり、サクラしかいない詐欺サイトなのに「このサイトを利用して彼女ができました!」みたいな嘘100%のブログを書くのはどう考えてもモラルに反していますし、マーケティングなんて言ってますが一皮剥けば詐欺と一緒ですので、こうした情報を鵜呑みにして商品購入を決定するのは非常に危険なのです。
なぜなら、このようなステマを使っているサイトは法外な金額を要求してくる悪質な出会い系に繋がっている可能性があるからです。
可能性というより、ほぼ確実に悪質サイトに繋がってると見て間違いありませんが。
有料サイトなのに無料と偽っていたり、まったく出会えないサイトなのに出会えるという口コミを投稿しているなんてステマの典型的なやり方です。
ただ、このステマによって被害に遭うユーザーの数は後を絶ちません。
出会い系に慣れている人なら「こんな分かりやすい手口に騙されるなんて」と思うかもしれませんが、最近のステマは本当に手口も巧妙で口コミなどに関しては一般ユーザーと見分けがつかないほどです。
組織的にステマを行って悪質サイトに誘導しているケースもありますが、実はステマに関しては一般の企業も普通にやってる手法ですので、正直なところ『何が正しい情報』で『何が正しくない情報』なのか、一目見ただけでは分かりません。
巨大サイトに投稿されている口コミなら大丈夫、画像や写真が掲載されているから安心と思わず、あなたが本当に信頼できる情報を頼りにして登録を検討した方がいいでしょう。

やっぱり安心!大手の巨大出会い系とは

お試しで登録するならポイント課金制がおススメ

出会い系サイトと一言でいっても色んなサイトがあるわけですが、有料サイトだけに的を絞ると大きく2種類の料金形態に分類できると思います。
まず1つ目はポイント課金制の出会い系。ポイント制の特徴はメール送信や写メ閲覧など、特定のアクションを起こす度にポイントという形で課金をして女の子との出会いを進めていくスタイルです。
そして2つ目が定額課金制の出会い系サイト。こちらは1ヵ月ごとに決まった金額を課金すればどの女の子ともメールのやりとりがし放題となるので課金額を気にすることなく利用できるのが最大の特徴だと思います。
料金形態の部分もそうですが、このほかにも2種類の出会い系サイトには大きく異なった点があります。
それはポイント課金制のほうが手軽にやりとりしやすいという点です。
ポイント制の出会い系サイトは全体的にノリの軽い子が多いのでスムーズにメールのラリーも行えますし、気の合う子が見つかれば「じゃあちょっと会ってみない?」みたいな感じのお誘いをしても抵抗なく会ってくれたりするので、出会い系ってどんな感じかなー?と気になっている方はお試し感覚でポイント課金制に登録してみるのもいいでしょう。
ちなみにポイント課金制、月額課金制どちらも登録は無料ですが、月額課金のサイトは有料会員ならないと女性とメールのやりとりをすることができないシステムになっているので、無料で雰囲気を見てみたい方はポイント課金制に登録した時にもらえる無料ポイントを使って試してみるといいでしょう。

PCMAXについて

出会い系サイトの中でも10年以上運営を続けているPCMAXは知名度が高く信頼性のあることでも有名な出会い系サイトです。
会員数はおよそ400万人以上とも言われていますが、実際に登録してみると確かにアクティブユーザーの数も非常に多いです。
システム的には普通の出会い系サイトと変わらないんですが「写メコン」と呼ばれる地域別の写メコンテストがありまして、この写メコンを参考にして女の子からウケのいい写真を勉強することもできるので一度登録してみて損はないと思います。

ハッピーメールについて

ギャル系の20代女性が中心になって活動しているハッピーメール。
巨大広告や女性誌への宣伝広告など幅広く登録者を集う活動もしているためかとにかく新規ユーザーが途絶えることはありません。
出会い系サイトだけあってやはりアダルト要素は切り離せませんが、ハッピーメールには若い世代だけではなくシニア世代や既婚者なども多いことが特徴です。
またサクラや業者はハッピーメールでもちらほら見かけるので完全に回避することは難しいですが、素人女性もそれ以上に登録しているので総合的に見ると出会いやすいサイトだと言えるでしょう。

ワクワクメールについて

ハッピーメールと肩を並べる会員数を誇るワクワクメールですが、こちらの出会い系サイトはゲーム、アバター、占いなどの出会い掲示板以外のコンテンツも結構充実しているので登録して閲覧しているだけでも十分に楽しめるサイトだと思います。
出会い系サイトの中では一番出会いやすく、またサクラの存在もそれほど危険視する必要もないので、男性にとっては至れり尽くせりのサイトだと言えるでしょう。

イククルについて

15年以上の運営歴を誇る老舗サイトイククル。運営歴が長いだけではなく登録者数も800万人以上と色んな意味でほかの出会い系サイトよりも群を抜いています。
しかしそんなイククルにもサクラ、業者、キャッシュバッカーなどは存在するので、掲示板の内容や女性のプロフィールをじっくり吟味してメールを送る相手を選ばなければ被害に合う可能性があるので要注意。それさえ回避できれば素人女性に出会える可能性も十分にある優良サイトです。